ハムスター キュッキュッ。 ハムスターが噛む理由(巣箱・ケージ・ケーブルを噛む)

ハムスターの鳴き声とその意味・理由を紹介!【キュッキュッ/プクプク/チュッチュッ】

ハムスター キュッキュッ

ハムスターは小動物の中で人気の高いペットです。 普段ハムスターをペットとして可愛がっている方も、生態について知らない方も多いでしょう。 ここでは野生のハムスターの生息地や習性といった、生態についてご紹介します。 野生ハムスターの生息地や環境 ハムスターの生息地は種類によって違いがありますが、アジアからヨーロッパまで幅広い地域で生息しています。 ゴールデンハムスターは、中東のイスラエルやシリアなどに生息しています。 一方日本で人気が高いジャンガリアンハムスターは、シベリアに最も多く生息していると言われています。 ハムスターは主に乾燥地帯で生活しています。 乾燥地帯の中でも砂砂漠ではなく、石や岩が多く存在する岩石砂漠で生活をしています。 岩石砂漠は一日の気温差が激しく、草もあまり生えていないような厳しい環境です。 厳しい環境で生活していくために、地面に穴を掘って巣穴を作って生活しています。 ハムスターの巣穴は食べ物を貯蔵したり、トイレや睡眠スペースなど、部屋をしっかりと分けて生活しています。 野生ハムスターのエサについて ハムスターは基本的に雑食性です。 野性のハムスターは木の実や果物などを食べて生活しています。 ハムスターはエサを探して食べるだけでなく、頬袋にため込む習性があります。 ため込んだエサを巣穴に運んで貯蔵していきます。 特に寒くなってくると食べ物を盛んにため込むようになり、厳しい寒さに備えます。 乾燥地帯なので水分の摂取は難しいですが、エサに含まれる水分から摂取します。 またハムスターはウンチを食べる食糞の習性があります。 食糞は他の動物にも見られる行動ですが、ハムスターは栄養を再度吸収させたいという目的で行われます。 ハムスターは昆虫も食べますが、カラダが小さいため天敵も多く、大きな動物達から捕食される危険もあります。 そのため警戒心が非常に強く、わずかな音でも反応します。 野生ハムスターの活動、睡眠 ハムスターは夜行性の小動物です。 野性のハムスターは日中ほとんど巣穴で過ごしています。 ハムスターはカラダが小さいため、外にはたくさんの天敵が存在します。 そのため日中は敵から身を守るため、巣穴に身を隠して過ごしています。 眠ったりウトウトしている時間を何度も繰り返しています。 外が暗くなると巣穴から出てきて、活動的になります。 夜は積極的にエサを探しに走り回ります。 乾燥地帯の厳しい環境の中で、エサを探すのは容易ではありません。 夜は小さなカラダであっても、何キロも走ってエサを探します。 また異性を探し求めたり、パトロールも行います。 ハムスターが住む乾燥地帯は冬になると寒さが厳しくなります。 そのため冬になると野生のハムスターは疑似冬眠をします。 疑似冬眠は完全に眠ってしまうのではなく、眠りが浅くて時折目を覚ましたりもします。 体温や呼吸数などを低下させて、寒さに対してエネルギーを最小限にするために行われます。 野生ハムスターの繁殖 ハムスターは繁殖力の非常に強い小動物です。 一般的に産まれて1か月半くらいから、繁殖が可能になります。 野性のハムスターは繁殖可能な年齢になると、自分のカラダにニオイをつけて異性を探すようになります。 ペットであれば気温や環境を整えれば通年繁殖は可能ですが、野生のハムスターの場合、一般的に春から秋にかけて繁殖が行われます。 ハムスターの種類によって、繁殖が行われる季節に違いがあります。 一般的に4月から9月くらいの間に行われることが多いですが、チャイニーズハムスターの場合、2月から10月の間になります。 妊娠期間も種類によって違いがありますが、だいたい2週間から3週間前後という非常に短い期間です。 メスはオスと交尾の後、一度に10匹くらい子供を産みます。 また野性のハムスターは巣穴で子育てをします。 野生ハムスターの縄張り意識 ハムスターは種類によって、生活や行動にも違いが見られます。 ハムスターの中でゴールデンハムスターは、基本的に単独で行動します。 でも種類によっては複数で生活しているハムスターもいます。 ゴールデンハムスターは特に縄張り意識が強いハムスターです。 時にはハムスター同士でケンカをすることもあります。 ケンカをすると命を落とす危険があるほど、凄まじいものです。 野性のハムスターの縄張りは基本的に巣穴になります。 特に自分の縄張りを侵されると、激しいケンカをしてしまいます。 ハムスターの目は良くない方ですが、音やニオイには非常に敏感です。 特に自分のカラダにニオイをつけたり、周囲にニオイをつけることで縄張りを守っています。 野生のハムスターの生態を事前に理解しておこう 野性のハムスターの生態は種類によって違いはありますが、独特の習性が見られます。 夜行性のため夜は活動的になって、日中は巣穴で身を隠してゆっくり休んでいます。 野性のハムスターの生態を知ることで、より良い環境での飼育につながっていきます。 そのため事前にハムスターの生態を、しっかりと理解しておくことが大切です。

