抗 が ん 剤 治療 コロナ。 新型コロナウィルスの原因と治療法|感染経路や症状について

新型コロナ、漢方薬への注目度が高まる…漢方専門医が通院不要の「免疫強化外来」開始

抗 が ん 剤 治療 コロナ

新型コロナウイルス感染が拡大する中で、がん治療(手術・化学療法・放射線治療等)が延期される事態が起こってきています。 これは日本に限らず世界的に起こっている事態です。 がん患者さん・ご家族は大変に不安になっているかと思います。 皆さんがご存知のように、がんは進行性の病気であるため、誰しもができるだけ早くに治療を受けたいと思います。 待つということは大変なストレスだと思います。 医療者は患者さんの気持ちを知っていますから、できるだけ早くに治療をしたいと思っています。 しかし、新型コロナが爆発的に拡大する状況下で、がん患者さんを新型コロナ感染症から守ることや、医療資源の不足で患者さんを危険な目に遭わせたくないという思いもあって、治療を延期する判断がされていることがあります。 これはがん患者さんや家族にとって大変に重要な問題ですので、少しでも患者さんの不安が取れればと思い、この治療延期の決定がされる背景や、どのようなことに注意をしないといけないのかを解説したいと思います。 治療延期の判断は担当医に任せるべき まず、とても大事なことを先に書いておきます。 がん治療の延期などの判断は誰がすべきかということです。 これは大変に高度ながん治療の知識と、患者さんの治療経過に熟知していて、治療を行なう地域の感染拡大の状況を把握している医療チームが行うべきことです。 その理由はなぜかは後述していきます。 そのため、 主治医をはじめとした医療者チームとよく相談して、治療方針を決めて下さい。 延期とは逆に、感染が広がる中でも絶対に治療継続をしないといけないという場合もあります。 そのため、 患者さんの独断で受診・治療をやめてしまうことも危険です。 主治医とよく相談をして決めていただきたいと思います。 治療継続かは必要性とリスクのバランスで決まる 主治医チームはどのように治療継続か、それとも現時点では一旦延期すべきかを決めるのでしょうか?それには 治療の必要性と、 継続に伴うリスクの大きさを比べて行われます。 必要性が極めて高い場合には、リスクが高くても行われるべきという判断になります。 それに対して、必要性が低い治療で、リスクが高いと判断されると、延期すべきという判断になります。 この二つのバランスを医療チームは丁寧に評価して、治療を継続すべきか、延期すべきかを決定します。 治療の必要性はどのように決まるか? 基本的にはがん治療で不必要というものはほとんどなく、どの治療でもやる必要性があるために行われます。 ただ、治療それぞれの必要性の大きさには、様々な違いがあります。 必要性を決める要素は、 「緊急度」「効果の大きさ」「患者の意思」などがあります。 それらを複合的に判断して決められます。 例えば、腫瘍が急激に大きくなっていて、手術において摘出しないと命が危ないというような場面では、待つことはできず、緊急性が極めて高い治療ということになります。 手術以外の抗がん剤や放射線治療でも、腫瘍の増殖速度が早くて、すぐに治療を始めないと、ひどい合併症や、転移をきたす恐れがあるという場合には、緊急性が高いということになります。 「効果の大きさ」も大事な指標です。 治療には根治的な効果(腫瘍が完全に消失する)が期待できるようなものから、若干縮小させる程度の緩徐な効果しか期待できないものもあったりします。 この大きさも治療の必要性を判断する要素になります。 また、患者さん自身がこの治療をどのぐらい望んでいるかも、必要性の判断には関わってきます。 患者さん・家族が治療を強く望んでいれば、必要性は高いということになります。 以上から言えることとしては、必要性の評価をするには専門的ながん治療の知識と経験、また患者さんのこともよく知っていることが必要になります。 治療継続に伴うリスクについて 次に治療に伴うリスクについてお話ししていきます。 まず、一つ目の大事なリスクは、 新型コロナウイルス感染症にかかる、さらにかかって重症化するリスクを上げることです。 がん治療を継続することは病院に通院する機会を増やすことになります。 そうすると病院に滞在する時間が長くなって、感染者に接触するリスクが一般的に上がることが想定されます。 もちろん、病院としてはがん患者さんが陽性者に接触することがないように、病院内の対応をしていますが、病院への行き帰りや、薬局など、様々なシーンで接触する機会がどうしても増えてしまいます。 