バラ カイガラムシ。 カイガラムシの駆除・対策方法|バラや多肉植物にも発生する?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

カイガラムシの種類と駆除、予防方法

バラ カイガラムシ

大発生する前の対処が大切 カイガラムシがどんなものか、 知らない人は え?これって虫なの? バラの枝の柄、ていうか模様じゃないの? 見ているのに気づきもしなかった、 ということもあると思います。 中には全く気にとめてない人もいるでしょう。 なにも悪さをしていないかのように じっとしていますからね。 まるで海岸の岩場のフジツボや マツバガイのように。 実は、カイガラムシ、 じっとしていないものもあるのですよ。 何もしていないように 見えるくらい動きが遅いんです。 大発生するとバラが弱ります。 そうならないように駆除。 歯ブラシを使います。 簡単で効果の高い駆除の方法なんですよね。 ブラッシングがなぜ有効なわけは カイガラムシの生態がわかると なるほど~と納得するはず。 そしてカイガラムシの駆除のコツが つかめると思います。 そのほか、薬剤は使えないのか 効果的な駆除の時期や薬剤はなにを使えばいいか についてもわかりやすく説明したいと思います。 どうぞ最後までご覧になって 駆除のコツをつかんでくださいね。 では、はじめに 生態と被害の症状を詳しくお伝えしますね。 バラのカイガラムシの生態 カイガラムシは 400種以上といわれ700~800種とか… その中で、バラにつくカイガラムシは主に バラシロカイガラムシ。 バラシロカイガラムシは年2回発生します。 成虫メスは受精卵を身体に宿したまま越冬し 暖かくなった4月に産卵。 ふ化したすぐの幼虫は 足があり動き回ることができます。 歩ける時間はほんのわずか。。 茶色い小さな小判のような楕円形の虫です。 やがて、メスは固着場所を決め そのころ成虫となります。 固着場所を決め脱皮した成虫になると 足がなく もう動けません。。 自分で場所決めをしてお食事。 食事はきぬ糸のような細いストローを バラの茎に刺し栄養分を吸いとるという方法。 そして背中にある肛門から 余った養分と排泄物を出し 身体を覆いつくしてその中で過ごします。 これはロウのような物質で 介殻とよばれています。 白い円盤状になるのはそのためなんですね。 丸くて白いもの全体が 虫本体だ思っている人も多いと思います。 実は、丸く白いのはロウは 余った養分と排泄物だったんです! そして、 ロウの中に茶色っぽいカイガラムシがいる。。 ロウに守られながら一生を過ごすのです。 ここまでは、メスのカイガラムシの話。 オスの幼虫は 幼虫はロウのような白い分泌物を出しながら わずかの期間歩きまわります。。 細長い分泌物の端っこに茶色く見えるものが カイガラムシのオスです。 オスの幼虫は、ロウのような 分泌物の中でサナギの時期を過ごして コバエのような羽のある成虫になります。 オスとメスの姿が全く違うなんて 驚きですよね。 カイガラムシの近くを 飛んでいるコバエ、 それはカイガラムシのオスかもしれませんよ。 メスがフェロモンを出し オスと呼び寄せるのだとか。 オスの寿命は数時間から数日と短く その間飲まず食わずで過ごし 口は退化 、 交尾を終えたら死んでしまうのです。 メスも交尾後、 白いロウをかぶったままで卵を産むと 死んでしまいます。 卵は白いロウに守られて やがてふ化。 次の世代になるというわけ。 受精卵を身体に宿し、 産卵していないメスは越冬しその後産卵。 卵は4月にふ化します。 その後6~7月に第1回の成虫となり、 同じプロセスで8月下旬~10月に 第2回めの成虫が発生します。 バラのカイガラムシによる被害 バラのカイガラムシの被害とは どんなものでしょうか? ・汁を吸う ・美観が損なわれる というところでしょうか。 とても小さい虫ですが、 それでも 大量のカイガラムシに汁を吸われると やはりバラの体力も衰えます。 たくさんの栄養分を含んだ管から 汁を抜きとってしまうのですから たまりませんよね。 カイガラムシを駆除するには? ・歯ブラシによる駆除 カイガラムシを駆除するには、 歯ブラシを使います。 かんたんで効果的な駆除の方法は 歯ブラシでこすって落とすこと。 場ブラシの効果を 一番発揮するのは冬剪定のとき。 バラは休眠期に 入っているので歯ブラシでこすっても 生育の妨げになることはないです。 