シンハ ライト の 2018。 シンハリングの新馬データ

【POG】モーリス産駒で母シンハライトの2018となるセブンサミットの2歳情報

シンハ ライト の 2018

久々の100均ライト改造で、グリーンオーナメント製の【サイクルフラッシュライトPowerUp】を高輝度化します。 今回、難航していたライトヘッド部分の分解が上手く出来た事と、レンズを取り外してコリメーターを入れてみたらアバゴ製ASMT-M006がピッタリ入った事から、高輝度化改造へのハードルが一気に下がって本計画を始動した次第です。 元の帽子形1LEDを取り外して、パワーLEDのCREEチップXP-Gに入れ替えた高輝度化改造品が完成しました。 350mA駆動で1W出力にパワーアップしてます。 いつもの例の照射パターン。 そしてこれまたいつもの組み合わせなアバゴテクノロジー製ASMT-M006コリメーターとCREEチップXP-GパワーLEDとの焦点調整を上手くやった結果、超スポット光になって1m先の照度値が2000Luxを越えてしまいました。 用途が自転車ライトならハイビームで嫌われるかも知れませんけど、当方は自転車持ってないし使ってないから関係ないよね! 取付けハンガーから外して普通にハンディライトとして使えるから主にそっちの用途かな。 電池ボックスと一体化している発光ユニット。 なるべく元のパーツや基板を生かすようにして新たに降圧型コンバーターを組み込んでます。 これは発光ユニットを一つに組み上げる直前の様子。 色々と詰め込める隙間が豊富なので降圧型コンバーターを組み込むのは楽勝なんだけど、例のごとく配線まみれになって取り回しに苦労しました。 CREEチップXP-Gを組み込んでいる様子。 いつもの様にフレキシブルな配線にしてパワーLEDを浮かすように取り付けておき、後からコリメーターとの焦点調整が出来る様にしてます。 調整を上手くやると写真右の様に綺麗な黄色蛍光体が拝めます。 ~以下は、分解から改造への道のり~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ライトヘッド部分が綺麗に分解出来ている様子は写真左上のパーツを見てください。 黒いカバー部分と透明な導光パーツとは接着されておらず強固に圧入されているだけでした。 無事に分離できると、右下に写っているレンズまで取り外せます。 それでは上図にライトヘッド部分のバラし方を説明しときます。 ライトヘッドの黒いカバーと透明な導光パーツとが合わさっている継ぎ目にカッターナイフの刃を差し込んでからグリグリとコジる様にすると少しづつ隙間が広がってきた? 1mmくらい広がったら場所をズラして全周に渡って隙間を広げていきしょう、そうしてから最後に引っ張ればスポッと抜き取れたでしょ。 これはレンズまで取り外して代わりにコリメーターを嵌めてみたところで、アバゴテクノロジー製ASMT-M006がドンピシャ。 ただコリメーターを無加工で入れるには、黒いカバー内側にある透明導光パーツが食い込んでいた10箇所のリブをちょっとだけ削る必要があるけど。 これは改造前のLEDユニット。 今回搭載するパワーLEDのCREEチップXP-G放熱板付き。 そのままの外径だと内筒に入らないので周囲を若干削る必要がありました。 新たに搭載する降圧型コンバーターのムラタ製OKL-T/3-W5N-Cと定電圧設定用の抵抗器。 このモジュールのON/OFF端子を先のCOB樹脂封止チップの出力でコントロールします。 ON/OFF端子はGNDに落とすと降圧した電圧出力が出る様になっており、COB樹脂封止チップのシンク出力が直接繋げられるから誠に好都合で大助かりです。 1からNo. こちらは二軒あるセリアの内、大学が近い店舗の方はまだ古い商品が並んでいます。 私の方は何も進展していません。 来週あたり届く予定。 手持ち品の改造計画はほぼ固まりましたが3.1A品の中身を見てから最終決定の予定です。 DC5V側も手持ちのSBDでブリッジ整流化するかも。 Vf小さなものを使えば悪影響最小で済むかな。 投稿: mytoshi 午前中に見て、部品揃ったか…と思ってコメントを考えながら外出から帰ると、もう既に完成の記事に変わっていました。 外見的にはレンズの形が少し変わったほかは何の変化も無いように見える素晴らしい出来上がりです。 900mAhのNiMHx4本を降圧式で使用するのなら、W数で単純計算すれば同じ明るさを維持して4時間近く点灯できるでしょうか?