春日 チャチャ。 オードリー春日のフライデー浮気報道に、若林の天才的対応と諸悪の根源パラダイス

チャチャ&モモ(鹿児島市春日町)|エキテン

春日 チャチャ

オードリーの 2020年5月16日 春日:あのぉ、先週の話になっちゃって申し訳ないんだけども、今週、そのことよりもでかいことが起きなかったからさ。 若林:ウフン(笑)別にそれ言わなくていいけど。 今週っぽく喋りゃいいんだよ。 春日:今週の話っていうコンセプトでやって… 若林:そういう人多いと思うよ。 ラジオ。 今週あった話っぽく喋る人。 春日:あ、そう。 ちょっとやっぱ正直にそこはね。 今週、トピックスがなくてさ。 春日:ハハハ そんなこと言うなよ! ちょっと面白いみたいのが残ってるよ。 ちょっとはな。 若林:フフフフ 春日:先週の話なんだけどね、申し訳ない。 先週の金曜日だな、5. 8だな。 8、ちょっと、春日ね、父になりましてね。 若林:えっ! そうなの? 春日:父というか、ダディね。 若林:になったのは? 春日:ではない。 そんないきなりドーン!ではできないから。 何人も。 若林:ビック… 春日:ではないけどね。 若林:なんで先週喋んなかったのよ? 春日:先週はやっぱりそのぉ、リモートロケのほうがでかいと(笑) 若林:リモートロケの話してた? 覚えてないわ、先週の話。 春日:先週、リモートロケの話したよね? 若林:あ、ラーメンの話だっけ? 春日:ラーメン? いや、リモートでさ、とかで店へ行くっていう。 若林:なんでそんな、あの話なんか全然潰れるぐらいの話じゃん、それ。 春日:ハハハハ それもあるし、金曜だったの。 若林:金曜?…はいはいはいはい。 春日:だったの、父になったのが。 若林:じゃ、土曜に…うん。 春日:土曜だとまだね、会えてなかったりとかね。 情報が何もないのよ。 若林:ああ、確かに。 確かにな。 会ってなかったら。 春日:そうなのよ! 若林:じゃ、立ち会ってないわけ? 春日:立ち会いもできなかったんだよね。 若林:仕事で? 春日:いやいや、このご時世でさ。 若林:ああ、そう… 春日:立ち会いも1カ月ぐらい前からダメなのかな。 そこは予告されてたのよ。 もちろん立ち会いもしたかったしね。 若林:何々?それはどういうことなの? ずっと病院にいるってこと?じゃあ。 春日:いやいやいやいや。 若林:別に住んでるってこと? 春日:別に住んでる? いや、だから、流れで言うと、木曜ですよ。 予定は5月の終わりぐらいだったのよ。 若林:予定はね。 春日:そうそう。 若林:あー、はいはい。 春日:余裕てたわけ。 若林:はいはい。 まだまだ。 春日:「どうしたもんかいのー」つって。 「何が今揃ってないんだ?」つって。 若林:はいはい。 春日:「着る服はあるのかい?」とかさ。 ハハハハ 若林:いや、そういうことになるよね。 春日:「乳母車も買わなきゃいけないな」なんていうことを言ってる状況で、前の日にさ、朝、なんかバタバタしてたからね、クミさんが。 「なんじゃい?」つって。 したら、「もしかしたら生誕かもしれない」みたいな。 若林:あ、そう。 春日:「とりあえず病院に電話して行ってみる」だなんていって。 若林:うんうん。 春日:朝早かったよ。 夕方は『モニタリング』のロケあったからね。 若林:ああ! 春日:稽古場で。 若林:あの日か。 春日:そうよ。 若林:はいはいはいはい。 春日:あの日の朝よ。 朝9時とかそれぐらいにね。 若林:はいはいはいはい。 春日:んで、とりあえず病院に話をしに行こうなんていって。 若林:話をしに行くんだね。 春日:こういう状況でね。 「とりあえず来てください」と向こうは言うわけですよ。 若林:はいはいはいはい。 春日:でも、本人的には、こっちのイメージだとさ、なんかもう動けなくてね。 若林:いや、そういうイメージあるよ。 春日:そういうイメージあるじゃない。 全然、あれ?つって。 「もしかしたら」つって。 「とりあえず病院に行くんだけど」「ああ、いいよ、全然行くよ、私もね」つって。 「もしかしたら長くなるかもしれないから、とりあえず朝ご飯食べよう」つって、2人でパン食べてさ。 焼いて。 ハハハハ 若林:でも、そういうことはまだ大丈夫なんだね。 春日:まだ大丈夫。 「大丈夫? 痛かったり、今すぐどうこうなんじゃないの?」「いや、なんかいつもと様子は違うけども大丈夫そう」だと。 で、病院行ってさ。 一応、入院する用意とかはしてあったのよ。 鞄の中にいろいろ詰めてね。 若林:なるほど、なるほど。 春日:必要な物を。 それは置いてあって。 いつ何どき、何があってもっていう。 若林:そういうものなんだ。 春日:そうそう。 で、それをとりあえず持ってさ、病院行ってさ、したらもう入れないわけよ。 総合病院なんだけど、科に。 若林:あー、ご時世でね。 春日:そうそう。 ご時世で、病院の中は入れるんだけど、科のところに自動ドアみたいのがあってさ、もう入れないからつって、看護師さんに「こちらのほうでお待ちください」っていって丸椅子出されてさ。 若林:へえ。 春日:座るベンチとかじゃないの。 丸椅子を。 「これで」っていって。 若林:外?それ。 春日:そう。 自動ドアがあるから、そっから向こうが産科。 自動ドアの外で丸椅子に座って待っててさ。 したら看護師さんがバーッと、15分ぐらいか、してきて「このまま入院になります」つって。 その時点でクミさんとは会えてないの。 若林:そうか、そうか。 春日:自動ドアの向こうで荷物渡して、ちょっと入院かどうかもわからんけど、とりあえず話聞いて、診察してもらってくる、なんて言ったっきり。 若林:そうだよな。 春日:そうなの。 今のご時世だから。 若林:すごい話だな。 春日:私、ずっと待ってさ。 若林:外のね。 春日:外の丸椅子で。 それで、そのまま入院になるっていってさ、私は一人で帰ってきてね。 それが木曜の昼間ぐらいよ。 若林:だから、真ん前だろ?『モニタリング』の。 春日:『モニタリング』の前よ。 何もできないからね。 ちょこちょこ連絡が来るのよ。 今こういう状況だと。 いきなり切羽詰まった感じみたいになってないから、こういう状況で、今、昼ご飯を食べるとか、話聞いてこうだとか、今の状態は、そんなに激しい痛みもまだ来てないみたいなね。 陣痛みたいなやつ。 まだちょっと時間がかかりそうだ。 で、『モニタリング』のロケ行ってさ、やるじゃない。 だから、やっぱプロだよね。 春日もね。 若林:まあ、アマだけどな。 春日:ハハハハ ねえ! 家族をさ、9家族ぐらいをバンバン、裸になってカメラの近くで。 若林:まあ、やってはいたけど。 バンバンて感じじゃなかったけどね。 春日:トゥース!なんて画面に近づいてやってたけども、内心じゃ早く病院に行きたくてしょうがないわけよ。 ハハハハ 若林:情報は入ってこないもんね。 春日:入ってこない。 でも、なんかね、いきなり分娩室? なんかあるじゃん。 産む椅子みたいな、台みたいな。 若林:はいはい。 春日:そこじゃなくて、時が来たらそこに移るから、分娩室の隣の部屋みたいなところでずっといて、連絡とかはできる状態なの。 だから、『モニタリング』のロケ終わってすぐ連絡して、いや、なんかまだっぽいなんつって。 でも、夜中に急に来るかどうかわからんから、なんつって。 若林:なるほどね。 春日:でも、こっちはやれることがないからね。 お見舞いとかそういうのも行けないわけよ。 病院に。 若林:そうだよな。 春日:だから帰ってさ。 私とチャチャ(茶々)の写真を送ったりとかしてるわけよ。 若林:はできんの? 春日:はできるの。 だから、状況は何となくわかるんだけどね。 