川崎希子宮内膜症。 【エール】井上希美熱愛彼氏は誰?歌唱力演技力がすごい!元劇団四季で活躍(動画)

研修医セッション

川崎希子宮内膜症

原著・総説・著書 First Successful Case of Non-Invasive In Utero Treatment of TRAP Sequence by High Intensity Focused Ultrasound. Okai T, Ichizuka K, Hasegawa J, Matsuoka R, Nakamura M, Shimodaira K, Sekizawa A, Kushima M, Umemura S. Ultrasound Obstet Gynecol ; 42 : 112-114, 2013 シンポジウム 医療事故の無過失補償と医療の安全 医療事故の無過失補償と医療の安全 産科医療補償制度の概要と実績 岡井 崇 年報医事法学28巻 P100-106 2013. 08 日本産婦人科医会共同プログラム 産科医療補償制度 事例から見た脳性まひ発症の原因と予防対策 脳性麻痺原因のover view 岡井 崇, 市塚 清健 日本産科婦人科学会雑誌65巻10号 PageN-217-N-220 2013. 10 第113回日本外科学会定期学術集会記録 安心かつ確実な医療体制の確保 医師による医療事故調査制度と無過失補償制度の創設に向けて 産科医療補償制度 原因分析の実績報告 岡井 崇 日本外科学会雑誌114巻臨増(3) P11-12 2013. 08 「産婦人科超音波-進歩の軌跡」 岡井 崇 昭和学士会雑誌 第73号第4号 P352~P367 2013. 28 第145回温知会総会 新春特別講演記録 「産科医療補償制度の運用実績」 岡井 崇 温知会々報 第95号 P73~P76 2013. 30 産科医療補償制度の概要と実績 岡井 崇 臨床婦人科産科67巻5号 P511-515 2013. 05 脳性麻痺と産科医療補償制度 産科医療補償制度成立の経緯と運用の実績 岡井 崇 周産期医学43巻2号 P125-131 2013. 02 特別講演 「医療事故と医療者の責任-新しいパラダイムを志向して」 岡井 崇 茨城県農村医学会雑誌 第26巻 P3~P6 2013. 27 産科医療補償制度 原因分析委員会からの現状報告 岡井 崇, 産科医療補償制度原因分析委員会 医報とやま1566号 P11-14 2013. 01 「先天性腹壁異常の出生前管理」 千葉 敏雄、土岐 彰、大澤 俊亮、市塚 清健、岡井 崇、中村 靖、佐藤 洋明、蛇口 達造 日本周産期・新生児医学会雑誌第49巻第1号 シンポジウム4「先天性腹壁異常の最新治療」 2013. 5 招待講演3 「Preterm Labor and Birth:Modern Management」 Centre of Perinatal and Reproductive Medicine, Department of Obstetrics and Gynecology, University of Perugia, Italy Gian Carlo Di Renzo 「座長のまとめ」 岡井 崇 日本周産期・新生児医学会雑誌 第49巻第4号 P1152 2013. 12 教育講演10 「脳性麻痺の原因」 岡井 崇 日本周産期・新生児医学会雑誌 第49巻第4号 P1187~P1189 2013. 6 シンポジウム8「24週未満に対する治療戦略」 「座長のまとめ」 渡辺 とよ子、岡井 崇 日本周産期・新生児医学会雑誌 第49巻第1号 P82 2013. 1 母体血中胎児DNA検査の現状と課題 関沢明彦 日本産科婦人科学会雑誌;65 9 :N-120-123, 2013 Topic9今までと何が違うの?新しい出生前診断 関沢明彦 歯科衛生;441 9 :40-41, 2013 劇症型A群溶連菌感染症 関沢明彦、 市塚清健 周産期医;43:69-71, 2013 母体血からの胎児情報:母体血を用いた妊娠合併症の発症予知 関沢明彦 日本産婦人科・新生児血液学会22 2 7-12, 2013 母体血中胎児DNA検査 関沢明彦、四元淳子、小出馨子、松岡隆、市塚清健、岡井崇 周産期医;43:305-311, 2013 日本産婦人科医会による妊産婦死亡報告事業の運用状況 石渡勇、関沢明彦 周産期医学;43:5-11, 2013 きちんと知りたい「新型出生前診断」 斎藤加代子、関沢明彦、四元淳子 Newton別冊「遺伝とゲノム どこまでわかるのか」;108-113, 2013 Non-invasive prenatal diagnosis from the perspective of a low-resource country. Ventura W, Nazario-Redondo C, Sekizawa A. 03 急速遂娩の基本-トラブルを避けるために急速遂娩の実際帝王切開 超緊急 グレードA 帝王切開術 下平 和久 臨床婦人科産科67巻2号 Page260-265 2013. 03 A case of aggressive angiomyxoma of the vulva. Hajime Ota , Katsufumi Otsuki, Mitsuyoshi Ichihara, Tetsuya Ishikawa, Takashi Okai. Journal of Medical Ultrasonics: Volume 40, Issue 3 2013 , Page 283-287 Incidence and prediction of outcome in hypoxic-ischemic encephalopathy in Japan. Hayakawa M, Ito Y, Saito S, Mitsuda N, Hosono S, Yoda H, Cho K, Otsuki K, Ibara S, Terui K, Masumoto K, Murakoshi T, Nakai A, Tanaka M, Nakamura T; Executive Committee, Symposium on Japan Society of Perinatal and Neonatal Medicine. Pediatr Int. 2013 Oct 15. doi: 10. 12233. Administration of oral and vaginal prebiotic lactoferrin for a woman with a refractory vaginitis recurring preterm delivery: Appearance of lactobacillus in vaginal flora followed by term delivery. Otsuki K, Tokunaka M, Oba T, Nakamura M, Shirato N, Okai T. J Obstet Gynaecol Res. 2014 Feb;40 2 :583-5. doi: 10. 12171. Epub 2013 Oct 7. 臨床研究の成果を実地臨床へ生かそう-産科編 我が国における多施設共同研究の現状 頸管無力症 大槻 克文, 川端 伊久乃, 牧野 康男, 亀井 良政, 篠塚 憲男, 中井 章人, 松田 義雄, 上妻 志郎, 岩下 光利, 岡井 崇 周産期医学 43巻10号 Page1279-1288 2013. 