凄いです! クロヤマネ子さんの改造新アイデアに刺激を受けて、 私も手元にある百均ライトの部品を使って一つ工夫してみようと思います。 「4LEDコンパクト懐中電灯」です。 懐中電灯だから「電球色LED」使います。 改造報告No. 10(3LEDライト改)の筐体に18650電池ソケットを入れ、パナの3400mAh化して、 改造報告No. 14(4LEDハンディライト改)のリフレクタに、改造報告No. 24で内蔵されたダイソーUSB用電球型ライトから外した電球色チップLEDを入れて、 制御基板はCOBミニライトマグネット付きの(100%、25%、点滅)を使う。 17時間位使える? AC-USBアダプターのその後。 記録ス、二〇一八〇四〇八 へ色々書いたアダプター類、USB三個口のアダプターが届き、各種アダプターの最終案が纏まりました。 ほぼ、当初の案で行きます。 最後に入手したUSB三個口は粗悪品過ぎて話になりませんでした。 可能な限り部品強化しても1A無理なようです。 LCD付きよりも酷い性能です。 フライバックトランスのコイル径は0.30mmしかありません。 価格半分のUSB二個口のトランスは0.45mm、6個口品はそれが二重であることを考慮すると、三個口品謳い文句の3.1Aは詐欺ですね。 一番酷いのは、ACプラグと基板が半田付けされていなくて、バネ性皆無のブリキ板電極で挟んであるだけの接触不良以下のレベルです。 投稿: mytoshi コメント有難うございました、[mytoshi]さん。 今回はいつもみたく一気に仕上げるのではなくて少しづつ加工を進めては考察し、より良い組み込み方法をじっくり吟味しながらでしたので、割りと綺麗に仕上がったと自画自賛しております。 点灯時間に関して、[mytoshi]さん推察の4時間という数値を最初は理解出来ませんでしたが、今回は珍しく降圧型コンバーターを使っているために350mAのLED電流に対し電池電流は200mA前後と少なくて済むことを失念しておりました。 同じ350mA駆動でも定電流チップのAMC7135を使うと電池電流も350mA流れるので、せいぜい2時間ちょい位かと大して期待していませんでしたから勝手に勘違いしてました。 いやはや習慣というものは、えてして思考を固定化させてしまう厄介な側面がある、ということを再認識した今日この頃です。 投稿: クロヤマネ子 こんばんは。 初めてコメントします。 鉄道模型初心者です。 その後少し眺めさせていただきましたが、電子工作がすごい、いや正確にはすごすぎてどのくらいすごいか初心者には見当もつきません・・・。 とにかく、記事にあったBOURNS製の10回転100Kオームポテンショメータを私もつなごうと思うのですが、このメータの定格ワット数は2Wとなっていて、HOでは12Vで0.5から1Aぐらいまではモーターに流すと思うので、ちょっと心配しています。 たぶんこのメータに流れる電流とモータに流れる電流は違っていて大丈夫なのではないかと想像しているのですが、いかんせん仕組みがさっぱりわからず・・・。 どうなんでしょうか?別にモータには12V1Aぐらい流してもこのオームポテンショメータで大丈夫なんでしょうか? もしお時間の許されるときに教えていただければ幸いです。 投稿: 鉄道模型初心者 「鉄道模型初心者」さん、コメント有難うございます。 お問合せ頂いた件で回答します。 結論から言うと、ポテンショメータにはほとんど電流が流れないのでW数の小さいものを使っても大丈夫です。 モータ電流はポテンショメータとは関係ない配線に流れるので問題ありません。 当方はNゲージでしか試していないのでHOの感覚とはズレてしまうかも知れませんが、PWMコントローラの出力特性に求められる性能で注意する点は、キャリア周波数とデューティー比可変範囲でしょうか。 前者はモーターとの相性とか耳障りな駆動音を、後者は最低%値次第では一度動いたフライホイール搭載車が止められない可能性などを考慮する必要がありました。 経験的に得た知見としては、スロースタート時のキャリア周波数はわりと低めな方が良い(本物の電気機関車EF210やEH500みたく)のと、デューティー比可変範囲は0%から調整できる(確実に列車を止められる)ものが扱いやすかったです。 製品やキットではキャリア周波数が固定されていたり、またディーティー比は0%まで絞れないものが多いので、痛し痒しです。 個人的な見解ですが、キャリア周波数は可変可能で、デューティー比は0%から調整出来るものが汎用性に優れると考えています。 投稿: クロヤマネ子.

