クラミジア ジスロマック 飲み 方。 Q クラミジアといわれてお薬を飲みました。どのくらいで治るものですか?

淋病にも効くジスロマック

クラミジア ジスロマック 飲み 方

ジスロマックの飲み方は、1回飲むだけでOK ジスロマックの飲み方は大きく分けて2通りあります。 クラミジアの場合は、1回の服用で治療が終わります。 クラミジア以外の疾患(歯周病や副鼻腔炎など)は全て3日間に分けて飲みます。 クラミジア治療での飲み方は薬の副作用(下痢などの胃腸障害)が出やすくなりますので、副作用が心配な方は3日間に分けて飲む方法に切り替えることもできます。 3日に分けると副作用が抑えられますが、飲み間違いが発生する場合があります。 飲み忘れた場合、2回分を一気に飲んではいけません。 もし多めに飲んで体に異変が起きた場合は、すぐに病院を受診してください。 ジスロマックは必ず処方された分を全て飲むようにしましょう。 目次:• クラミジア治療での飲み方 クラミジア感染症の場合、ジスロマック1,000mgを1回飲むだけです。 ジスロマックの錠剤は250mg、500mg(海外のジスロマック錠のみ)、1,000mg(海外のジェネリック医薬品のみ)の3タイプがあります。 タイプ毎の服用量は以下の通りです。 ジスロマック250mg、アジー250mg:4錠を1回で服用• ジスロマック500mg、アジー500mg:2錠を1回で服用• 主成分、飲み方、効果はジスロマックと同じです。 要するに何mgのものを選ぼうと、とにかく1度に1,000mg服用さえすればいいのです。 服用するタイミングは食前、食後どちらでも構いませんが、空腹時の方が確実に効果は出ます。 ジスロマックSRドライシロップ2gの飲み方 ジスロマックSRドライシロップ2gは、水に溶かして飲むタイプのお薬です。 ボトル1瓶で、クラミジア治療1回分となります。 飲み方として、ボトルに記載されている線まで水を入れ、10秒ほど振ってから飲みます。 飲み終えてボトルにお薬が残っていたら、再び少量の水を入れて飲みます。 ボトル内のお薬が無くなるまで飲み続けなければなりません。 服用のタイミングは食間の空腹時(食後2時間以上あけ、なおかつ服用してから次の食事まで2時間以上あける)となります。 ジスロマックSRは1回の服用で抗菌効果を持続させるため、最大限に吸収する事が重要です。 ジスロマックSRは副作用として下痢などの胃腸障害が出やすくなります。 副作用が心配な方は、医師に相談して胃腸のお薬を一緒に処方してもらうと良いでしょう。 胃腸が弱い場合は服用量の調節も可能 胃腸が弱く、副作用が心配な方は、下記(歯周病その他の疾患での飲み方)の用法・用量に切り替えることもできます。 1回で飲みきる方法は吸収量が多くなるため、人によっては副作用が出やすくなります。 ジスロマックの主な副作用は下痢などの胃腸障害です。 下痢によって薬の成分が一緒に排泄され、効果が弱まる場合もあります。 3回に分ければ1回分の服用量が半分になるので、副作用のリスクを下げることができます。 歯周病その他の疾患での飲み方 クラミジア以外の 主な疾患(歯周病、副鼻腔炎、マイコプラズマ肺炎など)でジスロマックを服用する場合は、1日500mgを3日間飲みます。 タイプごとの服用量は以下の通りです。 ジスロマック250mg、アジー250mg:1日2錠を3日間服用• 主成分、飲み方、効果はジスロマックと同じです。 こちらの飲み方は服用期間を3日に分けて徐々に吸収させる方法となります。 服用のタイミングは特に決まっていませんが、空腹時に飲んだほうが確実な効果を得られます。 飲み忘れてしまった時は 3日間の服用期間中にジスロマックを飲み忘れた場合、 決して2回分を一度に飲んではいけません。 誤って飲み過ぎた場合、聴力障害(耳が遠くなる、耳鳴りがする)や消化器症状といった副作用がでる可能性があります。 