次の

ハムスターの生態や飼い方、病気などを元飼育員が解説

ハムスター キュッキュッ

もくじ• ハムスターが鳴くのには理由がある ハムスターが鳴くのには理由があるんです。 元々あまり鳴かない動物なので、理由があるのは当たり前ですよね。 ハムスターがどんな時に鳴くのか、主なシチュエーションを3つ紹介します。 寝言 寝言で鳴いている場合があります(笑) 私の飼っているジャンガリアンはよく寝言で鳴いています。 たまに寝言の合唱を聞けることも(笑) この鳴き方は心配する必要はありません。 何か嫌なことをされた時 何か嫌なことをされて鳴いている場合もあります。 後で紹介しますが、この鳴き方には特徴があるので、わかりやすいと思います。 何があったの!?となるくらいの声なので、すぐにわかるかと思います。 私がジャンガリアンを同じケージで飼っていた時、よくこの声を聴き、すぐにケージを別にしました。 鳴き声の種類でわかるハムスターの気持ち ここでは、ハムスターの鳴き声の種類を紹介します。 キュッキュッ 飼い主に餌や水をおねだりしているときが多いです。 何かびっくりさせてしまった時もキュッと鳴きます。 嬉しい時にもこの声を出します。 見分け方としては、 驚かせてしまった時はびっくりした時、餌を食べたり砂場で遊んだりしている時というのが分かりやすいです。 プップッ 興奮している時や寝言で言っている時が多いです。 うちの子は寝言で言っていることが多いですね(笑) 普段何気なく鳴らすかと思えば、運動が終わった後にこの声を出す子もいます。 悪い鳴き方ではないので、寝ている時間帯なら「寝言言ってるのかな?」くらいの気持ちでいいと思います。 実際、私はそんな感じですが、ジャンガリアンは2年目も過ぎようとしています(笑) 常にプップッと泣く場合には、鼻水が有る状態の為、注意が必要です。 ジージー(またはギーギー) これはかなり怒っている時や、身の危険を感じている時の声です。 触れ合っている時にこの声を出したらかなり嫌がっていると思われるので、すぐにやめてあげましょう。 また、怒っている原因をはっきりさせましょう。 鳴き続ける時の対処法 ハムスターが鳴き続けて困っている人のために、対処法を紹介します。 これで大抵の子は鳴き止んでくれると思います。 ジージー(またはギーギー)と鳴く時の対処法 ジージー(またはギーギー)と鳴くときは何か嫌なことをされているか、かなり怒っている証拠です。 ということは、 その根源を断てば鳴かなくなるということですよね! 触れ合っている時はケージに戻してあげて、餌や水が十分かをしっかり確認しましょう。 また、水は毎日変えてあげましょう。 怒らせないようにすれば、この声は対処できます。 キュッキュッと鳴く時の対処法 キュッキュッと鳴く時の対処法を考えてみましょう。 まず、この鳴き方をする時は「おねだりをしている時、びっくりした時、嬉しい時」の3パターンでしたよね。 嬉しい時は鳴き止ませる必要はないので、ここでは除外します。 まず、おねだりをしている時については、簡単ですよね。 おねだりされているものをあげればいいわけです。 ただ、おやつをおねだりしてる場合は量をしっかり考えて与えましょう。 次に、びっくりした時の対処法です。 ハムスターは上から何かされたり、正面から息を吹きかけるとびっくりしてしまいます。 ですから、このようなことはできるだけ避けましょう。 また、 ハムスターに直接エアコンの風を当てるのもよくありません。 私の場合は、レンガを置いてからその上に緩衝材をのせることで対処しています。 まとめ いかがでしたか? ハムスターは鳴かないイメージですが、こうやって鳴くことで何かをアピールしていることもあるんです。 キュッキュッと鳴く時はおねだりやびっくりした時、嬉しい時。 プップッと鳴く時は寝言や興奮している時。 ジージー(またはギーギー)と鳴く時は怒っている時や身の危険を感じている時です。