若林:でも、すぐ送るでしょう。 何秒おきに。 春日:まあ、そうね。 あと、電話とかもできたから。 若林:LINEの? 春日:とか、ビデオ電話とかもできたから、それで。 顔を見てる限りはそんなに切羽詰まった、普通の感じだったから、「大丈夫なの?」なんつって、「でも、夜中どうなるかわかんないから」つって。 私も「時が来るまで休んでおきなさい」つって。 若林:それはテレビ電話で? 春日:テレビ電話でね。 「眠れるようだったら眠っておきなさい」。 若林:チャチャの顔とか見せたりしながら? 春日:チャチャの顔を見せたりというか、チャチャをずっと撮りながら、チャチャが言ってる、みたいなさ。 ハハハハ 若林:それ、なんなんだろうな? 春日:私が映るよりもいいじゃない。 チャチャをずっと、チャチャの横顔をずっと、チャチャの上から。 若林:そっちのほうがいいの?そういう時は。 春日:チャチャの上から回り込んでを出して、こうやってやりながら(笑)。 若林:『テッド』みたいなことになってるわけね? 春日:そうね。 映画『テッド』みたいになってるわけ。 で、今日は……。 若林:長いんでしょ?やっぱり。 春日:長いのよ。 若林:長いんだ、やっぱり。 春日:結果、看護師さんにも驚かれたって言ってたけど、23時間何分。 若林:うーわー、そうなの? 春日:かかったって。 ずっとハァハァじゃなかったからまだね、よしだったけど。 若林:それ、ずっと、じゃあ、とにらめっこ。 寝ないで、春日は。 春日:寝ない…でも、ほら、あんまりやり過ぎてもさ、向こう、急に来ても困るし、休める時に休んでおかないとね。 若林:確かに、確かに。 春日:本番というかさ、大一番が待ってるわけじゃない。 若林:そうだよな。 いつ来るかわかんないもんな。 春日:そうよ。 クミさんも、「じゃあ、ちょっと寝れる時に寝ときます」なんていって、寝て、次の日ね。 若林:なんか、さっきごめんな。 エプロンの下ランジェリー着て夕飯作ってんの?とか言って気遣いもできず。 春日:ほんとだよ。 今はできないだろうと思ったからね。 今後はちょっとわからない。 頼む可能性もあるかもしれない。 若林:今はできない。 春日:今はできる状態じゃない。 若林:それは申し訳なかった。 春日:それはあの時は言えなかったけど、でも、今後の参考にはなった。 若林:確かに、確かに。 春日:あれはいいプレゼントでした(笑)。 ほいで、朝連絡したら、まだだと。 まだ来てないって。 私もちょっと出なきゃいけないから、『どうぶつピース』があるからなんつってさ。 若林:『どうぶつピース』の日か。 春日:そうよ。 それでやって、ちょこちょこ連絡来るのよ。 今日そろそろ。 あんまり長くそういう状態でも。 若林:わあ、23時間だからね。 春日:母子共に悪いから、そっちの方向に持ってくらしいと。 若林:ああ、はいはいはいはい。 春日:産む方向に促進剤とか入れてつって。 若林:うんうんうんうん。 春日:そんなのが『どうぶつピース』のリモート収録やってる間にちょこちょこあってさ。 で、番組の中で子犬が産まれた話みたいのやってた。 若林:やったやった。 春日:あれもプロだからこらえたけどね。 涙をね。 若林:オーバーラップするもんな。 春日:うん。 あそこで泣いてたら意味わかんないでしょう。 春日が泣いてるってさ。 若林:確かにな。 どうしたんだろうと思うな。 春日:どうしたんだろうと困らせるでしょう? 大政君を困らせるからさ。 若林:でも、だったら大丈夫だったけどね、『どうぶつピース』は別に。 春日:なんでだよ! 私がいなかったらダメだろう? ゲストの方も呼んでやってんだから。 若林:まあまあ、確かに、確かに。 春日:それで、いや、でもすごいよね。 女子は強いのかなんなのか。 15時ぐらい、『どうぶつピース』の2本目を撮る前ぐらいに連絡来てね、「今からどうやら本格的に産む方向にいくらしい」みたいな。 「取りかかるらしい」みたいな。 若林:それはクミさんから来たの? 春日:クミさんとかお医者さんとかも相談して。 え、そういうもんなの?と思って。 若林:確かに、確かに。 春日:取りかかるって、流れで、見守りながら本番が来るんじゃなくて、舞台に上がるみたいなさ。 今から本番です、みたいな(笑)。 客入れ始まって、開演が近いです、みたいな、来て。 若林:へえ。 春日:その状況でもまだできたってすごいけどね。 若林:それで、1本目と2本目の間にそれが来るんだ。 春日:そうよ。 若林:だからか! 2本目の写真のスベってたの。 春日:いやいや、そんなことないわ! それがなくてもだよ! あれは全力でやらせてもらったよ。 若林:そこはあんま関係ないからな。 春日:関係ない。 若林:でも、2本目大丈夫だったけどね、そういうことなら。 春日:いや、なんでだよ! 春日がいなかったら大変なことになってるだろう。 若林:フフフフ 春日:ハハハ それでね、2本目終わってさ、電話見たらさ、2本目の時に本番になるらしいつって、なんもできないけど応援はしてますよ。 チャチャちょ…、チャチャと。 つってね(笑)。 若林:うん? 長かったかな、チャが。 チャチャチャつってない? 春日:チャチャちょつって言って。 若林:チャチャちょ? 春日:フフフ チャチャとって言って。 若林:お子さんのお名前じゃないですよね?チャチャちょ。 春日:なんで犬と同じ名前つけんのよ? 若林:いや、チャチャちょっていう。 春日:チャチャちょって(笑)。 チャチャをひねらないだろう! 犬からもらった名前なんかないだろう、子どもの名前で。 若林:それで産まれて。 春日:いや、早ぇーな! 今のは若林さんのとこで言う、アマゾンの封のとこと同じとこだろう!今。 急ぐなよ! 若林:じゃ、2本目の終わりだ。 気が気じゃないね、2本目。 春日:2本目前に「応援してます」つってチャチャの写真を送って、2本目帰ってきたら、既読になってなかったのよ。 若林:はいはい、はいはい。 春日:それで、おやおや?と思うじゃない。 若林:そうだね。 春日:で、いや、これは、でも、何もできないからさ、震えながら移動してさ。 若林:ああ、そこから。 春日:そうよ、そこから。 若林:あの後は? 春日:あの後ケーマックスだよ。 若林:えっ?あの後ケーマックスだった? 春日:そうよ。 日向坂のね。 若林:リモート収録? 春日:リモート収録で。 若林:それ、言っちゃダメだろ、それ。 情報のあれで。 春日:いや、大丈夫だろ、別に(笑)。 若林:そのリモート収録してる間に本格的に取りかかってたんだ、クミさんは。 春日:取りかかってる最中。 でも、わかんないからさ、ケーマックスに着いてね、制作会社。 あそこの控室、会議室みたいのを控室にしてもらったじゃない。 あそこで着替えて、ちょうど日向坂の番組で着てる刺繍の付いたピンクベストを着た後に連絡が来て。 若林:おー! じゃ、本番前ってこと? 春日:本番前よ。 若林:連絡来て。 春日:来て、「今産まれました」つって。 若林:うわーー! 春日:そうよ、リモート報告よ。 若林:そこで? 春日:そこでだよ。 若林:その後、本番やってたんだ。 春日:その後、本番をやったじゃない。 若林:だから、いつも「待たせたな」ってやる時さ、手の動きが「待たせたな」ってやってたもんね? 【オードリーの】お聴きいただきありがとうございました! 春日さんに第一子が誕生して、ダディガになりました!!!!!!!!!!! 《タイムフリー》 — オードリーの annkw5tyb 春日:なんで出てくる感じなのよ?(笑)なんで世に出てくる感じなんだよ。 かき分けて。 若林:待たせたな、今度から変えたら? 手の形。 