おかりん 顔。 【Little Nightmares】★ネタバレ★リトルナイトメアのキャラ&ストーリーを考察

遠坂凛 (とおさかりん)とは【ピクシブ百科事典】

おかりん 顔

世界ってのはつまり、自分を中心とした価値観でしょ? そんなものは生まれたときからわたしのものよ。 そんな世界を支配しろっていうんなら、わたしはとっくに世界を支配してるわ。 専用ルートは「」。 が密かに憧れる同級生。 穂群原学園2年A組所属のミス優等生。 その正体は、一帯の魔術師を支配する管理人(セカンドオーナー)である遠坂家の6代目当主。 最優のサーヴァントとされる「」を召喚すべく準備してきたが、召喚の触媒が用意できず自身の魔力を込めた宝石で儀式を行う。 が、ある理由から「魔力が最高潮となる時間よりも早く儀式を行ってしまう」というミスをやらかしてしまい、結果を召喚。 更に学校でとの戦いの際に、学校に残っていた士郎の存在に気が付かなかったために、彼が聖杯戦争に巻き込まれるきっかけを作ってしまう。 その後、偶発的にを召喚した士郎と遭遇。 ルートや媒体で途中経緯は異なるものの、最終的には同盟を組み、共にを戦う。 続編『』では、とある理由からロンドンに留学中のため序盤は不在。 彼女を帰国させる事がストーリーの大きなターニングポイントとなる。 『』を通して説明役を担う事が多いため、「Fateの案内人」とも言える。 人物 表向きは容姿端麗、文武両道、才色兼備の優等生。 が、言ってみれば、これは何重にも猫をかぶった状態(無論能力もそれだけある)。 彼女の性格を一言で示すならば、士郎が評した「 」が最適。 競争相手がいるならば周回遅れにし、刃向かう輩は反抗心をつぶすまで痛めつける。 「やるからには徹底的に」を信条としている。 魔術師として冷徹であろうとする反面、聖杯戦争冒頭で士郎を助けたり、その後もなあなあで士郎との同盟を最後まで続けたりと、完全に冷徹にはなりきれないお人好しな面も。 他人に厳しく、自分にはもっと厳しい。 目をかけた 期待している 人間にはガンガン追い立て厳しく指導しハッパをかけまくるが、いざという時はギリギリまで見捨てず1%でも希望があるなら決して諦めない面倒見の良さを発揮する。 逆にどうでもいい・救えないと判断すればスッパリと見限るドライさも併せ持つ。 曰く「出来ない事は最初からしない。 無駄だもの。 やれる事を全部やるだけよ」との事。 後述の宝石魔術が原因で中々のかつ拝金主義者。 他人への貸しに対しては人一倍ガメつい反面、自身の借りもなんだかんだで律儀に守る。 とある理由から、彼女にとって大事な人にほど大きな貸しを吹っ掛ける。 作中 唯一キャラだが、どんな場面だろうがポーズだろうが 鉄壁の防御力を誇る。 それは原作ゲームのみならず、コミカライズやアニメでも共通。 「パンチラする凛は遠坂凛ではない」とまで言わしめるが、『』のみは例外であり、作中、自白剤を撃たれてしまった士郎から「脚を出し過ぎだ。 あんな丈で完全なガードなど望むべくもなくしばしば奥のものが見えている」と至極現実的なツッコミが入っていたりする。 能力 地水火風空の5つの属性を極めて高いレベルで扱うことのできる、「五大元素使い(アベレージ・ワン)」と呼ばれる超一級の魔術師。 また魔術回路はメイン40にサブが それぞれ30という桁違いの魔術回路を持つ。 得意な魔術は初等呪術「ガンド撃ち」だが、物理的破壊力を持たないはずのガンドが、高い魔力密度から拳銃弾並みの破壊力を持ったものになっている(物理的破壊力を持ったガンドを「フィンの一撃」と呼ぶ。 凛のものはフィンのガトリングと呼ぶのが相応しいとか)。 本来専門としている魔術はの「鉱石魔術」。 宝石の中で魔力を流転させ、本来保存できないはずの魔力をストックしておき、宝石に宿った念に乗せてそのまま魔力を開放することにより魔弾として戦闘に転用する。 17年間休み無く織り上げた十の宝石が切り札だが、高価な宝石を使い捨てなければならないため、彼女の貯金は常にギリギリ。 虎の子の十個の宝石の威力は、一粒で家の一軒や二軒を跡形もなく吹き飛ばす威力を誇る。 しかし、どのルートでもサーヴァント相手に使用するため、活躍する機会が少ない。 大師父であるゼルレッチの「平行世界への運営」へ至ることを目標とし研鑽を続けている。 また、兄弟子であったよりの手ほどきを受けており、近接戦闘もある程度はこなすことが可能。 …とまあ、非常に優秀な実力を持つのだが、遠坂家の遺伝的特質として、詰めが甘く肝心なところで凡ミスを犯すという欠点を持ち、そこはやはり時臣の血を継いでいるといえる。 通称「うっかり」。 また、魔術師の例に漏れず重度の機械オンチ。 根が努力家なので頑張れば一通りの操作はマスターできるのだが、如何せん普段から触れていないので忌諱感は強い。 作中時代が携帯黎明期というのもあり は確実に使えない。 なお遠坂邸にテレビは無いのだが、FAXは『hollow』で使用していた。 イロモノシリーズ ヒロインの宿命か、イロモノキャラが異様に多い。 まあもパチモン乱立してるし、は初めからボスキャラなので気にしてはいけない。 遠坂凛のイロモノシリーズを代表するネタキャラ。 ゼルレッチが残した魔術礼装カレイドステッキによってまがいにさせられた姿。 諸葛凛 あかいぐんし。 士郎のイメージに時折現れる様。 うろ覚え孫子の兵法で士郎に助言、敵も味方も罠に陥れる。 人をからかって遊ぶことに全知を費やす凛のイメージが投影されたものと思われる。 巫女凛 『hollow ataraxia』内の遠坂神社のさん。 遠坂家の家計を支えるため、賽銭の回収や絵馬、御神籤の販売といった労働に勤しむ。 と同じような空間らしい。 ちなみに宮司はアーチャーが勤めている。 英霊トーサカ 『』に登場。 行くところまで行ってしまった凛。 イロモノシリーズ最終形態。 回らなくなった借金を返すために「世界」と契約した模様。 アーチャーは泣いていい。 これを見たシロウやリンは「見てられない」「知り合いに見られる前に消そう」と考えるほど。 他作品での遠坂凛 容姿や性格はそっくりで遠坂家の血も引いているが、全くの別人であり基本設定が大幅に異なる。 西欧財閥に対するレジスタンスとして中東を中心に活動する凄腕の霊子ハッカーであり、聖杯を西欧財閥に渡すのを防ぐためにムーンセルの聖杯戦争に参加。 サーヴァントは。 詳細は を参照。 メインシナリオ第1部7章「第七特異点 」にて彼女を依代にしたと思しき・及びが登場している。 奈須きのこ曰く「イシュタルは『颯爽と生きる、責任感のある女』としての凛部分で、エレシュキガルは『生真面目な秀才、恋にも真剣な少女』としての凛部分」との事である。 詳しくは各記事を参照。 他には以下の概念礼装のイラストで登場している。 コードキャスト実行シーン。 時計塔の魔術師で、元々冬木市に住んでいたが、中学卒業後イギリスへと留学していた。 しかし、とゼルレッチの弟子の座を巡って喧嘩して講堂を破壊してしまった事から、弟子入り試験も兼ねて「クラスカード」と呼ばれるカード回収の任務を言い渡され、冬木市に舞い戻る。 カレイドステッキ()の元マスターだが、魔法少女の力を使ってルヴィアと私闘に走ったためルビーから見限られている。 ルビーに強制的に契約を結ばされたに対し、脅迫めいた形でクラスカード回収の任務を強制する。 ルヴィアとルビーのせいで本編以上に荒っぽい振る舞いが多く、その一方で既に時計塔に席を置く一人前の魔術師であるのもあって目的優先な冷淡さも見せるが、年上らしくイリヤたちの動向を見守っている。 『ツヴァイ! 』では、ルヴィア共々「協調性を学んでこい」と言い渡されたことから、表向きは穂群原学園高等部に編入しているが、1期で宝石のストックが枯渇したため、高給に釣られてライバルであるルヴィアの家でとして働いている為、度々彼女の屋敷で寛いでいる。 ちなみに士郎とは中学の時に本編とは似て非なる出来事で接点があるが、当人がすっかり忘れていることに苛立ったり、積極的にアプローチを仕掛けるルヴィアといがみ合ったりしている。 『ドライ!! 』では、始めはルヴィア共々エインズワース家に捕まった上に魔術による 厳密に言えば少し違うが されてしまい、ハウスとしてこき使われる。 その命令で一時はイリヤ達と敵対するが、魔術を解かれ正気を取り戻した後は再び味方としてサポートに回る。 主人公のクラスメイト。 本編ヒロインとしては珍しく準レギュラー扱い。 基本的にはうっかりキャラ。 また、同じく準レギュラーキャラであるとは諸事情により仲があまり良くない。 言峰綺礼により余計に資産を売り払われた結果、大きな変化を引き起こしたり、小さいとはいえ事件をいくつか引き起こす事になる。 Zero以前で分岐したこの世界でも誕生しており、こちらの世界では八極拳で根源に到る道を選んだらしい。 