岡部又右衛門 斎藤道三。 国盗り物語

信長の野望 天翔記 歴史イベント 攻略

岡部又右衛門 斎藤道三

信長が大工の岡部又右衛門を棟梁に任命し、自身も佐和山に滞在した。 ひどく怜悧な目をもっている。 庄九郎は 一瞥 いちべつしてその男が岡部又右衛門であることを知った。 服装も、まずしい。 … 司馬遼太郎『国盗り物語』 より引用• むりもなかった。 たれがいままで、この無名の若い工匠に「天下の岡部又右衛門」といってくれたか。 … 司馬遼太郎『国盗り物語』 より引用• なお、岡部又右衛門は、庄九郎の築城術を知っているということで、後年、信長の安土城をも建てた。 修辞ではなく、天下の岡部又右衛門になったわけである。 … 司馬遼太郎『国盗り物語』 より引用• このころになると、庄九郎は、すでに稲葉山山麓で工事中の新邸にすんでいた。 山上の 城普請 しろぶしんは工匠岡部又右衛門の努力で予定以上に進んでおり、この山麓の屋敷もほぼ完成し、いまは庭造りだけを残すのみになっている。 ついでだからいうが、庄九郎こと斎藤道三の作った稲葉山の居館は、いまはあとかたも残っていないが、この男のもっている芸術的能力をかたむけつくしたものといっていい。 … 司馬遼太郎『国盗り物語』 より引用• 渡れば、十軒ばかり宿坊がならんでいる。 そのはしに、知行取りの住いをおもわせる構えの屋敷があり、そこが岡部又右衛門の家だとわかった。 門があいている。 … 司馬遼太郎『国盗り物語』 より引用• それ以上は、耳次にはわからない。 とにかく、尾張の岡部又右衛門が来るものかどうか。 そう思い、庄九郎は単身、油売りに変装して尾張に出むいてみることにした。 … 司馬遼太郎『国盗り物語』 より引用• このように天守は、織田信長、豊臣秀吉の織豊政権下において発達した「織豊系城郭」に顕著に見られることから、織豊系城郭の特徴のひとつにあげられる。 また、この時代に活躍した天守造営の名手として中井大和守正清・岡部又右衛門などが挙げられる。 豊臣政権が衰退し始めると徳川家康の下、徳川氏の名古屋城を始めに諸大名が姫路城などの豊臣大坂城を超える大規模で装飾的な天守を造営していった。 岡部又右衛門である。 岡部又右衛門は、道三が発見し、道三がひきたてて城郭建築の巨匠に仕立てて行った棟梁で、以前この敷地にあった 道三館 やかたも、この人物の手で建てられたものであった。 … 司馬遼太郎『国盗り物語』 より引用• のち、庄九郎は伊奈波明神の神域を当時の井ノ口洞に移して壮麗な社殿を営んでいる。 工匠の岡部又右衛門はその後、美濃に居つき、庄九郎の建築はほとんどかれの手でおこなわれた。 たとえば、庄九郎は、又右衛門に美濃可児郡兼山の烏峰に、一城を建てさせた。 … 司馬遼太郎『国盗り物語』 より引用• 敷地は、道三の居館のあとである。 道三がその好みで設計し、名匠岡部又右衛門に建てさせた居館は、戦火で焼失していまはあとかたもない。 その道三居館の焼けあとはきれいに整地され、その上にすでにあたらしい建築の骨組みがつくられつつある。 … 司馬遼太郎『国盗り物語』 より引用• と庄九郎のいったことばは、あたったわけである。 なお、岡部又右衛門は、庄九郎の築城術を知っているということで、後年、信長の 安土 あずち城をも建てた。 修辞ではなく、天下の岡部又右衛門になったわけである。 … 司馬遼太郎『国盗り物語』 より引用• 尾張熱田 あつた大神宮の宮大工で、岡部又右衛門という人物である。 まだ若いが、神社仏閣などの規矩術にかけては天才的であるという。 … 司馬遼太郎『国盗り物語』 より引用• と、岡部又右衛門は身をのりだした。 いかにこの男が世間知らずでも、隣国の美濃の小守護様が、むかしは油売りだったという奇話は聞きおよんでいる。 … 司馬遼太郎『国盗り物語』 より引用• 映画公開に併せ、コーエーの歴史シミュレーションゲーム『信長の野望・天道』とタイアップし、岡部又右衛門の武将データが配信された。 映画の公開に合わせて、深谷陽作画による漫画版が『コミック乱ツインズ』に連載された。 光秀は何度もききかえして、一つの名前を聞き取った。 岡部又右衛門である。 岡部又右衛門は、道三が発見し、道三がひきたてて城郭建築の巨匠に仕立てて行った棟梁で、以前この敷地にあった道三館も、この人物の手で建てられたものであった。 … 司馬遼太郎『国盗り物語』 より引用• それまでの城にはない独創的な意匠で絢爛豪華な城であったと推測されている。 総奉行は丹羽長秀、普請奉行に木村高重、大工棟梁には岡部又右衛門、縄張奉行には羽柴秀吉、石奉行には西尾吉次、小沢六郎三郎、吉田平内、大西某、瓦奉行には小川祐忠、堀部佐内、青山助一があたった。 この城を築城した目的は、岐阜城よりも京に近く、琵琶湖の水運も利用できるため利便性があり、加えて北陸街道から京への要衝に位置していたことから、「越前・加賀の一向一揆に備えるため」あるいは「上杉謙信への警戒のため」などと推察されている。

次の

麒麟がくるのキャスト表

岡部又右衛門 斎藤道三

世は戦国の初頭。 「国主になりたいものだ」 と乞食はつぶやいた。 世は戦国の初頭。 松波庄九郎は妙覚寺で「智恵第一の法蓮房」と呼ばれたが、発心して還俗した。 京の油商奈良屋の莫大な身代を乗っ取り、精力的かつ緻密な踏査によって、美濃ノ国を国盗りの拠点と定めた! 戦国の革命児斎藤道三が、一介の牢人から美濃国守土岐頼芸の腹心として寵遇されるまでの若き日の策謀と活躍を、独自の史観と人間洞察によって描いた壮大な歴史物語の緒編。 素性知れずの無頼漢が、漢帝国をきずいた。 その高祖劉邦にくらべれば、庄九郎は、学は内外(仏典、漢学)をきわめ、兵書に通じ、 武芸は神妙に達し、舞、音楽をやらせれば、公卿もおよばない。 道三、つまりこのころの庄九郎、この男の一生は、創意工夫のあけくれだったといっていい。 歴史は、戦術転換を断行した軍人が必ず勝つことを示している。 この時代、茶道が社交の場として流行したのは、室町幕府がつくった小うるさい小笠原礼法の反動のようなものだ。 旧家というのは、迷信の因習が累積してそのアクのなかで人が育つ。 ろくな者ができるはずがない。 庄九郎は運命を創らねばならぬ側の男だ。 (中略) 謀反の連続で、その巧緻さは謀反を芸術化した男 革命は、美と善を目標としている。 すべての陰謀も暗殺も乗っ取りも、 革命という革命家自身がもつ美的世界へたどりつく手段にすぎない。 革命家にとって、目的は手段を浄化する。 「ならぬ」ということでも、やる。 幕末の勤王家は、同時に盗賊でもあった。 殺人犯でもあった。 本能寺の変は、道三の相弟子同士の戦いである。 「守護代織田」は室町末期に二つにわかれ、尾張清洲城にいる織田と同岩倉にいる織田とが勢力をきそいあった。 その「清洲織田氏」の家来の織田が、信長の父の信秀である。 今川氏豊というのは、尾張の国中に城をもっているものの、もとをただすと駿河遠江の守護職今川氏の支族 廷臣のなかで藤原氏が多い。 そのひとをよぶとまぎらわしいため、京都の屋敷の所在地の町名でよんだ(近衛、一条、三条等)、その子孫で地本に住んだ者はたとえば加賀なら加藤とよんだりした。 