関数 重複 削除。 統合機能を使って重複データを集計する:Excelの基本操作

【エクセル】重複データを無視して抽出する関数

関数 重複 削除

【指定した範囲から重複したデータを削除します。 RemoveDuplicates Columns , Header ・Columns:列 (重複対象の列)・(設定必須) ・Header:行 (ヘッダーの設定)・(省略可能) 定数【Header】 値 内容(説明) xlGuess 0 EXCELに範囲内の1行目をヘッダーにするか判断してもらう。 xlYes 1 範囲内の1行目をヘッダーにする。 xlNo 2 範囲内の1行目をヘッダーにしない。 Count, "A". End xlUp. If WorksheetFunction. 4つの項目とも同じデータが2つ以上ある場合は、2以上の数値を返します。 Cells I, "E". Font. Cells Rows. Count, "A". End xlUp. Cells Rows. Count, "A". End xlUp. Row 'シート「一覧」のA列最終行を取得 ws02. Cells. Clear 'シート「一覧」を削除します。 If WorksheetFunction. CountIfs ws01. 4つの項目とも同じデータが2つ以上ある場合は、2以上の数値を返します。 ws01. Copy 'シート「DATA」のデータ範囲をコピーします。 ws02. Range "A1". Cells Rows. Count, "A". End xlUp. Row 'シート「一覧」のA列最終行を取得 ws02. Activate 'シート「一覧」をアクティブにします。 Else MsgBox "キャンセルしました。 " End If End Sub '.

次の

エクセル 重複のデータを削除する3つの方法

関数 重複 削除

エクセルの重複行削除機能を使う方法 まずは、 エクセルの「重複行削除機能」を使う方法についてご紹介します。 具体的な手順は、以下の通りです。 今回は、とあるバーの会員リストに関するデータ(下図)を例にご説明します。 この時、「性別」「年齢」などの項目名も忘れずに選択しましょう。 2. 「重複の削除」をクリック 「データ」リボンの「重複の削除」をクリックデータ範囲選択後、画面上部の「データ」リボンにある「重複の削除」をクリックします。 3.重複条件を選択し、OKをクリックして削除 表示されたダイアログボックスで、データが重複した場合に削除したい項目名を選択し、OKをクリックすると、重複データが削除されます。 ここでは、「性別」と「お気に入りのカクテル」が重複しているデータを削除しました。 このため、同じ性別で同じ「お気に入りのカクテル」の行が削除されることとなります。 今回のデータでは9個分の重複データが削除されました。 条件を変更することで違うデータが得られるので、必要に応じて何を選択するか考えましょう。 エクセルの重複データを抽出して削除する方法 エクセルの「重複行削除機能」以外に、 重複データを抽出してから削除する方法もあります。 おおまかな手順は以下の通りです。 「重複する値」というウィンドウで値が「重複」になっていることを確認• 抽出された重複データを含む表のどこかのセルを選択し、「データ」タブから「データツール」の「重複の削除」をクリック• 「重複の削除」というウィンドウで重複している項目をひとつ以上選択し、OKを押して削除 具体的な方法を解説していきます。 1.重複データを抽出する 先ほどのリストを例に、重複データの抽出方法をご紹介します。 この時、項目部分は選択する必要がありません。 今回は、「お気に入りのカクテル」の重複データを抽出します。 2.「重複する値」というウィンドウで値が「重複」になっていることを確認 次に、「重複する値」というウィンドウで、値が「重複」になっていることを確認してください。 書式は好きな色を選択しましょう。 OKをクリックすると、 データが重複しているセルに任意の色が付きます。 これで重複データの抽出は完了です。 3.抽出した重複データを削除 上記で抽出した重複データを削除すると、重複するデータを持ち色が変わった行が消えて、重複行削除機能と同様の結果になります。 重複データが少ない場合には、色が変わったセルを1つずつ目視で削除していくという方法もありますが、 ここでは、重複データが多い場合でも使える方法をご紹介します。 まず、重複データを含む表のどこかのセルを選択します。 セルは表のなかであれば重複部分でなくても構いません。 4.「重複の削除」というウィンドウで重複している項目をひとつ以上選択し、OKを押して削除 次に、「データ」タブから「データツール」の「重複の削除」をクリック。 表示される「重複の削除」ウィンドウで、重複が含まれる項目を選択します。 今回は、先ほど抽出した「お気に入りのカクテル」のみを選択しました。 OKを押すと、「お気に入りのカクテル」が他のデータの「お気に入りのカクテル」と重複した16のデータが削除されます。 誰とも被っていない「一意のデータ」のみが残るため、見やすくなっているのが分かるでしょう。 エクセルの重複データをCOUNTIF関数でチェックする方法 最後は、 COUNTIF関数を活用して重複データをチェックする方法をご紹介します。 おおまかな手順は以下の通りです。 カウント結果表示用の列を準備し、COUNTIF関数を入力• 入力した計算式をカウント列すべてのセルにコピーし実行 以下で、順を追って説明します。 COUNTIF関数とは COUNTIF関数とは、指定した条件に当てはまるセルの数をカウントする関数です。 重複データをチェックしたい表に活用すれば、どの部分が重複しているのか一目で確認できます。 ただし、COUNTIF関数は、重複をチェックするのみなので、重複部分を削除したい場合は今回紹介した前述の方法をとる必要があります。 COUNTIF関数の計算式は、「=COUNTIF(範囲,検索条件)」で表されます。 COUNTIF関数がわからない方は「」の記事がおすすめです。 1. カウント結果用の列を準備し、先ほどの表にCOUNTIF関数を活用して、重複データがあるかチェック まず、カウントした結果を表示するための列を用意し、一番上のセルにCOUNTIF関数を入力します。 この際、表をくまなく参照できるよう、範囲については「絶対参照(F4キー)」を忘れないようにしましょう。 絶対参照については、「」で詳しく解説しています。 これで「C3からC30のセルについて、C3と重複する数」を表示してくれます。 2.入力した計算式をカウント列すべてのセルにコピーし実行 次に、入力した計算式をカウント列すべてにコピーします。 正しく絶対参照されていれば、すべての列で重複データのチェックができるはずです。 関数を実行すると、下図のように数字が表示されます。 この数字が2以上の場合は、「重複あり」となります。 前述の通り、COUNTIF関数は重複があるかチェックする関数です。 重複データを削除したい場合は、エクセルの重複データを抽出して削除する方法などので削除することが必要です。 大量のデータをエクセルで処理する際、重複部分を自力で探すのは大変です。 エクセルには重複を見つけ、削除するための便利な機能があるので、今回の記事を参考に、ぜひ活用してみてください。