ご先祖様が日本刀型アゾット剣を作ろうとした事といい、魔術へのアプローチが奇抜すぎるのではなかろうか。 八極拳を極めた結果、「圏境」も極めてしまったもいるので彼女の方法もある意味間違ってはいないのだろう。 あくまで裏設定程度で、本編には登場しない。 名前のみが語られており、かつて冬木の聖杯戦争に参加していた事を買われ、にフラッドの援護ができる人物として招集を提案したが、聖杯戦争の根幹に関わりすぎた人物である為、逆に自体を混乱させてしまうとしてに却下される。 人間関係・関連人物 stay night 召喚したサーヴァント。 口喧嘩は絶えないものの主従関係は良好で、完全に凸凹コンビ。 とあるルートでは彼にある人物の行く末を託される。 本来彼女が召喚しようとしたクラスのサーヴァント。 本来ならば敵同士なのだが彼女のマスターである士郎と同盟を結ぶ関係からHFルートを除き彼女と共闘関係になる。 UBWルート中盤では彼女と再契約する。 互いに関係は良好。 成り行きで聖杯戦争に巻きこまれた同じ学校の少年。 ルートによっては恋人になる。 凛自身は自分の不注意で彼を聖杯戦争に巻き込んだことに責任を感じている。 ルートによってタイミングや理由が異なるが、基本的に彼とは同盟関係。 恋人関係になるルート以外でも仲間として仲良くなっている。 没落寸前の間桐家の養子に出された妹。 とても仲の良い姉妹だったが、協約により彼女と深く関わることは禁止されていた。 このため、本編開始時にはお互いに他人の振りをしている 事情を知らない人間には「以前からのちょっとした知り合い」という関係として説明している。 凛自身は離ればなれとなった後も内心では妹としてずっと気にかけていた。 兄弟子。 時臣亡き後、凛の後見人となる。 凛自身は煩わしく反発している一方で、八極拳を習うなど頼りにしているところもあるが、エセ神父呼ばわりすることもあるなど基本的には信用していない。 凛本人は知る由もないが、父の仇でもある。 ルートによっては仇であることを知ることになる。 親友であり好敵手。 以前、彼女とある賭けをしている。 妹の義兄であり親友の部活仲間。 彼から歪んだ好意を寄せられているが、歯牙にもかけていない。 聖杯戦争での敵同士でもあるが、脅威には感じていない。 敵のサーヴァントだがルートによっては彼と心を通わせる。 ランサー自身は初見から凛を割と気に入っており『マスターにするならあんたみたいな女がいい』とまで評している。 ではパートナーに。 時計塔でのライバル。 基本的に同族嫌悪で顔を合わせれば決闘が始まるほど。 ロンドン編での後見人。 Zero 父。 凛の師匠でもあり目標。 ただし彼の非情さや狡猾な一面は知らず、「父」としての一面しか知らない。 の折に戦死(正確にはかの教唆に従い、師を裏切りと騙し討ちによるもの)。 一般的な親子関係でよく慕っていた。 第四次聖杯戦争の折に酸素欠乏症から重度の認知症にかかり、凛の幼い頃に死去している。 幼馴染みの母・葵に片思いしており、父・時臣を目の敵にしている間桐臓硯の次男。 海魔に襲われそうなところを助けられる。 凛や桜には人当たりが良い。 自分たちの任務を達成するため、半強制的に働かせる。 同じくステッキに選ばれた少女。 イリヤ同様なにかと気に掛ける。 イリヤから分離したもうひとつの小聖杯。 上層部のゲームバランスにより一時は敵対した封印指定執行者。 Grand Order 彼女を現界のための依代としたと思わしき女神。 イシュタル的には「に縁のある人物の中から最も性質の近い人物を選んだのだから似ていて当然」というが、依り代になってない世界のには「生まれ変わりか? 」と疑われるほどそっくりな性格をしており、肝心な時にドジるのも同じ様子である。 ただし完全に瓜二つなほどソックリな訳では無く違いもちゃんとあり、元のイシュタルは何かあると父神に泣きついてワガママを通す事が多々あった困ったちゃんでもあったが、早くに父を亡くした凛の性格に影響され、依り代に憑依して現界している状態ではこの父神への依存性がかなり薄れている。 同じく依り代にしたと思われる冥界の女神。 イシュタルの半身でもある姉神。 上記のイシュタルに比べ、孤独・孤高であり生真面目で責任感の強い部分が強調されている。 うっかり属性だけは共通で受け継いでいる。 外見デザインが『男体化した凛』という設定。 ただしあくまでも「似ているだけ」であり、直接的な血縁関係、関わりなどはない。 関連イラスト.