10 周産期医療におけるPros、Cons 産科編 頸管長が20mmの場合には頸管縫縮術を考慮する 大槻 克文 周産期医学 43巻8号 Page966-970 2013. 08 強出力集束超音波を用いた胎児治療 市塚清健 Perinatal care P88-91 Vol. 32 2013 緊急帝王切開 市塚清健 Perinatal care P44-47 新春増刊号 2013 胎児治療の最前線 強力集束超音波(HIFU)の胎児治療への応用 市塚 清健・岡井 崇 医学のあゆみ 第244巻・第3号 P209~P212 2013. 19 小さいけれど強い味方のポケットエコー 産婦人科でのポケットエコー 市塚清健 P112-118 新興医学出版社 東京 竹中克編著 2013年2月 特集 常位胎盤早期剥離の病態と管理 教育—妊婦(早剥の緊急性、産科受診のタイミング)— 市塚清健、仲村将光、長谷川潤一、松岡隆、大槻克文、下平和久、関沢明彦、岡井崇 周産期医学Vol. 43 4 511-512 2013 前置胎盤、診断基準の変遷 市塚清健、仲村将光、長谷川潤一、松岡隆、大槻克文、下平和久、関沢明彦、岡井崇 周産期医学Vol. 43 6 695-698 2013 超音波パルスドプラ 動脈波 市塚清健、仲村将光、長谷川潤一、松岡隆、大槻克文、下平和久、関沢明彦、岡井崇 産婦人科の実際Vol. 62 6 767-773 2013 多胎妊娠と出生前診断 市塚清健、四元淳子、関沢明彦 臨床婦人科産科Vol. 67 12 1206-1211 2013 TRAP sequence 市塚清健、仲村将光、長谷川潤一、松岡隆、下平和久、関沢明彦 周産期の画像診断 第2版 Vol. 43増刊号 233-236 2013 水頭症 市塚清健、岡井崇、鈴木学、板橋家頭夫 周産期の画像診断 第2版 Vol. 43増刊号 719-724 2013 TRAPsequenceにおける血流遮断術 市塚清健、仲村将光、長谷川潤一、松岡隆、下平和久、関沢明彦 周産期医学 Vol43 12 1533-1535 2013 テーマ「ホルモン補充療法のコツー日頃の臨床で気づいたことー」 大学病院におけるホルモン補充療法の実際 白土なほ子 長塚正晃 更年期と加齢のヘルスケア11巻2号 — 2013. 2 33-35(217-219) 今月の臨床 思春期診療グレードアップ 5.思春期の月経異常 思春期女性の月経随伴症状 白土なほ子 長塚正晃 臨床産婦人科67巻7号 (2013年7月号) 事例から学ぶ妊産婦死亡の予防対策 うつ病 松岡隆、長谷川潤一、市塚清健、関沢明彦、岡井崇 周産期医;43 1 :101-102, 2013 産婦人科超音波診断-新しい技法とその臨床応用 胎児心臓検査の新技術画像表示の新手法 松岡隆、仲村将光、長谷川潤一、市塚清健、関沢明彦 臨床婦人科産;67 6 :573-578, 2013 胎児心拍数波形に基づく介入の判断 松岡隆、長谷川潤一、市塚清健、関沢明彦 臨床婦人科産科;67 9 :927-932, 2013 脳性麻痺-発症防止への挑戦 脳性麻痺発症率低減への戦略 胎児心拍数波形に基づく介入の判断 松岡 隆, 長谷川 潤一, 市塚 清健, 関沢 明彦 臨床婦人科産科67巻9号 Page927-932 2013. 09 出生前診断サポートにおける超音波検査の利用法 ブラッシュアップ胎児スクリーニング Bモードだけじゃもったいない! 松岡 隆 INNERVISION 28巻8号 Page96-97 2013. 07 当院のART施行例における卵巣刺激別臨床成績の検討 奥田 剛、近藤哲郎、坂本美和、岩崎信爾、田原隆三、関沢明彦 東京産科婦人科学会誌 63(1)p13-19 どこでも手軽に超音波 婦人科 子宮、卵巣 石川 哲也, 市塚 清健, 岡井 崇 診断と治療社 診断と治療 101巻8号 2013年 Page1185-1191 Distribution of nuchal translucency thickness in Japanese fetuses. Hasegawa, M. Nakamura, S. Hamada, R. Matsuoka, K. Ichizuka, A. Sekizawa, T. Okai J Obstet Gynaecol Res 39 4 ; 766-769: 2013 Opening of the uterine isthmus at 11-13 weeks' gestation is not related to developmental abnormalities of the placenta. Hasegawa, M. Nakamura, S. Hamada, K. Ichizuka, A. Sekizawa, T. Okai Early Human Development 89 12 ; 973-976: 2013 Relationship between the umbilical cord coiling index and the umbilical blood flow at 11-13 weeks of gestation. Hasegawa, M. Nakamura, S. Hamada, R. Matsuoka, K. Ichizuka, A. Sekizawa, T. Okai Prenat Diagn, 33 8 ; 764-769: 2013 Effects of epidural analgesia on labor length, instrumental delivery, and neonatal short-term outcome. Hasegawa, A. Farina, G. Turchi, Y. Hasegawa, M. Zanello, S. Baroncini J Anesthesia 27 1 ; 43-47: 2013 臍帯過捻転における分娩中の胎児機能不全発生までの時間に関する検討 長谷川潤一、仲村将光、大瀬寛子、濱田尚子、松岡隆、市塚清健、関沢明彦、岡井崇 日本周産期・新生児医学会雑誌;48 4 :905-908, 2013 特集 前置胎盤・前置癒着胎盤 リスク因子と診断法・前置胎盤の早期診断と正診率 長谷川潤一、仲村将光、三科美幸、濱田尚子、德中真由美、大瀬寛子、松岡隆、市塚清健、大槻克文、岡井崇 周産期医学 43 6 , 603-706, 2013 周産期の画像診断 <母体・胎児編>超音波診断 胎盤・臍帯・羊水 臍帯・臍帯卵膜付着 長谷川潤一、仲村将光、三科美幸、大瀬寛子、濱田尚子、松岡隆、市塚清健、関沢明彦、岡井崇 周産期医学 43, 258-262, 2013 特集 染色体異常と先天異常症候群の診療ガイド 出生前スクリーニング・初期スクリーニング 長谷川潤一、仲村将光、濱田尚子、宮上景子、三科美幸、松岡 隆、市塚清健、関沢明彦、岡井 崇 周産期医学 43 3 , 273-280, 2013 特集:分娩時異常出血の対応 妊産婦死亡症例検討評価委員会からみた産科異常出血への対応 長谷川潤一、関沢明彦、池田智明 産婦人科の実際 62 2 , 207-214, 2013 産科と婦人科 特集・胎児評価の新展開 臍帯異常と胎児心拍数モニタリング 長谷川潤一、仲村将光、大瀬寛子、徳中真由美、三科美幸、濱田尚子、松岡 隆、 市塚清健、関沢明彦、岡井 崇 産科と婦人科 80 9 , 1127-1139, 2013 Placental expression of microRNA-17 and -19b is down-regulated in early pregnancy loss Ventura W, Koide K, Hori K, Yotsumoto J, Sekizawa A, Saito H, Okai T. Nakamura M, Hasegawa J, Hamada S, Matsuoka R, Ichizuka K, Sekizawa A, Okai T. Prenatal Diagnosis ; 33 8 : 759-763, 2013 子宮内膜におけるAngiopoietin-1,Angiopoietin-2お呼びTie2遺伝子発現と 臨床背景との背景 東 美和 岩崎信爾 近藤哲郎、奥田剛、岡井崇 日本受精着床学会誌 30巻1号75-79頁 2013. 