お うす の 里 店舗。 おうすの里

おうすの里で人気の梅商品一覧!通販で注文する方法や店舗情報も紹介

お うす の 里 店舗

京都は蔵元があり日本酒が有名な場所でもありますが、実は京梅酒も美味しい梅酒があるってご存知ですか? お漬物があまりにも有名な京都で生まれた梅酒は濃厚でかなり美味しく一度飲んだらリピート率がかなり高い!! 実は我が家でもたまたま京都の嵐山店で試飲した梅酒が美味しくて購入してから定期的にリピートしています。 もちろん、 梅酒だけでなくメインの梅干しもかなり美味しい!そして種類が豊富です!! ただ、そんな美味しい梅酒を提供している『おうすの里』さんですが、ホームページの情報や店舗情報、さらには通販方法が分からず悪戦苦闘している方も多いハズ! 実を隠そう私も通販方法を探して苦戦したタイプです。 おうすの里のホームページは? みなさんが一番気になるところとして「おうすの里」と検索してもホームページの満足する情報にたどり着けないという点ではないでしょうか。 組合のサイト等での一部として紹介はされていますが、残念ながら おうすの里の公式ホームページというのは存在しません! このご時世にホームページが無いっていうのは一周回って老舗感が出ていいのかもしれません笑 本当にうちの商品、メニューが好きな人は買ったらいいやん。 といういかにも京都人の考え方!?らしいと思い好感を持ちます。 では、ホームページが無いのに通販するのはどうしたら良いのか?それが次になります。 おうすの里の通販方法 それでは早速おうすの里の通販方法をご紹介しましょう。 いくつかパターンがあります。 電話注文方法 基本的には電話注文が一番カンタンかと思います。 注文専用ダイヤルは 075-525-6333 へほしい商品を注文するという方法です。 既に注文したことがあり、頼む商品が決まっている人にオススメの方法になるかと思います。 注文書によるFAX注文 注文書がお手元にある方は注文書に必要事項から記載し、 0120-801-802へFAXを送れば大丈夫です。 カタログでの注文 こちらも最終的にはTELかFAXになりますが、実は 一度注文をしたことがあるお客様には定期的(4半期に1度くらいの頻度)でカタログが送られてきます。 それが次になります。 スポンサーリンク おうすの里の店舗情報 おうすの里 祇園本店 営業時間 10:00〜19:00 TEL 075-525-6222 住所 京都府京都市 四条通祇園町北側262番地 場所は京都のメイン四条通りにあり、中心地に位置していますので京都でお土産等選ぶ際に寄れるのが良いですね。 八坂神社が近くです。 おうすの里 二年坂店 営業時間 10:00〜19:00 TEL 075-525-8881 住所 京都府京都市東山区高台寺桝屋町349-10 こちらは比較的清水寺が近いです。 おうすの里 産寧坂店 営業時間 10:00〜19:00 TEL 075-533-8100 住所 京都府京都市東山区清水3丁目342-1 こちらは二年坂店よりさらに清水寺が近いです。 しかし、本店含め上記3店舗はそこまで場所に違いがありません。 おうすの里 嵐山店 営業時間 10:00〜19:00 TEL 075-882-8686 住所 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町48-1 こちらは渡月橋で有名な嵐山ですね。 最後に我が家の一押しは「白梅の露」 我が家では1日で無くなってしまいます笑 オススメはロックで飲んでほしいです。 梅酒をいろいろ試したいという方には会社さんは別ですがこちらもレビュー評価も高くオススメです。

次の

おうすの里 城陽店

お うす の 里 店舗

宇治橋通り商店街に「おうすの里宇治店」ができるようです。 場所はこちら お茶のかんばやしさんの隣です。 「おうすの里」は祇園、嵐山など京都に6店舗ある梅の専門店で、店内には自分用にも贈り物にも良さそうな商品が色々。 ちなみに山城エリアには城陽店と松井山手店がありますよ。 城陽には本社工場も! オープン日など詳細がわかり次第、またALCOでご紹介しますね。 おうすの里城陽店• 住所 京都府城陽市平川車塚77-1• 営業時間 9:00~18:00(6、7、11、12月を除く土・日・祝は10:00~17:00)• 定休日 無休(1月1日~3日以外) おうすの里松井山手店• 住所 京都府八幡市欽明台西29-1• 営業時間 10:00~19:00• 定休日 火曜(祝日を除く) 情報提供ありがとうございました。 是非フォローして下さいね!.