歯ブラシでブラッシングしながら、 カイガラムシをゴシゴシこすって 落としてください。 ブラッシングのコツは、歯磨きと同じように 丁寧に隅々まで、です。 冬なら樹皮をめくってこすり 落としてもいいですが、他の時期はそこまで 深追いしないほうがいいですね。 病原菌が入り込むかもしれないですから。 歯ブラシでこすると けっこう簡単に面白いように取れます。 ポロポロ取れます。 多いときは地面がカイガラムシで 白っぽくなることも… 落ちたカイガラムシが はい上がってこないか心配になりますが、 カイガラムシは足がないので登れません。 そのうえ 歯ブラシでこそげ落とすときに 養分を吸うために突き刺したストロー状の くちばしがちぎれてしまいます。 なので、 はい上がることも養分を吸うことも できず死んでしまいます。 一度で すべてのカイガラムシを 歯ブラシで落とすことは不可能なので でてきたら またこすって落とす、の繰り返しです。 そうやって数を減らしていくのが一番いいと思います。 冬以外の季節でも、 カイガラムシが急に増えた、というときは 歯ブラシでこすって落としていいと思います。 念のために新聞紙などを敷いておくといいです。 ただ、冬以外の時期だと、 介殻の中で卵がふ化しているかも知れません。 その場合 幼虫は足があるので はい上がってくることもあります。 ふ化の期間が1ヶ月以上続くこともあるので 根気よく駆除しないとダメなようです。 ・薬剤による駆除 歯ブラシによる物理的な駆除法ではなく 薬剤で駆除する場合です。 白くて丸い介殻をかぶった成虫メスには ほとんど薬剤は効果がなさそうです。 薬剤を使うのは時期を みさだめる必要があります。 ふ化後歩ける幼虫でいる間しか 薬の効果は望めません。 その期間は10日間ほどです。 なので、最初の幼虫を確認したら 1週間~10日後に薬剤を散布するといいと思います。 他の害虫の駆除と併用で オルトランDX粒剤を株元にまくのも 効果があるようです。 浸透移行性で効果が約1ヶ月続くので ダラダラとふ化が続くカイガラムシ退治に最適。 冬場の越冬成虫にも効く。 これは効きそうです。 近くの園芸店、ホームセンターや、 ネットでは楽天市場などで 購入するといいですね。 どちらも冬剪定のあと12月末~1月中旬に使用。 虫を窒息死させる効果があるようです。 マシン油のエアゾールで 新芽の展葉期以外、いつでも使える薬剤です。 これを噴霧したあと歯ブラシでこすると おもしろいくらいカイガラムシが 取れます。 そうですね。 流れ落ちたろうそくのロウを はがしとるような感覚です。 この殺虫剤はホームセンターや 楽天市場などのネット通販でも入手できます。 価格は700円~1000円以内です。 カイガラムシの予防と対策 カイガラムシは一度発生したら 翌年も発生しやすい虫です。 水やりのときなど、 見逃さないように枝葉も観察するのが 大事ですね。 特に影になったり、 枝の裏側の見えにくく暗いところに 発生するようです。 また、バラが弱ってくると発生しやすいです。 水やりや肥料の量も適切にして 丈夫に育てていきましょう! カイガラムシ駆除は歯ブラシが一番 バラの枝葉につく白い模様。 それは模様ではなく カイガラムシという汁を吸う害虫。 ほっておくと見た目も悪くなるし バラが栄養を吸い取られ弱っていきます。 歯ブラシでブラッシングして こすり落としてしまうのが 一番効果のある方法です。 効果の見込める薬剤もありますが 時期を見計らって使うことが大切です。 よく効く時期は、 カイガラムシがふ化し幼虫になったころ。 どちらにしても根気よく 退治していくことになります。 早めに気がついて駆除するようにしたいですね。 バラが弱ると どうしても、害虫がきます。 我が家にはモンジャルダンエマメゾンという かなり伸びるつるバラがあります。 ずうたいはデカイくせに黒星病に 弱い品種なんです。 トゲもめちゃ大きくてよせつけないぜ! って感じなんですが、黒星病に弱い。 そんなだから、弱ってしまい カイガラムシやテッポウムシを 呼びこんでしまいます。 きっと黒星病で葉を落としてしまい 体力がなくなってしまうのだろうな、 と思っています。 バラは強いので、黒星病は克服していくのですが 病を患っているときに、 害虫から狙われるんですね。 まさに弱り目にたたり目。 モンジャルダンエマメゾンも今年で、3年目。 株も充実してくるころだから、 うまく育てていきたいと思います。 バラは他にも天敵のような害虫がいます。