ちなみにこの危険性を下げる方法としては、感染防止の対策(マスク・手洗い・人ごみに入らない)などをしっかりとしていただくことや、外来通院の回数を減らすこと、可能ならオンライン受信を検討することなどがあります。 主治医と可能なものがないかは相談してもらいたいと思います。 治療継続によるリスクでもう一つ大事なのが重症化リスクです。 皆さんもご存知のように、新型コロナウイルスにかかられても、軽症の患者さんが多いのですが、一部の患者さんが重症化して、人工呼吸器が必要になったりという命に関わる事態になります。 がん患者さんはこの重症化のリスクが高いのではということが指摘されています()。 実際にどのぐらいリスクが上がるかについては、まだしっかりとしたデータは出揃っていません。 しかし、がん治療の一部は免疫細胞数を下げてしまい、感染症に対する防御力を下げてしまうことが、すでにわかっています。 新型コロナに対してのデータが出ていなくても、危険性が高いことは十分に予想できます。 ただ、これは全ての患者さんが重症化のリスクが高いとは限りません。 特に重症化のリスクが高いのではと考えられているのは以下のような患者さんです。 化学療法を現在受けている• 肺がんで、放射線治療を受けている。 血液または骨髄のがん(白血病、リンパ腫、骨髄腫)に罹患している。 がんに対する免疫療法または他の継続的な抗体治療を受けている。 その他、免疫系に影響するタンパク質キナーゼ阻害薬やPARP阻害薬などの分子標的療法を受けている。 6カ月以内に骨髄移植や幹細胞移植を受けた人、または現在、免疫抑制剤の投与を受けている人• 60歳以上の高齢である。 がん以外の持病がある(心・血管系疾患、糖尿病、高血圧、呼吸器疾患など) がん治療には多くのバリエーションがあります。 化学療法というものにも、免疫への影響が大きいものと小さいものがあります。 そのため、ここに載っているからといって、その患者さんの治療がリスクを高くするものかどうかには難しい判断が必要です。 詳細については主治医の方に伺ってみて下さい。 がん治療を安全に行えるか 治療継続に伴うリスクで評価しないといけない、もう一つは「 がん治療を安全に行うことは可能か」という点です。 がん治療の一部は体に大きな負担をかけます。 また、治療による合併症・副作用を伴うことがあります。 そのため、がん治療後に追加の検査・治療を要することが多々あります。 そのような追加の検査・治療を安全に受けることができるかが問題になります。 手術後に集中治療室に入って、人工呼吸器の使用が見込まれる場合などには、集中治療室に空きがあるのか、人工呼吸器を確保できるかを事前に予測しないといけません。 抗がん剤治療を行なって、ひどい副作用が出てしまい、入院治療が必要となった際にも、入院できるベットが確保できるか、治療をする医師・看護師が確保できるかが問題になります。 新型コロナウイルスの爆発的な増加によって、世界中で起こった問題は 医療資源の急激な不足です。 通常ではありえないほどの患者さんが病院に押しかけたり、人工呼吸器が必要な患者さんが大量に増えてしまうという事態が起こりました。 このような事態は急に起こります。 感染者の増加は指数関数的に激増するため、ある日突然に起こってきます。 がん患者さんの治療を継続していて、何か起こった際に、対応できる十分な医療資源があるかどうかを評価する必要があります。 ただ、この評価はとても難しいです。 まず、いつ感染拡大するかを正確に予想するのが極めて難しいということがあります。 感染の拡大は膨大な要素によって起こるため、誰にも正確な予測ができません。 そのため、予想し難い未来を予想して、現時点で治療を延期するかの判断をしないといけないのが大変に難しいです。 医療者の判断を尊重して下さい 以上解説をしてきたように、がん治療の継続。 延期の判断は、多くの要因を踏まえて、慎重に決める必要があります。 治療の必要性を評価した上で、今後に予想されるリスクも踏まえて、慎重に判断する必要があります。 医療者は早く患者さんに治療を受けてもらいたいと切に思っています。 しかし、それを進めたばかりに、患者さんを危険な目にあわせてたくないという思いもあります。 主治医グループはそのような複雑なことを考えた上で、どうするかの判断を下すと思います。 その判断にはそのような考えがあって、行われると思ってもらって、よくその考えを聞いてもらった上で、主治医と今後のことを相談してもらいたいと思います。 患者さんも医療者も大変に苦しい時期ですが、お互いの誤解が生じて、余計な軋轢などが起こらないようにと思い、この記事を書きました。 ご参考になさってもらえればと思います。