次の

【Little Nightmares】★ネタバレ★リトルナイトメアのキャラ&ストーリーを考察

おかりん 顔

プロフィール 基本データ 年齢 18歳 誕生日 1991年12月14日(いて座) 身長 177cm 体重 59kg 血液型 A型 趣味 未来ガジェットの開発、受信状態にないケータイによる極秘通話の自作自演 一人称 俺 ラボメンナンバー 001 口癖 「それがシュタインズゲートの選択か…!」「エル・プサイ・コングルゥ」「フゥーハハハハ!」 あだ名 オカリン、凶真、岡部 好きなもの 、の、、 嫌いなもの 機関からの刺客(妄想) CV 人物 ゲームにおける性格・ポジション 『』の。 普段はの1回生、しかしてその実体は ケータイから受信する運命石の扉()の導きに従い世界の支配構造を変革し混沌を巻き起こす秋葉原の大檜山ビル2Fにあるの創設者であり狂気のマッドサイエンティストその人であるフゥーハハハハハハハ!!!! …という設定。 つまるところ。 主な活動として世界を影で操る「機関」(架空)についてを飲みながら日夜オカルト板を監視しつつ秋葉原でジャンク品を買ってきては世界を混沌に陥れる未来ガジェット(FG)の発明に心血を注いでいる。 として、どんなに暑くてもをはためかせる事は忘れない。 ちなみに劇中では夏季休暇なので単位などの心配はない。 やなど頭脳派二大巨頭の前に埋もれがちだが、(無駄に)分析的な思考と革新的(すぎる)発想で新しいFGのアイディアを生み出している。 劇中では、紅莉栖に論破されたりはしているものの、紅莉栖の話す物理学に難なくついていけること、いざ冷静になれば機転を利かせたり、時には紅莉栖さえも思いつかないような発想さえしてのけるなど、上記の二人とはまた違った方向の才能を持つ。 未来ガジェット008である 電話レンジ(仮)を開発した矢先、視界にいたはずの大量の人々が一瞬で消失するという不可解な事件に遭遇する。 紆余曲折を経て世界線の変化を観測出来る「 リーディング・シュタイナー」という能力が備わっていることに気づき、電話レンジ(仮)を用いて未来を改変するために奔走するようになる。 基本的に特有の傲岸な態度・自己完結的な思考で相手に接するため、慣れない人からは反感を買うか呆れられる。 慣れている人からも発言が飛んでいるために要領を得ないことがしばしばである。 やや小心者の一面もあり、相手から思わぬ反論を食らったり叱られたりするとすぐに折れたり、不測の事態に対して素直に怯えたりすることも。 また理系文化系青年であるため、運動能力や体力は御世辞にも高いとは言えない。 厨二病が板についた残念な大学生であるが、根は仲間思いでお人好しの善人であり、たちがトラブルに巻き込まれた時はその身を呈してでも助けようとするという男気を見せる。 特に幼馴染のには保護者のように接している。 幼い頃は気の弱い子供であったが、そんな彼が何故ここまで徹底した厨二病になったのかは劇中で明かされる。 余談だが、説明書などに記載されている19歳という年齢では辻褄が合わなくなるため、本来なら下記の通り18歳である。 ……もしもし、俺だ。 ……なにぃ、厨二病で始めたからには厨二病で締めろ、だと?よもや貴様ッ、機関の圧力に屈したのではないだろうな?……っく、仕方が無い、それが運命石の選択であるなら従おう。 以上で交信を終わる、。 アニメ版における変更点 全体的に理論よりも人間ドラマを重視している傾向があり、ラボメンとの絆を強調するシーンがよく見られる。 第5話 ゲーム内ではほとんど触れていなかった雷ネットアクセスバトラーズを、紅莉栖と一緒に興じるシーンがある。 