これらの症状が出た場合はすぐに病院を受診して下さい。 飲み忘れに気づいてから1日未満であれば、飲み忘れた分をそのまま飲んでかまいません。 ただし、次に飲む時間が近い場合は1回分とばして次の分を飲んでください。 大事なのは有効な服用量を全て飲みきるという事ですので、多少タイミングがずれても必ず最後まで飲みきってください。 もし飲み方を間違えて効果が気になる場合は医師に相談しましょう。 (参考:) 骨盤内炎症性疾患での飲み方 骨盤内炎症性疾患の治療は、ジスロマック点滴静注500mgとジスロマック錠250mgを併用したスイッチ療法と呼ばれる治療法になります。 スイッチ療法の手順として、まず点滴静注500mgを1~2日間点滴投与した後、250mg錠を1日1回1錠だけ飲みます。 スイッチ療法の場合、錠剤の服用期間は5~6日となり、点滴と内服薬をあわせた服用期間は7日間となります。 なお、内服薬への切り替えは、医師が服用可能と判断した場合のみ行われます。 小児用ジスロマックの飲み方 小児用ジスロマックには、細粒タイプとカプセルタイプがあります。 いずれも服用量は体重1kgに対して10mgを1日1回、3日間飲み続けます。 ただし、1日の服用量は大人の最大服用量である500mgを超えないようにします。 体重換算による服用量の概算は以下の通りです。 体重 1日あたりの服用量(細粒) 1日あたりの服用量(カプセル) 15~25kg 200mg(2包) 200mg(2カプセル) 26~35kg 300mg(3包) 300mg(3カプセル) 36~45kg 400mg(4包) 400mg(4カプセル) 46kg~ 500mg(5包) 500mg(5カプセル) お子様が飲みやすくする方法 小児用ジスロマックをお子様が飲みやすくする方法は、飲料や食べ物に混ぜることです。 ジスロマックは基本的に苦味のあるお薬です。 このため、お子様が飲む時に薬の苦味を嫌がる傾向があります。 飲みやすくするには、薬の苦味を抑える飲料や食べ物に混ぜて飲ませる方法が有効です。 ジスロマックとの飲み合わせで有効なのは、甘みがあって味が濃い目のもの(アイスクリームやコーヒー牛乳、シロップ等)です。 日頃からお子様がよく口にされているものが良いでしょう。 なお、気をつけるべき飲み合わせは酸っぱいもの(柑橘系のジュース、ヨーグルトや乳酸飲料など)です。 酸味は逆に苦味を際立たせてしまうのでご注意ください。 (参考:) 他剤やお酒との飲み合わせ ジスロマックで併用に気をつけるべきお薬は以下の通りです。 制酸剤• ワルファリン• シクロスポリン• メシル酸ネルフィナビル• ジゴキシン• 他の抗生物質 これらのお薬を併用することで、効果が弱まったり、思わぬ副作用が発症したりする恐れがあります。 上記のお薬を服用中の方は、ジスロマックを服用する前に必ず医師に相談しましょう。 なお、上記以外で飲み合わせに注意すべきお薬はありません。 一般的によく飲まれるお薬には風邪薬、消炎鎮痛剤、ピル、胃薬などがありますが、これらのお薬を併用しても問題はありません。 ジスロマックは下痢など消化器障害が出やすいので、胃薬や整腸剤などを併用すると副作用を抑えられます。 ただし、風邪で病院を受診した場合、治療薬として抗生物質を処方することがあります。 ジスロマックと他の抗生物質を併用すると、相互作用で効果が出すぎてしまう事がありますので、必ず医師にジスロマックを服用している事を伝えてください。 服用中の飲酒に関して ジスロマック服用中の飲酒は治療を妨げ、肝臓に負担をかける要因となります。 飲酒によってアルコールが血液中に浸透すると、ジスロマックの血中濃度が下がって効果が弱まる恐れがあります。 また、アルコールは肝臓に負担をかけます。 