次の

新型コロナの有望薬「アビガン」「レムデシビル」ってどんな薬?:日経ビジネス電子版

抗 が ん 剤 治療 コロナ

・デキサメタゾン:死亡率を低減 安価で広く入手可能なステロイド薬のデキサメタゾンは通常、アレルギー反応や関節リウマチ、ぜんそくなどの治療に用いられる。 COVID-19の治療薬を研究しているチームは今月、デキサメタゾンの投与で重症の極めて重い患者の死亡数が通常の治療に比べて約3分の1減少したと発表した。 だが、特効薬というわけではない。 研究者らはデキサメタゾンが人工呼吸器を装着した患者の8人に1人の命を救う可能性があると考えている一方、それほど重症でない患者には臨床的有益性がほとんどないことが明らかになっている。 ・レムデシビル:恩恵はわずか 抗ウイルス薬のレムデシビルがCOVID-19患者の入院期間を短縮させる可能性があることが、米国で実施された少なくとも2件の大規模研究で明らかになっている。 5月に米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル()」で発表された研究によると、本来はエボラ出血熱の治療薬として開発されたレムデシビルではあるが、患者の回復をプラセボ(偽薬)投与時よりも早めることができたという。 これらの研究結果は注目に値するものの、薬剤の効果は驚異的というわけではないようだ。 平均すると、レムデシビルによって患者の入院期間が15日から11日に短縮した。 しかし、英医学誌ランセット()に発表された1件の研究は、レムデシビルを用いた新型コロナウイルス患者の治療では、「はっきりとした臨床的有益性」が確認できなかったと記している。 ・ヒドロキシクロロキン:結果はまちまち 数十年前に開発された抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンは、ドナルド・トランプ()米大統領が奇跡のCOVID-19予防薬として大いに称賛したが、実際に治療薬として作用することの科学的な証拠はほとんどない。 英国の研究グループ「リカバリー()」は今月、ヒドロキシクロロキンがCOVID-19患者の助けにはならないとの結論を下した。 また、ヒドロキシクロロキンが効果を示さないばかりか、死亡リスクを高めると主張する研究論文がランセット誌に掲載された。 この結果を受けて複数の臨床試験が一時的に中断されたが、データに関する問題が原因で論文は撤回された。 世界保健機関()は、ヒドロキシクロロキンに予防措置としてある程度の価値があることが現在進行中の臨床試験で示される可能性があるとの認識を示している。 ・その他の治療薬 このほかにも、別の目的で開発された複数の薬剤が新型コロナウイルス感染症の治療薬として有用かを調べるための試験が行われている。 ランセット誌によると、これまでに数十の薬品治療に関する臨床試験が1000件以上実施されているという。 中でも最も有望視されているのが、抗レトロウイルス薬のロピナビルとリトナビル、抗精神病薬のクロルプロマジン、免疫抑制薬のトシリズマブなどだ。 回復した患者から採取した血漿(けっしょう)に関する臨床試験でも、ある程度の可能性が示されている。

次の

新型コロナで重症化のリスクがあるがん患者 抗がん剤、がんの種類、警戒すべきものは?