次の

祇園の梅干しといえばおうすの里|お土産用にも自分用にも重宝します

お うす の 里 店舗

低塩京仕込み• 低塩京仕込み・詰合せ• 昔漬け・京仕込み• 京練梅• つぼ入り梅• 京梅酒• 京都城陽 青谷の梅• 京の梅あわせ・おつけもの• 梅関連商品• ビン入〔230g〕 864円 800円 青梅じゃむ [開封後要冷蔵] 青梅の果肉を、甘さをひかえたジャムにしました。 梅の風味がそのまま生きています。 ビン入〔200g〕 864円 800円 梅干しじゃむ [開封後要冷蔵] うらごしした梅肉に蜂蜜を加えました。 さわやかな梅の酸味と蜂蜜の甘さが食欲をさそいます。 ビン入〔590g〕 1,188円 1,100円 梅さらり [開封後要冷蔵] 梅の香りいっぱいの、果汁濃縮シロップです。 ほんのり甘酸っぱく口あたりもさわやかです。 ビン入〔620g〕 2,160円 2,000円 梅えきす黒酢 [開封後要冷蔵] 本場福山産の黒酢に梅えきすや蜂蜜、オリゴ糖をあわせたさわやかなドリンクです。 4~5倍に薄めてお飲みください。 ビン入〔150g〕 972円 900円 甘露梅 [開封後要冷蔵] 青梅をシロップと共にじっくり炊き込み、やわらかく仕上げました。 お口の中にとろりと広がる、甘酢っぱい風味をお楽しみください。 袋入〔100g〕 1,188円 1,100円 甘干し梅 大粒の梅を、じっくり干し上げました。 しっとりとした食感と、甘さと梅のさわやかな酸味をお楽しみください。 おにぎりやお茶漬けにしてもおいしくお召し上がりいただけます。 袋入〔5袋〕 486円 450円 梅茶漬 梅としそ風味いっぱいのお茶漬けです。 夏場は冷たいお茶をかけてもおいしくお召し上がりいただけます。 カリッとした食感の梅がさらに食欲をさそいます。 炊きたてごはんに混ぜて、お召し上がりください。 ビン入〔170g〕 864円 800円 梅のり [開封後要冷蔵] 天然の岩のりに、梅干しの果肉を加え、とろ火でじっくりと煮込んだのりの佃煮です。 醤油と磯の香りに梅の酸味が加わり食欲をさそいます。 ビン入〔170g〕 864円 800円 梅あそび [開封後要冷蔵] 刻みしば漬、しそを梅肉で和えました。 手巻き寿司など、あそび心でいろんなお料理にお使いください。 チューブ入〔120g〕 540円 500円 創作料理梅 [開封後要冷蔵] 粒選りの極上完熟梅を漬込み、一粒一粒丹念に裏ごししました。 お料理のかくし味や和えもの、タレなどに。 PETボトル入〔240ml〕 648円 600円 梅ドレッシング [開封後要冷蔵] 完熟梅のほどよい酸味としそのさわやかさをそのまま生かし、さらにおいしく仕上げました。 サラダ、温野菜、お豆腐、麺にもよく合います。 PETボトル入〔260ml〕 648円 600円 梅塩ぽんず [開封後要冷蔵] 梅酢から抽出された天然のクエン酸とミネラルを豊富に含んだ梅塩に、ゆずとすだちの香りと昆布の旨みを加えた、風味豊かなぽんずです。 お鍋にはもちろん、サラダやパスタに、お肉や焼き魚、おひたしなどにもよく合います。 ビン入〔60g〕 648円 600円 梅しそとうがらし ポン酢や汁物などに少し混ぜるだけで、梅の酸味と、ピリッとした唐辛子の刺激、ふんわりとしたしその香りがひろがり、食欲をさそいます。 ビン入〔65g〕 648円 600円 梅しそ辛味しずく [開封後要冷蔵] 梅としその香りの後にピリッとした辛味と酸味が広がる刺激的な液体調味料です。 パスタやサラダ、ピザなどに、その他、色々な料理のアクセントにお使いください。 ビン入〔65g〕 648円 600円 梅ゆず辛味しずく [開封後要冷蔵] ほのかな梅の香りと、さっぱりとしたゆずの風味が調和したさわやかな液体スパイスです。 酸味のきいた辛味が、さらに食欲をさそいます。 袋入〔150g〕 540円 500円 梅えきす飴 梅エキスを使った、さわやかな風味の飴です。 お子様からご年配の方まで、どなたにもお喜びいただけます。 ビン入〔30g〕 2,160円 2,000円 梅えきす 粒 新鮮な青梅のクエン酸は、体全体の新陳代謝を促す血流改善効果に優れ、肩こりや頭痛などにも効果的です。 飲みやすいように粒タイプもご用意いたしました。 ビン入〔55g〕 2,160円 2,000円 梅えきす 練 新鮮な青梅のクエン酸は、体全体の新陳代謝を促す血流改善効果に優れ、肩こりや頭痛などにも効果的です。 ビン入〔580g〕 972円 900円 昔のまま梅酢 梅を塩漬けした時にできる無添加の純粋な梅酢です。 各種酢の物、すし酢、魚の酢締め、焼き魚等調味料としてお使いください。 ポリ容器入〔1,500g〕 2,700円 2,500円 梅あさづけ床 [開封後要冷蔵] 新鮮野菜を、一味違ったお漬物でお召し上がりください。 さわやかな梅の香り漬けが簡単にできる、あさ漬け床です。 漬け時間は約6〜8時間が目安ですが、お好みで加減してください。 お品にお野菜は付いておりません。 梅ゼリー 【うめぜりー】 完熟した南高梅を丸のまま果汁たっぷりプルンプルンのゼリーで包みました。 封を切ると、完熟梅の甘酸っぱいさわやかな香りがたまりません。 しっかり冷やしてお召し上がりください。 (6月〜10月末まで).

次の