3 細菌性腟症の治療のタイミングと治療は? 東 美和 関沢 明彦 EBM婦人科疾患の治療2013-2014 ISBN978-4-498-06068-5 513-516頁 中外医学社 東京 2013年06月発行 妊娠35~36週で出生した新生児の呼吸障害の検討 大場智洋 長谷川潤一 大槻克文 岡井崇 東京産科婦人科学会会誌62巻4号, 542-545項, 2013-10 内診指に臍帯を触知する! 臍帯下垂・脱出 徳中真由美、関沢明彦、岡井崇 ペリネイタルケ;32 1 :16-19, 2013 妊婦からの「腹痛あり」との電話連絡時に様子観察を指示したら、胎盤早期剥離だった! 徳中真由美、竹中慎、仲村将光、関沢明彦 ペリネイタルケ;32 7 :12-15, 2013 産科危機的出血によって子宮摘出術を施行した症例の特徴 三科美幸、長谷川潤一、仲村将光、濱田尚子、市塚清健、松岡隆、関沢明彦、岡井崇 日本周産期・新生児医学会雑;49 1 :267-272, 2013 Defect in the uterine wall with prolapse of amniotic sac into it at 32 weeks' gestation in a primigravida woman without any previous uterine surgery. Mishina M, Hasegawa J, Ichizuka K, Oba T, Sekizawa A, Okai T. Journal of Obstetrics and Gynaecology Research ; doi:10. 12214, 2013 Increased Levels of Cell-Free Human Placental Lactogen mRNA at 28-32 Gestational Weeks in Plasma of Pregnant Women With Placenta Previa and Invasive Placenta. Kawashima A, Sekizawa A, Ventura W, Koide K, Hori K, Okai T, Masashi Y, Furuya K, Mizumoto Y. Reproductive Sciences; 21 2 : 215-220, 2013 低悪性度子宮内膜間質肉腫(endometrial stromal sarcoma low grade)と鑑別を要した 子宮内膜間質結節(endometrial stromal nodule)の一例 野村 奈央, 清水 華子, 飯塚 千祥, 竹中 慎, 飯田 玲, 宮本 真豪, 東 美和, 前田 雄岳, 石川 哲也, 森岡 幹, 長塚 正晃, 岡井 崇, 九島 巳樹 東京産科婦人科学会会誌62巻1号 Page169-174 2013. 01 Placental expression of microRNA-17 and -19b is down-regulated in early pregnancy loss. Yotsumoto J, Sekizawa A,Koide K, Purwosunu Y, Ichizuka K,Matsuoka R, Kawame H, Okai T Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol 2013 Jul;169 1 :28-32 A Survey on Second-trimester Maternal Serum Screening in Japan Funato Y,Yotsumoto J,Okuyama T. The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research. 2013 May;39 5 :942-7. 遺伝カウンセリング 四元淳子 今日の治療指針 80巻,9号,1197-1204頁 医学書院・東京・2013年1月1日 遺伝子がわかれば人生が変わる。 四元淳子 ポプラ社・東京・2013年11月15日 遺伝性乳がん・卵巣がん 四元淳子,中村清吾 からだの科学 第277巻,102-106頁 日本評論社・東京・2013年2月20日 母体血による胎児染色体検査 四元淳子、宮上景子、市塚清健、関沢明彦 産科と婦人科;80 9 :1197-1205, 2013 無侵襲的出生前遺伝学的検査(non invasive prenatal genetic testing;NIPT)に関する フォーカス・グループインタビュー 四元淳子、宮上景子、白土なほ子、市塚清健、関沢明彦 産婦人科の実際;62 10 :1421-1426, 2013 著明な男性化徴候を来した卵巣間質過形成の1例 松浦拓人 大塚伊佐夫 田中亜由子 伊豆田千夏 可世木華子 髙矢寿光 髙木清考 羽成恭子 清水幸子 千葉県産科婦人科医学会雑誌 第7巻第1号 2013. 28 骨盤臓器脱患者における経腟メッシュ手術前後の簡便な膀胱機能検査法 堀新平 寺本咲子 右田雅子 神山剛一 野村昌良 清水幸子 日本女性医学学会雑誌 第21巻第1号 2013. 30 骨盤臓器脱患者における膀胱壁の厚さと下部尿路症状および排尿機能との関連 堀新平 寺本咲子 右田雅子 神山剛一 野村昌良 清水幸子 産婦人科の実際 第62巻第6号 2013. 1 Early detection of ovarian and fallopian tube cancer by examination of cytologic samples from the endometrial cavity. Otsuka I, Kameda S, Hoshi K. Br J Cancer 2013;109:603-9 各科領域・疾患における睡眠障害~産婦人科領域 廣瀬一浩、白川修一郎 日本臨床増刊号 最新臨床睡眠学 p601-606 日本臨床社 2013.10 遠隔超音波転送システムを用いた胎児治療とその応用 松浦拓人 鈴木真 林聡 左合治彦 名取道也 小児外科 Vol. 45 No. 1, 2013-1 注目される研修/教育プログラム 「ALSOについて」 鈴木真 勤務医ニュース 日本産婦人科医会報付録 第65巻第7号No. 755 2013. 1 平成23年度神奈川県産科婦人科医会婦人科悪性腫瘍登録集計報告 神奈川県産科婦人科医会悪性腫瘍対策部 杉浦賢、雨宮清、仲沢経夫、木挽貢慈、小山秀樹、近藤春裕、 佐々木康、茂田博行、角田新平、土居大祐、林康子、林玲子、平澤猛、宮城悦子、横山和彦、高橋恒男、 石塚文平、田島敏久、加藤久盛、東條龍太郎 神奈川産科婦人科学会誌VOL. 49 NO. 2 2013 :60-64 腹腔鏡下子宮筋腫各出術に対して単孔式ポートを応用した1例 本間進、岡本紘子、安藤直子 神奈川産科婦人科学会誌 50巻. 1号 24-26頁. 2013. 