ジスロマックの代謝も肝臓で行われるため、さらなる負担がかかりやすくなるのです。 きちんと治療をさせたい場合や、日頃から肝臓の調子が悪い方は、服用中の飲酒を控えるようにしましょう。 服用に当たっての注意点 ジスロマックを服用するにあたって気をつけるべき点は以下の通りです。 禁忌として、ジスロマックの成分に対してアレルギー反応が出た事がある方は服用できません。 意識障害(気を失う、もうろう状態)などが出ることがあるので、車の運転や危険をともなう機械の操作には十分注意しましょう。 妊婦または妊娠している可能性がある方は、医師に相談をしてください。 服用中の授乳は避けてください。 他の疾患で病院を受診されたり、薬局で他のお薬を購入される場合は、必ずジスロマックを服用している事を医師や薬剤師に伝えてください。 (参考:) 服用の中断は禁物 ジスロマックは、必ず処方された量を全て飲みきらなければなりません。 中途半端な量で服用を中断すると、完治しない上に耐性菌ができてしまう恐れがあります。 耐性菌ができてしまうと、もうジスロマックを服用しても効果がなくなってしまうのです。 症状が治まったからといって、独断で服用を中止してはいけません。 用法・用量を守って確実な治療を ジスロマックの飲み方は、1回で飲みきるか3日に分けて飲むかの2択となります。 クラミジアの場合は1回で飲む方法が主流ですが、胃腸の副作用(主に下痢)が出やすくなるので、胃腸が弱い方や副作用が心配な方は3日に分ける方法を選ぶことも可能です。 クラミジア以外の適応症(歯周病、副鼻腔炎など)では全て3日に分ける飲み方が選択されます。 こちらの方法は副作用が弱まる分、飲み忘れや飲み過ぎといった間違いが起こり得ます。 飲み忘れた時は、2回分を一度に飲むような事はしないでください。 飲み過ぎて体の調子が悪くなった場合は、すぐにお医者さんに見てもらいましょう。 中途半端な服用は耐性菌ができる原因となります。 ジスロマックは症状の有無に関わらず、必ず最後まで飲みきってください。

次の

【正しい飲み方は?】ジスロマックの効果・副作用

クラミジア ジスロマック 飲み 方

クラミジアの症状 典型的なクラミジア性尿道炎の場合、感染してから1週間ぐらいたってから尿道先端がムズムズしてきて、徐々に痛みに変わって行きます。 特におしっこがしみるとか,痛みを伴うことが多いです。 尿道分泌物(ウミ)は、淋病ほど多くなく、透明〜若干白く濁った程度の 水っぽい傾向があります。 淋病と比べると「鼻水」のようにさらさらしていることから漿液性分泌物と呼んでいます。 ただし、上記は典型的な症状ですから、潜伏期間はひとによってまちまちで、まったく自覚症状がないものから、おしっこするのが怖いほど痛くてたまらないものまで様々です。 感染して数日で自覚症状が消えてしまうこともあるので、感染したことに気づか ない人(無症候性感染者)が半数以上に及びます。 感染しているひとと性行為があっても、必ずしも100%うつされる訳ではありませんが,オーラルセックスからでもうつる確率は非常に高いので,もしも性的パートナーが、明らかにクラミジア感染していれば、ご本人も感染していると考えて、対処するべきです。 なぜならば、検査をするときの条件によって検査が失敗してしまうことがよくあるから、「検査結果を待ってから治療する」のではなくて,「状況判断で治療を開始する」べきだと考えられるからです。 「クラミジアとはどんな細菌か?」を知ることで、検査と治療の方法を理解しやすくなります。 ヒトに病原性を持つクラミジアはオウム病クラミジア( Chlamydia pusittaci)、肺炎クラミジア( C. pneumoniae)、トラコーマクラミジア( C. trachomatis)の3種類があり、細菌学的には C. pusittaciと C. pneumoniae はChlamydophila属に分類され、 C. trachomatisは Chlamydia属 に分類されます。 