全農 和牛 プレゼント。 国産黒毛和牛の当選者5000人 生産者応援続行中 JA全中|ニュース|JAの活動|JAcom 農業協同組合新聞

国産黒毛和牛の当選者5000人 生産者応援続行中 JA全中|ニュース|JAの活動|JAcom 農業協同組合新聞

全農 和牛 プレゼント

日本三大和牛の一つとされています。 B賞(15名様) 信楽焼 雲井窯 御飯鍋 黒楽(二合炊き) 30余年作り続けてきた「ご飯炊き」に特化した逸品で、カセットコンロなどでも変わらず美味しく炊いていただけます。 土鍋の魅力は、陶器でありながら火にかけて調理をすることができる堅牢性と、金属製の鍋にはない温かな肌触りや美しさを合わせ持つこと。 優れた機能を使って風味豊かな料理を創り出し、そのまま食卓に運び、器としての美しさを楽しみながら味わうことができます。 C賞(50名様) 近江米 真空キューブ9個セット(各300g) 滋賀県の代表銘柄である「みずかがみ」、「コシヒカリ」、「秋の詩」の3品種が入った近江米を食べ比べることができる贅沢なセットです。 真空パックは、空気を抜くことでお米の鮮度を損なう酸素を取り除き、精米したての鮮度を長時間保持します。 1つ300g(2合)の食べきりサイズです。 計量することなく簡単に炊飯いただけます。 D賞(60名様) tae 5種類詰め合わせセット(滋賀羽二重糯使用のお菓子) taeは新しい滋賀県産のお菓子を提案する、滋賀県菓子工業組合のブランドです。 餅の恵(もちのめぐみ)は和三盆糖を使用した新しい触感のジャム、忍の珠(しのびのたま)は甲賀忍者が使うけむり玉をイメージしたココアのクッキーなど、新しい滋賀県産お菓子の詰め合わせです。 ~実施内容~ 〇実施期間:令和2年1月~3月10日(火)まで(応募締切 3月10日 当日消印有効) 〇抽選日 :令和2年3月下旬(予定) 〇応募方法:上記期間中に、近江米を5kg以上お買い上げのお客様を対象に商品添付の応募シールを郵便ハガキに貼り 付け、必要事項記入の上、応募してください。 応募シール1枚につき1枚のハガキにて応募できます。 (おひとり様複数応募可能、当選はおひとり様1回限りとなります。 ) 〇賞品発表:商品の発送をもって発表といたします。 〇留意点 :応募券のない場合や必要事項が記載されていない場合は、無効となります。 チラシに掲載されている商品のデザイン・カラー・仕様等は変更になる場合がございます。 〇キャンペーンチラシ:.

次の

「がんばろう!日本の畜産・酪農」応援キャンペーン|提供番組&プレゼントの情報を見る|JAグループ (野菜)

全農 和牛 プレゼント

【動画】日本製とは何か。 世界に広まる「和牛」の実態に迫る 拡充するのは、2月9日に始めた「がんばろう! 日本の畜産・酪農応援キャンペーン」。 国産黒毛和牛ロースステーキ(4枚約800グラム)を無料で贈る。 応募先は、。 訪日観光客や宴会の減少で、高級和牛の価格は前年より3割ほど下がった。 在庫が積み上がり、流通業者の倉庫は、ほぼいっぱいになっているという。 和牛をめぐっては、自民党の農林部会が「お肉券」を提案したが、党内外から批判が殺到。 30日に党政務調査会がとりまとめた経済対策の提言には、水産部会が求める「お魚券」とともに盛り込まれなかった。 構想が頓挫するなか、自助努力で在庫の削減を進める。 (大日向寛文).

次の

懸賞でお肉のプレゼント|懸賞当確

全農 和牛 プレゼント

全国農業協同組合中央会 JA全中 は4月1日、アクセス集中により閲覧が難しくなっていた「がんばろう! 日本の畜産・酪農応援キャンペーン」特設サイトが、再び閲覧できる状況となったことを報告した。 特設サイト内に掲載した「お詫びとお願い」の中で、「閲覧が難しい状態となり、皆様に多大なるご迷惑をおかけしたことを深くお詫びいたします」「このキャンペーンを通じて、一人でも多くの方に、国産畜産物・乳製品のおいしさを実感していただき、日本の畜産・酪農を応援していただければ幸いです」などと述べるとともに、報告したもの。 JA全中の「がんばろう! 日本の畜産・酪農応援キャンペーン」は当初、「国産黒毛和牛ロースステーキ」を20人など、計100人を対象にプレゼントを実施するキャンペーンとして、3月31日までの予定で展開していた。 3月27日付でJA全中が延長・拡充を発表し、週明けの3月30日の夕刻から各社がその内容を報じると、思い切った内容拡充が話題化。 キャンペーン特設サイトにはアクセスが殺到し、閲覧が難しい状況が続いていた。 話題となったプレゼントの内容は以下の通り。 キャンペーン特設サイトへのアクセスは4月1日時点ではある程度落ち着き、JA全中の広報担当者によると「重くなるときはあるが、見られないということはない」状況になっている。 ただし、JA全中のメインサイトはまだアクセス過多のため通常表示せず、特設サイトへの誘導やはがき・FAXでの応募要件の案内のみ表示している。 「キャンペーンは4月10日まで開催しています。 余裕を持ってご応募ください。 はがき・FAXでの応募も可能ですのでご活用ください」 JA全中・広報担当者。 JA全中は、今回の「お詫びとお願い」の中で、「新型コロナウイルス感染症により、皆様も大変な思いをされていることと存じます。 わが国の農業・農業者にとりましても影響は大きいですが、JAグループは引き続き、国産農畜産物の安定供給に全力を尽くしてまいります」とも述べている。

次の