ご 容赦 の ほど。 「ご理解のほど」の意味とは?ビジネスシーンでよく使う文例も紹介!

「ご容赦ください」の使い方と例・「ご容赦」の意味

ご 容赦 の ほど

何卒ご容赦という言葉の使い方はゆるすこと、大目に見ることなどという意味があります。 手加減し控えめにすることなどという意味もあります。 相手にミスや失敗などをした際、許しをこうときに使われる言葉でもあります。 容赦がない、容赦ない対応をする、などという表現があります。 先に自分の非礼を詫びる際などに用いられる使い方です。 「何卒ご容赦ください」の「容」の意味 何卒ご容赦という言葉のなかにも「容」という言葉には、受け入れる、聞き入れる、認めるなどという意味があります。 受容する、容認するなどというふうにとても肯定的な、相手を温かくこちら側に受け入れるというような意味のものとなります。 許容範囲、などと言葉に表されるようにとても許可をする際特に用いられる言葉なのです。 「何卒ご容赦ください」の「赦」の意味 何卒ご容赦、という言葉の中の「赦」は、赦すという意味があります。 自分が悪いことをやってしまい、それを赦してもらうというときに主に用いられる使い方です。 ご容赦くださいという表現は、許してくださいという使い方だけでは、軽く聞こえてしまう、畏まった状況のときに、選んで使われるものです。 お客様に「容赦しません」というふうには使われることがないように、大切な場所での相手への配慮などの際に用いられることが多いのです。 「何卒ご容赦ください」の使い方が綺麗にはまると相手に良い印象を与える 主な「何卒ご容赦」の使い方ですが、文例としては「当日は配送が間に合いませんので、何卒ご容赦ください」「当日は数に限りがございますので、何卒ご容赦ください」というふうに用いられることがほとんどです。 多くの仕事での取引や、メールや連絡の際に使用されることが多いのです。 使い方が綺麗にはまるととても相手に対して良い印象を与えることができます。 「容赦」と「了承」の違い 「何卒ご了承ください」というのと、「何卒ご容赦ください」というものでは使うときと場合、状況などによってかなり大きな差が出てきます。 ご了承くださいの使い方が多いと、言葉としてずれが生じてきます。 了承は納得や承認というものが必要になってくる言葉であるため、使い方には気を配り、効果的に使い分けをしたいものです。 「何卒ご容赦ください」の類語 何卒ご容赦ください、という表現の類義語に、「許してください」「ご寛恕(ごかんじょ)」「勘弁」という言葉があります。 その他の使い方に、「ご容赦願います」というものもあります。 使用するときと場合によって、まったくその使い方は変わってくるものです。 「どうかご勘弁ください」などの表現は、あまりことわりの言葉としての使い方はしません。 「何卒ご容赦ください」という言葉は先に自分の非礼を詫びる際などに用いられる このように、「何卒ご容赦」という言葉の使い方を知ることによって、「お忙しい折のご連絡ではございますが、何卒ご容赦くださいませ」など相手や取引先ととても気持ちよくコミュニケーションを行うことができます。 この言葉の使い方が綺麗にはまると相手に良い印象を与えるでしょう。 そのほかの様々な表現も状況にあわせて使うなど、交流のなかでしっかりと言葉を選び、より良い関係を築いていきたいものです。

次の

ご容赦くださいの意味とは?使い方の例文や類語との使い分けも

ご 容赦 の ほど

「ご容赦ください」の使い方 「ご~ください」の形なので、「ご容赦ください」は目上の人にも使える表現です。 より丁寧にしたい場合には、「何卒ご容赦ください」として使われることが多いでしょう。 「ご容赦ください」は、大きく分けて2つのニュアンスがあります。 申し訳ないという気持ちを意味する時よ、近い将来に起こりうることに対して理解を求める=前もってお詫びする時があるでしょう。 「ご容赦」・「ご了承」と「ご理解」の違い 「ご容赦ください」と似た表現として「ご了承ください」や「ご理解ください」が挙げられます。 これらの違いは、「許す」強さにあります。 「ご了承ください」や「ご理解ください」も、「ご容赦ください」と同じように相手へ理解を求める場合に使用されます。 しかし、 「ご容赦ください」の元の意味が「許してください」であったのに対し、「ご了承ください」「ご理解ください」には「許してください」という意味は含まれていません。 したがって、「ご了承ください」「ご理解ください」は自分たちのミスや相手の不利に対して詫びる意味合いがないので、場合によっては配慮不足の印象を相手に与える可能性があります。 もちろん、シチュエーションによっては詫びるニュアンスを入れる方が不自然であることもあります。 その場合は「ご容赦ください」よりも「ご了承ください」や「ご理解ください」を使った方がよいでしょう。 ご容赦くださいの例文.

次の

ご容赦 /文例・敬語の使い方・意味

ご 容赦 の ほど

「ご理解していただきますよう」と「ご理解してくださいますよう」の正しい使い方 「〜していただきますよう」の「いただく」とは「もらう」の謙譲語です。 謙譲語とは自分を低めて相手への敬意を示す言葉であり、自分の動作について用いる言葉です。 これに対して「〜してくださいますよう」の「くださる」は「くれる」の尊敬語です。 尊敬語とは自分より立場が上の人に対して、その人がする動作を高めて使う言葉です。 つまり、相手の動作について用いる言葉となります。 これをふまえると、「ご理解していただきますよう」とは相手の動作に対して「いただく」つまり自分の動作を表す「もらう」という謙譲語を使っていることになります。 したがって、正しくは「ご理解くださいますよう」となります。 「ご理解のほど〜」の「ほど」の意味とは ビジネスシーンでよく使われる言葉に「〜のほど」という言葉があります。 「ほど」という言葉には「断定を避け、表現を柔らかくするときに用いる用法」という定義があります。 ビジネスシーンにおいて、取引先や上司などに何かお願いごとをしなくてはいけない場面は多々あります。 そういった場合に、ただ「ご理解ください」「ご確認ください」と伝えてしまうと、強制している印象を持たれてしまいます。 そのような時に、「ご理解のほど」「ご確認のほど」といいかえるだけで、相手にこちらの要求がソフトに伝わります。 「ご理解」「ご了承」「ご容赦」の意味の違いと使い方 この3つの言葉は同じ意味として使われることがありますが、それぞれシーン別に用途があります。

次の