春日:ハハハハ 若林:待たせたな。 春日:いやいや、あれはサングラスを外してやるやつだから。 かき分けて来るやつじゃないからね。 若林:あ、そう?! 春日:そうよ。 そこでね。 若林:よく、でも、それ本番の時我慢できたね。 言わずに。 春日:それ、言ったらおかしいじゃない。 それこそ、そういうふうにご懐妊したというのも言ってない状況なわけだからさ。 若林:あ、そっか、そっか、その時はね。 春日:言ってないでしょう? 言ってたら、「実は今日」っていうね。 若林:そうか。 春日:それも言ってないから、いきなり言うのもアレだつってね。 言えるほどの情報がないし。 若林:まだね。 春日:で、その後、終わってからすぐ病院に行って。 若林:急いで行って。 春日:会えないけど。 本人と子にはね。 先生から…… 若林:じゃ、『どうぶつピース』の2本目の間と本番始まる前にクミさんが頑張ってたっていうことだ。 春日:そうそうそうそう。 若林:これはもうほんと、テレ東に金一封…… 春日:なんでテレ東なんだよ! クミさんにくれよ! テレ東はなんもしてないよ! 若林:俺は金一封を持ってかないと(笑)。 春日:なんでだよ! 若林:お礼を。 春日:ハハハハ うちのクミさんに何かくれよ。 テレ東関係ない(笑)。 たまたまつながりだっただけで。 若林:だからか。 春日:だからかって何? で、会ってさ。 結局、そこから入院というか、なんつうの? ある程度回復するまでさ。 若林:そうだよね。 春日:帰ってこれないわけなんだよ。 若林:それは何? それは何曜日だったっけ? 春日:それが金曜よ。 誕生日は5. いい日に産まれたなって。 やっぱ調べるじゃん。 誕生日誰が一緒かなつって。 若林:誰?誰? 春日:曙とね。 若林:うわ、これは… 春日:最高だなと思って。 若林:男の子?女の子? 春日:女児だけどね。 若林:ハッハッハッハッ 春日:曙とと、いい日に… 若林:お母さんばりのに育つかもね。 春日:アタシの静江ね? 若林:うん。 春日:フフフフ エンディング 若林:春日さんも親になったわけですから。 春日:もうダディですよ。 若林:それをこのラジオで発表した日なわけだから、今日はね。 世間に。 春日:そうね。 そうよ。 若林:後々大きくなった後に、チャチャチョが。 春日:えっ? 若林:チャチャチョがね。 春日:(笑)チャチャチョではない。 まだ名前も考えてる途中だから。 若林:それは任して俺に。 春日:いや、チャチャチョはないよ。 若林:それは俺に。 春日:いや、若林さんにはちょっと頼めない(笑)。 若林:まあま、チャチャチョに(春日:まあ、いいや、チャチャチョで)言ったほうがいいんじゃないか? 春日:何がよ? 若林:このラジオで残るように。 春日:えっ? ああ、将来? 若林:将来っていうことよ。 将来聴くと思うからさ。 私が産まれたのを発表した時のっていうのを。 春日:おい、チャチャチョ。 生まれてきてくれてありがとうな。 大きくなるまでダディがさ、このダディが守るからな! 若林:いわゆるダディガだね? 春日:(笑)そうね。 もう春日じゃないからね。 若林:ダディガ。 春日:先週からダディガになったから。 プロフィールも変えてもらおうかな。 事務所の。 若林:フフハハハ 春日:ダディガになったから。 若林:チャチャチョも大きくなったらな、あるわけだ。 春日とクミさんの子どもだから、顔は整ってるでしょうから。 春日:そら…そらそう、そらそうだ。 若林:アイドルとかになって、に入るわけでしょ? 春日:なんでCCガール?(笑)複雑だよ、だったら。 複雑というか、頑張れ!とは思うだろうけど。 まあまあ、わからんよ。 若林:ちょっと気持ちも変わってくる? 仕事してて。 春日:やっぱ下手こけないなっていうのはね。 それは結婚した時も思ったけど、独り身じゃないっていうところで思ったけど、さらにだよね。 よりね。 やっぱ下手こけない、こっからは。 若林:下手こけない? 春日:遅刻とかもなくね。 若林:ああ、ああいう週刊誌報道とかも。 春日:いや、あたりめぇだろ!それは。 それはもう、結婚してなかろうがなんだろうがよ。 遅刻だとか、一個一個、ボディビルの大会で予選落ちとか、そういうのも。 若林:なるほど、しっかりやっていこうということね? 春日:しっかりと。 グ1回戦負けとか。 若林:ちょっと、リトルトゥースにもちょっと。 あと30秒しかないけど、改めて挨拶したほうがいいんじゃない? 春日:改めて(笑)何?何がよ? 若林:ちゃんと言葉でリトルトゥースに伝えないと。 春日:おい、リトルトゥース! 春日がな、あの春日がダディガになったぞ! これからもよろしくな! お前たちのことを守っていくから! でかくなった、でかくなった。 スケールが。 若林:あれも言ったほうがいいんじゃないか? 鬼のなんだっけ? 春日:何?(笑)鬼から電話? 若林:鬼から電話バージョンもちょうだい!(笑)でも時間ないか。 春日:(笑)もしもし~とか言ってる場合じゃないんだよ。 若林:もう時間ないみたいです。 ちゃん。 春日:この後また夢でお会いしましょう。 アディオス! imadokiyuuka.

次の

オードリー春日はボケよりもツッコミが面白い

春日 チャチャ

オードリーの 2020年5月16日 春日:あのぉ、先週の話になっちゃって申し訳ないんだけども、今週、そのことよりもでかいことが起きなかったからさ。 若林:ウフン(笑)別にそれ言わなくていいけど。 今週っぽく喋りゃいいんだよ。 春日:今週の話っていうコンセプトでやって… 若林:そういう人多いと思うよ。 ラジオ。 今週あった話っぽく喋る人。 春日:あ、そう。 ちょっとやっぱ正直にそこはね。 今週、トピックスがなくてさ。 春日:ハハハ そんなこと言うなよ! ちょっと面白いみたいのが残ってるよ。 ちょっとはな。 若林:フフフフ 春日:先週の話なんだけどね、申し訳ない。 先週の金曜日だな、5. 8だな。 8、ちょっと、春日ね、父になりましてね。 若林:えっ! そうなの? 春日:父というか、ダディね。 若林:になったのは? 春日:ではない。 そんないきなりドーン!ではできないから。 何人も。 若林:ビック… 春日:ではないけどね。 若林:なんで先週喋んなかったのよ? 春日:先週はやっぱりそのぉ、リモートロケのほうがでかいと(笑) 若林:リモートロケの話してた? 覚えてないわ、先週の話。 春日:先週、リモートロケの話したよね? 若林:あ、ラーメンの話だっけ? 春日:ラーメン? いや、リモートでさ、とかで店へ行くっていう。 若林:なんでそんな、あの話なんか全然潰れるぐらいの話じゃん、それ。 春日:ハハハハ それもあるし、金曜だったの。 若林:金曜?…はいはいはいはい。 春日:だったの、父になったのが。 若林:じゃ、土曜に…うん。 春日:土曜だとまだね、会えてなかったりとかね。 情報が何もないのよ。 若林:ああ、確かに。 確かにな。 会ってなかったら。 春日:そうなのよ! 若林:じゃ、立ち会ってないわけ? 春日:立ち会いもできなかったんだよね。 若林:仕事で? 春日:いやいや、このご時世でさ。 若林:ああ、そう… 春日:立ち会いも1カ月ぐらい前からダメなのかな。 そこは予告されてたのよ。 もちろん立ち会いもしたかったしね。 若林:何々?それはどういうことなの? ずっと病院にいるってこと?じゃあ。 春日:いやいやいやいや。 若林:別に住んでるってこと? 春日:別に住んでる? いや、だから、流れで言うと、木曜ですよ。 予定は5月の終わりぐらいだったのよ。 若林:予定はね。 春日:そうそう。 若林:あー、はいはい。 春日:余裕てたわけ。 