犬山城天守閣として残っている。 (中略) 岡部又右衛門は、庄九郎の築城術を知っているということで、後年、 信長の安土城をも建てた。 鷹ヶ峯といえば盗賊の巣で、京の治安上、数百年来問題の土地であることを家康は知っている。 本阿弥光悦ほどの名望家にここを与えて住まわせれば、かれの名を慕う連中が多く移住するようになり、土地もひらけ、盗賊もすまなくなるであろう 気運(しお)が来るまでのあいだ、気ながく待ち、あらゆる下準備をととのえてゆく者が智者である。 その気運がくるや、それをつかんでひと息に駈けあがる者を英雄という。 人間とは マキャヴェリ 恩を忘れやすく 移り気 偽善 臆病 貪欲 織田信秀は、尾張守護職斯波家からみれば家来のその家来という分際から身をおこして、尾張半国を切りとった。 精力漢の信秀は嫡子庶子ともに十二男七女という子福者で、この信長は次男であった。 あくの強い人間ほど子を可愛がるという。 つまり自己愛が強烈で、その自己愛の変形として子を溺愛するのであろう。 「草の種ならば、種によって菊にもなれば、雑草にもなれる。 が、人間はひとつの種だ。 望んで望めぬことはあるまい」 この当時、仏法は自分のみの利益のためにあると信じている者が多かった。 法然、親鸞の浄土門にありましては、人間の存在そのものが、悪である。 人間は、魚介鳥獣などの生きものの命を奪って食うしか肉体をたもつ方法がなく、女人を愛さねば子孫の繁殖ができず、殺生、女犯をせねば生きてゆけぬ。 日蓮宗の根本経典である法華経を信ぜぬ輩は、すべて悪人である。 日蓮の徒には悪人が多い。 たとえ悪行をしても法華経を念持すれば罪障が消滅する。 「日蓮宗は、他宗を誹謗し、一国の政道にまで口をいれるというが」 「他宗は、現世を穢土として否定し、死ぬことのみを欣求し、死んで極楽へゆく法のみを説く」 「日蓮宗は、このままの身、このままの時間、このままの世界にて、このままで聖になれる」 「死は坊主にまかせる、まかせて楽しく生を送る」 道三は、人間に運命があると思っていない。 シナ渡来の甘い運命哲学などは弱者の自己弁護と慰安のためにあるものと信じている。 大聖歓喜天は、男仏女仏双身にして仏体をなす。 女仏を組み敷き抱く。 「人間、思いあがらずに何ができましょうか」 二頭波頭の紋章は、斎藤道三の紋所。 波こそ、用兵の神髄である。 怒涛のごとく打ち寄せ、寄せては退く。 人生万事、波の運動をこそ学ぶべき。 煮ても焼いても食えない人間が、公卿に多い。 人間は群れて暮らしている。 群れても暮らしてゆけるように、道徳ができ、法律ができた。 人間ほど可憐な生きものはない。 道徳に支配され、法律に支配され、それでもなお支配され足らぬのか神仏まで作ってひれ伏しつつ暮らしている。 洞 ほら は、山麓がするどく湾入している地形。 革命家にとって、目的は手段を浄化する。 岡部又右衛門が建てた犬山城天守閣。 後年、安土城をも建てた。 松永弾正は、将軍義輝を殺したり、南蛮寺を焼いて宣教師を追放、さらに主筋の三好党と戦い、大仏殿を焼いた。 鷹ケ峯は盗賊の巣であることを家康を知っている。 本阿弥光悦にここを与えて、彼の名を慕う連中が多く移住し、一種の芸術村ができあがった。 信長は、人を機能としかみない。 何が出来るか、どれだけ出来るか。 そして、身を粉にして働くことを要求した。 能力があっても、謀反気の強い理屈屋を好まず、追放や殺されたりした。 「天下を動かす大器量の者は、婿の信長と甥の光秀しかいない」 光秀は道三に愛され、学問、武芸、戦術、遊芸までを伝授した。 