クラミジアは、自ら繁殖するためのエネルギーを作ることができないので、人間の粘膜細胞の中に寄生して繁殖します。 細胞内で十分に繁殖すると、その細胞を破って外に出て感染をさらに広めます。 このように大変ユニークな細菌学的特性を持つために、分離培養が困難で、一般的な細菌と異なり感受性試験等で薬剤の効果を評価するこ とは難しいため、しばしば見逃されたり不十分な治療によって感染が遷延化して重大な健康被害をもたらす一因になっています。 クラミジアの検査 クラミジアは発育速度が遅くて,人間の細胞の中でしか育ちませんから,一般的な細菌培養検査で検出することができません。 そこで、死んだ菌の核酸を検出するのですが、尿や分泌物中に放出されている細菌数は、実際感染している数のごく一部に過ぎないので,採取したの一部をコピーして検出感度を上げる技術が用いられます(核酸増幅法)。 その代表的な方法がPCR法とSDA法です。 その他いろいろな方法がありますが、当院では精度と感度が安定しているのでこの二つの方法を採用しています。 検査方法別の感度比較は、にあります。 クラミジアの治療 一昔前に「淋菌とクラミジアの療法に有効」として、クラビットやシプロキサン、ミノマイシン等が使われていました。 しかし、これらは 淋菌とクラミジアのどちらにも効果が期待できません。 クラミジアはたとえ治療が間違えていても1~2週間ぐらいで自覚症状が消えてしまうことが多いので,もう15年も前になりますが,クラビットの製造メーカーに呼ばれて講演会を行ったとき,「クラビットは淋菌には無効なので、どちらにも効くと言うセールストークは使わないように」「クラミジアにも効きが悪くなっているので、常用量(当時 300mg/日)の 1. 5倍~2倍必要だ」と警告しました。 その後研究が進み,現在では 500mg/日の服用がスタンダードになっています。 また,現在ではクラビットを改良して少ない量でも高い効果が期待できる薬(グレースビット)も出ています。 ただし、有効な薬も昔のように乱用したり、過剰投与したり、むやみに長期間使うべきではありません。 その条件を満たす薬は限られてしまい、しかも健康保険の範囲内で使える薬はごくごく少なくなってしまいます。 ジスロマックは、 2000mgの超大量を1回だけ飲めば約 90%の感染が治るとされており、海外では非常に多く使われています,日本でもよく使われるようになりました。 またジスロマックは胎児に影響しないとされているので、妊婦にも使用が許されています。 なぜ1回だけ飲めばいいのかというと、この薬は腸から血液に入ると、白血球に取り込まれた形で1〜2週間体内を循環して,クラミジア感染細胞ちかくで放散されます。 そのために、できるだけ大量の薬を1度に体内に入れなければならないわけで、500mgを3日間連続とか、1000mg1回とか、 中途半端な量を続けて飲ませても効果が出ません。 ジスロマックは連鎖球菌や腸球菌,マイコプラズマの一部に耐性を持つものがあり,年々その割合が増えていて,海外ではジスロマック一辺倒の治療を見直す意見も出てきています。 当院ではもちろんジスロマックを処方することもできますが、臨床データに基づき、最初に第4世代フルオロキノロン(グレースビット 100mg)を1週間使い,2回目にジスロマック,またはクラリスといったマクロライド系抗菌薬を使い、合計2週間の投薬治療を推奨しています。 その理由は,フルオロキノロンとマクロライドでは作用の仕方が全く異なるから、2種類の薬を使ってより確実にクラミジアを消滅させる必要があると考えるからです。 詳しくはをご覧下さい。 当院はWEBから予約を取ることができます。 ・ ・ ・ ・ ・.