若林:はいはい。 まだまだ。 春日:「どうしたもんかいのー」つって。 「何が今揃ってないんだ?」つって。 若林:はいはい。 春日:「着る服はあるのかい?」とかさ。 ハハハハ 若林:いや、そういうことになるよね。 春日:「乳母車も買わなきゃいけないな」なんていうことを言ってる状況で、前の日にさ、朝、なんかバタバタしてたからね、クミさんが。 「なんじゃい?」つって。 したら、「もしかしたら生誕かもしれない」みたいな。 若林:あ、そう。 春日:「とりあえず病院に電話して行ってみる」だなんていって。 若林:うんうん。 春日:朝早かったよ。 夕方は『モニタリング』のロケあったからね。 若林:ああ! 春日:稽古場で。 若林:あの日か。 春日:そうよ。 若林:はいはいはいはい。 春日:あの日の朝よ。 朝9時とかそれぐらいにね。 若林:はいはいはいはい。 春日:んで、とりあえず病院に話をしに行こうなんていって。 若林:話をしに行くんだね。 春日:こういう状況でね。 「とりあえず来てください」と向こうは言うわけですよ。 若林:はいはいはいはい。 春日:でも、本人的には、こっちのイメージだとさ、なんかもう動けなくてね。 若林:いや、そういうイメージあるよ。 春日:そういうイメージあるじゃない。 全然、あれ?つって。 「もしかしたら」つって。 「とりあえず病院に行くんだけど」「ああ、いいよ、全然行くよ、私もね」つって。 「もしかしたら長くなるかもしれないから、とりあえず朝ご飯食べよう」つって、2人でパン食べてさ。 焼いて。 ハハハハ 若林:でも、そういうことはまだ大丈夫なんだね。 春日:まだ大丈夫。 「大丈夫? 痛かったり、今すぐどうこうなんじゃないの?」「いや、なんかいつもと様子は違うけども大丈夫そう」だと。 で、病院行ってさ。 一応、入院する用意とかはしてあったのよ。 鞄の中にいろいろ詰めてね。 若林:なるほど、なるほど。 春日:必要な物を。 それは置いてあって。 いつ何どき、何があってもっていう。 若林:そういうものなんだ。 春日:そうそう。 で、それをとりあえず持ってさ、病院行ってさ、したらもう入れないわけよ。 総合病院なんだけど、科に。 若林:あー、ご時世でね。 春日:そうそう。 ご時世で、病院の中は入れるんだけど、科のところに自動ドアみたいのがあってさ、もう入れないからつって、看護師さんに「こちらのほうでお待ちください」っていって丸椅子出されてさ。 若林:へえ。 春日:座るベンチとかじゃないの。 丸椅子を。 「これで」っていって。 若林:外?それ。 春日:そう。 自動ドアがあるから、そっから向こうが産科。 自動ドアの外で丸椅子に座って待っててさ。 したら看護師さんがバーッと、15分ぐらいか、してきて「このまま入院になります」つって。 その時点でクミさんとは会えてないの。 若林:そうか、そうか。 春日:自動ドアの向こうで荷物渡して、ちょっと入院かどうかもわからんけど、とりあえず話聞いて、診察してもらってくる、なんて言ったっきり。 若林:そうだよな。 春日:そうなの。 今のご時世だから。 若林:すごい話だな。 春日:私、ずっと待ってさ。 若林:外のね。 春日:外の丸椅子で。 それで、そのまま入院になるっていってさ、私は一人で帰ってきてね。 それが木曜の昼間ぐらいよ。 若林:だから、真ん前だろ?『モニタリング』の。 春日:『モニタリング』の前よ。 何もできないからね。 ちょこちょこ連絡が来るのよ。 今こういう状況だと。 いきなり切羽詰まった感じみたいになってないから、こういう状況で、今、昼ご飯を食べるとか、話聞いてこうだとか、今の状態は、そんなに激しい痛みもまだ来てないみたいなね。 陣痛みたいなやつ。 まだちょっと時間がかかりそうだ。 で、『モニタリング』のロケ行ってさ、やるじゃない。 だから、やっぱプロだよね。 春日もね。 若林:まあ、アマだけどな。 春日:ハハハハ ねえ! 家族をさ、9家族ぐらいをバンバン、裸になってカメラの近くで。 若林:まあ、やってはいたけど。 バンバンて感じじゃなかったけどね。 春日:トゥース!なんて画面に近づいてやってたけども、内心じゃ早く病院に行きたくてしょうがないわけよ。 ハハハハ 若林:情報は入ってこないもんね。 春日:入ってこない。 でも、なんかね、いきなり分娩室? なんかあるじゃん。 産む椅子みたいな、台みたいな。 若林:はいはい。 春日:そこじゃなくて、時が来たらそこに移るから、分娩室の隣の部屋みたいなところでずっといて、連絡とかはできる状態なの。 だから、『モニタリング』のロケ終わってすぐ連絡して、いや、なんかまだっぽいなんつって。 でも、夜中に急に来るかどうかわからんから、なんつって。 若林:なるほどね。 春日:でも、こっちはやれることがないからね。 お見舞いとかそういうのも行けないわけよ。 病院に。 若林:そうだよな。 春日:だから帰ってさ。 私とチャチャ(茶々)の写真を送ったりとかしてるわけよ。 若林:はできんの? 春日:はできるの。 だから、状況は何となくわかるんだけどね。 若林:でも、すぐ送るでしょう。 何秒おきに。 春日:まあ、そうね。 あと、電話とかもできたから。 若林:LINEの? 春日:とか、ビデオ電話とかもできたから、それで。 顔を見てる限りはそんなに切羽詰まった、普通の感じだったから、「大丈夫なの?」なんつって、「でも、夜中どうなるかわかんないから」つって。 私も「時が来るまで休んでおきなさい」つって。 若林:それはテレビ電話で? 春日:テレビ電話でね。 「眠れるようだったら眠っておきなさい」。 若林:チャチャの顔とか見せたりしながら? 春日:チャチャの顔を見せたりというか、チャチャをずっと撮りながら、チャチャが言ってる、みたいなさ。 ハハハハ 若林:それ、なんなんだろうな? 春日:私が映るよりもいいじゃない。 チャチャをずっと、チャチャの横顔をずっと、チャチャの上から。 若林:そっちのほうがいいの?そういう時は。 春日:チャチャの上から回り込んでを出して、こうやってやりながら(笑)。 若林:『テッド』みたいなことになってるわけね? 春日:そうね。 映画『テッド』みたいになってるわけ。 で、今日は……。 若林:長いんでしょ?やっぱり。 春日:長いのよ。 若林:長いんだ、やっぱり。 春日:結果、看護師さんにも驚かれたって言ってたけど、23時間何分。 若林:うーわー、そうなの? 春日:かかったって。 ずっとハァハァじゃなかったからまだね、よしだったけど。 若林:それ、ずっと、じゃあ、とにらめっこ。 寝ないで、春日は。 春日:寝ない…でも、ほら、あんまりやり過ぎてもさ、向こう、急に来ても困るし、休める時に休んでおかないとね。 若林:確かに、確かに。 春日:本番というかさ、大一番が待ってるわけじゃない。 若林:そうだよな。 いつ来るかわかんないもんな。 春日:そうよ。 クミさんも、「じゃあ、ちょっと寝れる時に寝ときます」なんていって、寝て、次の日ね。 若林:なんか、さっきごめんな。 エプロンの下ランジェリー着て夕飯作ってんの?とか言って気遣いもできず。 春日:ほんとだよ。 今はできないだろうと思ったからね。 今後はちょっとわからない。 頼む可能性もあるかもしれない。 若林:今はできない。 春日:今はできる状態じゃない。 若林:それは申し訳なかった。 春日:それはあの時は言えなかったけど、でも、今後の参考にはなった。 若林:確かに、確かに。 春日:あれはいいプレゼントでした(笑)。 ほいで、朝連絡したら、まだだと。 まだ来てないって。 私もちょっと出なきゃいけないから、『どうぶつピース』があるからなんつってさ。 若林:『どうぶつピース』の日か。 