帰国子女でまったくの初心者の紅莉栖とプレイ経験のある岡部の対決だったが、あっさり敗北し、戦略の欠点まで指摘される始末。 第7話 世界線の変化によって違和感・孤独感を感じ、実験を中止するも、夕方に・・まゆりからメールや電話が届く。 彼ら3人は実は同じ場所にいて…様子がおかしかった岡部を彼らなりに励まそうとしたと思われる。 リーディング・シュタイナー 作品の重要な要素ともなっている岡部の特殊能力「 リーディング・シュタイナー」。 命名は厨二病全開時の岡部本人だが、 能力そのものは本物である。 このリーディング・シュタイナーには大きくわけて2つの能力がある。 世界線変動そのものを観測する能力• 世界線変動以前の記憶を保持し続ける能力 このうち、 前者の持ち主は 少なくとも作中では 岡部だけである。 後者については、割と誰にでも備わっている能力であり、や、といったかたちで処理されがちである。 無印『Steins;Gate』ではフェイリスや漆原るか、牧瀬紅莉栖が、それぞれこうしたかたちで別の世界線の記憶を一部保持している。 岡部は前者の能力を保有し、加えて後者の能力も強すぎるため、その代償として 変動後の世界線の変動した時点までの記憶を持つことができない つまり、他人から見ると記憶障害者に見えてしまう。 岡部倫太郎のユニットはガンナー。 ステータスはほぼ寄りになっている。 ヒーロースキル「シュタインズゲートの選択」は前方にある敵拠点の最大サイズを半分に縮小する効果。 乱戦中にCポータルを奪いやすくしたり、敵陣のBやDポータルに使用して裏取りしやすくする事ができる。 アビリティ「リーディングシュタイナー」は残り時間が少ないほど防御が上がる。 120秒 二分 以下で発動し、最大で3. 6倍まで上昇。 ヒーローアクション「通常攻撃性能強化」は使用してから8秒間、通常攻撃に多段攻撃が追加されるというもの。 元の攻撃力も攻撃速度もそこまで高くないので、これを使ってから攻撃するのが主な立ち回りとなる。 関連イラスト 『Steins;Gate 0』、及びその前日譚となる 再放送版アニメ『Steins;Gate』第23話Cパートでは、紅莉栖の死を受け入れる過程で厨二病を脱し、に参加したりテニスサークルに所属したりなど 絵に描いたようなリア充になっている もっともコミュ力は身内以外ではそこそこであるため合コンもうまくいったとは言えなかったようだが。 マッドサイエンティストとしての象徴である白衣も脱ぎ、黒系統の洒落た格好をしていることが多い。 その一方で、厨二病時代のようにふんぞり返ることが少なくなり、猫背でいることが多い。 紅莉栖の恩師でもあるや同じ研究室に所属していると出会い、やがて紅莉栖が所属していた ヴィクトル・コンドリア大学に研究生として留学したいという願望を持つようになり、それに向けて勉学に励んでいく。 …………その実態はから現実逃避した姿であり、とりわけタイムマシンに関する技術に対し忌避感を抱くようになっている。 ラボにも近づかなくなっており、正式な解散はしていないものの、ラボの家賃もダルが支払っている。 また岡部が行動しないことに苛立ちを覚えているとの仲もギクシャクしている。 最終的に鳳凰院凶真を取り戻すルートもあるが、一度厨二病を卒業したこともあり、無印やSG世界線でのその後の岡部と比べると明らかにぎこちない。 この点、宮野氏の演技力の高さもあり、ボイス込みだとそれがより強調されている。 一方、宮野氏の演技力はアニメ『ゼロ』21話における鳳凰院凶真完全復活と、同最終話での見え切りも一見の価値有り。 アニメ版での変更点 第21話:けじめとしてラボメンに自分を殴らせるが、ゲームの鈴羽に対してダルに変更されている。 どっちにしろ橋田家かよ。 関連記事 親記事.

