ちょびリッチ ポイント交換。 ポイントサイトからのJALマイル交換期間を解説。マイル交換は計画的に!

ちょびリッチの評判とポイントの稼ぎ方を紹介

ちょびリッチ ポイント交換

ちょびリッチの基本データ&運営会社 会社名 株式会社ちょびリッチ 設立 2004年8月(創業2002年1月) 資本金 7,000万円 1ポイントの価値 0. 5円 会員数 330万人超 主要ポイント交換先 ドットマネー、PeX まず、ちょびリッチの基本データ&運営会社を確認しておきましょう。 ちょびリッチは、 運営15年以上の実績を誇るまさに「老舗」のポイントサイトです。 そして、会員数はなんと 330万人超。 主要ポイント交換先にはANAマイルに業界最大倍率で交換可能なドットマネーがあり、さらにドットマネーは現金への交換も手数料無料で行うことができるため、 貯めたポイントの利用先にも困ることのないサイトです。 そして、ちょびリッチは上記のとおり超厳格な「お約束」で有名な 日本インターネットポイント協議会(略称「JIPC」)の 設立当初からの加盟会社です。 母体もしっかりした、 かなり安心なポイントサイトです。 私自身、ここ3年間程度ちょびリッチで大量ポイントを貯めてきた実感からも「安心」と断言することができるポイントサイトですね。 ちょびリッチの陸マイラー的おススメポイント おススメポイント• クレジットカードをはじめとした高額案件に滅法強い• ポイントの付与が確実で安心• ドットマネーへのポイント交換が可能 そして、ちょびリッチがポイントサイトの中でも 特にANA陸マイラーにとっておすすめの理由が上記のとおりです。 順に解説していきます。 上記は、ある日のクレジットカード「エムアイカードプラスゴールド」案件を、ポイントサイト横断検索サイト「どこ得」で検索した結果です。 もうね。 ちょびリッチさんが圧倒的な1位です。 このクレカ案件、もちろん各サイトでポイント獲得条件は同じです。 条件が同じでちょびリッチさんが最大のポイントがもらえるなら、ちょびリッチさんでクレジットカード発行するしかないってもんですよね。 そして、この傾向は、このエムアイカードプラスゴールド案件だけでなく、他のクレジットカードやFX案件などの高額案件全般でも同様です。 特にクレジットカードの強さが顕著ですが、 高額案件の還元率が圧倒的に高いんです。 そして、ちょびリッチは上記のようないわゆる陸マイラー的クレジットカード発券の「相場」である「 年会費無料で10,000円分のポイント」がもらえるクレジットカード案件にも強みがあります。 実は 上記の相場を満たしたクレジットカード案件ってありそうでないんですが、ちょびリッチならかなり頻繁に見つけることができます。 高額案件に強いため、このように、 3か月間でたった月に1回ずつのアクションで、11万ポイント(55,000円分)を貯めることもできました。 月にたった1回のアクションですよ!?超お手軽なのに、滅茶苦茶すごくないですか? このように、高額案件に強いので 最小のアクションで最大限のポイントを稼ぐことができる。 この、他のポイントサイトと比較した際の 高額案件への圧倒的な強さが、ちょびリッチ最大の強みだと思います。 ちょびリッチはとにかく ポイント付与が安心でかつ確実です。 個人的には、 ちょびリッチでポイントが付与されなかったってことが今まで一度もないんですよね。 もちろん、私も何度かポイントが付与されなかったりしたことはあります。 その場合でも、焦らず落ち着いてポイント問い合わせをすれば、 不正さえなければまず間違いなくポイントが付与されます。 そして、 ANA陸マイラーにとってかなり大きな メリットがこちらです。 ちょびリッチはドットマネーに直接等価交換が可能なため、 貯めたポイントをANAマイルに最短ルートかつ最大倍率で交換することが可能です。 具体的には上記のとおりですね。 ドットマネーに直接等価交換可能なので、TOKYUポイントをを経由して業界最大倍率となる0. 75倍でANAマイルに交換可能です。 詳細は上記関連記事をご覧になっていただければと思いますが、この「ドットマネーに直接交換可能」というメリットは、 ANA陸マイラーにとってかなり大きいです。 ちょびリッチでのポイントの稼ぎ方 大型案件を狙い撃つのが基本 ちょびリッチがANA陸マイラーにとって超絶おすすめな3つの理由はお分かりいただけましたでしょうか? 次に、ちょびリッチでの大量ポイントの稼ぎ方を解説していきます。 