25 抗NMDA受容体脳炎を発症した卵巣成熟奇形腫に対し単孔式腹腔鏡下付属器切除術を施行した一例 野村由紀子、幸本康雄、丸山大介、高久侑子、吉野佳子、神保正利 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 Vol. 28, No. 2, P585-589 感染性流産に至った結核合併妊娠の一例 野村由紀子、丸山大介、幸本康雄、吉野佳子、神保正利 関東連合産科婦人科学会誌 Vol. 50, No. 1, P123-127, 2013 妊娠中に腹腔鏡下手術を行った卵巣腫瘍の3例 野村由紀子、幸本康雄、高久侑子、吉野佳子、神保正利 東京産科婦人科学会会誌 62巻・4号・668~674頁・2013 妊娠が骨量へ及ぼす変化の諸因子からみた検討 安水 渚, 市塚 清健, 長塚 正晃, 岡井 崇 昭和学士会雑誌73巻2号 Page96-102 2013. 04 子宮鏡下に診断および治療を行ったAtypical polypoid adenomyoma APAM と Atypical endometrial hyperplasia AEMH が共存した一例 青野 抄子, 飯塚 千祥, 飯田 玲, 竹中 慎, 清水 華子, 石川 哲也, 森岡 幹, 長塚 正晃, 岡井 崇, 九島 巳樹 東京産科婦人科学会会誌62巻3号 Page465-468 2013. 07 周産期救急の初期対応 切迫早産/早産 臨床婦人科産科(産婦人科当直医マニュアル-慌てないための虎の巻) 太田 創、大槻 克文、岡井 崇 第67巻・第4号・142~145頁 医学書院・東京・2013年4月20日 妊婦の内科疾患の実地診療のすすめかた-ポイントと留意点-感染症(尿路感染症を除く) 太田 創、大槻 克文 Medical Practice 30巻・9号・1579~1585 文光堂・東京・2013年9月1日 A case of aggressive angiomyxoma of the vulva H. Ota, K. Otsuki, M. Ichihara, T. Ishikawa, T. Okai Journal of MEDICAL ULTRASONICS 第40巻・第3号・283~287・2013年7月15日 Physiological changes in the pattern of placental gene expression early in the first trimester. Miyagami S, Koide K, Sekizawa A,Ventura W, Yotsumoto J, Oishi S, Okai O. Reploid Sci in press 子宮内避妊器具(IUD)の長期留置に伴う骨盤内放線菌症の2例 高久 侑子、野村由紀子、幸本康雄、吉野佳子、神保正利 東京産科婦人科学会会誌 62巻・3号・365~371頁・2013 学会発表・講演・研究会 産科医療補償制度-原因分析委員会からの現状報告 岡井 崇 東京都病院協会医療安全推進委員会研修会 2013. 18 脳性まひの原因分析と予防対策の提言-産科医療補償制度の事例から- 岡井 崇 京都大学医学部婦人科学産科学教室温知会 2013. 27 母と児の笑顔に向けて-周産期医療の現況と課題 岡井 崇 第74回東京医科大学病院市民公開講座 2013. 13 胎盤と臍帯の超音波診断 岡井 崇 福島産婦人科ME研究会 2013. 19 産婦人科超音波診断-進歩の軌跡を振り返って 岡井 崇 第26回東京産婦人科医会・東京産科婦人科学会合同研修会並びに第365回東京産科婦人科学会例会 2013. 23 医療事故と医療者の責任-新しいパラダイムを志向して 岡井 崇 第72回茨城県農村医学会 2013. 2 産科医療補償制度の成果-原因分析を通じて学んだこと 岡井 崇 東京都港区医師会学術講演会 2013. 22 周産期領域におけるわが国初の大規模研究から何を学んだか? 岡井 崇 第49回日本周産期・新生児医学会学術集会 ワークショップ 2013. 14 周産期医療と医療安全-脳性麻痺の原因分析から学ぶ 岡井 崇 第49回日本周産期・新生児医学会学術集会 教育講演 2013. 16 産科医療補償制度の理念と実績 岡井 崇 第5回南大阪医学教育セミナー 2013. 10 出生前診断と周産期医療 岡井 崇 保健同人社研修会 2013. 29 胎盤と臍帯の超音波診断 岡井 崇 平成25年度周産期医療研修会3 「医師Bコース:産科編」 2013. 5 周産期医学と出生前診断 岡井 崇 科研製薬株式会社京都研究所講演 2013. 24 産科医療補償制度-原因分析の実績報告 岡井 崇 第113回日本外科学会定期学術集会 特別企画 2013. 12 事例から見た脳性麻痺発症の原因と予防対策 1. 脳性麻痺原因のover view 岡井 崇、市塚 清健 第65回日本産科婦人科学会学術講演会 日本産婦人科医会共同プログラム 2013. 12 分娩時多量出血への対策と対応 岡井 崇, 市塚 清健, 松岡 隆, 長谷川 潤一 日本医学会総会会誌28回II Page5 2011. 31 No. 18-20 Tokyo Japan The 5th scientific meeting of theAsia Pacific menopause federation 2013. 18-2 外因性内分泌撹乱物質 環境ホルモン の胎児機能への影響 下平 和久, 仲村 将光, 小出 馨子, 長谷川 潤一, 松岡 隆, 市塚 清健, 大槻 克文, 関沢 明彦, 岡井 崇 第65回日本産科婦人科学会学術講演会 2013. 札幌 外因性内分泌撹乱物質と胎児機能 下平 和久、久田 文、 吉永 淳、加藤 進昌、 岡井 崇 第86回日本内分泌学会学術総会89巻1号 Page346 2013. 04 仙台 専門医制度委員会暫定措置検討ワーキンググループによるアンケート調査報告 池田 一成, 内山 温, 高橋 尚人, 早川 昌弘, 大浦 訓章, 大槻 克文, 石井 桂介, 亀井 良政, 松田 義雄, 楠田 聡, 専門医制度暫定措置検討ワーキンググループ 第49回日本周産期・新生児医学会学術集会 2013. 横浜 周産期領域におけるわが国初の大規模研究から何を学んだか? 研究結果 大槻 克文 昭和大学病院 総合周産期母子医療センター産科部門 , 日本早産予防研究会 第49回日本周産期・新生児医学会学術集会 2013. 横浜 広範囲な子宮頸部切除症例に対する子宮峡部頸管縫縮術についての検討 大槻 克文, 大場 智洋, 徳中 真由美, 仲村 将光, 松岡 隆, 市塚 清健, 岡井 崇 第49回日本周産期・新生児医学会学術集会 2013. 横浜 経腟的腹膜開放式子宮頸管縫縮術の安全性および有用性の検討 大槻 克文, 大場 智洋, 徳中 真由美, 太田 創, 仲村 将光, 市塚 清健, 松岡 隆, 岡井 崇 第65回日本産科婦人科学会学術講演会 2013. 札幌 シンポジウム2:胎児治療の未来を知る 強出力集束超音波を用いた非侵襲的胎児治療 市塚清健、瀬尾晃平、青木弘子、長谷川潤一、松岡隆、関沢明彦、吉澤晋、梅村晋一郎、岡井崇 第11回日本胎児治療学会学術集会 2013. 