春日:そうよ。 それでやって、ちょこちょこ連絡来るのよ。 今日そろそろ。 あんまり長くそういう状態でも。 若林:わあ、23時間だからね。 春日:母子共に悪いから、そっちの方向に持ってくらしいと。 若林:ああ、はいはいはいはい。 春日:産む方向に促進剤とか入れてつって。 若林:うんうんうんうん。 春日:そんなのが『どうぶつピース』のリモート収録やってる間にちょこちょこあってさ。 で、番組の中で子犬が産まれた話みたいのやってた。 若林:やったやった。 春日:あれもプロだからこらえたけどね。 涙をね。 若林:オーバーラップするもんな。 春日:うん。 あそこで泣いてたら意味わかんないでしょう。 春日が泣いてるってさ。 若林:確かにな。 どうしたんだろうと思うな。 春日:どうしたんだろうと困らせるでしょう? 大政君を困らせるからさ。 若林:でも、だったら大丈夫だったけどね、『どうぶつピース』は別に。 春日:なんでだよ! 私がいなかったらダメだろう? ゲストの方も呼んでやってんだから。 若林:まあまあ、確かに、確かに。 春日:それで、いや、でもすごいよね。 女子は強いのかなんなのか。 15時ぐらい、『どうぶつピース』の2本目を撮る前ぐらいに連絡来てね、「今からどうやら本格的に産む方向にいくらしい」みたいな。 「取りかかるらしい」みたいな。 若林:それはクミさんから来たの? 春日:クミさんとかお医者さんとかも相談して。 え、そういうもんなの?と思って。 若林:確かに、確かに。 春日:取りかかるって、流れで、見守りながら本番が来るんじゃなくて、舞台に上がるみたいなさ。 今から本番です、みたいな(笑)。 客入れ始まって、開演が近いです、みたいな、来て。 若林:へえ。 春日:その状況でもまだできたってすごいけどね。 若林:それで、1本目と2本目の間にそれが来るんだ。 春日:そうよ。 若林:だからか! 2本目の写真のスベってたの。 春日:いやいや、そんなことないわ! それがなくてもだよ! あれは全力でやらせてもらったよ。 若林:そこはあんま関係ないからな。 春日:関係ない。 若林:でも、2本目大丈夫だったけどね、そういうことなら。 春日:いや、なんでだよ! 春日がいなかったら大変なことになってるだろう。 若林:フフフフ 春日:ハハハ それでね、2本目終わってさ、電話見たらさ、2本目の時に本番になるらしいつって、なんもできないけど応援はしてますよ。 チャチャちょ…、チャチャと。 つってね(笑)。 若林:うん? 長かったかな、チャが。 チャチャチャつってない? 春日:チャチャちょつって言って。 若林:チャチャちょ? 春日:フフフ チャチャとって言って。 若林:お子さんのお名前じゃないですよね?チャチャちょ。 春日:なんで犬と同じ名前つけんのよ? 若林:いや、チャチャちょっていう。 春日:チャチャちょって(笑)。 チャチャをひねらないだろう! 犬からもらった名前なんかないだろう、子どもの名前で。 若林:それで産まれて。 春日:いや、早ぇーな! 今のは若林さんのとこで言う、アマゾンの封のとこと同じとこだろう!今。 急ぐなよ! 若林:じゃ、2本目の終わりだ。 気が気じゃないね、2本目。 春日:2本目前に「応援してます」つってチャチャの写真を送って、2本目帰ってきたら、既読になってなかったのよ。 若林:はいはい、はいはい。 春日:それで、おやおや?と思うじゃない。 若林:そうだね。 春日:で、いや、これは、でも、何もできないからさ、震えながら移動してさ。 若林:ああ、そこから。 春日:そうよ、そこから。 若林:あの後は? 春日:あの後ケーマックスだよ。 若林:えっ?あの後ケーマックスだった? 春日:そうよ。 日向坂のね。 若林:リモート収録? 春日:リモート収録で。 若林:それ、言っちゃダメだろ、それ。 情報のあれで。 春日:いや、大丈夫だろ、別に(笑)。 若林:そのリモート収録してる間に本格的に取りかかってたんだ、クミさんは。 春日:取りかかってる最中。 でも、わかんないからさ、ケーマックスに着いてね、制作会社。 あそこの控室、会議室みたいのを控室にしてもらったじゃない。 あそこで着替えて、ちょうど日向坂の番組で着てる刺繍の付いたピンクベストを着た後に連絡が来て。 若林:おー! じゃ、本番前ってこと? 春日:本番前よ。 若林:連絡来て。 春日:来て、「今産まれました」つって。 若林:うわーー! 春日:そうよ、リモート報告よ。 若林:そこで? 春日:そこでだよ。 若林:その後、本番やってたんだ。 春日:その後、本番をやったじゃない。 若林:だから、いつも「待たせたな」ってやる時さ、手の動きが「待たせたな」ってやってたもんね? 【オードリーの】お聴きいただきありがとうございました! 春日さんに第一子が誕生して、ダディガになりました!!!!!!!!!!! 《タイムフリー》 — オードリーの annkw5tyb 春日:なんで出てくる感じなのよ?(笑)なんで世に出てくる感じなんだよ。 かき分けて。 若林:待たせたな、今度から変えたら? 手の形。 春日:ハハハハ 若林:待たせたな。 春日:いやいや、あれはサングラスを外してやるやつだから。 かき分けて来るやつじゃないからね。 若林:あ、そう?! 春日:そうよ。 そこでね。 若林:よく、でも、それ本番の時我慢できたね。 言わずに。 春日:それ、言ったらおかしいじゃない。 それこそ、そういうふうにご懐妊したというのも言ってない状況なわけだからさ。 若林:あ、そっか、そっか、その時はね。 春日:言ってないでしょう? 言ってたら、「実は今日」っていうね。 若林:そうか。 春日:それも言ってないから、いきなり言うのもアレだつってね。 言えるほどの情報がないし。 若林:まだね。 春日:で、その後、終わってからすぐ病院に行って。 若林:急いで行って。 春日:会えないけど。 本人と子にはね。 先生から…… 若林:じゃ、『どうぶつピース』の2本目の間と本番始まる前にクミさんが頑張ってたっていうことだ。 春日:そうそうそうそう。 若林:これはもうほんと、テレ東に金一封…… 春日:なんでテレ東なんだよ! クミさんにくれよ! テレ東はなんもしてないよ! 若林:俺は金一封を持ってかないと(笑)。 春日:なんでだよ! 若林:お礼を。 春日:ハハハハ うちのクミさんに何かくれよ。 テレ東関係ない(笑)。 たまたまつながりだっただけで。 若林:だからか。 春日:だからかって何? で、会ってさ。 結局、そこから入院というか、なんつうの? ある程度回復するまでさ。 若林:そうだよね。 春日:帰ってこれないわけなんだよ。 若林:それは何? それは何曜日だったっけ? 春日:それが金曜よ。 誕生日は5. いい日に産まれたなって。 やっぱ調べるじゃん。 誕生日誰が一緒かなつって。 若林:誰?誰? 春日:曙とね。 若林:うわ、これは… 春日:最高だなと思って。 若林:男の子?女の子? 春日:女児だけどね。 若林:ハッハッハッハッ 春日:曙とと、いい日に… 若林:お母さんばりのに育つかもね。 春日:アタシの静江ね? 若林:うん。 春日:フフフフ エンディング 若林:春日さんも親になったわけですから。 春日:もうダディですよ。 若林:それをこのラジオで発表した日なわけだから、今日はね。 世間に。 春日:そうね。 そうよ。 若林:後々大きくなった後に、チャチャチョが。 春日:えっ? 若林:チャチャチョがね。 春日:(笑)チャチャチョではない。 まだ名前も考えてる途中だから。 若林:それは任して俺に。 春日:いや、チャチャチョはないよ。 若林:それは俺に。 春日:いや、若林さんにはちょっと頼めない(笑)。 