若い間はめったやたらと行動しているうちに機会をつかめる。 浄土真宗の門徒が、加賀の地侍と連合して富樫氏を滅ぼした。 織田家の先祖は、越前織田荘の神官であった。 それがいつのほどか尾張へ流れていったという。 信長は美濃侵略のために小牧山に城を築き、城下町をつくった。 松永弾正の居城である信貴山城に天守閣がある。 天守閣を築いた最初の例である。 坂本龍馬は明智佐馬助の子孫であるという。 佐馬助は光秀没後、坂本城に籠城し、やぶれて自害した。 その娘が土佐へ落ちていったという。 坂本家の紋は桔梗紋を継いでいる。 光秀は信長から坂本を与えられた。 秀吉さえ北近江の耀山城の城将であった。 延暦寺は異常に湿気がつよく、結核になる者が多かったため、山での修行がおわると、坂本の里坊で住む習慣をもっていた。 愛宕権現の本堂に勝軍地蔵がまつられている。 この奥の院の峰に、天竺唐土日本の天狗があつまるという。 上杉謙信の印は、把手に獅子像をつけ、印文は「地帝妙」。 地蔵、帝釈、妙見、というインドの三神の文字を一字ずつとってその加護を願い、信じている。 南近江の六角 佐々木氏 は、あっけなくつぶされた。 初代の浅井亮政 すけまさ は、北近江の京極家の下級侍の家にうまれ、権謀術数をつくして主家を乗っ取ってしまった。 浅井領は階級が固定せず、能力さえあればたれでも武士になれた。 半井 なからい 家は天子の侍医で官位も高く、将軍や富豪の脈もみるから、富裕であった。 家康がその気になれば信玄に寝返ることもできた。 信長との同盟を守り、信玄と戦い、自滅を覚悟した。 宮中の洗礼によれば征夷大将軍は源氏の出の者にしか授けられない。 田舎豪族どもは何の守などと勝手に称している。 食禄とは餌にすぎない。 食禄を得んとして汲々たる者は鳥獣とかわらない。 もっともすぐれた者を、すりきれるまで使うというのは、信長の方式であった。 自分自身をもっとも酷使し、ついで秀吉、光秀を酷使した。 武田の騎馬集団は信長の考案した一斉射撃という世界史上最初の戦法に砕け去った。 荒木村重の幕下の高槻城主高山右近を、宣教師オルガンチノを派遣して懐柔した。 兎をとりつくせば猟犬は不要にあんる。 濃姫が織田家に茶道をもちこんだ。

次の

麒麟がくる

岡部又右衛門 斎藤道三

信長・帰蝶婚姻 (1)1548年 春 (2)織田信秀が大名であり、平手政秀が家臣にいる (3)斎藤道三が大名である 結果1 (承諾した場合)織田・斎藤の間に同盟・婚姻関係が結ばれる 結果2 (拒否した場合)友好度が下がる 正徳寺の会見 (1) 信長・帰蝶婚姻イベントを見ている (2)1553年 春 (3)織田信秀が大名である (4)斎藤道三が大名であり、斎藤義龍が家臣にいる 結果1 (承諾した場合)友好度が100になり、織田家家臣の忠誠度が上がる 結果2 (拒否した場合)友好度が下がる 親子の相克 (1) 正徳寺の会見イベントを見ている (2)1556年 春 (3)斎藤道三が大名であり、斎藤義龍が家臣にいる 結果・ 斎藤道三が死亡。 斎藤義龍が大名となり、織田家との同盟・婚姻が消滅される 憤怒の焼香(PK版) (1) 織田信秀が大名である (2)織田信長・織田信行・平手政秀・柴田勝家・林通勝が織田家臣である (3)織田信秀が死亡し、信長を後継に指名する 結果1 (政秀の寡言を聞く)信行・勝家・通勝の忠誠が下がり、政秀が宿老になる 結果2 (政秀の寡言を聞かない)信行・勝家・通勝の忠誠が下がり、政秀が死亡 懐中の草履 (1) 織田信長がユーザー大名である (2)羽柴秀吉が織田家 足軽頭 (3)季節が冬である (4)織田信長が師範役で、羽柴秀吉を実行武将とし、鷹狩を行う 結果・ 羽柴秀吉の忠誠度と勲功があがり、講義が必ず成功する 桶狭間の合戦(PK版) (1) 1560年 夏 (2)織田信長がCOM大名で、鳴海城が織田領。 