耳 気持ちいい。 耳舐めがナシな女性は9割!女性の本音と気持ちいい耳の舐め方4選

【毎日やっているアナタは危険信号】耳掃除の正しい頻度って知ってる?

耳 気持ちいい

こんなときは撫でて欲しい• ゴロゴロのどを鳴らせて近寄ってくるとき• 目の前でゴロリと仰向けになるとき• からだをスリスリしてくるとき• 前足でお腹をフミフミしてくるとき• 膝の上に乗ってくるとき…など うちの猫が子猫だったときに、しつこいくらいに撫でていました、 それがトラウマになっているらしく、わたしとの間に微妙な距離感を保っています。。 今までの甘~い関係はどこへ? 不可解な行動にもみえますが、猫にとっては筋が通った行動なんです。 猫は 撫 なでてほしいときだけ撫でられたいだけなんです。 満足してしまえばそれで終わり。 飽きるのも早いんですよね。 撫でているとき尻尾をパタパタさせてきたら「もうやめて」のサインです。 基本的に猫は飽きっぽくてワガママな生き物なんです。 まとめ 猫を撫でるときや触るときは、低い姿勢になってするのがよいです。 もっともよいのは、猫が撫でて欲しいときにしてあげることですね。 それでは、楽しい猫ライフを!.