若林:まあま、チャチャチョに(春日:まあ、いいや、チャチャチョで)言ったほうがいいんじゃないか? 春日:何がよ? 若林:このラジオで残るように。 春日:えっ? ああ、将来? 若林:将来っていうことよ。 将来聴くと思うからさ。 私が産まれたのを発表した時のっていうのを。 春日:おい、チャチャチョ。 生まれてきてくれてありがとうな。 大きくなるまでダディがさ、このダディが守るからな! 若林:いわゆるダディガだね? 春日:(笑)そうね。 もう春日じゃないからね。 若林:ダディガ。 春日:先週からダディガになったから。 プロフィールも変えてもらおうかな。 事務所の。 若林:フフハハハ 春日:ダディガになったから。 若林:チャチャチョも大きくなったらな、あるわけだ。 春日とクミさんの子どもだから、顔は整ってるでしょうから。 春日:そら…そらそう、そらそうだ。 若林:アイドルとかになって、に入るわけでしょ? 春日:なんでCCガール?(笑)複雑だよ、だったら。 複雑というか、頑張れ!とは思うだろうけど。 まあまあ、わからんよ。 若林:ちょっと気持ちも変わってくる? 仕事してて。 春日:やっぱ下手こけないなっていうのはね。 それは結婚した時も思ったけど、独り身じゃないっていうところで思ったけど、さらにだよね。 よりね。 やっぱ下手こけない、こっからは。 若林:下手こけない? 春日:遅刻とかもなくね。 若林:ああ、ああいう週刊誌報道とかも。 春日:いや、あたりめぇだろ!それは。 それはもう、結婚してなかろうがなんだろうがよ。 遅刻だとか、一個一個、ボディビルの大会で予選落ちとか、そういうのも。 若林:なるほど、しっかりやっていこうということね? 春日:しっかりと。 グ1回戦負けとか。 若林:ちょっと、リトルトゥースにもちょっと。 あと30秒しかないけど、改めて挨拶したほうがいいんじゃない? 春日:改めて(笑)何?何がよ? 若林:ちゃんと言葉でリトルトゥースに伝えないと。 春日:おい、リトルトゥース! 春日がな、あの春日がダディガになったぞ! これからもよろしくな! お前たちのことを守っていくから! でかくなった、でかくなった。 スケールが。 若林:あれも言ったほうがいいんじゃないか? 鬼のなんだっけ? 春日:何?(笑)鬼から電話? 若林:鬼から電話バージョンもちょうだい!(笑)でも時間ないか。 春日:(笑)もしもし~とか言ってる場合じゃないんだよ。 若林:もう時間ないみたいです。 ちゃん。 春日:この後また夢でお会いしましょう。 アディオス! imadokiyuuka.

次の

オードリー・春日、第1子誕生!「このダディが、守るからなあ!!」

春日 チャチャ

オードリーの 2020年5月16日 春日:あのぉ、先週の話になっちゃって申し訳ないんだけども、今週、そのことよりもでかいことが起きなかったからさ。 若林:ウフン(笑)別にそれ言わなくていいけど。 今週っぽく喋りゃいいんだよ。 春日:今週の話っていうコンセプトでやって… 若林:そういう人多いと思うよ。 ラジオ。 今週あった話っぽく喋る人。 春日:あ、そう。 ちょっとやっぱ正直にそこはね。 今週、トピックスがなくてさ。 春日:ハハハ そんなこと言うなよ! ちょっと面白いみたいのが残ってるよ。 ちょっとはな。 若林:フフフフ 春日:先週の話なんだけどね、申し訳ない。 先週の金曜日だな、5. 8だな。 8、ちょっと、春日ね、父になりましてね。 若林:えっ! そうなの? 春日:父というか、ダディね。 若林:になったのは? 春日:ではない。 そんないきなりドーン!ではできないから。 何人も。 若林:ビック… 春日:ではないけどね。 若林:なんで先週喋んなかったのよ? 春日:先週はやっぱりそのぉ、リモートロケのほうがでかいと(笑) 若林:リモートロケの話してた? 覚えてないわ、先週の話。 春日:先週、リモートロケの話したよね? 若林:あ、ラーメンの話だっけ? 春日:ラーメン? いや、リモートでさ、とかで店へ行くっていう。 若林:なんでそんな、あの話なんか全然潰れるぐらいの話じゃん、それ。 春日:ハハハハ それもあるし、金曜だったの。 若林:金曜?…はいはいはいはい。 春日:だったの、父になったのが。 若林:じゃ、土曜に…うん。 春日:土曜だとまだね、会えてなかったりとかね。 情報が何もないのよ。 若林:ああ、確かに。 確かにな。 会ってなかったら。 春日:そうなのよ! 若林:じゃ、立ち会ってないわけ? 春日:立ち会いもできなかったんだよね。 若林:仕事で? 春日:いやいや、このご時世でさ。 若林:ああ、そう… 春日:立ち会いも1カ月ぐらい前からダメなのかな。 そこは予告されてたのよ。 もちろん立ち会いもしたかったしね。 若林:何々?それはどういうことなの? ずっと病院にいるってこと?じゃあ。 春日:いやいやいやいや。 若林:別に住んでるってこと? 春日:別に住んでる? いや、だから、流れで言うと、木曜ですよ。 予定は5月の終わりぐらいだったのよ。 若林:予定はね。 春日:そうそう。 若林:あー、はいはい。 春日:余裕てたわけ。 若林:はいはい。 まだまだ。 春日:「どうしたもんかいのー」つって。 「何が今揃ってないんだ?」つって。 若林:はいはい。 春日:「着る服はあるのかい?」とかさ。 ハハハハ 若林:いや、そういうことになるよね。 春日:「乳母車も買わなきゃいけないな」なんていうことを言ってる状況で、前の日にさ、朝、なんかバタバタしてたからね、クミさんが。 「なんじゃい?」つって。 したら、「もしかしたら生誕かもしれない」みたいな。 若林:あ、そう。 春日:「とりあえず病院に電話して行ってみる」だなんていって。 若林:うんうん。 春日:朝早かったよ。 夕方は『モニタリング』のロケあったからね。 若林:ああ! 春日:稽古場で。 若林:あの日か。 春日:そうよ。 若林:はいはいはいはい。 春日:あの日の朝よ。 朝9時とかそれぐらいにね。 若林:はいはいはいはい。 春日:んで、とりあえず病院に話をしに行こうなんていって。 若林:話をしに行くんだね。 春日:こういう状況でね。 「とりあえず来てください」と向こうは言うわけですよ。 若林:はいはいはいはい。 春日:でも、本人的には、こっちのイメージだとさ、なんかもう動けなくてね。 若林:いや、そういうイメージあるよ。 春日:そういうイメージあるじゃない。 全然、あれ?つって。 「もしかしたら」つって。 「とりあえず病院に行くんだけど」「ああ、いいよ、全然行くよ、私もね」つって。 「もしかしたら長くなるかもしれないから、とりあえず朝ご飯食べよう」つって、2人でパン食べてさ。 焼いて。 ハハハハ 若林:でも、そういうことはまだ大丈夫なんだね。 春日:まだ大丈夫。 「大丈夫? 痛かったり、今すぐどうこうなんじゃないの?」「いや、なんかいつもと様子は違うけども大丈夫そう」だと。 で、病院行ってさ。 一応、入院する用意とかはしてあったのよ。 鞄の中にいろいろ詰めてね。 若林:なるほど、なるほど。 春日:必要な物を。 それは置いてあって。 いつ何どき、何があってもっていう。 若林:そういうものなんだ。 春日:そうそう。 で、それをとりあえず持ってさ、病院行ってさ、したらもう入れないわけよ。 総合病院なんだけど、科に。 若林:あー、ご時世でね。 春日:そうそう。 ご時世で、病院の中は入れるんだけど、科のところに自動ドアみたいのがあってさ、もう入れないからつって、看護師さんに「こちらのほうでお待ちください」っていって丸椅子出されてさ。 若林:へえ。 春日:座るベンチとかじゃないの。 丸椅子を。 「これで」っていって。 若林:外?それ。 