次の

カイガラムシの駆除・対策方法|バラや多肉植物にも発生する?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

バラ カイガラムシ

【保存版】バラの病害虫危険度ランキング発表!つるバラと宿根草の小さな庭づくりバラを育てていると誰もが一度、いや、何度も悩まされるのが 病害虫。 「バラは育てるのが難しい・・・」なんてよく言われますが、 病害虫問題さえうまく解決できれば、バラづくりはこっちのもの! スポンサーリンク バラの病害虫はいろいろありますが、 バラに大ダメージを与えてしまう危険度の高いものを わたしも大好きなバラ栽培家の 小山内健さん(写真:)が ランキングにしてくれているので、 こちらに共有させていただきたいと思います。 病害虫の発生時期はほぼ決まっているので、 しっかりと原因を把握して対策を施せば甚大な被害は免れるはず。 日々の観察を大事にしてパトロール頑張っていきましょう! バラの病害虫危険度ランキング 危険度1位 ゴマダラカミキリ(テッポウムシ) 写真:• 発生場所:根、枝• 発生時期:成虫6~8月、幼虫7~翌4月• 症状と対処法:幼虫が根元から根に食い入り、成虫は新枝をかじる。 株元から木くずが出ていれば幹の中に幼虫がいる証拠。 穴を探して針金を差し込んで引きずり出して捕殺する。 親子ともども揃いも揃って悪いヤツ。 我が家ではまだ一度もヤツらの被害には遭っていませんが、 もし症状が出たら対処法にあるような捕殺ができるかが恐ろしいです・・・ だって、やなせたかしさんの 「みんなみんな生きているんだ友達なーんーだー」 の歌が頭の中で繰り返されるだろうから・・・ でも、放っておくとバラが枯死するのは確実。 危険度2位 コガネムシ類 写真:• 発生場所:根、花、葉• 発生時期:成虫4~9月、幼虫6~翌3月• 症状と対処方法:成虫は花や葉を食べ、幼虫は根を食べる。 鉢植えの場合は枯死することが多い。 成虫は見つけたら捕殺。 夏以降に生育が急激に衰えたら、株元付近に幼虫がいる可能性あり。 土を掘って捕殺する。 親も子どもも大食漢。 コガネムシの幼虫が根を食べているかどうかなんて、 分かりっこない!と思ってしまうのはわたしだけ?? 症状も、「夏以降に生育が急激に衰えたら・・・」って、 ちょっと分かりづらく厄介な害虫ですね。 危険度3位 ハダニ類 写真:• 発生場所:葉裏、つぼみ• 発生時期:4~11月• 症状と対処方法:高温で乾燥しやすい環境で多発し、梅雨明け後に急激に増える。 葉裏から吸汁する虫で、被害が広がると葉全体が白っぽくかすり状になって生育が衰える。 ハダニは水を嫌うので、葉裏に散水。 被害の大きい葉は取り除いて薬剤を散布する。 我が家では今のところ発生していませんが、 発生したら厄介だな~と思っているのがハダニ。 繁殖が早くて蔓延しやすいので、捕殺はまず不可能だし、 薬剤もローテーションで散布しないといけないのでかなり面倒です。 危険度4位 黒星病 写真:• 発生場所:葉• 発生時期:5~7月、9~11月• 症状と対処方法:梅雨時期など雨の多い時期に多発するカビによる病気。 病気になると葉に黒い斑点が現れ、のちに落葉する。 発生すると周りの葉に急激に広がるので、病気の葉や落葉した葉を取り除いて薬剤散布。 土にいる病原菌から感染するので、マルチングで泥はねを防ぐ。 病原菌は越冬するので春先からの予防散布が大切。 我が家で一番困っているのがこの黒星病。 薬剤散布が嫌いであまりしていないので宿命と言えば宿命なのですが、 なんとか発生を押さえたい病気です。 今年は米ぬかを厚めに敷いてマルチングしてみようかと思っています。 危険度5位 うどんこ病 写真:• 発生場所:葉、つぼみ、花首• 発生時期:4~7月、9~11月• 症状と対処方法:湿度が低く、曇りが続くと発生しやすいカビによる病気。 病気になると新葉、つぼみ、花首などに白い粉のようなカビが生える。 風によって胞子が広がるので、早めに発生部分を切り取って薬剤散布。 病原菌は越冬するので春先からの予防散布が大切。 黒星病とともにバラの2大病とも言われるのがうどんこ病。 我が家ではまだ発生していない病気ですが、 どちらもカビによる病気なんですよね。 この白い粉がうどんこのようだからうどんこ病というらしいですが、 実に分かりやすいですね(笑) 危険度6位 バラシロカイガラムシ 写真:• 発生場所:幹、枝• 発生時期:成虫1年中、幼虫5~7月、9~10月• 症状と対処方法:白いカイガラムシが幹や枝に張りついて樹液を吸汁する。 ホースの先端を指でつぶして勢いよく水を出し、その水流で吹き飛ばすか、 古いハブラシなどでこすり落とす。 我が家ではバラではなくてネグンドカエデの幹に発生します。 割りばしでこすり落としていますが、これがけっこう病みつきになるほど面白いです。 