次の

気持ちいい耳かきのやり方とは!耳かき&綿棒の使い方

耳 気持ちいい

猫の耳って触り心地がすべすべしていて可愛くて、世界中の人達から愛されていますよね。 アニメでも『猫耳』のキャラクターは可愛く見えます。 そんな不思議アイテム猫耳ですが、猫の耳の動きを見ていると色々な方向に小刻みに動いたり、耳をピンと立てて真剣な顔をしていたり、寝ている最中も色々な方向に耳が動いていて、見ているだけで本当に面白いです。 猫達の姿を見ていて、「猫って何考えているんだろう。 猫の気持ちが分かったら楽しいだろうなぁ~」って皆さんは思った事ありませんか?猫の気持ちが知りたくて猫の気持ちについて調べてみると、驚いた事に 「猫の耳」で気持ちが分かるみたいです。 今回は耳から分かる猫の気持ちについて調べていきたいと思います。 音の出所が気になっている• 少し神経質で不安な気持ち• 一緒に何の音か探すと信頼関係が深まる 猫の耳がピンと立っていて、あちこちに動いている時があります。 この行動からわかる猫の気持ちは「音の出所はどこからなのか?」「自分にとって危険な音なのか?」と色々な情報を集めている時です。 猫はこの時「何だろう?」と思い、少し神経質で不安な気持ちでいっぱいになっているので、優しく声をかけて不安の原因が一体何なのかを一緒に探してあげて下さい。 不安の原因となる音を発しているものが何なのかを一緒に探してあげる事で信頼関係が生まれます。 不安の原因が洗濯機等の家庭音だったりしたら、「怖くないよ!」と教えて安心させてあげて下さい。 警戒している• 家の中なら興味深々になっている 猫の耳が前方に向けられていて、耳がピンと立っている時の気持ちは「警戒」をしているサインです。 耳をピンと立てて、音からより多くの情報を得ようとしています。 警戒心からくるこの行動ですが、家の中で生活をしている猫が両耳を前に向けてピンと立てている時の気持ちは「興味深々」な時です。 猫にとって好きな音が聞こえているのかもしれません。 大好きな飼い主さんや家族の足音や声が聞こえてきた時、猫のご飯を用意している時などに前方向に向けてピンと耳を立てている猫をよく見ます。 また、耳を前方向にピンと立てて黒目が大きく開いてキラキラしていたり、ひげがピクピクと忙しく動いている時の気持ちはかなり興奮している状態です。 耳を前方向に向けてピンと立てている時は猫の視線の先や尻尾の動きなども観察して、「何に警戒をしているのか?」「何に興味を示しているのか?」などを見極めて判断して下さい。 怒っている• 怖いと思っている• 大きな音に驚いた• 恐怖心で神経質になっている 猫が頭の後ろにピタッと付けるように耳を寝かせている時の気持ちは怒っていたり、怖いという恐怖心を抱いている時です。 猫同士の喧嘩を見ているとこの耳の形になっています。 敵が近くに迫ってきている時や、大きな音に驚いた時などもこの耳の形になっています。 猫にとって居心地の悪い時なので、優しく声をかけてあげるなどして出来る限り不安を取り除いてあげて下さい。 猫の耳がピタッとしている時、体に触れようとする行為はおすすめしません。 猫は恐怖心等で神経質になっている時なので、引っ掻かれたり咬まれたりしない様に気をつけて下さい。 また、猫同士での喧嘩でよく見かける寝かせた耳が下方向に向いている時は「降参」のサインだそうです。 優しくなだめてあげると猫も喜ぶかもしれません。 イラついている• 構わないでほしい• 他の事に興味がある時や眠い時などに人間に触れられたりすると、「今はやめてくれるかな... 」みたいな感じで耳を後ろ向きにします。 この状態になった場合は出来るだけそっとしてあげあしょう。 このように猫の耳が後ろ向きにピンと立てている状態の事を「イカロス耳」なんて面白い名前で呼んでいる書籍があります。 両耳が羽根の様に見える事、そして「イカロス」と「怒らす」を語呂合わせして「イカロス耳」と呼ばれているのかもしれません。 猫の耳の聴力は五感の中で最も優れている 猫の耳は五感のうちで最も優れています。 五感とは「視覚」「嗅覚」「触覚」「味覚」「触覚」の事を言います。 猫の視覚は凄い近眼ではありますが、夜など人間だと周りが見えなくなるほどの暗闇でも、人間の5倍は周りが見えてしまう程の優れた視覚を持っています。 人間より数万倍優れた嗅覚、暗闇の中で目が見えにくくても、ひげを使って空気の流れを感じ取り物体にぶつからずに歩ける優れた触覚、腐ったものを食べない様にする為の味覚、人間が聞こえない音でも聞こえてしまう聴覚。 聴覚は人間の3倍近い高音域まで聞こえているそうです。 驚いた事に猫の耳は耳の周りの筋肉が発達している為、180度位まで耳の向きを自由に変える事が出来るそうです。 猫が様々な方向に耳を動かせるのも耳の筋肉が発達している為なんですね。 猫って本当に凄いですよね。 そして猫の耳は音を聞くだけでなく、耳の動きで感情も表現しているのです。 猫の耳の動きでここまで多様な猫の気持ちを表現していたとは驚きですよね。 ねこちゃんの言葉を残念ながら私たちは理解できないですが、何を言っているのだろう、とか、何を考えているのだろうと不思議に思うことは多々あります。 しっぽの動きや太さでも、ねこちゃんの感情を確認することもできますが、お耳でも同じように感情を確認することができるのですね。 確かに、愛猫を観察してみると、お耳は本当にクルクル動きます。 ねこちゃんの体は柔らかいですが、お耳の周りも筋肉が発達して自由自在に動かすことができるんですね。 うちの子は寝ているように見えても、お耳を結構クルクル動かしています。 多分、何を話しているのかと聞いているように見えるので、家族とは、悪口言えないね、と笑っていたりします。 病院に連れていくときは、お耳をペタンとねかせていますし、怖いんだろうな、といつも思っていました。 言葉がわからないぶん、他の所でコミュニケーションの方法を知るのはとても重要ですね。 とても参考になりました。 猫の耳はいろいろな感情を表していておもしろいですよね。 薄目で伏せの姿勢をしているときは寝ているようにも見えますが、名前を呼べば耳をぴくっと動かしてくれます。 また、後ろから呼んだときは顔は動かさず耳だけを後ろの方へ向けてくれます。 「動くの面倒だな。 聞こえてるよ」と言っているように感じますね。 猫にはちょっかわいそうですが「嫌だな」というときにする耳を横や後ろに尖らせているときの顔がかわいいと感じます。 何か言いたいけど我慢しているという普段見せない表情なのでよりかわいく感じてしまいますね。 どんなに小さな音でも反応できるのは、人間にはない能力なのですごいと思いますが、急に不安気な表情で耳をピンと立てて周りを見始めるのは怖いです。 猫ちゃんの耳ってなんであんなに魅力的なんでしょうね。 我が家の猫ちゃん達は毎日私に触られまくっているので恐らく相当迷惑に思っていると思います 笑。 猫ちゃんの耳の動きを観察していると楽しいですよね。 私の猫ちゃんも寝てるときよくクルクル動かしてますし、少し大きな音がなるとやっぱりそっちの方向に耳を向けたりします。 よっぽどのことがない限り目を開けませんけどね。 何か集中しているときもよく動かしてます。 あと3匹中、1匹の耳があまり動かないのは何も考えていない証拠なのでしょうか?今回の記事を読み、言葉を喋れない猫ちゃんの気持ちを少しでも理解できるようになればいいなと思いました。 いつか猫ちゃんとコミュニケーションや意志疎通が簡単に取れるようになるツールが出来れば嬉しいですね。 うちの猫は耳が大きいので、ちょっと動くだけでも気になるんです。 キョロキョロと動かしてるのは警戒してる、というのは納得でした。 はじめは、興味深々なのかしらと思っていたんですが、ものすごくビビりな性格を考えると、なるほどなぁと思いました。 あまりにも動くので、気が休まらないだろうなぁと、ちょっと可笑しくなりました。 横にしている時は心地が良く感じてるというのは、読んでて嬉しくなりました。 撫でやすいようにしてくれてるのかな、と思ってましたが、そこに「心地いい」がプラスされてるのかと思うと、撫でた時の顔をみると幸せな気持ちになりますね。 尻尾はよく聞きますが、耳でも気持ちをたくさん発信していたんですね。 これからいっぱい観察しようと思います。 猫の耳の動きは普段何気なく見ているだけでは気付かなかった事も、耳の動き方でその時の気持ちが現れていて、少しでも猫の考えてることが分かるのですね。 鳴き声やしぐさや表情に合わせて耳の動きを見る事で、今猫が何を考えているのかな?と想像すると近づけた気がします。 五感の中で聴力が良いのは知っていましたが、180ドまで耳を自由に動かせるとは驚きました。 ぴょこぴょこ動いたり、ピンっと立ったり筋肉の発達は凄いですね。 猫の気持ちまとめなんかを参考にすると、猫を飼っていない人でもなんとなく猫の気持ちが分かるし、猫カフェなんかに初めて行かれるときは参考にすると良いなぁと思いました。 接し慣れていない方でも分かりやすいですよね。 猫の耳は、可愛いだけでなく猫の感情を読み取れるものだったんですね。 これを機に更に仲良くなれるといいなあと思いました。