次の

エクセル 重複のデータを削除する3つの方法

関数 重複 削除

統合機能を使って重複データを集計する:Excelの基本操作• 統合機能を使って重複データを集計する• ここでは重複したデータを集計する方法を説明しています。 重複した項目を一つにまとめて計算をする方法として統合の機能を利用しています。 なお、関数を使っても計算する方法がありますので、併せて紹介します。 スポンサードリンク• 医療費控除のシートを作成して気づいたのですが、 ではピボットテーブルの機能を使って集計を行いました。 ピボットテーブルに慣れていない方にはちょっとハードルが高いものかもしれません。 そこで統合という機能を使って集計してみたいと思います。 集計するデータは、下図のように並べ替えたテーブルのデータを使います。 このデータはSheet1に入力されています。 別のシートSheet3を使って統合します。 Sheet3のB2セルのテーブルのデータを結合する数式を入力します。 右Shiftキーの左隣のキーです。 [Shift]キーを押しながら「ろ」のキーを押すと入力できます。 I5 とテーブルのセルを参照しています。 B2:D2セルをデータの行数分下方向へコピーします。 G2セルを選択して、[データ]タブの[統合]を実行します。 統合の設定 ダイアログボックスが開きます。 集計の方法が「合計」になっているのを確認します。 統合元の範囲にカーソルを表示し、データ範囲を設定します。 [追加]ボタンをクリックして、統合元はデータ範囲を登録します。 統合の基準では「左端列」にチェックを入れて[OK]ボタンをクリックします。 まずデータを表示する列を作成します。 G列との間に4列の空欄を作ります。 H:I列のデータを右の方へ(L:M列へ 移動します。 データ範囲を選択してドラッグすれば移動できます。 G列の結合したデータを選択します。 [データ]タブの[区切り位置]を実行します。 [次へ]ボタンをクリックします。 「完了」ボタンをクリックします。 結合されていた各データが分解できました。 統合の機能を使った集計ができました。 重複していない項目を残す必要があります。 上記では各項目を結合しましたが、ここでは「重複の削除」を利用します。 元のデータから重複するデータを除きたい部分、重複しないデータとしたい部分を他の部分にコピーします。 下図では A:I列のテーブルから C:G列をコピーして、L:Q列に値貼り付けしています。 コピー先のL4セルを選択して、[データ]タブの[重複の削除]を実行します。 重複の削除 ダイアログボックスが表示されます。 「先頭行をデータの見出しとして使用する」にチェックが入っているのを確認します。 列に表示された各項目にチェックが入っているのを確認します。 [OK]ボタンをクリックします。 重複したデータが削除され、重複していないデータ14個が残りました。 あとは各データの合計の計算を行えばよいので、SUMIFS関数で数式 計算式 を作成します。 数式は右、下へオートフィルでコピーすれば完成です。 複合参照を使っているので判読しにくいですが、カラーリファレンスでどうにかわからないでしょうか・・・ スポンサードリンク ||統合機能を使って重複データを集計する.

次の