ちなみに、上記がちょびリッチが公式ページで推奨しているちょびリッチポイントの貯め方です。 そして、ここで 超重要な注意点を。 大量ANAマイルを貯めたい方は、上記のポイントの貯め方、 いずれも絶対にやらないでください。 スマホガチャ、アプリダウンロード、アンケート、クリック・タップ・・この方法でポイントを貯めることは 全部忘れてください。 やる必要はありません。 私は実際にこれらでポイントを貯めることは全くせずに数万ポイント/ANAマイルを貯めています。 えぇぇぇぇぇぇ!!公式サイトの推奨方法全部無視!?と思われるかもしれませんが、全部無視してください。 この方法では かける労力に比べてもらえるポイント数が少なすぎるんです。 例えばクリック・タップで1Pって書いてますが、これ、 ちょびリッチの1Pはたったの0. 5円ですからね。 10,000円分のポイントを貯めようと思うとなんと20,000回もタップする必要があります。 これ、全然現実的な貯め方ではありません。 毎日やっても全然溜まんないので、疲れて ポイントサイトを挫折する最大の原因になります。 ちょびリッチでポイントを貯めるために実際に利用すべきなのは、「こんな貯め方もおすすめ」として 副次的に紹介されている方法です。 例えばクレジットカード案件の場合1枚発行で10,000円分のポイントがもらえたりします。 いわゆる「一撃1万円」ってやつです。 狙うべきは、こういういわゆる「 高額案件」です。 ちょびリッチでポイントを稼ぐために狙うべきは「高額案件」のみ。 ちょびリッチでの高額案件の見つけ方 チョビリッチで狙うべきなのは、高額案件のみ!ということはお分かりいただけましたでしょうか。 次に、ちょびリッチでの高額案件の探し方を解説します。 上記はちょびリッチさんのトップページです。 この トップページを下にスクロールすると・・・。 このように、 タイムセールの広告が表示されています。 ちょびリッチでの超絶お得な広告は、 ほぼこの「タイムセール」欄に紹介されているので、まずは 毎日このページを閲覧するとよいでしょう。 本当に、トップページをちょっとスクロールしてみるだけですので、滅茶苦茶簡単です。 広告 相場 クレジットカード• 年会費無料:10,000円• タイムセールの広告に、 上記相場以上の広告が表示されていたらサクッと利用しちゃいましょう。 月に1~2回利用するだけで、余裕で2万円分以上のポイントを貯めることができると思います。 20,000円分のポイントがあれば、TOKYUルートで15,000ANAマイルですからね?かなりのペースでANAマイルを貯めることができるのがお分かりになるかと思います。 ポイントの管理は「ポイント通帳」で 利用した広告の実績や、獲得したポイントは、「ポイント通帳」で管理します。 ポイント通帳の開き方は簡単です。 上記のとおり、ページ右上の「メニュー」から「ポイント通帳」を開きます。 ちょびリッチで利用した広告は、このポイント通帳の「獲得予定明細」に記載されます。 この獲得予定明細に記載されることで、 確実にちょびリッチ経由で広告を利用した証拠になるので、安心ですね。 さらに、他のポイントサイトの場合広告を利用した後このポイント通帳の「獲得予定明細」に掲載されるまでかなりドキドキして待つ必要があるんですが、ちょびリッチの場合、上記のとおり 「広告利用速報」が送られてくるのも、地味に嬉しい点です。 確かにちょびリッチ経由で広告を利用したという証拠になりますので、このサービスの存在もかなりありがたいです。 ポイントサイト「ちょびリッチ」でマイルを貯めよう! 以上、陸マイラーにとって最重要ポイントサイトであるちょびリッチでのポイントの稼ぎ方と、ANAマイルへの交換方法を解説しました。 ちょびリッチは本当に最小の手間で莫大なポイントを貯めることができるので、 大量ANAマイルを貯めたい陸マイラーにとって第一優先になるサイトです。 しかも、 ANAマイルへの交換の手間も少なくポイントサイト業界1と言ってよいほど簡単なので、絶対におすすめできるサイトです。 ちょびリッチへの登録は、以下のバナーからどうぞ。 このバナーからの登録で、記載のチョビポイントがもらえます。 年間50万マイルを貯める。 陸マイラーのはじめ方はこちらから 【まずここからご覧ください】 年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。