春日:そう。 自動ドアがあるから、そっから向こうが産科。 自動ドアの外で丸椅子に座って待っててさ。 したら看護師さんがバーッと、15分ぐらいか、してきて「このまま入院になります」つって。 その時点でクミさんとは会えてないの。 若林:そうか、そうか。 春日:自動ドアの向こうで荷物渡して、ちょっと入院かどうかもわからんけど、とりあえず話聞いて、診察してもらってくる、なんて言ったっきり。 若林:そうだよな。 春日:そうなの。 今のご時世だから。 若林:すごい話だな。 春日:私、ずっと待ってさ。 若林:外のね。 春日:外の丸椅子で。 それで、そのまま入院になるっていってさ、私は一人で帰ってきてね。 それが木曜の昼間ぐらいよ。 若林:だから、真ん前だろ?『モニタリング』の。 春日:『モニタリング』の前よ。 何もできないからね。 ちょこちょこ連絡が来るのよ。 今こういう状況だと。 いきなり切羽詰まった感じみたいになってないから、こういう状況で、今、昼ご飯を食べるとか、話聞いてこうだとか、今の状態は、そんなに激しい痛みもまだ来てないみたいなね。 陣痛みたいなやつ。 まだちょっと時間がかかりそうだ。 で、『モニタリング』のロケ行ってさ、やるじゃない。 だから、やっぱプロだよね。 春日もね。 若林:まあ、アマだけどな。 春日:ハハハハ ねえ! 家族をさ、9家族ぐらいをバンバン、裸になってカメラの近くで。 若林:まあ、やってはいたけど。 バンバンて感じじゃなかったけどね。 春日:トゥース!なんて画面に近づいてやってたけども、内心じゃ早く病院に行きたくてしょうがないわけよ。 ハハハハ 若林:情報は入ってこないもんね。 春日:入ってこない。 でも、なんかね、いきなり分娩室? なんかあるじゃん。 産む椅子みたいな、台みたいな。 若林:はいはい。 春日:そこじゃなくて、時が来たらそこに移るから、分娩室の隣の部屋みたいなところでずっといて、連絡とかはできる状態なの。 だから、『モニタリング』のロケ終わってすぐ連絡して、いや、なんかまだっぽいなんつって。 でも、夜中に急に来るかどうかわからんから、なんつって。 若林:なるほどね。 春日:でも、こっちはやれることがないからね。 お見舞いとかそういうのも行けないわけよ。 病院に。 若林:そうだよな。 春日:だから帰ってさ。 私とチャチャ(茶々)の写真を送ったりとかしてるわけよ。 若林:はできんの? 春日:はできるの。 だから、状況は何となくわかるんだけどね。 若林:でも、すぐ送るでしょう。 何秒おきに。 春日:まあ、そうね。 あと、電話とかもできたから。 若林:LINEの? 春日:とか、ビデオ電話とかもできたから、それで。 顔を見てる限りはそんなに切羽詰まった、普通の感じだったから、「大丈夫なの?」なんつって、「でも、夜中どうなるかわかんないから」つって。 私も「時が来るまで休んでおきなさい」つって。 若林:それはテレビ電話で? 春日:テレビ電話でね。 「眠れるようだったら眠っておきなさい」。 若林:チャチャの顔とか見せたりしながら? 春日:チャチャの顔を見せたりというか、チャチャをずっと撮りながら、チャチャが言ってる、みたいなさ。 ハハハハ 若林:それ、なんなんだろうな? 春日:私が映るよりもいいじゃない。 チャチャをずっと、チャチャの横顔をずっと、チャチャの上から。 若林:そっちのほうがいいの?そういう時は。 春日:チャチャの上から回り込んでを出して、こうやってやりながら(笑)。 若林:『テッド』みたいなことになってるわけね? 春日:そうね。 映画『テッド』みたいになってるわけ。 で、今日は……。 若林:長いんでしょ?やっぱり。 春日:長いのよ。 若林:長いんだ、やっぱり。 春日:結果、看護師さんにも驚かれたって言ってたけど、23時間何分。 若林:うーわー、そうなの? 春日:かかったって。 ずっとハァハァじゃなかったからまだね、よしだったけど。 若林:それ、ずっと、じゃあ、とにらめっこ。 寝ないで、春日は。 春日:寝ない…でも、ほら、あんまりやり過ぎてもさ、向こう、急に来ても困るし、休める時に休んでおかないとね。 若林:確かに、確かに。 春日:本番というかさ、大一番が待ってるわけじゃない。 若林:そうだよな。 いつ来るかわかんないもんな。 春日:そうよ。 クミさんも、「じゃあ、ちょっと寝れる時に寝ときます」なんていって、寝て、次の日ね。 若林:なんか、さっきごめんな。 エプロンの下ランジェリー着て夕飯作ってんの?とか言って気遣いもできず。 春日:ほんとだよ。 今はできないだろうと思ったからね。 今後はちょっとわからない。 頼む可能性もあるかもしれない。 若林:今はできない。 春日:今はできる状態じゃない。 若林:それは申し訳なかった。 春日:それはあの時は言えなかったけど、でも、今後の参考にはなった。 若林:確かに、確かに。 春日:あれはいいプレゼントでした(笑)。 ほいで、朝連絡したら、まだだと。 まだ来てないって。 私もちょっと出なきゃいけないから、『どうぶつピース』があるからなんつってさ。 若林:『どうぶつピース』の日か。 春日:そうよ。 それでやって、ちょこちょこ連絡来るのよ。 今日そろそろ。 あんまり長くそういう状態でも。 若林:わあ、23時間だからね。 春日:母子共に悪いから、そっちの方向に持ってくらしいと。 若林:ああ、はいはいはいはい。 春日:産む方向に促進剤とか入れてつって。 若林:うんうんうんうん。 春日:そんなのが『どうぶつピース』のリモート収録やってる間にちょこちょこあってさ。 で、番組の中で子犬が産まれた話みたいのやってた。 若林:やったやった。 春日:あれもプロだからこらえたけどね。 涙をね。 若林:オーバーラップするもんな。 春日:うん。 あそこで泣いてたら意味わかんないでしょう。 春日が泣いてるってさ。 若林:確かにな。 どうしたんだろうと思うな。 春日:どうしたんだろうと困らせるでしょう? 大政君を困らせるからさ。 若林:でも、だったら大丈夫だったけどね、『どうぶつピース』は別に。 春日:なんでだよ! 私がいなかったらダメだろう? ゲストの方も呼んでやってんだから。 若林:まあまあ、確かに、確かに。 春日:それで、いや、でもすごいよね。 女子は強いのかなんなのか。 15時ぐらい、『どうぶつピース』の2本目を撮る前ぐらいに連絡来てね、「今からどうやら本格的に産む方向にいくらしい」みたいな。 「取りかかるらしい」みたいな。 若林:それはクミさんから来たの? 春日:クミさんとかお医者さんとかも相談して。 え、そういうもんなの?と思って。 若林:確かに、確かに。 春日:取りかかるって、流れで、見守りながら本番が来るんじゃなくて、舞台に上がるみたいなさ。 今から本番です、みたいな(笑)。 客入れ始まって、開演が近いです、みたいな、来て。 若林:へえ。 春日:その状況でもまだできたってすごいけどね。 若林:それで、1本目と2本目の間にそれが来るんだ。 春日:そうよ。 若林:だからか! 2本目の写真のスベってたの。 春日:いやいや、そんなことないわ! それがなくてもだよ! あれは全力でやらせてもらったよ。 若林:そこはあんま関係ないからな。 春日:関係ない。 若林:でも、2本目大丈夫だったけどね、そういうことなら。 春日:いや、なんでだよ! 春日がいなかったら大変なことになってるだろう。 若林:フフフフ 春日:ハハハ それでね、2本目終わってさ、電話見たらさ、2本目の時に本番になるらしいつって、なんもできないけど応援はしてますよ。 チャチャちょ…、チャチャと。 つってね(笑)。 若林:うん? 長かったかな、チャが。 チャチャチャつってない? 