家臣に柴田勝家・羽柴秀吉がいる (3)今川義元がCOM大名で、岡崎城が今川領。 家臣に今川氏真がいる (4)松平元康が今川家臣で軍団である (5)太原雪斎が今川家臣でない 結果・ 今川義元が死亡。 松平元康が独立し名を徳川家康に改名 織田家と徳川家に同盟が結ばれ友好度が100になる 岐阜城改名(PK版) (1) 織田信長が大名である (2)織田信長が尾張・美濃を統一している (3)織田信長が稲葉山城を居城としている 結果・ 稲葉山城が岐阜城と改名され、織田家臣の忠誠度が上がる お市の方無残 (1) 織田信長がユーザー大名である (2)浅井長政が大名であり、織田市がその妻である (3)本丸にいる長政を織田信長で殲滅する 結果・ 浅井長政が死亡する 安土城築城 (1) 織田信長が大名であり、岐阜城改名済みである (2)織田信長が岐阜城・観音寺城を所有し、5ヶ国以上を完全に統治している (3)織田第一軍団の金が10000以上である 結果・ 岡部又右衛門の進言を受け入れたのち1年後に完成。 城郭値が250になる 本能寺の変 (1)1582年 夏 (2) 織田信長が大名であり、織田信忠・森蘭丸が織田家臣で二条城に居城 (3)羽柴秀吉が軍団長で、姫路城に居城し、黒田勘兵衛が姫路城にいる (4)明智光秀が軍団長で丹波亀山城に居城し、斎藤利三が丹波亀山城にいる (5)柴田勝家が軍団長で北ノ庄城に居城 結果・ 織田信長・織田信忠・森蘭丸が死亡。 羽柴秀吉・柴田勝家・明智光秀が独立して大名となる 北畠信雄・神戸信孝が織田家の軍団長であった場合、それぞれ独立し大名になる 北畠信雄が織田信雄と改名し、羽柴家と同盟 神戸信孝が織田信孝と改名し、柴田家と同盟 征夷大将軍就任 (1)江戸城を所有し、江戸城を居城とする (2)130以上の城を所有 (3)他の大名が征夷大将軍に任命されていない 結果・ 征夷大将軍に任命される 家康往生(PK版) (1)徳川家康がユーザー大名である (2)徳川家康が征夷大将軍または、関白に任命されている (3)徳川家康が寿命で死亡 (4)徳川家家臣が1人以上いる 結果・ 徳川家康の死亡。 (家臣に藤堂高虎がいると違った展開となる) 三杯の茶(PK版) (1)羽柴秀吉が大名または、ユーザー大名の侍大将以上の身分である (2)石田三成が羽柴家家臣または、秀吉と同じユーザー大名の家臣である (3)石田三成が足軽頭である (4)羽柴秀吉を師範役で、石田三成を実行部将とし、鷹狩を行う 結果・ 石田三成の忠誠度と勲功が上がる。 講義が必ず成功する 大坂城築城(PK版) (1)羽柴秀吉が大名であり、石山城に居城 (2)羽柴第一軍団の所有金が10000以上である 結果・ 石山城が大阪城と改名して城郭値が250になる 征夷大将軍就任 (1)石山城(大坂城)を所有し、石山城(大坂城)を居城とする (2)130以上の城を所有 (3)他の大名が征夷大将軍に任命されていない 結果・ 征夷大将軍に任命され、羽柴秀吉から、豊臣秀吉に改名 関白就任(PK版) (1)羽柴秀吉が大名であり、関白に任命される 結果・ 羽柴秀吉から、豊臣秀吉に改名 武田三代の悲劇(第一幕)(PK版) (1)1541年 春 (2)武田信虎が大名であり、武田晴信・武田信繁・板垣信方がその家臣 (3)今川義元が大名である (4)今川と武田が同盟を結んでいる 