東京 First successful case of non-invasive in utero treatment of twin reversed arterial perfusion sequence by high intensity focused ultrasound and its short-term prognosis K. Ichizuka, J. Hasegawa, M. Nakamura, R. Matsuoka, A. Sekizawa, T. Okai 23rd World Congress on Ultrasound in Obstetrics and Gynecology 6-9 October 2013, Sydney, Australia A case of agnathia diagnosed by 3DCT which was useful for diagnosis and management Kiyotake Ichizuka, Keiko Koide, Junichi Hasegawa, Masamitsu Nakamura, Ryu Matsuoka, Walter Ventura, Akihiko Sekizawa, Takashi Okai 17th International conference on prenatal diagnosis and therapy 2013. 2 Lisbon, Portugal 強出力集束超音波を用いてTRAP sequence治療を試みた2症例 市塚清健、長谷川潤一、仲村将光、松岡隆、関沢明彦、下平和久、岡井崇、清水武、水野克己、板橋家頭夫 第49回日本周産期新生児学会学術集会 2013. 14横浜 胎児計測と胎児発育の評価法 市塚清健 産婦人科超音波セミナー2013 2013. 1博多 胎児付属物と胎児治療 市塚清健 産婦人科超音波セミナー2013 2013. 1博多 常位胎盤早期剥離における脳性麻痺発症に関連する臨床的因子の検討 市塚 清健, 松岡 隆, 長谷川 潤一, 仲村 将光, 小出 馨子, 大槻 克文, 下平 和久, 関沢 明彦, 岡井 崇 第65回日本産科婦人科学会学術講演会 2013. 札幌 妊娠初期の超音波検査—異常妊娠を見逃さないー 市塚清健 第86回日本超音波医学会学術集会 超音波教育セッション 2013. 24 大阪 胎児脳脊髄疾患 市塚清健 第15回日本イアンドナルド超音波講座 2013. 9 盛岡 強出力集束超音波を用いた非侵襲的胎児治療 シンポジウム 市塚清健、瀬尾晃平、青木弘子、長谷川潤一、松岡隆、関沢明彦、吉澤晋、梅村晋一郎、岡井崇 第11回日本胎児治療学会学術集会 2013. 16 東京 Study of patients with eating disorder who visited the outpatient Department of Obstetrics and Gynecology, the long-term management of symptoms complained of gynecology Affiliation; Showa University, School of medicine, Department of obstetrics and gynecology Nahoko Shirato , Masaaki Nagatsuka, Hiroshi Chiba , Takehiko Kimura, Katufumi Ootuki, Tatuya Akamatu, Kazuhisa Shimodaira, Takashi Okai, Akihiko Sekizawa 婦人科症状を主訴に外来を訪れ長期管理をした摂食障害患者の検討 白土 なほ子, 長塚 正晃, 千葉 博, 岡井 崇 第65回日本産科婦人科学会学術講演会 2013. 札幌 思春期、無月経を主訴に外来をおとずれたら 昭和大学 白土なほ子 第40回品川地方部会 東京品川 2013. 13 更年期と抗うつ薬 白土なほ子 塩野義製薬株式会社東京支店 城南出張所 2013.3. 27 婦人科症状を主訴に訪れた思春期摂食障害患者の検討 白土なほ子 長塚正晃 千葉 博 岡井 崇、木村武彦 第42回女性心身医学会 東京 日大精神科(JA共済ビル)2013. Hasegawa, M. Nakamura, K. Ichizuka, M. Mishina, T. Arakaki, T. Okai, A. Sekizawa 22nd World Congress on Ultrasound in Obstetrics and Gynecology, Sydney, 2013 妊娠初期の子宮下節の役割に関する研究. 長谷川潤一, 仲村将光, 濱田尚子, 三科美幸, 宮上景子, 松岡隆, 市塚清健, 関沢明彦, 岡井崇 第65回日本産科婦人科学会学術講演会, 札幌 2013 教育に活かす 産婦人科救急における知っておいて欲しい超音波所見 臍帯異常の超音波所見 長谷川 潤一, 仲村 将光, 廣田 尚子, 松岡 隆, 市塚 清健, 大槻 克文, 岡井 崇 日本超音波医学会第86回学術集会 2013. 大阪 妊娠初期の母体貧血が絨毛発達に及ぼす影響に関する研究 長谷川潤一、仲村将光、濱田尚子、大瀬寛子、三科美幸、松岡隆、市塚清健、関沢明彦、岡井崇 49回日本周産期・新生児医学会, 横浜 2013第49巻 2 686, 2013 妊娠中と分娩中の胎盤早期剥離のリスク因子の検討 長谷川潤一、濱田尚子、仲村将光、新垣達也、川嶋章弘、松岡隆、市塚清健、関沢明彦 第36回 日本母体胎児医学会学術集会 平成25年8月24日、25日 宮崎県 シーガイアコンベンションセンター シンポジウム 臍帯・胎盤をみる 長谷川潤一 第25回日本超音波医学会関東甲信越地方会, 東京 2013 特別講演 胎盤・臍帯の発生異常の超音波診断 長谷川潤一 岩手産婦人科臨床フォーラム, 盛岡 2013 ランチョンセミナー 妊娠初期母体血清マーカー検査とNT 長谷川潤一 日本胎児治療学会, 東京 2013 胎盤・臍帯・羊水 長谷川潤一 第15回日本イアンドナルド超音波セミナー, 盛岡 2013 臍帯の捻転と妊娠36週の臍帯動脈血管抵抗の関係 仲村将光、長谷川潤一、濱田尚子、大瀬寛子、新垣達也、川嶋章弘、松岡隆、市塚清健、関沢明彦 第36回 日本母体胎児医学会学術集会 平成25年8月24日、25日 宮崎県 シーガイアコンベンションセンター 子宮原発炎症性偽腫瘍の1例 宮本 真豪, 森岡 幹, 清水 華子, 東 美和, 竹中 慎, 長島 稔, 飯塚 千祥, 石川 哲也, 長塚 正晃, 岡井 崇, 九島 巳樹, 市原 三義 第65回日本産科婦人科学会学術講演会 札幌 2013. 11 子宮頸癌術後再発の中・高リスク群に対する術後補助療法の検討 宮本 真豪, 森岡 幹, 飯塚 千祥, 清水 華子, 長島 稔, 竹中 慎, 三村 貴志, 石川 哲也, 岡井 崇,九島 巳樹 第54回日本婦人科腫瘍学会 31巻3号 Page450 2013. 19-21, 東京 遺伝性乳癌・卵巣癌症候群患者にリスク低減両側付属器切除術を施行した5症例の検討 飯塚 千祥, 石川 哲也, 清水 華子, 宮本 真琴, 森岡 幹, 長塚 正晃, 九島 巳樹, 岡井 崇 第65回日本産科婦人科学会学術講演会 札幌 2013. , 2013. Rome Italy 産科的に考察したLate Preterm Birth児の予後 大場 智洋, 大槻 克文, 徳中 真由美, 太田 創, 市塚 清健, 岡井 崇 第65回日本産科婦人科学会学術講演会 2013. 