次の

クラミジア治療

クラミジア ジスロマック 飲み 方

ジスロマックの種類と特徴 ジスロマックはアジスロマイシンの成分を含むマクロライド系に分類される抗生物質です。 主に咽頭炎や肺炎、クラミジア感染の他、歯周病やマイコプラズマに対しても使用される抗生物質です。 ジスロマックには錠剤のほか、カプセル、粉薬、注射など様々な種類があり、子供でも使用される薬です。 ジスロマックの種類は以下の通りです。 薬剤名 剤型 特徴 ジスロマック錠250mg 錠剤 一般的な錠剤 ジスロマック錠600mg 錠剤 マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス症に使用 ジスロマックSR成人用ドライシロップ2g 粉薬 1回のみの使用で7日間効果が持続 ジスロマック点滴静注用500mg 注射 注射剤であり、主に肺炎、骨盤内炎症性疾患に使用 ジスロマックカプセル小児用100mg カプセル 小児用のカプセル ジスロマック細粒小児用10% 粉薬 小児用の粉薬 ジスロマックの最大の特徴はその飲み方です。 ジスロマック錠250mg、ジスロマックカプセル、ジスロマック細粒に関しては、3日使うことで7日間効果が持続、ジスロマックSRドライシロップに関しては1日使うことで7日間効果が持続するという特殊な抗生物質です。 通常の抗生物質よりも短い服用期間で効果が持続するため、飲み忘れなどのリスクが少なくなる特徴があります。 なお、ジスロマック錠600mgとジスロマックの注射に関してはまた違った使い方をします。 ジスロマックの効果|歯周病やクラミジアなどに対しても ジスロマックの効果について、ジスロマック錠250、ジスロマックSRドライシロップ、ジスロマックカプセル、ジスロマック細粒の効果を種類別に確認していきます。 ジスロマック錠250、ジスロマックSRドライシロップの効果 大人に使用されるジスロマック錠250、ジスロマックSRドライシロップは 咽頭炎、 気管支炎、 肺炎、 クラミジア感染による 尿道炎や 子宮頸管炎、 歯周病などにも効果がある抗生物質です。 ジスロマック錠250とジスロマックSRドライシロップの効能効果は以下の通りです。 <適応菌種> アジスロマイシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、淋菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、インフルエンザ菌、レジオネラ・ニューモフィラ、ペプトストレプトコッカス属、プレボテラ属、クラミジア属、マイコプラズマ属 <適応症> 深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、尿道炎、子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎 ジスロマック錠250mg 添付文書 <適応菌種> アジスロマイシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、淋菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、インフルエンザ菌、ペプトストレプトコッカス属、クラミジア属、マイコプラズマ属 <適応症> 深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、尿道炎、子宮頸管炎、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎 ジスロマックSR成人用ドライシロップ2g 添付文書 成人に対してジスロマックは非常に高い効果を発揮することが臨床試験でも確認されています 1。 咽喉頭炎、急性気管支炎、肺炎などの呼吸器感染症に対しては97. 7%、29日目では90. 7%という有効率であり、いずれの感染症に対しても非常に高い効果が期待できます。 1 ジスロマック錠250mg 添付文書 ジスロマックカプセル、ジスロマック細粒 子供に使用するジスロマックカプセル、ジスロマック細粒に関しては咽頭炎、気管支炎、肺炎の呼吸器疾患のほか、中耳炎にも効果があります。 ジスロマックカプセルとジスロマック細粒の効能効果は以下の通りです。 咽喉頭炎、急性気管支炎、肺炎などの呼吸器感染症に対しては95. 1%、中耳炎などの耳鼻科領域感染症に対しては94. 2%の有効率が確認されており、成人に対する有効率と同様、非常に高い効果が期待できます 2 3。 2 ジスロマックカプセル小児用100mg 添付文書 3 ジスロマック細粒小児用10% 添付文書 ジスロマックの作用機序 ジスロマックが各種細菌に対して前述のような効果を示すのは、細菌の蛋白合成を阻害し、細菌の増殖を抑制するためです。 