和菓子 殺人。 【和菓子の話題】木津英喜さんと娘のいぶきさんに肉体関係はあったのか!?荒川区木津屋娘殺害事件

和菓子連続殺人事件

和菓子 殺人

この記事でわかること• 報道の内容 出典; 午前0時50分ごろ、荒川区東尾久の和菓子店の業務用冷蔵庫から大学1年生の木津いぶきさんが死亡しているのが見つかりました。 警視庁によりますと、木津さんは冷蔵庫の中で下を向いて丸まった姿で発見され、首には圧迫されたような痕があったということです。 6日夜、店を経営する父親から家族に「娘を菓子店で切った死にたい」と電話があり、警察官が家族とともに店を訪れ、遺体を発見しました。 出典; 若い娘さんが冷蔵庫から遺体で発見されるという、痛ましい事件が発生しました。 父親とはその後連絡がつかない状態になっており、警察はなんらかの事情を知っていると見て捜査を進めています。 残されたご家族にとっても本当につらい事件だと思いますし、少しでも早くお父さんが発見され、真相が明らかになることを願っております。 また、亡くなられた木津いぶきさんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。 この和菓子店の中にある 業務用冷蔵庫(縦73センチ、横140センチ、高さ85センチ)の中から、いぶきさんの遺体が発見されたということです。 一見、どこにでも見かけるような和菓子店で、このような事件が発生したことが信じられません。 周辺は小さな下町の商店街といった風景で、道を挟んで目の前には、子どもが遊ぶ公園も存在しているようです。 『木津屋』は、 食べログにも複数写真投稿があり、美味しそうな和菓子が売られているのがわかります。 現段階では、 木津さんが通っていた大学名などは報道されておりません。 今後の報道で明らかになる面も多いかと思いますので、新しい情報がありましたら追記いたします。 18歳と、これから大きな未来が開けているはずだったいぶきさんが、なぜこのような形で亡くならなければならなかったのか。 本当に残念でなりませんし、悔しく思います。 川に沈んで死ぬ」などと家族に電話し、現在行方不明 という点になっております。 お父さんは自殺の意志をほのめかして行方がわからなくなっているようですが、 何があったか明らかにしていただくためにも、何とか姿を現してもらいたいですね。 (追記)父親とみられる遺体が発見されたという新情報が入りました。 ネットの反応 弟さんと僕の妹は同級生で、かつ同じサッカークラブに通っていた。 家族で木津屋のどら焼きを買いによく足を運んだ。 店主も奥さんも人当たりの良い人でした。 お悔やみ申し上げます。 — 佐々木悠翔 Haruto Sasaki harumry5260 東京荒川区の和菓子屋の冷蔵庫で遺体となって発見された木津いぶきさん。 店の名前は「木津屋」だった。 とてもおいしい和菓子屋と評判だったのだが、なぜこんなことになってしまったのか。 父親の行方がわかっていないらしい。 女子高生から少し離れた場所では父親が血まみれで倒れており、警察は 無理心中の可能性もあるとして捜査。 父親はその後逮捕されています。 まだ明らかになっていないことも多い今回の事件。 少しでも早く真相が明らかになることを心より願っております。

次の

【和菓子屋殺人】店主(父親)の名前は木津英喜!Facebookや顔画像!評判は?

和菓子 殺人

7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久4丁目の和菓子店で、冷蔵庫の中に大学1年の木津いぶきさん(18)=同区東尾久8丁目=の遺体があるのを、通報を受けて訪れた警視庁の捜査員が発見した。 同庁は、この店の経営者で木津さんの父親(43)が事情を知っているとみて捜していたが、7日早朝、さいたま市内で首をつって死亡しているのが見つかった。 警視庁は死体遺棄の疑いで捜査。 父親が木津さんの死亡に関与した後に自殺した可能性があるとみて調べている。 尾久署によると、6日午後6時35分ごろ、木津さんの弟から「父が自殺しようとしている」と110番通報があった。 その後に、父親から自宅に「娘を菓子店で切った。 死にたい」と電話があったという。 捜査員が父親を捜していたところ、店内の業務用冷蔵庫(高さ85センチ、横140センチ、奥行き73センチ)の中から木津さんを見つけた。 木津さんはひざを抱えるような体勢だった。 首に絞められたような痕があり、目立った切り傷や刺し傷は確認されなかったという。 父親は7日午前4時45分ごろ、さいたま市岩槻区の河川敷で木に首をつった状態で見つかった。 近くには普段使っていたオートバイがあったという。 木津さんは両親と弟との4人暮らしで、6日朝は自宅にいたことが確認されているという。 よく菓子店を訪れるという70代の女性は、6日午前にもあんみつなどを買ったという。 「店主の男性が『雨だから気をつけて』と言ってくれた。 変わった様子はなかった。 親子に何があったのか、驚いている」と話した。

次の

和菓子屋殺人 木津屋店主の43歳父親と18歳娘(木津いぶき)無理心中事件を考察!