春日:チャチャちょつって言って。 若林:チャチャちょ? 春日:フフフ チャチャとって言って。 若林:お子さんのお名前じゃないですよね?チャチャちょ。 春日:なんで犬と同じ名前つけんのよ? 若林:いや、チャチャちょっていう。 春日:チャチャちょって(笑)。 チャチャをひねらないだろう! 犬からもらった名前なんかないだろう、子どもの名前で。 若林:それで産まれて。 春日:いや、早ぇーな! 今のは若林さんのとこで言う、アマゾンの封のとこと同じとこだろう!今。 急ぐなよ! 若林:じゃ、2本目の終わりだ。 気が気じゃないね、2本目。 春日:2本目前に「応援してます」つってチャチャの写真を送って、2本目帰ってきたら、既読になってなかったのよ。 若林:はいはい、はいはい。 春日:それで、おやおや?と思うじゃない。 若林:そうだね。 春日:で、いや、これは、でも、何もできないからさ、震えながら移動してさ。 若林:ああ、そこから。 春日:そうよ、そこから。 若林:あの後は? 春日:あの後ケーマックスだよ。 若林:えっ?あの後ケーマックスだった? 春日:そうよ。 日向坂のね。 若林:リモート収録? 春日:リモート収録で。 若林:それ、言っちゃダメだろ、それ。 情報のあれで。 春日:いや、大丈夫だろ、別に(笑)。 若林:そのリモート収録してる間に本格的に取りかかってたんだ、クミさんは。 春日:取りかかってる最中。 でも、わかんないからさ、ケーマックスに着いてね、制作会社。 あそこの控室、会議室みたいのを控室にしてもらったじゃない。 あそこで着替えて、ちょうど日向坂の番組で着てる刺繍の付いたピンクベストを着た後に連絡が来て。 若林:おー! じゃ、本番前ってこと? 春日:本番前よ。 若林:連絡来て。 春日:来て、「今産まれました」つって。 若林:うわーー! 春日:そうよ、リモート報告よ。 若林:そこで? 春日:そこでだよ。 若林:その後、本番やってたんだ。 春日:その後、本番をやったじゃない。 若林:だから、いつも「待たせたな」ってやる時さ、手の動きが「待たせたな」ってやってたもんね? 【オードリーの】お聴きいただきありがとうございました! 春日さんに第一子が誕生して、ダディガになりました!!!!!!!!!!! 《タイムフリー》 — オードリーの annkw5tyb 春日:なんで出てくる感じなのよ?(笑)なんで世に出てくる感じなんだよ。 かき分けて。 若林:待たせたな、今度から変えたら? 手の形。 春日:ハハハハ 若林:待たせたな。 春日:いやいや、あれはサングラスを外してやるやつだから。 かき分けて来るやつじゃないからね。 若林:あ、そう?! 春日:そうよ。 そこでね。 若林:よく、でも、それ本番の時我慢できたね。 言わずに。 春日:それ、言ったらおかしいじゃない。 それこそ、そういうふうにご懐妊したというのも言ってない状況なわけだからさ。 若林:あ、そっか、そっか、その時はね。 春日:言ってないでしょう? 言ってたら、「実は今日」っていうね。 若林:そうか。 春日:それも言ってないから、いきなり言うのもアレだつってね。 言えるほどの情報がないし。 若林:まだね。 春日:で、その後、終わってからすぐ病院に行って。 若林:急いで行って。 春日:会えないけど。 本人と子にはね。 先生から…… 若林:じゃ、『どうぶつピース』の2本目の間と本番始まる前にクミさんが頑張ってたっていうことだ。 春日:そうそうそうそう。 若林:これはもうほんと、テレ東に金一封…… 春日:なんでテレ東なんだよ! クミさんにくれよ! テレ東はなんもしてないよ! 若林:俺は金一封を持ってかないと(笑)。 春日:なんでだよ! 若林:お礼を。 春日:ハハハハ うちのクミさんに何かくれよ。 テレ東関係ない(笑)。 たまたまつながりだっただけで。 若林:だからか。 春日:だからかって何? で、会ってさ。 結局、そこから入院というか、なんつうの? ある程度回復するまでさ。 若林:そうだよね。 春日:帰ってこれないわけなんだよ。 若林:それは何? それは何曜日だったっけ? 春日:それが金曜よ。 誕生日は5. いい日に産まれたなって。 やっぱ調べるじゃん。 誕生日誰が一緒かなつって。 若林:誰?誰? 春日:曙とね。 若林:うわ、これは… 春日:最高だなと思って。 若林:男の子?女の子? 春日:女児だけどね。 若林:ハッハッハッハッ 春日:曙とと、いい日に… 若林:お母さんばりのに育つかもね。 春日:アタシの静江ね? 若林:うん。 春日:フフフフ エンディング 若林:春日さんも親になったわけですから。 春日:もうダディですよ。 若林:それをこのラジオで発表した日なわけだから、今日はね。 世間に。 春日:そうね。 そうよ。 若林:後々大きくなった後に、チャチャチョが。 春日:えっ? 若林:チャチャチョがね。 春日:(笑)チャチャチョではない。 まだ名前も考えてる途中だから。 若林:それは任して俺に。 春日:いや、チャチャチョはないよ。 若林:それは俺に。 春日:いや、若林さんにはちょっと頼めない(笑)。 若林:まあま、チャチャチョに(春日:まあ、いいや、チャチャチョで)言ったほうがいいんじゃないか? 春日:何がよ? 若林:このラジオで残るように。 春日:えっ? ああ、将来? 若林:将来っていうことよ。 将来聴くと思うからさ。 私が産まれたのを発表した時のっていうのを。 春日:おい、チャチャチョ。 生まれてきてくれてありがとうな。 大きくなるまでダディがさ、このダディが守るからな! 若林:いわゆるダディガだね? 春日:(笑)そうね。 もう春日じゃないからね。 若林:ダディガ。 春日:先週からダディガになったから。 プロフィールも変えてもらおうかな。 事務所の。 若林:フフハハハ 春日:ダディガになったから。 若林:チャチャチョも大きくなったらな、あるわけだ。 春日とクミさんの子どもだから、顔は整ってるでしょうから。 春日:そら…そらそう、そらそうだ。 若林:アイドルとかになって、に入るわけでしょ? 春日:なんでCCガール?(笑)複雑だよ、だったら。 複雑というか、頑張れ!とは思うだろうけど。 まあまあ、わからんよ。 若林:ちょっと気持ちも変わってくる? 仕事してて。 春日:やっぱ下手こけないなっていうのはね。 それは結婚した時も思ったけど、独り身じゃないっていうところで思ったけど、さらにだよね。 よりね。 やっぱ下手こけない、こっからは。 若林:下手こけない? 春日:遅刻とかもなくね。 若林:ああ、ああいう週刊誌報道とかも。 春日:いや、あたりめぇだろ!それは。 それはもう、結婚してなかろうがなんだろうがよ。 遅刻だとか、一個一個、ボディビルの大会で予選落ちとか、そういうのも。 若林:なるほど、しっかりやっていこうということね? 春日:しっかりと。 グ1回戦負けとか。 若林:ちょっと、リトルトゥースにもちょっと。 あと30秒しかないけど、改めて挨拶したほうがいいんじゃない? 春日:改めて(笑)何?何がよ? 若林:ちゃんと言葉でリトルトゥースに伝えないと。 春日:おい、リトルトゥース! 春日がな、あの春日がダディガになったぞ! これからもよろしくな! お前たちのことを守っていくから! でかくなった、でかくなった。 スケールが。 若林:あれも言ったほうがいいんじゃないか? 鬼のなんだっけ? 春日:何?(笑)鬼から電話? 若林:鬼から電話バージョンもちょうだい!(笑)でも時間ないか。 春日:(笑)もしもし~とか言ってる場合じゃないんだよ。 若林:もう時間ないみたいです。 ちゃん。 春日:この後また夢でお会いしましょう。 アディオス! imadokiyuuka.

次の