中国 アメリカ コロナ 戦争 - 中国、6年前からコロナウイルスなど生物武器で第3次世界大戦の準備か=米国務省の文書が暴露(WoW!Korea)

戦争 コロナ 中国 アメリカ 中国、6年前からコロナウイルスなど生物武器で第3次世界大戦の準備か=米国務省の文書が暴露(WoW!Korea)

戦争こそアメリカの景気対策。軍産複合体は「中国」に的を絞った=鈴木傾城

戦争 コロナ 中国 アメリカ コロナ禍で暴走する「米中新冷戦」、日本が果たすべき2つの役割

戦争 コロナ 中国 アメリカ コロナ戦争で中国に大敗したアメリカ

戦争 コロナ 中国 アメリカ 中国がアメリカと戦争できない理由

戦争 コロナ 中国 アメリカ 中国がアメリカと戦争できない理由

戦争 コロナ 中国 アメリカ 習近平が「戦争」の準備を始めた…! いまアメリカと衝突したら「中国が勝つ」って、本当か?(橋爪

中国、6年前からコロナウイルスなど生物武器で第3次世界大戦の準備か=米国務省の文書が暴露(WoW!Korea)

戦争 コロナ 中国 アメリカ 新型コロナの収束で始まる、「米中全面対決」の危険性

コロナ禍で暴走する「米中新冷戦」、日本が果たすべき2つの役割

戦争 コロナ 中国 アメリカ 米中戦争から英中戦争へ

中国がアメリカと戦争できない理由

戦争 コロナ 中国 アメリカ コロナ禍で暴走する「米中新冷戦」、日本が果たすべき2つの役割

コロナは生物兵器であり、これで中国はアメリカに勝利した! 北京大学教授の陳平氏が誇らしげに語る!(朝香 豊)

戦争 コロナ 中国 アメリカ 新型コロナの収束で始まる、「米中全面対決」の危険性

中国に対する戦争は起こるか?【コロナの落とし前】

21世紀の世界覇権国争い「アメリカvs中国」について ‐「米中戦争前夜」を読んだ考えたこと‐

以来CSISでは非常勤研究員を務める。

  • に nextir35 より• 当初、トランプ政権は中国との対立を避けて、新型コロナウイルス封じ込めに集中する戦略をとっていた。

  • また、湖北省の隣にある湖南省や重慶市で今度は、「鳥インフルエンザ」が流行し始めていることからも、アメリカによる「ウイルス兵器戦争」はこれからも長く続いていくことになります。

  • トランプは脱税の彼方へ去っていくかも知れないが、無知で粗暴な支持者たちは残る。

21世紀の世界覇権国争い「アメリカvs中国」について ‐「米中戦争前夜」を読んだ考えたこと‐

なお,日本は「ビジネスと貿易」でトップの点数なのに対し,「国際関係」と「メディアと発信力」で比較的低い点数となっています。

  • メルケルは、側近が感染したため自主的に2週間の隔離状態にあった。

  • この2つの国の対立は,相手国の関税を引き上げることや,ファーフェイ製品のアメリカへの禁輸などの貿易戦争がすでに勃発しています。

  • 政府は金儲けと戦争に夢中で、国民は打ち捨てられ、たかが疫病でコロコロ死んでいく。

【世界初スクープ!】中国がしかける世界戦争 ─放たれた仮想敵用強力応用ウィルス─ Part2 中国は世界大戦をこうしかけた!

日本で金なのは金貨が主流だった名残だし世界でも通用する概念だろう。

  • ただ中国は第一の被害者であり多くの犠牲者が出ています。

  • 特にEU諸国については3月31日公開の「で述べたような武漢肺炎以外の問題が重くのしかかっているし、3月26日の記事で述べた様に過剰な心配はパニックを引き起こすだけなのは事実だ。

  • とんでもない国である。

21世紀の世界覇権国争い「アメリカvs中国」について ‐「米中戦争前夜」を読んだ考えたこと‐

第2部は,新興勢力と覇権国の争いの歴史を調べ,そこから得られる教訓を示しています。

  • このメルマガの読者でもおられる方から情報をいただいたのを機に、いろいろと調べてみたのですが、いくつか非日常的な異常状態が起こっているようです。

  • これは人類対ウィルスの戦争であり世界大戦など無い! と断言したいのですが… 武漢ウィルス研究所が新型コロナウィルスが研究所の中にいた大量のコウモリから研究者に感染し漏れた。

  • 中国政府と人民解放軍内では対米開戦(アメリカからの攻撃)の可能性について準備が始まり、緊張感も高まっているとのことですが、アメリカ国内はどうでしょうか。

「コロナ戦争」の後にいよいよ始まる「本物の米中戦争」(大原 浩)

だって,この時代に海外にキリスト教を広めたところで,何のメリットがあるのかわからないですもん。

  • しかし,第一次世界大戦・第二次世界大戦による疲弊(いずれもイギリス側が勝利),イギリス領植民地の独立そしてアメリカの台頭により,世界覇権国がアメリカに移行することとなります。

  • だが、これは生物兵器ではなく、対応能力がアメリカと同等か、アメリカより上であることを見せつけるためのウイルスだった」 国家通商会議トップで、ホワイトハウスの通商戦略ブレーンであるピーター・ナヴァロ氏が、4月19日に放映されたFOXニュース『サンデー・モーニング・フューチャーズ』に出演し、こう断言した。

  • 本記事は,アメリカと中国の対立について書かれた「米中戦争前夜」(著者:グレアム・アリソン)の概要を示し,その内容と追加で調べたことを踏まえ,今後の米中対立がどのような方向に進むかを,本ブログの管理人が予測・分析するものです。

「コロナ以後」中国は世界最終戦争を仕掛けて自滅する

そして、中国への賠償訴訟が次々と提示され、民間の弁護士や団体ばかりか、ついに米ミズーリ州の司法長官が正式に提訴した。

  • 個人的には、注射は痛いからキライなので、ワクチン接種はしたくないのだが、もし1回でいいと言うのであれば、受ける事も検討してもいっかなと思わないでもない今日この頃だけど、どおしよっかな~? コレは、元がボッタクリ価格の「半額セール」と言う響きに反応するやうなもんかも知れないが。

  • ルビコン川を渡った米国の本気度 ここ数週間にわたって、【米中対立がついにPoint of No Returnを越えてしまったのではないか】とお話ししてきました。

  • しかも太平洋・インド洋・地中海で合同軍事演習が行われている。

【世界初スクープ!】中国がしかける世界戦争 ─放たれた仮想敵用強力応用ウィルス─ Part2 中国は世界大戦をこうしかけた!

コロナが発生した武漢の現地調査を行ったのは、中国軍の生物兵器専門家だった。

  • 24参照)。

  • この時代には,蒸気機関車の発明などの産業革命が生じ,工業化の進展と国の繁栄が生じます。

  • さらに、度重なる領空侵犯で台湾空軍が消耗すれば、台湾政府が下ると考えたのだろう。




2021 cdn.snowboardermag.com