細菌は増殖するにあたり、タンパク質を合成する必要がありますが、このタンパク質合成の場がリボソームであり、ジスロマックはこのリボソームのうち、70Sリボソームの50Sサブユニットと結合して、タンパク質を合成することを阻害します。 人にもリボソームはありますが、細菌とは異なる80sリボソームであり、このためジスロマックは人にはあまり影響を与えず細菌に作用します。 ジスロマックは風邪に効く? ジスロマックが風邪を引いた時に処方されるケースがあります。 風邪はウイルス性のものがほとんどを占めており、抗生物質はウイルスではなく細菌に効果がある薬であるため、ウイルス性の風邪には基本的に効果がありません。 近年は一般の方でも風邪に抗生物質は必要ないことを理解されている方も多く、実際に処方されるケースも減ってきています。 しかし、場合によっては抗生物質が必要なケースもあり、それは細菌が原因で引き起こされている咽頭炎や、マイコプラズマが原因の場合などは風邪のような症状でも効果が期待出来るケース、ウイルスによる風邪の場合にその後の細菌による二次感染を抑える目的でも使用される場合があります。 医師がこのような目的でジスロマックを処方している可能性もあるため、風邪だと思ったけど抗生物質が処方されたような場合は医師に確認してみるのも良いかもしれません。 また、近年の研究で、ジスロマックを含めたマクロライド系の抗生物質は体の免疫にも影響を与えることがわかっています。 中にはこの免疫作用を期待してマクロライドを使用するケースもあります。 ジスロマックのマイコプラズマへの効果 ジスロマックは マイコプラズマに対してクラリスロマイシン(クラリス、クラリシッドなど)と共に第一選択(優先的に使用)の薬です。 小児呼吸器感染症診療ガイドライン2011ではマイコプラズマ肺炎に対する治療ではジスロマックやクラリスロマイシンなどのマクロライド系の抗生物質を第一選択として推奨しています 4。 推奨されている理由として、マクロライド感性の肺炎マイコプラズマに対するマクロライド系薬の最小発育阻止濃度(MIC)は極めて低値であり、治療終了時には気道から除菌されるという点が挙げられています。 最小発育阻止濃度(MIC)が極めて低値ということは、抗生物質が少ない量でも非常に高い効果を得られるということを意味し、ジスロマックなどのマクロライド系が、マイコプラズマに対して非常に効果的ということが窺えます。 肺炎マイコプラズマ( Mycoplasma pneumoniae)細菌のひとつであり、特徴として、他の細菌が通常持っている細胞壁という組織を持ちません。 そのため、細菌の細胞壁をターゲットとするペニシリン系(サワシリン、ワイドシリン、パセトシンなど)、セフェム系(フロモックス、メイアクトなど)などの抗生物質では効果がない細菌です。 感染は飛沫感染と接触感染により、濃厚接触が必要とされているため、感染拡大の速度は遅いとされています。 マイコプラズマの潜伏期は2〜3週間では感染後は発熱、頭痛、咳などの風邪のような症状を特徴とします。 特に咳に関しては3〜4週間と長く続くことが知られており、最初は乾いた咳で徐々に痰が絡むような湿性の咳になります 5。 ジスロマックをマイコプラズマに対して使用する場合は、服薬期間は3日間となり、効果がある場合は2〜3日で解熱すること多いとされています。 このようにジスロマックは従来はマイコプラズマに対して非常に効果的と考えられていましたが、 近年はマイコプラズマのジスロマックを含めたマクロライド系抗生物質に対する 耐性が問題となっています。 小児呼吸器感染症診療ガイドライン2011ではマクロライド耐性マイコプラズであることも考慮し、マクロライド治療で48時間以上の発熱が持続した場合はトスフロキサシン(オゼックス細粒)もしくはミノサイクリン(ミノマイシン)を使用することが推奨されています 4。 このように、ジスロマックはマイコプラズマに対して耐性の問題があるものの、現段階では最も使用される薬の一つとされ、非常に頼りにされています。 なお、マイコプラズマ感染後の登園・登校の基準は、熱や咳などの主要な症状が改善すれば可とされていますが 6 、可能であれば医師と相談しながら決めるのが望ましいでしょう。 nih. html 6 American Academy of Pediatrics. 2012 Report of the committee on infectious diseases. 29th eds, p520,801, 2012. ジスロマックの飲み方|ジスロマックは効果が持続する ジスロマックは抗生物質として細菌に作用する時間が長い薬であり、特徴のある 飲み方をする薬です。 