抗 が ん 剤 治療 コロナ

リンク: 新型コロナウィルスの原因や症状とは? 一般的な医療の認識では、新型コロナウイルス感染症は過去にヒトで感染が確認されていなかった新種のコロナウイルスが原因と考えられる感染症です。 一般的な認識での細菌とウイルスの違いは、細菌は自己の細胞を持ち、自身で増殖できる生物の特徴を持つのに対し、ウイルスはRNAかDNAしか持たないことから自己で増殖できません。 このことからウイルスは生物と非生物の境界にある部類とされています。 RNAウイルスは宿主の細胞に自己の分身を注入して細胞質の中で増えて行き、一方、DNAウイルスは原則として宿主の細胞核のなかで増殖するという定義になっています。 現代医療の予防や治療は、頻繁な手洗いとマスクの着用、きちんと栄養を補給して十分な睡眠をとり体調を整える事、また、ワクチンやその他の治療薬が使われます。 アメリカ疾病管理予防センター CDC によると新型コロナウイルスは、現時点(2020年2月23日)で中国を中心にした世界の地域で7万8,811人の感染者を出し、2,462人の死者を出しています。 コロナウイルスの特徴を活かした対処法 新型コロナウイルスの発生源とされる武漢では、感染患者を隔離病棟に収容する処置がとられてきました。 しかし、ウイルス研究の国際的第一人者の一人でありながら、出身地の沖縄で抗ウイルス作用を持つ植物の研究開発に取り組む、根路銘国昭(ねろめ くにあき)先生によると、 新型コロナウイルスは、空気中に長時間浮遊し空気感染するインフルエンザとは違い、飛沫感染によって広がるので隔離病棟などの閉鎖した空間に患者を閉じ込めることは逆効果だそうです。 つまり閉鎖した空間に患者を閉じ込めるとウイルスの培養になってしまうので、閉鎖した病院では爆発的に感染が広がった事実があるとしています。 この観点からは、患者の隔離によって次々と感染者が出ている横浜港に停泊させたクルーザーでの対処状態も懸念されます。 新型コロナウィルスでは、ウイルスを守る外殻(エンベロープ)にある棘が、脆弱で空気中ですぐに脱げてしまうため、1〜2メートルも飛べば死滅してしまうようです。 また、コロナウイルスは冬の寒い季節に活発になる風邪ウイルスなので、季節が変わり気温が上がると生きていけない理由から、終息は近い可能性にも言及しています。 解明されていないウイルスの原因 同博士は、数十億年の進化の歴史を辿ってきたウイルスのことを、私たちはまだほんの一部しか理解してないとも言われているように、ウイルスは一般的には生物と非生物の間の部類とされており、果たして生物なのか非生物なのかと言う議論が未だに繰り返されている状態です。 また、ウイルス発生の起源として「細胞退化説」、「細胞脱出説」や「独立起源説」などがあり、これらは全て仮説の域を出ない事から、実は現代医学や微生物学では、ウイルスの起源、つまりどのようにしてウイルスが派生するのかについてさえも解っていないのです。 これはウイルス学を含む 現代生物学が「機械論」という物質的観念で生命を見るために、生命という現象そのものを見誤っているからです。 なのでウイルスの生命性を検討する前に、まず生物学や医学が生命に関する定義の基本を正さねばならないのです。 これからは「生気論」という目に見えない非物質的な、氣や宇宙エネルギーなどの形而上の現実も関与させた生命科学の視点に正すことにより、適切な答えが出るのだと思われます。 生気論によるウィルスの原因 一方、国際自然医学会の森下敬一博士のウイルスへの見方は、生気論に基づいています。 森下自然医学によると人間の体は、腸で食べ物を材料に血球細胞を造り、そしてその血液細胞が体細胞へ発展するという遠心性分化発展のプロセスと、その逆の細胞逆分化によって解体する求心性の発展プロセスがあるとしています。 