次の

耳鼻科で耳掃除したら気持ちいいって言ったの誰だよ、出てこいよ、「何しに来たの?」みたいな顔されてやっつけ作業されたぞコンチクショウ。

耳 気持ちいい

1 耳かきの注意点 気持ちいい耳かきの方法をご紹介する前に、まずは耳かきの注意点を見ていきましょう。 1-1 耳かきの頻度は2週間~3週間に1回 毎日耳かきや綿棒で耳垢をとっている方もいると思いますが、頻繁に耳かきをするのはよくないと考えられています。 一般的な目安として、2週間~3週間に1回程度の頻度で行うのがよいと言われています。 耳垢は噛んだり、あごを動かしたりする動作によって少しずつ外に排出されるようになっているとされているため、耳そうじはあまり頻繁におこなう必要はないそうです。 耳かきをやりすぎると耳の中を傷つけてしまう可能性もあるので、やり過ぎないようにしましょう。 あがりに綿棒で水気を取りたいという方もいると思いますが、タオルで拭ける範囲で十分だそうです。 毎日使うことは避けましょう。 1-2 耳かきは長時間行わない! 1回の耳かきは、耳の中を傷めないようあまり長時間行わないようにしましょう。 一説には、目安として3分以内で耳かきを行うという意見もあるので、何十分も耳かきしがちだなという方は、参考にしてみてもよいでしょう。 耳には触れると気持ちよく感じる神経があるそうなので、ついずっとやってしまいたくなるかもしれません。 でも、いくら気持よくても、耳かきや綿棒で耳の中をこすっていることに変わりはありません。 そのため、やり過ぎは禁物なのです。 1-3 耳かきは耳の入口部分に行う 耳垢は一般的に耳の入口1センチくらいまでにしか溜まらないと考えられています。 そのため、耳かきは耳の入口から1センチくらいまでにしいた方がよいという意見があるそうです。 奥までやりすぎると、鼓膜に当たって傷つけてしまうかもしれません。 2 耳かき棒を使った気持ちいい耳かきのやり方 耳かきは2~3週間に1回、長時間できない…というのは耳かきが好きな人からすると、知りたくない事実だったかもしれません。 しかし、耳の健康を維持するためには大切なことです。 耳には200近い気持ちよいポイントがあるので、耳かきのへらを耳のくぼみに沿ってなぞらせたり、軽く押すだけでも、心地よく感じるそうです。 親指と人差指で耳かきを支えて、優しく耳の壁をなぞります。 耳かきでマッサージするように耳の中で円を描きながら、耳かきを小刻みに動かしたり、軽く押したりすると気持ち良いですよ。 使う前に、軽く引っ張って取れないか確認しましょう。 梵天は耳の穴に真横に入れるのではなく、上からななめ下に向かって耳に入れていきます。 そして耳かきをゆっくり優しく回していくと、梵天も回りとても気持ちよく感じます。 また、フワフワの梵天で耳をなぞるだけでもとても気持ち良いですよ。 3 綿棒を使った気持ちいい耳かきのやり方 次は綿棒を使った耳かきのやり方です。 耳の裏も押すと、たくさん気持ち良いポイントがあるので心地良いですよ。 また、汚れもとれるので一石二鳥です。 取れた汚れが耳の中に残らないように、綿棒を耳の壁に沿わせながら外に出します。 ローションを使うことで、皮膚の荒れを防ぎ、ひんやりした感覚を味わえるので、心地も良いです。 ローションをつけた綿棒は、先に耳の中から段々と外に向かうように使いましょう。 ローションのついた綿棒を使ったら、乾いた綿棒で拭き取るようにもう一度綿棒でなぞります。 耳の中の湿気が気になる方には、エタノールが配合された、水分が蒸発しやすいローションがおすすめです。 4 まとめ 気持ちいい耳かきのやり方と、耳かきに関する注意点、そして耳かきをしてくれるサロンをご紹介しました。 耳かきはとても気持ちいいのですが、やり過ぎると耳の中を傷つけてしまう可能性があると言われているため、頻度や長さを守っておこなってくださいね。 耳かきをしてくれるリラクゼーションサロンは、自分で耳かきをおこなうよりも段違いに気持ち良いと言われています。 興味がわいた方は一度、試してみてください。

次の