次の

ハムスターの鳴き声がキュッと聞こえる場合の気持ちを徹底解説

ハムスター キュッキュッ

が主な理由です。 前者の場合はチクッとする程度の甘噛みをします。 お腹がすいている、もしくは食べたいもの(必要な栄養)が与えられていないときなので、餌の量・質ともに見直しましょう。 画像引用元: 後者の場合は人に対する恐怖心と防衛本能からくる行動のため、手に歯型が残ったり、血が出たりするほど噛みます。 噛まれてしまったら、ジャンガリアンハムスターを振り払ったり、叱ったりするのではなく、彼らが自ら離れることを待ちます。 なかなか離してくれないときはそっとお腹をつついてあげてください。 お腹を触れられることを彼らは嫌いますので、つつくことで噛んではいけないことを理解させてあげるのです。 また、巣箱やケージなど餌以外のものを噛んでいるのは、ストレスを発散させるための行動です。 この行動を見かけたら、何をストレスに感じているのか観察して、対策をしてあげましょう。 (ケージが狭い、トイレが汚いなど) ジャンガリアンハムスターが背を向ける理由 人に慣れていないジャンガリアンハムスターはよく背を向けます。 餌を食べる時に背を向けるのは、人に餌を盗られると思っているので、飼い主とジャンガリアンハムスターとの信頼関係が薄いといえます。 画像引用元: 毎日適切な量の餌を与え、適度な距離感を保って、安心させてあげると背を向けなくなります。 また、手に乗せているとすぐに背を向けることがありますが、これは、捕食されてしまう恐怖心から、目を合わせられないのです。 この場合、飼い主に慣れてから手乗りをさせないと人を拒絶するようになってしまいます。 ジャンガリアンハムスターが鳴く理由とは ジャンガリアンハムスターは、鳴かない動物と言っていいほど普段は鳴きませんが、突然「キュッキュッ」や「キーキー」と小さく鳴くことがあります。 ある日突然鳴くようになって、治らない場合は呼吸器の異常の可能性が高いです。 それ以外で鳴いているときは、かなり強いストレスがかかっているときです。 飼い主に「なんとかしてくれ!」と訴えているので、早急に原因を見つけて改善してあげましょう。 画像引用元: ジャンガリアンハムスターが毛づくろいをする原因 ジャンガリアンハムスターはきれい好きな生き物なので、毛づくろいを頻繁に行っています。 基本的には巣箱の中で行うものですが、人前で顔を洗うような毛づくろいをすることがあります。 巣箱の中と同様にリラックスしている場合もありますが、飼い主の前でこの行動を頻繁にするのはストレスを感じているからです。 画像引用元: 毛づくろいは身なりを清潔にするためでもありますが、自分の匂いを体につけることで安心したり、縄張りを確認したりするものでもあります。 それを頻繁に飼い主の前でしているということは、飼い主に安心できていないということなので、よく見かけてしまうようであれば、少し距離を置いてあげると良いです。 ジャンガリアンハムスターが仰向けに寝る理由 ジャンガリアンハムスターは捕食される側の生き物なので、いつでも逃げられるようにうずくまって眠ることが多いです。 しかし、たまにお腹を出して(仰向けで)眠っていることがあります。 気温が高い日にこの姿を見かけたら、暑くて困っているので温度を下げると良いです。 画像引用元: 温度管理ができている中でこの姿を見かけたら、ジャンガリアンハムスターが安心しきっている証拠なので、とても良い状態といえます。 しかしいつも仰向けで眠っているのであれば、お腹に病気や怪我があって、痛みでうつ伏せになれない可能性がありますので、こまめに観察をしましょう。 必要であれば健康チェックをしたり、病院へ連れて行ってあげてください。

次の