次の

ちょびリッチ

ちょびリッチ ポイント交換

そんなドットマネーに対し、ちょびリッチは以下の2通りの交換方法を選択可能。 money口座への直接交換• ドットマネーギフトコードによる交換 最終的な結果はすべて同じですが、それぞれに長所・短所があるんです。 money口座への直接交換は、その名のとおり、ちょびリッチのアカウント上から自分のドットマネー口座を指定し、交換申請する方法です。 申請から ドットマネー口座への反映は即時。 そのため、『今すぐ交換したい』という需要にも応えてくれるんです 一度ににまとまった量のちょびポイントを交換申請でき、その後も即座にメトロポイントへの交換を進めることが可能ですから、工程としては 一番手間がない方法になります。 ただし、交換先に指定できるドットマネー口座は本人名義のもののみ 1 ちょびリッチでの交換申請の際、他人名義の. money口座を入力することも可能だが、最終的に名義の不一致などで交換が不承認となることが想定される。 最悪、交換申請分のポイントが失われるリスクを考慮すると、やらない方が賢明。 ですから、家族を含め、基本的に 他人へポイントを移行・譲渡することは不可能となります。 ギフトコードも即時反映だが少し面倒 ちょびリッチでは、ポイント交換の手段に 『 ドットマネーギフトコード』を選択することが可能。 moneyギフトコードへ交換すると、定型のコード番号が発行され、それを入力することでドットマネー上のポイント(マネー)に反映・交換完了となります。 ドットマネーギフトコードのメリットの1つが、ポイント交換が即時である点です。 ちょびリッチポイントからのギフトコード発行は即時でなされますから、こちらもまさに『欲しい時・すぐに』マネーをゲットすることができるんですね。 ただし、ちょびリッチからのギフトコード発行の場合、 発行後のコード単位が500マネー刻みという非常に細かいものとなっています。 すなわち、ちょびリッチで20,000pt(1万円相当 2 ちょびポイントは1pt=0. 5円単位。 )をドットマネーギフトコードに交換する場合、発生するコードは20件。 これをチマチマ・ポチポチ処理しなければいけませんので、若干面倒な側面も有しています。 ちなみに、同じくドットマネーギフトコードが使える はコードの単位が大きいので、そこまでの手間は発生しません。 実はギフトコードの最たる利点はここに集約されると言っても過言ではありません。 ちょびリッチからドットマネー(. money)へのポイント交換手順 それではここからは実際に、ちょびリッチから ドットマネー(. money)へのポイント交換手順を確認していきましょう。 (2回目以降は無くなります。 今回はちょびポイント50,000pt(=25,000円相当)が25,000マネーとなって反映しました。 (あとは交換数に応じて、この作業を繰り返し行なっていきます。 ) ー 30万マイルで出来ること -• 憧れの ファーストクラスやビジネスクラスの利用• 年2回・夫婦2人でビジネスクラスを利用してハワイ旅行• 年1回・夫婦2人でファーストクラスを利用してニューヨーク旅行• 世界一周旅行• 年4回・家族4人で沖縄旅行• 年何回でも・ 日本全国どこへでも …and more. 30万マイルがあれば、これだけの・これ以上のコトが自由に実行できるようになるんです。 もちろん、詐欺的行為や危ない事は一切なし。 そして余計な出費もほとんどありません。 貯めにくい・貯まらない,それゆえ使えない!というイメージが先行しがちな『マイル』を誰にでもできる方法で爆発的に生み出し、贅沢する方法… その秘密を、ちょっとだけ覗いてみませんか?.

次の

ちょびリッチからドットマネー(.money)へのポイント交換手順を詳解!