代謝として同化作用と異化作用を繰り返す事で、我々は生命を維持するのですが、細胞が逆分化して解体するときに菌やウイルスが出来るとしています。 細胞核にはDNAが沢山あり、それ以外の細胞質にはRNAが多くあることより、細胞核由来のものはDNAウイルス、細胞質由来のものはRNAウイルスとなる所以です。 また、ウイルスは腸内で食材が消化される過程でその食材を作り上げる細胞もウイルス化するので、腸内でも発生するとしています。 この観点から見ると、動物や人々は皆違うDNA・RNAを持っている事から、自然界では膨大の種類のウイルスが存在するように見え、毎年のように新しいウイルスが現れるように見えるのも当たり前のことです。 ウイルス自体が元は自分の細胞なので、人類とウイルスの永遠の戦いに終わりはないとする考えは誤りであることが挙げられます。 森下自然医学の見方では、ウイルスは自己生産であることから、食べ物や血液の状態が悪い人々は潜在性感染症によるリスクが高かまり、一方で正しい食事法や血液の状態が良い人は、病原性の微生物に感染しても大部分は免疫系が働いて発症することはないと言うことです。 機械論の医学による化学薬品やワクチンでウイルスに対抗している現代でも、新型コロナウィルス以外にもインフルエンザの猛威にも苦戦している現状があります。 アメリカ疾病管理予防センター CDC によると、2019年から2020年の2月8日までにインフルエンザ感染はアメリカ国内だけで、2600万人を超えると推測されており、25万人から44万人の入院患者を出し、1万4千人から3万6千人の死者を出したと伝えています。 世界保健機構(WHO)によると、ヨーロッパ及び、西、中央、東アジアで感染が増えているそうです。 このことをみると、自然医学の考え方も参考にすることは大切なことであると言えます。 新型コロナウィルス、免疫とは何か 薬を使わない新型コロナウィルスの治療法とは? 1.頻繁な手洗いとマスク着用:特に季節が暖かくなり終焉の可能性が出てくる季節までは、このウイルスは咳やくしゃみによって飛散する飛沫感染であることから、 石鹸による頻繁な手洗いをおこない、マスク着用(特に感染した人は)する事。 2.血液を汚さない正しい食事や睡眠で体調を整えること:森下自然医学の見方では腸の中の環境が悪い場合や、血液の質や体質全体が弱っていると発症しやすいとします。 この観点からの日々正しい体づくりを実践する正しい食事という意味は、 肉食や甘いものを控えて、穀菜食をして血液をキレイに保つことです。 また、発酵食品を摂ることで腸内細菌叢を改善させて腸と血液の状態を良好にしておくことも大切です。 これはコロナウイルス以外のインフルエンザウイルスの対応にも大切な観点です。 3.家の通気を良くしてウイルスを不活性させる:国際的なウイルス学者である根路銘先生は、コロナウイルスはエンベロープが弱いので、空気中ですぐに死滅する特徴を活かす勧めを指摘します。 (注意:インフルエンザウイルスの対応ではありません) 4.毎日外で裸足になり を行う:アーシングとは、外で裸足になることで、体内の静電気が地中に排出され、同時に地中の自由電子が体内に充電されて免疫機能が上がり、病気の予防になる健康法です。 アーシング研究所では、毎日アーシングすることで、免疫が細菌やウイルス感染に強くなることを確かめています。 5.室内では をエッセンシャルオイルと混ぜて加湿器で噴霧する: 大阪府立大学大学院生命環境科学研究科 獣医学専攻獣医免疫学教室の渡来 仁 獣医学博士は、 新型コロナウイルスよりも生存力が強いネコカリシウイルスを用いた(TCID50「50%組織培養細胞感染率を比べる」)実験において、ダカッパvG7水による抗ウイルス効果を立証しました。 また、各種エッセンシャルオイル、特にペパーミントは抗菌・抗ウイルス作用が世界中で確認されています。 