チャンドラ ニ - スブラマニアン・チャンドラセカール

ニ チャンドラ 荒川とガンジス川は繋がっている!インドの人々と巡る、東京インド旅。

荒川とガンジス川は繋がっている!インドの人々と巡る、東京インド旅。

ニ チャンドラ 「荒川は日本のガンジス、ここには故郷の風が…」 “リトルインディア”開拓者、ジャグモハン・S・チャンドラニさん

インタビュー 江戸川インド人会に学ぶ都市コミュニティの新しいかたち

ニ チャンドラ 荒川とガンジス川は繋がっている!インドの人々と巡る、東京インド旅。

ニ チャンドラ ジャグモハン・チャンドラニさん(インド)

東京都内一インド人の多い街!西葛西の「リトルインディア」の魅力を徹底解説!

ニ チャンドラ インド紅茶のパイオニア ジャグモハン・S・チャンドラニさん

スブラマニアン・チャンドラセカール

ニ チャンドラ 西葛西にインド人が集中する歴史的な理由 「紅茶倉庫」の後に、鉄道ができた

西葛西にインド人が集中する歴史的な理由

ニ チャンドラ 東京都内一インド人の多い街!西葛西の「リトルインディア」の魅力を徹底解説!

ニ チャンドラ インタビュー 江戸川インド人会に学ぶ都市コミュニティの新しいかたち

西葛西にインド人が集中する歴史的な理由 「紅茶倉庫」の後に、鉄道ができた

ニ チャンドラ 荒川とガンジス川は繋がっている!インドの人々と巡る、東京インド旅。

ニ チャンドラ 荒川とガンジス川は繋がっている!インドの人々と巡る、東京インド旅。

松尾由美子

チャンドラニさんも笑いながら話を続ける。

  • でも西葛西に戻ってくると、何もなかった。

  • 紅茶に合った食器、テーブルクロスから、サーブの仕方まで提案した。

  • 「今はマンションや団地が建ち並んでいますが、当時はいちめん原っぱで、なーんにもなかったんです。

インド紅茶のパイオニア ジャグモハン・S・チャンドラニさん

私はここで、リトルインドを語る上で欠かせない人物と待ち合わせをしていた。

  • ジャグモハン・チャンドラニさん。

  • これは何となく分かるな、これは理解できるなという点を見つけると、心が安定するものです。

  • イギリスへの渡航途中、船上にて、の質量には上限()があることを発見した。

松尾由美子

その頃は私がクラスで唯一のインド人で、生徒の大半は中国、、マレーシア、シンガポール出身でした。

  • 色んなかわいいサリーが出ているので、最近でも、若い人がよく着るそう。

  • フロンティアともいえるこのエリアには、京葉線や湾岸道路などの交通網が延びていく。

  • インド人の仲間に、家でパーティをする時は、オーディオのボリュームを下げるように伝えました。

インタビュー 江戸川インド人会に学ぶ都市コミュニティの新しいかたち

私が生まれ育った環境とは、全く違った世界がそこにはありました。

  • 都内各地を見て回った。

  • インドから船で運んできた質のいい紅茶。

  • 飲んだり歌ったりと、やることはカラオケに行く日本の方と変わりませんが、それを友達の家で夜通しやります。

スブラマニアン・チャンドラセカール

まだまだ外国人の少ない時代である。

  • 「ようやく日本にも輸入できる時代が来ていました。

  • 写真だと近づきがたい感じがするかもしれませんが、実はとっても紳士的な方です。

  • インド人は、どこかよその場所ではなく、家で過ごしたいのです。

インド紅茶のパイオニア ジャグモハン・S・チャンドラニさん

だから楽しく過ごしたいと感じるものです。

  • 「ビジネスの中心は、大手町や茅場町、日本橋といったあたりでした。

  • しかし、なかなか「これ!」という場所が見つからない。

  • インド人どころか日本人だっていない。




2021 cdn.snowboardermag.com