ちょびリッチ ポイント交換

換金先の銀行は楽天銀行やジャパンネット銀行、電子マネーでは楽天EdyやAmazonギフト券に換金、交換することが出来ます。 ただし、換金先に銀行によっては換金手数料がかかる銀行があるのでできるだけ手数料のかからない銀行を選ぶようにしましょう。 ゆうちょと指定銀行以外へのポイント換金だけが150円の手数料がかかります。 今回はちょびリッチで貯まったポイントを 換金・交換する方法を紹介していきます。 ポイントを換金後に銀行口座に振込まれた明細はこちら 「カ)チョビリッチ」の名義で 銀行口座に振込がされます。 ちょびリッチのポイントを換金する ポイントの換金手順 換金の手順を細かく説明します。 説明を見ると長く感じますが、実際の銀行口座から換金申請までは誰でも 簡単に行うことが出来ます。 ステップ1 ポイント交換所 ちょびリッチのTOPページにある「ポイント交換所」をクリックします。 ステップ2 換金先を選択 ちょびリッチで初めて現金やポイントに交換する場合は、「現金(銀行振込)」「航空マイル」「ちょびリッチgoods」「ベルメゾン・ポイント」のみとなります。 現金に交換することで認証が終わり、AmazonやTポイントに交換できるようになります。 ステップ3 交換申込み 交換詳細を確認した上で交換の申込みをします。 楽天銀行へ交換する場合は、1000ちょびポイントで500円に交換手数料無料で交換することができます。 交換完了するまでは3営業日かかります。 ステップ4 秘密の質問 設定した秘密の質問に答えます。 秘密の質問の設定をしていない場合は、先に設定する必要があります。 ステップ5 銀行情報の登録 初めて現金に交換する場合は銀行情報の設定がされていないため、交換したい銀行の情報を入力します。 ステップ6 換金先銀行の選択 同意文にチェックをして銀行情報入力画面へを選択します。 ステップ7 口座情報入力画面 選択した銀行の情報を入力します。 支店の選択• 口座番号• 銀行名義人 銀行名義人とちょびリッチの登録名が違うと振込がされません。 ステップ8 登録の確認 銀行情報が間違っていないか確認します。 ステップ9 登録の完了 ここまででまず銀行登録の完了です。 ステップ10 換金申請ページ ステップ1の交換申込みからステップ4の秘密の質問の回答までを行います。 その後、キャッシュバックするポイントを選択して確認をクリックします。 1000ちょびポイントごとの交換になり、 1000ポイントで500円になります。 ステップ10 申請確認ページ 貯まったポイントの交換先に間違いがないかを確認にて「キャッシュバック申請」をクリックします。 ステップ12 交換申請完了 「キャッシュバックの申請を完了しました」と表示されればキャッシュバック申請の完了です。 ステップ13 メールの確認 交換申請が完了するとすぐに確認メールが送られてきますのでチェックしておきましょう。 メール内で何か登録することはないので、確認できなくてもキャッシュバックは行われます。 振込確認 振込完了メール 交換申請をしてから3営業日後にキャッシュバック振込完了のお知らせメールが実際に配信されました。 振込確認 キャッシュバック申請をした銀行口座に振り込まれているか確認します。 振込が確認できました。 その後手続きをする必要はないのでまた1000ポイント以上ポイントが貯まったら交換申請をしましょう。 今回は楽天銀行にてキャッシュバック申請をしましたが、ちょびリッチは楽天銀行以外にも交換できる銀行がいくつかあります。 「交換申込みする」ボタンをクリック• 交換ポイント数を選択• 銀行情報を確認の上、「キャッシュバック申請」ボタンをクリック キャッシュバック申請メールが配信されます。 交換予定日に送金。 送金完了後、キャッシュバックのお知らせメールが配信されます。 電子マネーに交換する方法 楽天Edyに交換する場合• 「交換申込みする」ボタンをクリック• 交換ポイント数を選択• 初めての場合はEdy番号を入力• リアルタイムで交換。 交換完了後、お知らせメールが配信されます。 楽天Edy内の受け取るを押して完了。 他社ポイント・マイルに交換する方法 ANAマイルに交換する場合• 「交換申込みする」ボタンをクリック• 交換ポイント数を選択• 初めての場合は「ANAマイレージお客様番号」を入力• 申請月の翌月25日頃に交換。 交換完了後、お知らせメールが配信されます。 ギフト券に交換する方法 全国共通図書カードへ交換• 「交換申込みする」ボタンをクリック• 交換ポイント数を選択• 図書カード郵送先を入力• 申請から2週間程度で到着。 以上、 ちょびリッチで貯まったポイントを交換する方法でした。 以上、ちょびリッチで貯まったポイントを初めて現金に換金する方法でした。

次の