次の

シンハライトとは

シンハ ライト の 2018

神鳥ガルーダ タイ王室お墨付きの印である、神鳥ガルーダの紋章を1939年に授与されている。 仏教およびヒンドゥー教の神話に登場する神鳥・ガルダ(クルット)をモチーフとしている。 アユタヤ王朝以来のタイのシンボル。 ビア・シン ラベルに刻まれた古代神話に登場する伝統的なタイの獅子(シン)をシンボルとし、今では50以上の国々の様々なシーンで楽しまれています。 その語源となっているとはタイやインドの古代神話や壁画に登場する獅子である。 「ビア・シン、ビア・タイ(獅子のビール、タイのビール)として親しまれている。 受賞歴• American Tasting Institute Gold taste award(2000,2002)• AIBA Australian International Beer Awards Australia, Gold Medal; 2001• Gold Medal 2003• AIBA Australian International Beer Awards Australia Silver Medal 2004.

次の

シンハ

シンハ ライト の 2018

経歴 [編集 ] 2015年 [編集 ] 2015年7月、でのゲート試験に騎乗で合格。 その縁が元で、同年10月10日京都競馬場で池添を背にデビュー。 道中3・4番手に位置取り、直線で先頭に立つとそのまま押し切り1番人気に応えた。 2016年 [編集 ] 年明け緒戦は1月17日の。 直線で豪快な末脚を繰り出して快勝。 3月5日のは最後の直線でとの接戦となったがハナ差制してデビュー3連勝となった。 4月10日のに2番人気で出走、直線早めに抜け出すもゴール前でジュエラーにかわされ2着に敗れる。 5月22日の優駿牝馬はジュエラーの骨折による回避もあり1番人気に推され、道中後方に構えて脚を溜め、直線で馬群を割って抜け出しGI初制覇を果たした。 4か月の休養を経て、に出走。 このレースでは、桜花賞馬のとの再対決に注目が集まった。 レースでは道中中団に位置し、最後の直線で末脚を炸裂させて差し切り、前哨戦をものにした。 その後、に向けて調整されていたが、10月5日に左前浅屈腱炎が判明、9ヶ月以上の休養を要する見込みとなり、秋華賞への出走を断念した。 北海道安平町のノーザンファームで経過をみていたが、良化がみられず、11月16日、所属するキャロットクラブから引退が発表され 、翌11月17日付で競走馬登録を抹消された。 引退後はノーザンファームで繁殖牝馬となる。 競走成績 [編集 ] 競走日 競馬場 競走名 格 距離(馬場) 頭 数 枠 番 馬 番 オッズ (人気) 着順 タイム (上り3F) 着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬) 芝1600m(良) 15 6 10 002. 4 0(1人) 0 1着 01:36. 3(34. 7) -0. 2 54kg (オウケンビリーヴ) 京都 OP 芝1400m(良) 13 6 9 003. 0 0(1人) 0 1着 01:21. 5(33. 7) -0. 0 池添謙一 54kg (ワントゥワン) 0000. GIII 芝1600m(良) 16 6 11 005. 6 0(2人) 0 1着 01:32. 8(33. 0) -0. 0 池添謙一 54kg () 0000. 阪神 GI 芝1600m(良) 18 6 12 004. 9 0(2人) 0 2着 01:33. 4(33. 7) -0. 0 池添謙一 55kg ジュエラー 0000. GI 芝2400m(良) 18 2 3 002. 0 0(1人) 0 1着 02:25. 0(33. 5) -0. 0 池添謙一 55kg () 0000. 阪神 GII 芝1800m(重) 15 4 7 001. 6 0(1人) 0 1着 01:46. 7(33. 7) -0. 0 池添謙一 54kg ()• 出典: 繁殖成績 [編集 ] 生年 馬名 性 毛色 父 厩舎 馬主 戦績 初仔 2018年 シンハライトの2018 牡 青鹿毛 デビュー前 血統表 [編集 ] シンハライトの (血統表の出典) 母の母Baize 1993 栗毛 Efisio Formidable Eldoret Bayonne Bay Express Lambay FN: 5代内の Halo 18. 母シンハリーズ(Singhalese)は(米GI)優勝馬。 全兄に2011年のを勝利したがいる。 半姉に2016年のを勝利したリラヴァティ(父)がいる。 脚注 [編集 ] 注釈 [編集 ]• なお、最後の直線で外側に斜行し、他馬と接触・バランスを崩したことにより、鞍上のは2日間のとなった。 出典 [編集 ]• JBISサーチ. 2016年5月28日閲覧。 POG-INFO. 2016年5月28日閲覧。 スポーツ報知、2016年5月28日閲覧• スポーツニッポン、2016年5月25日閲覧• デイリースポーツ、2016年5月25日閲覧• netkeiba. com、2016年5月25日閲覧• スポーツ報知、2016年5月25日閲覧• デイリースポーツ、2016年5月25日閲覧• - netkeiba. com、2016年5月28日閲覧• netkeibaより 2016年9月19日閲覧• netkeibaより 2016年9月19日閲覧• 日本中央競馬会、2016年10月5日閲覧• スポーツ報知. 2016年11月17日閲覧。 -equibase、2016年5月28日閲覧• - netkeiba. com、2016年5月28日閲覧• - netkeiba. com、2016年12月6日閲覧 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ]• 競走馬成績と情報 、、.

次の