くっついているのをはがしてしまえば解決なので、 薬剤も必要なくてうれしい限り。 ・・・と言っても発生を喜んでいるわけじゃありませんよ(汗) 危険度7位 ゾウムシ類 写真:• 発生場所:新芽、つぼみ• 発生時期:4~8月• 症状と対処方法:茎内や若いつぼみに産卵し、幼虫がその部分を食べて大きくなる。 被害に遭った部分は花が咲かなくなり、先端がちりちりに乾いたようになって地面に落ちる。 枝を揺らすとぽろぽろと落ちて逃げるので、受け皿にキャッチして捕殺する。 バラに寄生するゾウムシは別名バラゾウムシ。 クロケシツブチョッキリなんていう長い名前も持っています。 ゾウムシというだけあって、ぞうの鼻のように長い口で新芽やつぼみを食べます。 つぼみに穴があいているのを見るとがっかり。 適用薬剤がないのでひたすら耐えるのみ!? 危険度8位 アザミウマ類(スリップス) 写真:• 発生場所:つぼみ、花、葉• 発生時期:5~10月• 症状と対処方法:花やつぼみなどに潜り込んで汁を吸う体長1~2mmの小さな虫。 高温で乾燥しやすい環境で多発し、繁殖が早い。 発生すると茶色や灰色のしみができて花が咲かなくなったり、葉が丸まって変形する。 発生した花やつぼみは放置せずに摘み取って処分。 被害が大きい場合は薬剤散布(2回目は一週間後)をする。 キレイに咲いたな~と思ってバラを切り花にしようとすると、 花芯からうじゃうじゃと出てきて切り花をあきらめた経験多数。 目立たないぐらい小さいけれど、 花を切り花にして楽しめなくなってしまうので困り者・・・ 噂によると、スリップスは青色フェチらしいので、 青い粘着テープをトラップにして捕殺するのがいいらしいですね。 今度発生したら試してみよーっと。 危険度9位 ホソオビアシブトクチバ• 発生場所:葉• 発生時期:6~11月• 症状と対処方法:シャクトリムシの仲間でガの幼虫。 枝をはい上がって葉などを食べる。 適用薬剤はないので、よく観察して見つけ次第捕殺。 これも我が家でよく見かける虫。 夜行性なので日中は枝や葉の陰に隠れていることが多いです。 茎の緑色に対して体の灰色がわりあい目立つので、 よく観察していれば見つけることができます。 危険度10位 ヨトウムシ類 写真:• 発生場所:葉、花• 発生時期:4~11月• 症状と対処方法:薄茶色~茶色のイモムシ状の虫で、 日中は土の中に潜んでいて夜になると葉や花を食べる。 幼虫が大きくなればなるほど薬剤が効かなくなるので、 薬剤散布するなら小さいうちにするのが効果的。 見つけ次第捕殺。 夜に活動する夜行性の性質から「夜盗虫」と呼ばれているガの幼虫。 我が家でも以前被害に遭ったことがあります。 虫の姿もないのにバラの葉がすごい勢いで食い荒らされていたので、 「もしや!?」と夜にパトロールしたら大量のヨトウムシを発見! 静かな闇夜に「サクサクサクサク・・・」と無心に食べている音が聞こえてきたのには 本当に背筋が凍りつきました。 危険度11位 チュウレンジハバチ 写真:• 発生場所:葉、枝• 発生時期:4~11月• 症状と対処方法:成虫のハバチが枝の中に卵を産みつけ、幼虫が葉を食べる。 産卵中の成虫は身動きできないので見つけ次第捕殺する。 枝にできた産卵の痕を見つけたら、ようじなどで卵をつぶすか切り取る。 幼虫が群がって食べている葉は切り取ってまとめて捕殺。 あるいは薬剤を散布する。 何度も被害に遭いすぎてもうお友達状態の彼ら。 でも、何度見てもとても可愛いとは思えないはらぺこあおむしたちです。 今、野鳥を呼んで食べていただこう計画を実行中ですが、 なにしろ自然頼みの計画なのでどうなるかは未知数ですね。 危険度12位 アブラムシ類 写真:• 発生場所:新芽、つぼみ• 発生時期:4~11月• 症状と対処方法:黄緑色などの小さな虫で、 新芽や若いつぼみ、若葉などの柔らかい部分に密集して吸汁する。 見栄えが悪いのはもちろん、ウイルス病やすす病の原因ともなるので 見つけ次第捕殺するか薬剤を散布する。 もう説明するまでもない、おなじみの害虫代表。 バラの株に与えるダメージ度としては低いですが、 見つけたときの心のダメージは中程度以上、ズドンときますね。 昨年は発生しても薬剤散布などせず放っておいたら、 テントウムシが大量に来てくださってアブラムシをつぎつぎに仕留めてくれましたよ。 黒星病などの病気に関してはマルチングなどの防除を、 そして害虫に関してはそれぞれの特徴を研究して罠を仕掛けるなど、 なるべく薬剤に頼らずやっていきたいというのが理想ですね。 でも、このあたりは臨機応変にやっていこうと思います。 無農薬でオーガニックなバラ栽培に少しずつでも近づけていきたいと思っているので、 これからの試行錯誤をブログでお話していきますね! スポンサーリンク ブログランキング参加中です。 いつも応援ありがとうございます^^.