次の

【Little Nightmares】★ネタバレ★リトルナイトメアのキャラ&ストーリーを考察

おかりん 顔

youtube. com しょうじさんは、フォートナイト、R6SをはじめとしたFPSに加えて、幅広く色々なゲームをやる実況者です。 動画では主に「ネタ」動画をよく投稿しており、多くの人がしょうじさんの動画を楽しみに待っています。 モットーは楽しくやることで、競技シーンを考えたりはしていません。 そんなしょうじさんの顔は、基本的には公開していないようです。 一応、少し前にファンの1人が撮影した思われる写真が残っています。 年齢に関しては不明です。 こちらも、本人が公開していないようです。 ただ、上述した顔写真と普段の動画の雰囲気を考えると、20代中盤~後半あたりかと思います。 ちなみに、誕生日は9月9日と判明しているそうです! スポンサーリンク しょうじ一味(しょうじの動画班)とは しょうじさんは、自分の配信視聴者などから面白い人をスカウトし、「しょうじ一味」、もしくは「しょうじの動画班」というグループを作っています! 動画班はしょうじさん本人以外に全員男性の6人が参加していて、以下の方々です。 ・アイコ(aiko) ・かど(cado) ・しんのすけ ・虎太郎 ・ザビエル ・じゅん 彼らはみんな、しょうじさんがまだニコニコで活動していた頃からのファンなんだそうです! 大好きな実況者さんと一緒に動画を作れるなんて、とっても楽しそうですね。 詳しくは以下の動画をご覧ください。 しょうじのボタン配置は? しょうじさんはPS4でレインボーシックスシージをプレイしていらっしゃるのですが、その際、ボタン配置をデフォルトから少し変更しているようです。 具体的には、「覗き込み」をL1に、「射撃」をR1に設定しているそうです。 かなり重要なところを配置変更していますね。 デフォルト配置でとっさにエイムできないという方は、参考にしてみるといいかもしれません。 しょうじはフリークやエイムリングを使っている? しょうじさんは、フリークやエイムリングといった補助アイテムは使っていないようです。 前述した通り、しょうじさんはキー配置にこだわる方ではないようなので、道具にもそれほどこだわらないのかもしれませんね! しょうじのフォートナイトでのスキンは? 入手法についても しょうじさんは、フォートナイトで常にひとつのスキンを使い続けています。 具体的には、「バーンアウト」というスキンを使い続けているようです。 入手法は、何度か行われる再販の機会で購入することになります。 ゲーム内通貨でも購入できますが、少々高いので、余裕がないのなら課金してもいいでしょう。 このスキンはしょうじさんの代名詞ともなっており、日本でこのスキンが多いのは、しょうじさんの影響もあるといわれているくらいです。 しょうじさんチームの真似をして、ゲームを遊んでみるのも面白いかもしれませんね! しょうじさんについてまとめました。 今は顔出し等行っていないようですが、いずれは顔出しをするときもあるかもしれませんね。 それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。 よいゲームライフを。

次の