札幌 初回体外受精開始時年齢の妊娠率、生産率への影響 東 美和 岩崎 信爾 近藤 哲郎 奥田 剛 岡井崇 第65回日本産科婦人科学会学術講演会 札幌 2013. 11 体外受精開始時の年齢別不妊原因についての検討 東 美和 岩崎 信爾 近藤 哲郎 奥田 剛 第58回日本生殖医学会学術講演会・総会 神戸 2013. 15 16 初回体外受精開始年齢の妊娠率、生産率への影響 東 美和 第40回品川地区産婦人科臨床研究会 昭和大学産婦人科 2013. 13 妊娠11-13週の頭殿長計測とその後の胎児発育に関する検討 濱田尚子、長谷川潤一、仲村将光、徳中真由美、三科美幸、新垣達也、大瀬寛子、松岡隆、市塚清健、関沢明彦 第36回 日本母体胎児医学会学術集会 平成25年8月24日、25日 宮崎県 シーガイアコンベンションセンター 妊娠初期母体血液中の非炎症性サイトカインによる切迫早産の予知 徳中 真由美, 大槻 克文, 大場 智洋, 岡井 崇 第65回日本産科婦人科学会学術講演会 2013. 大阪 Analysis of cases with postpartum hysterectomy due to massive hemorrhage Miyuki Mshina, Junichi Hasegawa, Masamitsu Nakamura, Tatsuya Aragaki, Mayumi Tokunaka, Kiyotake Ichizuka, Ryu Matsuoka, Akihiko Sekizawa The 3rd Korea-Japan-Taiwan symposium in Maternal-Fetal Medicine 2013. 5 妊娠36週の臍帯動脈RIによる羊水過少の予測に関する研究 大瀬寛子、長谷川潤一、仲村将光、濱田尚子、三科美幸、徳中真由美、松岡隆、市塚清健、関沢明彦、岡井崇 49回日本周産期・新生児医学会, 横浜 第49巻 2 686, 2013 過少捻転の胎児心拍数図の解析 新垣達也 長谷川潤一 大瀬寛子 三科美幸 仲村将光 濱田尚子 松岡隆 市塚清健 関沢明彦 第41回分娩監視研究会 東京・2013年5月29日 Fetal heart rate deceleration patterns during labor in various umbilical cord abnormalities Tatsuya Arakaki, Junichi Hasegawa, Masamitsu Nakamura, Miyuki Mishina, Mayumi Tokunaka, Akihiko Kawashima, Kiyotake Ichizuka, Akihiko Sekizawa 3rd Korea-Japan-Taiwan Symposium in Maternal-Fetal Medicine ソウル・2013年7月5日 前置血管の妊娠管理に関する考察 新垣達也、長谷川潤一、仲村将光、濱田尚子、大瀬寛子、三科美幸、德中真由美、松岡隆、市塚清健、関沢明彦 第36回日本母体胎児医学会学術集会 宮崎・2013年8月24日 Antenatal ultrasound screening of placenta and umbilical cord for predicting non-fetal reassuring status during labor Tatsuya Arakaki, Junichi Hasegawa, Hiroko Ose, Miyuki Mishina, Masamitsu Nakamura, Kiyotake Ichizuka, Akihiko Sekizawa 23rd World Congress on Ultrasound in Obstetrics シドニー・2013年10月8日 前置血管の妊娠管理に関する考察 新垣達也、長谷川潤一、仲村将光、濱田尚子、大瀬寛子、三科美幸、徳中真由美、松岡隆、市塚清健、関沢明彦 第36回 日本母体胎児医学会学術集会 平成25年8月24日、25日 宮崎県 シーガイアコンベンションセンター 虫垂炎術後に発症し治療に苦渋した子宮内膜症性嚢胞の膿瘍化の1例 荒木 美智子, 三村 貴志, 石川 哲也, 遠武 孝祐, 竹中 慎, 清水 華子, 宮本 真豪, 森岡 幹 第53回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会29巻Suppl. 50 No. 3,526-526 2013 第126回学術集会抄録号 両側胎児胸水をきっかけに診断されたDown症候群の1例 前田雄岳、長谷川潤一、松下友美、徳中真由美、仲村将光、松岡隆、市塚清健、下平和久、関沢明彦 関東連合産婦人科学会誌 Vol. 50 No. 3,444-444 2013 第126回学術集会抄録号 陣痛発来前に子宮破裂を発症した腹腔鏡下筋腫核出後の1例 豊澤秀康、市塚清健、大瀬寛子、三科美幸、新垣達也、大場智洋、仲村将光、小出馨子、長谷川潤一、松岡隆、関沢明彦 第367回東京産科婦人科学会例会 平成25年9月21日 東京 特別講演・シンポジウム 乳がんの遺伝子診療における遺伝カウンセラーの役割 四元淳子 第19回家族性腫瘍学会学術総会 2013 7月27日 大分 シンポジウム 母体血胎児染色体検査の遺伝カウンセリングにもとめられるもの 四元淳子 第58回日本人類遺伝学会 平成25年11月22日 宮城・仙台 母体血胎児染色体検査の遺伝カウンセリング 四元淳子 第20回臨床細胞遺伝学セミナー 平成25年8月24日 東京・新宿 無侵襲的出生前遺伝学的検査(Noninvasive prenatal genetic testing:NIPT)に関する フォーカス・グループインタビュー 四元淳子、関沢明彦、宮上景子、迫田麻里、齋藤敦子、廣瀬達子、犬塚真由子、小出馨子、松岡隆、市塚清健、岡井崇 第16回胎児遺伝子診断研究会・東京・2013年2月2日 日本女性における若年発症およびトリプルネガティブ乳がんにみられるBRCA遺伝子変異について 四元 淳子,明石 定子,吉田 玲子,繁永 礼奈,大山 宗士,榎戸 克年 ,桑山 隆志,関沢 明彦, 中村 清吾 第58回日本人類遺伝学会学術総会口演・2013年11月21日 NIPT in Japan: what do pregnant women need for noninvasive prenatal testing? Junko Yotsumoto , Keiko Miyagami, Keiko Koide, Kiyotake Ichizuka, Ryu Matsuoka, Hiroshi Kawame, Akihiko Sekizawa 17th International Conference on Prenatal Diagnosis and Therapy, Lisbon, June3, 2013 日本在住妊婦の歯周病罹患状態が早産に及ぼす影響 第3報 小出 容子, 大槻 克文, 徳中 真由美, 山本 松男, 岡井 崇 第49回日本周産期・新生児医学会学術集会 2013. 横浜 昭和大学病院総合周産期母子医療センターにおける 早産と歯周病罹患状態との関連性の調査 小出 容子, 大槻 克文, 岡井 崇, 山本 松男 日本歯科医学会 平成25年度学術講演会 2013. 