次の

カイガラムシの駆除 予防の仕方!バラについた虫は取るのが正解?

バラ カイガラムシ

カイガラムシは1年中活動する害虫であり、1年中繁殖を繰り返します。 それほど 厄介な害虫であり、春頃が一番活発に活動し、その数も大量です。 そして、冬になると少しその生態数は減少すると言われています。 カイガラムシは風に乗って運ばれてくるため、私たちの衣服にくっついて持ち帰ってしまうことも多々あります。 また、風通しの悪い場所や、暗い環境を好む傾向にある為、植物を室内で放置している状態であると、 知らず知らずのうちにカイガラムシが大量発生してしまう原因となります。 カイガラムシは交尾などを行わなくても産卵する種類も存在する為、放置することで驚くほど増殖してしまうのです。 つまり、 カイガラムシを増殖させないためにも、風通しの良い室内環境にしておくこと、また、植物を放置せずに清潔に保つことが大切です。 カイガラムシを駆除する方法としては、農薬や殺虫剤を使用した方法と、カイガラムシの天敵となる虫を放飼するバンカー法、そして、人間の手によるブラシで落とす方法の3つがあります。 どのような方法で行うかについて下記に解説します。 農薬や殺虫剤を使用する方法 農薬や殺虫剤については、あらゆる虫や害虫を速効で駆除するに最適な方法であると言えます。 それに、まだ 幼虫のうちのカイガラムシであれば、農薬や殺虫剤が効果的であると言えます。 農薬の散布を行う場合は、カイガラムシがまだ殻を作っていない幼虫のうちに行うようにしましょう。 そして、農薬の散布は風が強い日などに行うことは避け、散布の際は、マスクやゴーグル、ゴム手袋等の着用を忘れないようにしてください。 カイガラムシの天敵を放飼するバンカー法 カイガラムシを捕食してくれるテントウムシや寄生バチを放し飼いにする方法です。 これなら農薬などを使用せずに駆除し、大切な植物や木をカイガラムシから守ることができます。 ある意味、自然農法であることから、植物に対しての負担もなく自然駆除を行うことができます。 ブラシで落とす カイガラムシが 成虫となってしまうと、もう、硬い殻で覆われてしまっている為、殺虫剤の使用は不向きです。 その為、成虫となってしまったカイガラムシは手作業で駆除することになります。 もしもすでに 大量発生してしまっているという場合は、茎や枝葉を切り取り、処分する他ありません。 カイガラムシは成虫になる前に駆除を カイガラムシはとにかく生息範囲の広い害虫として知られています。 風に乗って簡単に飛んで来たかと思えば、あらゆる被子植物に寄生し、植物や木を枯らせてしまいます。

次の