ジスロマック錠250mg、小児用のジスロマックカプセルとジスロマック細粒はいずれも3日間のみの使用、ジスロマックSRドライシロップに関しては1日のみの使用となりますが、空腹時に使用という注意点があります。 なお、クラミジアによる尿道炎や子宮頸管炎に対しては、ジスロマック錠250でも1回のみの使用となります。 それぞれの用法用量は以下の通りです。 <深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎> 成人にはアジスロマイシンとして、500 mg(力価)を 1 日 1 回、3 日間合計1. 5 g(力価)を経口投与する。 <尿道炎、子宮頸管炎> 成人にはアジスロマイシンとして、1000 mg(力価)を 1 回経口投与する。 <骨盤内炎症性疾患> 成人にはアジスロマイシン注射剤による治療を行った後、アジスロマイシンとして250 mg(力価)を 1 日 1 回経口投与する。 ジスロマック錠250mg 添付文書 成人にはアジスロマイシンとして、2g(力価)を用時水で懸濁し、空腹時に1回経口投与する。 ジスロマックSR成人用ドライシロップ2g 添付文書 小児には、体重1kgあたり10mg(力価)を1日1回、3日間経口投与する。 ただし、1日量は成人の最大投与量500mg(力価)を超えないものとする。 体重 カプセル 細粒 15〜25kg 2カプセル 2包 26〜35kg 3カプセル 3包 36~45kg 4カプセル 4包 46 kg~ 5カプセル 5包 なお、ジスロマック細粒はオレンジ・パイナップル風味の甘い味がする粉薬となっています。 基本的には水やぬるま湯で服用しますが、アイスクリームやプリン、ココアと混ぜる飲み方も可能とされています 7。 7 JA 北海道厚生連 帯広厚生病院 薬剤部 お子様への粉薬の飲ませ方について ジスロマックの飲み合わせ|お酒は飲める? ジスロマックは お酒( アルコール)との飲み合わせは特別な注意喚起はされていません。 しかし、ジスロマックなどの抗生物質を使用する体調の時にアルコール摂取はあまり好ましいと考えられないため、薬自体との飲み合わせは大きな問題がなくても、極力、お酒は控える方が望ましいと言えるでしょう。 その他、ジスロマックとの飲み合わせが注意が必要な薬は以下のようなものです。 併用注意(併用に注意すること) ・制酸剤(水酸化マグネシウム、水酸化アルミニウム) (代表薬:酸化マグネシウムなど) ・ワルファリン (代表薬:ワーファリンなど) ・シクロスポリン (代表薬:シクロスポリンカプセルなど) ・メシル酸ネルフィナビル (代表薬:ビラセプト) ・ジゴキシン (代表薬:ジゴシンなど) 上記ような薬を普段から使用しているような場合は必ず、医師や薬剤師にあらかじめ伝えるようにしましょう。 ジスロマックの副作用 ジスロマックを含めマクロライド系の薬は比較的安全性が高く 副作用が少ないとされています。 処方された場合、まずは安心して服用するようにしましょう。 副作用が少ないながらも代表的な副作用として下痢があります。 抗生物質や抗菌剤はどのような薬でも下痢は比較的多く起こることがあり、割と一般的な副作用とも言えます。 基本的には薬を飲みきれば収まることが多いですが、あまりに激しい症状が継続する場合は医師に相談しましょう。 もともと腸が弱い体質などの場合は、一緒に整腸剤を処方してもらえる場合もあるので、事前に医師に相談すると良いでしょう。 ジスロマックは市販や通販で買える? ジスロマックは基本的に 市販で買うことはできません。 ジスロマックに限らず、抗生物質の飲み薬は耐性菌などの問題や使い方が難しい面もあり、市販されている薬はありません。 必ず医師の適切な診断のもとに使用するのが前提であり、手元に抗生物質が残っていても自己判断で使用するのは止めましょう。 なお、例外としてジスロマックを個人輸入で業者などから 通販で購入する方法もあります。 しかし、前述の通り、抗生物質は自己判断で使用するものではない点や、品質が粗悪なものが届く可能性、値段が通常よりも高く背一定されている可能性、重い副作用が出た場合に国からの救済が受けられない可能性などの様々なリスクが伴います。 通販で購入するような場合は、それらのリスクが自己責任になることに注意しましょう。 薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。 また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。 今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。 予めご承知ください。

次の