秋田 HPVワクチン接種に関する情報提供 ~2価ワクチンと4価ワクチンどちらを勧めますか~ 小川公一 湘南産婦人科医会 子宮頸がん勉強会 横須賀市セントラルホテル、平成25年4月18日 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の副反応について 小川公一 藤が丘病院腫瘍セミナー 平成25年9月4日 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の副反応について ~被接種者等の不安への対応と副反応への対処~ 小川公一 藤が丘フォーラム 平成25年10月10日 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の副反応について ~被接種者等の不安への対応と副反応への対処~ 小川公一 青葉区薬剤師会 平成25年11月22日 バルトリン腺嚢瘍と疑われたバルトリン腺癌の一例 末光徳匡 髙矢寿光 田中亜由子 大塚伊佐夫 清水幸子 亀田省吾 第13回安房産婦人科臨床研究会 2013. 21 鴨川 腹圧性尿失禁に対する理学療法の治療効果と当院ウロギネコロジーセンターにおける取り組み 平川倫恵 野村昌良 右田雅子 堀新平 三輪好生 高橋知子 岩谷泰江 神山剛一 清水幸子 第14回安房産婦人科臨床研究会 2013. 23 鴨川 腹腔鏡下仙骨腟固定術のラーニングカーブに関する検討 三輪好生 野村昌良 堀新平 平川倫恵 右田雅子 神山剛一 清水幸子 第8回骨盤臓器脱手術手技研究会学術集会 1013. 7-8 札幌 摂食障害診療について産婦人科の立場から考える~質問調査より 廣瀬一浩、宋 淳澤、高瀬健吉、藤原 礼、小林圭子、森山修一 千葉県産科婦人科医学会平成24年度学術講演会 2013. 2.16 千葉 暑熱環境下における昼間REM睡眠中の心臓自律神経系活動動態の検討 松浦倫子、水野一枝、水野 康、岩田有史、松尾 藍、廣瀬一浩、白川修一郎 第38回日本睡眠学会学術集会 2013.6.27 秋田 女性特有の眠りの悩み 廣瀬一浩 江戸川大学睡眠研究所主催「すいみんの日」市民公開講座 2013.8.31 柏 眠りと女性~性周期や出産および子育て、更年期と睡眠との関係について 廣瀬一浩 江戸川大学睡眠研究所 睡眠シンポジウム 2013.9.14 流山 分娩後異常出血に対する予防的オキシトシン投与の有効性と投与量に対する検討 松浦拓人 鈴木真 第65回日本産科婦人科学会学術講演会 2013. 10-12 札幌 臨床的癒着胎盤に対する子宮動脈塞栓術の有効性に関する検討 松浦拓人 鈴木真 末光徳匡 鈴木陽介 小畑聡一朗 寺岡香里 今井一章 可世木華子 田中亜由子 髙矢寿光 古澤嘉明 清水幸子 第125回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 2013. 15-16 東京 経腟超音波断層法による子宮頸管熟化の客観的評価 田中亜由子 鈴木真 小畑聡一朗 末光徳匡 鈴木陽介 松浦拓人 寺岡香里 今井一章 高矢千夏 高矢寿光 可世木華子 清水幸子 第65回日本産科婦人科学会学術講演会 2013. 10-12 札幌 当施設における臨床的癒着胎盤に対する保存的治療の有用性に関する検討 松浦拓人 鈴木真 小畑聡一朗 髙矢千夏 田中亜由子 第49回日本周産期・新生児医学会総会 2013. 14-16 横浜 十二指腸閉鎖と胎児診断した1例 梅森恒喜 小池能宣 鈴木陽介 田中亜由子 鈴木真 小川優一 水谷佳世 奥起久子 佐藤弘之 渡井有 第14回安房産婦人科臨床研究会 2013. 23 鴨川 TTTSに対してFLPを施行後selective FGRのためterminationとなった一例 高橋健太 鈴木真 末光徳匡 鈴木陽介 松浦拓人 今井一章 寺岡香里 髙矢寿光 田中亜由子 古澤嘉明 清水幸子 亀田省吾 和田誠司 左合治彦 第36回日本母体胎児医学会学術集会 2013. 24-25 宮崎 千葉県における周産期母体搬送システムと周産期電子カルテシステム 鈴木真 柾谷由香 亀田省吾 第18回日本遠隔医療学会学術大会 2013. 17-20 高松 自宅分娩切迫患者における救急者とのドッキングの取り組み 高橋健太 鈴木真 遠見才希子 末光徳匡 鈴木陽介 松浦拓人 今井一章 寺岡香里 髙矢寿光 田中亜由子 古澤嘉明 清水幸子 亀田省吾 第19回千葉県周産期新生児研究会 2013. 21 千葉 三次元画像を奇麗に撮るためには 鈴木真 第9回3次元超音波研究会 ハンズオンセミナー 2013. 12 大宮 平成24年度 神奈川県産科婦人科医会 婦人科悪性腫瘍登録集計報告 神奈川県産科婦人科医会婦人科悪性腫瘍対策部 杉浦 賢、雨宮 清、木挽貢慈、小山秀樹、近藤春裕、佐々木 康、茂田博行、 新井 努、土居大祐、仲沢経夫、 村上 優、林 康子、平澤 猛、宮城悦子、 横山和彦、林 玲子、渡邉 豊治、市原三義、田島敏久、鈴木 直、 加藤久盛、 東條龍太郎 第402回 神奈川産科婦人科学会 学術講演会 平成 25 年 7 月 6 日(土)神奈川県総合医療会館 講堂(7F) 荏原病院における産科医療と分娩予約システムについて 神保正利 荏原病院産婦人科医療連携の会 東京・2013・3月 産科危機的出血における助産師の緊急対応のための支援プログラム ~チーム医療推進助産師研修より~ 相沢澄子、米山万里枝、森谷美智子、神保正利 東京母性衛生学会誌 30巻・Suppl. 1・22頁 第31回東京母性衛生学会学術集会 東京・2013・5月 新生児における清潔ケアの見直し 野村亜悠美、山田有紀、石黒晴美、神保正利 東京母性衛生学会誌 30巻・Suppl. 大塚伊佐夫, 高矢寿光, 末光徳匡, 鈴木陽介, 松浦拓人, 小畑聡一朗, 寺岡香里, 今井一章, 可世木華子, 田中亜由子, 古澤嘉明, 高矢千夏. 第65回日本産科婦人科学会学術講演会 2013. 10-12 札幌 バルトリン腺由来の腺様嚢胞癌の一例 末光徳匡 鈴木陽介 松浦拓人 小畑聡一朗 寺岡香里 今井一章 田中亜由子 可世木華子 古澤嘉明 大塚伊佐夫 清水幸子 第125回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 2013. 15-16 東京 乳癌・卵巣癌の家族歴または乳癌の既往のある卵巣、卵管、腹膜癌症例の臨床病理学的検討 大塚伊佐夫、高矢寿光、末光徳匡、鈴木陽介、松浦拓人、今井一章、寺岡香里、伊豆田千夏、古澤嘉明、 清水幸子、亀田省吾 第54回日本婦人科腫瘍学会 2013. 19-21, 東京 TTTSに対してFLPを施行後selective FGRのためterminationとなった一例 高橋健太 古澤嘉明 第14回安房産婦人科臨床研究会 2013. 23 鴨川 子宮内膜症腹腔鏡下術後患者の妊娠予後についての検討 古澤嘉明 松浦拓人 髙矢寿光 大内久美 己斐秀樹 第53回日本産科婦人科内視鏡学会・学術講演会 2013. 5-7 愛知 卵巣奇形腫を合併する抗NMDA受容体脳炎に対する術式の検討 松浦拓人 古澤嘉明 髙矢寿光 第53回日本産科婦人科内視鏡学会・学術講演会 2013. 5-7 愛知 子宮内膜異型増殖症、子宮体癌に対する妊孕性温存治療の検討 高矢千夏, 大塚伊佐夫, 末光徳匡, 鈴木陽介, 高橋健太, 松浦拓人, 今井一章, 寺岡香里, 田中亜由子, 高矢寿光, 大内久美, 古澤嘉明 第126回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 2013. 