和菓子 殺人

2019年7月7日、午前1時前に東京都荒川区東尾久4丁目にある和菓子店「木津屋」に設置している業務用の冷蔵庫の中から女子大学生が遺体で発見されました。 衝撃的すぎる事件ですね。 警視庁の調べによると冷蔵庫で遺体で発見されたのは東京都荒川区に住む大学生の木津いぶきさん、18歳ということです。 遺体には首を絞められたような痕が残っているということです。 同時期に、木津いぶきさんの父親が行方不明になっているということもあって父親がなにかしら事件に関与しているのではないか?といった噂もでていましたが、その後、父親は死亡が確認されています。 今回は、 遺体で発見された木津いぶきさんのニュース、家族構成と「木津屋」の評判、オーナーである父親の評判、口コミ、ネットの声をまとめてみました。 7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久4丁目の和菓子店で、冷蔵庫の中に大学1年の木津いぶきさん(18)=同区東尾久8丁目=の遺体があるのを、通報を受けて訪れた警視庁の捜査員が発見した。 同庁は、この店の経営者で木津さんの父親(43)が事情を知っているとみて探していたが、7日早朝、さいたま市内で首をつって死亡しているのが見つかった。 警視庁は死体遺棄の疑いで捜査。 父親が木津さんの死亡に関与した後に自殺した可能性があるとみて調べている。 尾久署によると、6日午後6時35分ごろ、木津さんの弟から「父が自殺しようとしている」と110番通報があった。 その後に、父親から自宅に「娘を菓子店で切った。 死にたい」と電話があったという。 捜査員が父親を探していたところ、店内の業務用冷蔵庫(高さ85センチ、横140センチ、奥行き73センチ)の中から木津さんを見つけた。 木津さんはひざを抱えるような体勢だった。 首に絞められたような痕があり、目立った切り傷や刺し傷は確認されなかったという。 父親は7日午前4時45分ごろ、さいたま市岩槻区の河川敷で木に首をつった状態で見つかった。 近くには普段使っていたオートバイがあったという。 木津さんは両親と弟との4人暮らしで、6日朝は自宅にいたことが確認されているという。 よく菓子店を訪れるという70代の女性は、6日午前にもあんみつなどを買ったという。 「父親が『雨だから気をつけて』と言ってくれた。 変わった様子はなかった。 親子に何があったのか、驚いている」と話した。 引用元: 遺体で発見された「木津いぶきさん」のプロフィールと顔画像 名前:木津いぶき(きづ いぶき) 年齢:18歳 職業:大学生 在住:東京荒川区東尾久8丁目 家族構成:父親、母親、弟 大学生ということですが、実際にどこの大学に通っていたかは詳細が明らかになっていません。 報道関係が公開された顔画像です。 若い年頃の娘さんなのでTwitterやFacebook、インスタなどをしているのかと思いきや、詳しくしらべてみましたがSNS関係は見つかりませんでした。 もしかすると、この年頃の娘さんであればSNSでいろいろ情報を発信してもおかしくないと思うのですが、それらしき人も出てこないというのは父親が厳格だったのかもしれません。 遺体発見現場は超有名店「木津屋」の冷蔵庫 遺体が発見されたのは、超有名店「木津屋」の冷蔵庫の中で発見されています。 引用元:NHKWEB 老舗和菓子屋「木津屋」の評判 地元では有名な和菓子店だったようです。 なかでも、あんこが上品な味に仕上がっていて特に、あんドーナツは人気があるということです。 「木津屋」では、和菓子の定番から創作系の和菓子まで幅広く手掛けているため、有名だったようですね。 明治神宮にもカステラを献上するほど、「木津屋」は和菓子の老舗として店舗をかまえていたようです。 スポンサーリンク 木津屋のオーナーである父親が犯人 今回、木津いぶきさんを殺害し冷蔵庫にいれた犯人は父親だと報道されています。 父親のプロフィール 名前:木津英喜 (きづ ひでき) 年齢:43歳 住所:東京都荒川区東尾久4-33-7 職業:和菓子店経営 事件の発覚前、父親は母親に 「娘を店で切った。 死にたい」と電話した後、連絡が取れなくなっているということで、警視庁が行方を追っています。 引用元:TBS 父親は4時間後にさいたま市内の河川敷で首を吊っていたようです。 木津屋のオーナーである父親の評判 木津いぶきさんの父親である木津屋のオーナーですが近隣の住民の話によると、非常に良好だったようです。 このお店は昔からの老舗で対応も悪くなく、彼岸などのときに利用していました。 主人は下町の人であまり気をつかわないで、いい感じの人でした。 娘さんについては、この辺で見たことはありませんでしたが、冷蔵庫の中で見つかったということで、なぜ?という気持ちです 引用元: このお店はたまに利用しますが、主人が1人で接客していて、普通のおじさんという感じで、事件のニュースを聞いて驚いています。 自分も子どもがいて、ふだん通っている道なので複雑な気持ちです 引用元: 近隣の評判は良かったものの、木津いぶきさんについては、この近所でみたことがないという証言があったようです。 一般的に、ここまで人気のある和菓子店であれば店主の娘さんがお店を手伝ったりするということも普通に考えられると思うのですが、何か理由があったのかもしれません。 スポンサーリンク 木津いぶきさんは母親の連れ子 父娘死亡の和菓子店 木津屋 マンションを買っている 娘は母の連れ子 と なんでも知ってる周辺住民 — 満州中央銀行 kabutociti Twitterでこういった情報を見つけました。 どうやら、再婚されているんでしょうね。 木津いぶきさんは母親の連れ子ということなので、今回、犯人とされている父親とは直接、血が通っているわけではなさそうです。 実子でないとすると…と、いろんな憶測が飛んでしまいそうですね。 ネットの声 え 今知ったんだが、尾久の木津屋 ダンナ、娘殺して自殺? 嘘だろ。 なんとも衝撃的すぎる事件です。 父親は自分が首をつって亡くなる前に、警察に「娘をきった」と残していますが実際のところ真実は…。 死人に口なしと言われるように父親が娘に手をかけたのかもしれないし、もしかすると誰かをかばっているのではないか?とネット上で話題になっています。 それは、やはり普段の父親、木津屋のオーナーとしても評判が良すぎるから…。 なんにせよ、残された母や息子は一度に二人の大事な家族を亡くしたわけなので不憫でなりません。

次の