よってダカッパvG7水とエッセンシャルオイルを扱うジュジュべクリニックでは、これらを混ぜた溶液を加湿器で噴霧することを勧めています。 6.治療法は、ミネラルや各種栄養素が入ったデトックス剤「 」、漢方薬、 、 、とホールフード栄養錠剤等は、予防と治療に役立ちます。 また、 、 、 、カッピング、 、頭蓋調整などの治療、運動療法として は、免疫機能を高める事、また、ウイルスに対応するリンパ球を促進させる副交感神経を優位にさせることから、ウイルス感染への予防と治療として効果的であると考えられています。 新型コロナウィルスの目安の治療期間は? 新型コロナウイルスの予防や治療には目安の治療期間はありません。 特に冬場の寒い時期は上記の「薬を使わない予防や治療」を積極的に行ってください。 新型コロナウィルスの治療で特に気を付けないといけない事は? 最近新型コロナウイルスの話題がニュースの大半を占めるようになり、テレビや新聞、ネット上でもフォーカスが当てられています。 特にネット上では様々な話が拡散され、中には混乱を呼ぶような情報も混ざっている状態です。 いろいろな情報によって恐怖心を感じていたりすることはそれだけでも免疫機能を低下させる恐れもあります。 新型コロナウィルスの特徴を理解した正しい対処法を試みることや、ウイルス全般の本質も理解して、深い原因を根本的に正していくことを心がけて頂くことで気分的にも楽になることも心身の健康上で大切なことです。 新型コロナウィルスの治療は薬を併用してもいい? アロハ医学の「薬を使わない予防や治療」は、薬を使用しない方法を提示しておりますが、もちろん薬を併用しても安全に行っていただけます。 新型コロナウィルス予防の体質作りで特に気を付けないといけない事は? 十分な栄養をとるという予防法の点で従来の現代栄養学に基づくと、高タンパクな食事や肉食を勧める傾向があると思われます。 しかし高タンパクな食事や肉食は、腸の中の環境を悪くし、血液の質を悪化させる元凶です。 森下自然医学の見方では、ウイルスに感染しない方法は、体内でウイルスを発生させない方法です。 肉食や甘いものを控えて、穀菜食をして血液をきれいに保ち体調を整えることです。 これはコロナウイルス以外のインフルエンザウイルスの対応にも大切な観点です。 「コロナウィルスに負けない体を作るためにちゃんと体を強く鍛えたいですが、どうすれば良いのでしょうか?」 A. 「この(コロナ)ウイルスは心配いりません。 肉を食べすぎず、穀菜食中心でミネラル多くとり、をする事。 なぜそういうかというと、ウイルスにはDNAウイルスとRNAウイルスがあり、このコロナウイルスはRNAウィルスです。 なぜなら私たちの細胞核にはDNAが豊富なのでそこからはDNAウイルスが繁殖し、細胞質にはRNAがあるので、細胞質からRNAウイルスはできます。 ようするに、コロナが細胞内に入って繁殖する時、新たなたくさんのウイルスの材料になるのは、所詮私たちの細胞質であるという事です。 ウィルスはタンパク質でできてますが、自分自身の細胞のタンパク質でできているのです。 コロナの場合は細胞質のタンパク質が材料です。 だから コロナウィルスは自分の分身であり、単なる細胞の逆分化現象のカケラなのです。 ようするに血液が澱んで病的な人はそもそも細胞も病的ですので、ウイルス感染後ウイルスが暴発して生態的にも結構な影響を受けるが、血液が浄化させれて細胞がキレイな人はウイルスが壊滅的にはでません。 風邪程度で済むのでしょう。 もちろん今の話は一般的に言われていることではないのですが、これが私の見解です。 ウィルスに負けない体を作るという意味はそれ即ちウイルスを作らない体を作る事です。 」 次のページは、新型コロナウィルスの追加記事です 】.

次の