26-27 浜松 Risk factors for recurrence in patients with serous ovarian borderline tumor. Otsuka I, Takaya H, Matsuura T, Suemitsu T, Suzuki Y, Takahashi K, Imai K, Takaya C, Teraoka K, Tanaka A, Furusawa Y, Kameda S. 13-15, 京都 Long-term survival of recurrent ovarian cancer. Takaya H, Otsuka I, Suemitsu T, Suzuki Y, Takahashi K, Matsuura T, Teraoka K, Imai K, Takaya C, Tanaka A, Furusawa Y, Shimizu Y, Kameda S. 13-15, 京都 帝王切開瘢痕部菲薄化を伴った続発性不妊症に対し腹腔鏡下子宮形成術を施行し分娩に至った一例 本間 進、野村 奈央、新城 梓、中山 健、市原 三義、小川 公一、齋藤 裕、安藤 直子、岡本 紘子、近藤 哲郎 第125回関東連合地方部会抄録集 50巻. 2号 349頁 東京. 2013. 16 今知っておきたい不妊症の知識 本間 進 2013年度昭和大学藤が丘病院モーニングセミナー 7月16日 神奈川 妊娠中に腹腔鏡下手術を行った卵巣腫瘍の3例 野村由紀子、高久侑子、幸本康雄、吉野佳子、神保正利 第366回東京産科婦人科学会例会 東京・2013・5月 当院における付属器腫瘍に対する単孔式腹腔鏡下付属器摘出術の検討 野村由紀子、幸本康雄、高久侑子、吉野佳子、神保正利 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 Vol. 29, No. 1, P167, 2013 第53回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 名古屋・2013・9月 子宮動脈塞栓術にて子宮温存し得た産褥子宮大量出血の3 症例 青木弘子 野村奈央 松浦 玲 新城 梓 中山 健 横川 香 市原三義 本間 進 小川公一 齋藤 裕 第126回関東連合地方部会抄録集50巻. 3号 488頁 東京. 2013. 2013. 9 術前に腫瘍ドレナージを要した巨大卵巣がんの1例 小谷 美帆子、岡崎 美寿歩、丸山大介、奥山 大輔、鈴木 明 第25回東芝病院症例報告会 東京・2013・3月21日 妊娠中の骨量に及ぼす因子の検討 安水 渚, 市塚 清健, 長塚 正晃, 岡井 崇 昭和学士会雑誌73巻3号 Page235 2013. 1号 177頁 名古屋. 2013. 2013. 9 帝王切開瘢痕部妊娠に対して子宮動脈塞栓術後に子宮内容除去術を行った1例 山岸 元基、市原三義、豊澤秀康、竹中慎、 新城梓、松浦玲、青木弘子、中山健、横川香、本間進、 小川公一、齋藤裕 第403回 日本産婦人科学会神奈川地方部会 川崎. 2013. 6 症例報告 「子宮鏡下に診断および治療を行ったAtypical polypoid adenomyoma APAM とAtypical endometrial hyperplasia AEMH が共存した1例」 青野 抄子、飯塚 千祥、飯田 玲、竹中 慎、清水 華子、石川 哲也、森岡 幹、長塚 正晃、 岡井 崇、久島 巳樹 東京産科婦人科学会会誌 第62巻第3号 2013. 6 日本が誇るトップドクターが明かすシリーズ第10回 「産婦人科医・岡井崇 切らずに胎児を手術する」 週刊現代 10月19日号(第55巻第36号) P21~P28 2013. 19(2013. 7発売).

次の

研修医セッション

川崎希子宮内膜症

kiji. 1位はコロナ初期にマスク買い占め自慢してた人で、ファッションより食べ物とか雑貨が多い変なファッショニスタ。 2位がまた食べ物と地鶏ばっかの謎更新。 川崎希さんのお母さんだそうだが、ばばあはやめよ?ママで良くない?アメブロしんど flatshu33 しかしスマホのネットニュースって(Docomo、Yahoo! )アレク、川崎希夫妻、神田うの、加藤紗里、辻希美、矢口真里とかホントどうでもいい輩のネタ載せるけど、金貰って掲載してんのかな?じゃなきゃ担当者のアタマ疑うよな? やめてくれないかな金取ってるんだから。 いまだに匿名で誹謗中傷する人いるけど、頭悪い。 プロバイダにIPアドレス開示請求したら実名住所全てわかる。 住所割ったら内容証明郵便を送りましょう。 匿名誹謗中傷マンは社会… 8310955 しゃべりは各駅停車。 だけど、あなたのハートにエクスプレス! 川崎希 F4183club アレク 妻・川崎希の誕生日にヴィトンのアクセサリーケースを「Parisにオーダー」(デイリースポーツ) headlines. yahoo. 人の勝手だけど。 神奈川県出身。 ワタナベエンターテインメント所属。 株式会社アンティミンス代表取締役。 アイドルグループAKB48の元メンバー。 夫はモデルでタレントのアレクサンダー。 2005年10月30日、「AKB48 オープニングメンバーオーディション」に合格(応募総数7,924名、最終合格者24名)。 2005年12月8日、オープニングメンバー候補生のうち20名として、AKB48劇場グランドオープンの舞台に立った(旧チームAに所属)。 2007年11月8日の公演にて、スカイコーポレーションへの移籍を発表。 グループ結成時からのメンバーだが、初めて選抜メンバーに選ばれたのは9thシングル「Baby! Baby! Baby! 」である。 その後は単独の活動も行うようになり、グラビア活動において写真集・DVDをリリース。 また、アパレルのイメージキャラクターになった関係で、ファッションショーモデルの活動にも進出している。

次の

日本超音波医学会第93回学術集会

川崎希子宮内膜症

川崎希さんについて oricon. jp 川崎希(カワサキ ノゾミ) タレント・実業家。 1987年8月23日生まれ、神奈川県出身。 アイドルグループ・AKB48の元メンバーで、第1期生。 2009年2月、AKB48を卒業。 同年、アパレルブランドを設立。 2013年2月、モデルのアレクサンダーと結婚。 2017年8月、第1子男児を出産しています。 jp アレクサンダー モデル・タレント。 1982年12月3日生まれ、ペルー出身。 日本テレビ系バラエティ『有吉反省会』に出演し、知名度を上げる。 2013年2月、元AKB48メンバーでアパレル会社社長のタレント・川崎希と結婚。 デリケートなこの問題について、ブログでオープンに語ってきた夫婦がいる。 タレントの川崎希さん・アレクサンダーさん夫妻。 ふたりは2016年に、夫婦で約3年間不妊治療を受けていることを明かした。 そして2017年、2度目の体外受精で待望の第一子を授かった。 いまは初めての子育てに奮闘中だ。 「婦人科系の病気なのですが体調がいい日もあったり悪い日もあったりずっと繰り返してたので入院してきちんと治そうということになりました」とし、「入院でお仕事にもご迷惑をおかけして申し訳ないです。 息子のことなど心配もたくさんあるのですが家族にサポートしてもらいながら早く復活できるように大人しくしています」と安静を誓った。 — ポジティブ子 L4zeFs5pYEOmBrl 心配の声もツイートされていました。 現在コロナウイルスで日本は大変な事態ですね。 お子さんもまだ小さいので無理をせず、ゆっくり静養して元気になってほしいものです。 不妊治療をオープンにしてくれたおかげで、救われた人も多いと思います。 これからもママタレとしての活躍を応援しています!.

次の