結果・ 武田晴信が大名となり、武田信虎が今川家で浪人となる 武田家家臣の忠誠度が上がる 武田三代の悲劇(第二幕) (1)1565年 春 (2)武田三代の悲劇(第一幕)を見ている (3)武田信玄が大名で、武田義信・飯富虎昌・飯富昌景が武田家臣 (4)今川氏真が大名で、武田信虎が今川家臣でない (5)武田と今川が同盟かつ姻戚関係にある (6)武田が今川に対し、同盟を破棄する 結果・ 武田義信・飯富虎昌が死亡 飯富虎昌が山県昌景と改名する 川中島の合戦 (1)1561年 秋 (2)武田信玄・上杉謙信が共にCOM大名 (3)海津城(飯山城)が武田領 (4)春日山城が上杉領 (5)武田信繁・山本勘助が武田家臣 結果・ 武田信繁・山本勘助が死亡 名将は名将を知る (1)武田信玄が大名で、武田勝頼が家臣 (2)上杉謙信が大名で、家臣がいる (3)海津城(飯山城)が武田領 (4)武田信玄が死亡し、武田勝頼に家督を譲る 結果・ 武田家と上杉家の友好度が100になる 両刀使い (1)武田晴信が大名で、高坂昌信が家臣 (2)晴信が師範役で、昌信を実行武将とし、相撲を行う 結果・ 高坂昌信の忠誠度と勲功が上がる 若き国主の苦悩(PK版) (1)1555年 冬 (2)長尾景虎が大名である (3)長尾政景が長尾家家臣である 結果・ 長尾家家臣の忠誠度が上がる 関東管領就任 (1)長尾景虎が大名である (2)長尾家家臣に上杉憲政いる 結果・ 関東管領に任命される 長尾家家臣の忠誠度が上がる 梟雄の死 (1)松永久秀がCOM大名統制下にある (2)松永久秀が「古天明平蜘蛛」を所有 (3)松永久秀が守備側の本丸上にて殲滅させられ捕虜となる 結果・ 松永久秀が死亡。 古天名平蜘蛛が焼失する 道三の野望(バージョン1) (1)1542年 春 (2)土岐頼芸がCOM大名で、長井規秀が土岐家臣 結果・ 長井規秀が改名し斎藤道三になり、大名となる 道三の野望(バージョン2) (1)土岐頼芸がユーザー大名 (2)長井規秀が土岐家臣 (3)土岐頼芸を隠居させ、長井規秀に家督を譲る 結果・ 長井規秀が改名し斎藤道三になり、大名となる 大友晴英養子縁組み(PK版) (1)1544年 春 (2)大内義隆がCOM大名である (3)大友義鑑がCOM大名または大内家臣である (4)大友晴英が大友家臣である 結果・ 大友晴英が大内義長と改名する 蜜月の終焉(PK版) (1)1551年 春 (2)大内義隆が大名である (3)陶隆房・冷泉隆豊・相良武任が大内家家臣である 結果・ 大内家が滅亡。 大内義隆・冷泉隆豊・相良武任が死亡 陶隆房が陶晴賢に改名し大名となる 二階崩れの変 (PK版) (1)1550年 春 (2)大友義鑑が大名である (3)大友義鎮・入田親誠が大友家家臣 (4)大友義鑑・大友義鎮・入田親誠が同じ城に居城している 結果・ 大友義鎮が大名となり、大友義鑑・入田親誠が死亡 二階堂盛義養子縁組み(PK版) (1)1575年 春 (2)蘆名盛氏(盛興)がCOM大名である (3)二階堂盛義がCOM大名または蘆名家家臣である (4)二階堂盛隆が二階堂家臣または蘆名家家臣である 結果・ 二階堂盛隆が蘆名盛隆に改名 宇都宮朝勝養子縁組み(PK版) (1)1577年 春 (2)宇都宮広綱がCOM大名である (3)結城晴朝がCOM大名または宇都宮家家臣である (4)結城朝勝が結城または宇都宮家家臣である 結果・ 宇都宮朝勝が結城朝勝に改名 佐竹義広養子縁組(PK版) (1)1585年 春 (2)佐竹義重がCOM大名である (3)蘆名盛隆がCOM大名または佐竹家家臣である (4)佐竹義広が佐竹または蘆名家家臣 結果・ 佐竹義広が蘆名義広に改名 人取橋の別離(PK版) (1)1585年 春 (2)伊達正宗が大名であり、伊達輝宗が隠居している (3)二本松義継が大名であり、二本松城を居城としている (4)大内定綱が二本松家家臣である (5)蘆名家が大名家である 結果・ 伊達輝宗・二本松義継が死亡 大内定継が二本松義継の跡を継いで大名となる 伊達家と蘆名家・佐竹家・二本松家との友好度が0になる 蘆名家と佐竹家が同盟する 三矢の教え (1)毛利元就が大名である (2)毛利輝元・吉川元春・小早川隆景が毛利家家臣である (3)毛利元就が死亡し、輝元を後継に指名する 結果・ 毛利元就が死亡。 吉川元春・小早川隆景の忠誠度が上がる まことの黒田武士(PK版) (1)福島正則が大名または大名の家臣である (2)母里太兵衛が福島家臣または福島正則と同じ大名の家臣である (3)福島正則が「日本号」を所有 (4)季節は春である 結果・ 日本号が母里太兵衛の所有となる 巌流島の決戦(PK版) (1)佐々木小次郎がある大名の家臣である (2)佐々木小次郎の仕える大名が門司城または且山城を領有 (3)宮本武蔵が小次郎とは違う大名の家臣か浪人である (4)宮本武蔵・佐々木小次郎が軍団長でない 結果・ 佐々木小次郎が死亡 鉄砲伝来 (1)1543年 秋 結果・ 鉄砲と大砲の取引が可能になる 種子島城・雑賀城・堺・今浜城が鉄砲生産国になる キリスト教伝来 (1)1549年 秋 結果・ 南蛮貿易が可能になる 内城・府内城が鉄砲生産国になる 内城・三城・平戸城・府内城・立花山城・堺が海外貿易港となる 征夷大将軍就任 (1)130以上の城を所有 (2)大名が二条城を居城としている (3)他の大名が征夷大将軍に任命されていない 結果・ 征夷大将軍に任命される 管領 (1)将軍家が存続あるいはユーザー大名が将軍職にある (2)ユーザー大名が統治あるいはその軍団長が(3)の国を統治している (3)山城・北近江・南近江・摂津・和泉・河内・大和・紀伊・丹波・伊賀を完全に統治している 結果・ 管領に任命される 関東管領 (1)将軍家が存続あるいはユーザー大名が将軍職にある (2)ユーザー大名が統治あるいはその軍団長が(3)の国を統治している (3)相模・武蔵・上野・下野・安房・上総・下総・常陸を完全に統治している 結果・ 関東管領に任命される 奥州探題 (1)将軍家が存続あるいはユーザー大名が将軍職にある (2)ユーザー大名が統治あるいはその軍団長が(3)の国を統治している (3)陸前・陸中・陸奥・磐城・岩代を完全に統治している 結果・ 奥州探題に任命される 羽州探題 (1)将軍家が存続あるいはユーザー大名が将軍職にある (2)ユーザー大名が統治あるいはその軍団長が(3)の国を統治している (3)羽前・羽後を完全に統治している 結果・ 羽州探題に任命される 西国探題 (1)将軍家が存続あるいはユーザー大名が将軍職にある (2)ユーザー大名が統治あるいはその軍団長が(3)の国を統治している (3)播磨・石見・美作・備前・備中・伯耆・但馬・備後・出雲・長門・周防・安芸を完全に統治している 結果・ 西国探題に任命される 九州探題 (1)将軍家が存続あるいはユーザー大名が将軍職にある (2)ユーザー大名が統治あるいはその軍団長が(3)の国を統治している (3)対馬・筑前・筑後・豊前・豊後・肥前・肥後・日向・大隅・薩摩を完全に統治している 結果・ 九州探題に任命される sound:.

次の