ゼルダ ワイルド。 速報:任天堂、ゼルダの伝説ブレス オブ ザ ワイルド続編を開発発表 #E32019

【続編】「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド(BotW)」の新作の発売日や値段は?やはりSwitchがプラットフォーム?

ゼルダ ワイルド

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド• メーカー: 任天堂• 対応機種: Switch• ジャンル: アクションADV• 発売日: 2017年3月3日• メーカー: 任天堂• 対応機種: Switch• ジャンル: アクションADV• 配信日: 2017年3月3日• メーカー: 任天堂• 対応機種: Switch• ジャンル: アクションADV• 発売日: 2017年3月3日•

次の

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド

ゼルダ ワイルド

任天堂は2019年6月12日1時より公開されたにて、 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の続編を現在開発中であると発表した。 (画像はより) (画像はより) 現時点で詳細は明らかにされていないが、公開された第一弾の映像では前作のビジュアルを継承していることが確認可能だ。 映像中では像のような生物に乗って移動するゼルダとリンクの姿、そして不気味な音楽とともに邪悪な力を示す怪異の存在も。 映像の最後では、ふたたび広大な大地が舞台となることが示唆されている。 (画像はより) (画像はより) 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は2017年3月にNintendo Switch向けに配信された作品。 「ゼルダの当たり前を見直す」をコンセプトに、オープンワールドの採用や多彩な移動アクションや環境パズルが用意された。 国内外で高い評価を受け、同年のゲーム・オブ・ザ・イヤーを総なめにした作品である。 なお開発を担当するモノリスソフトは3月に『ゼルダの伝説』シリーズ作品の開発スタッフを していたが、そのスタッフたちが今作を担当しているのかもしれない。 発売時期や舞台設定など未定な部分は多いが、続編という驚きの形で帰ってきた『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の今後の続報に期待したい。 文/ishigenn.

次の

試練の祠マップ・ほこらチャレンジ攻略:全120+DLC16ヶ所

ゼルダ ワイルド

『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』 この書籍の中で、初めてハイラル(『ゼルダの伝説』シリーズの舞台となる世界)の歴史、系譜が明確に明かされる。 しかも、その内容が衝撃的だった。 この分岐だけでなく、勇者が勝利した大人時代の未来で、ハイラルが海に沈んでしまっていたり(『風のタクト』の時代)と、その展開もなかなか衝撃で、かくいう筆者も目を丸くしながら読んだことを覚えている。 結果的に、系譜が明らかになったことで議論がなくなった……ということはなく、むしろファンの時系列の話題はさらに熱を帯びることに。 その後も『ゼルダの伝説』シリーズの新作が発売されるたびに、ファンは「この作品は時系列のどこに入るものなんだ?」と議論を重ねていたのだった。 そして、2017年3月3日に発売された『』。 青沼 それはもちろん最後ですよ。 でもまあ、わかります、どのラインに続く最後なのか、という話ですよね?(笑)。 藤林 それは……ご想像にお任せ、じゃないですか? 青沼 ハイラルの歴史というのは、時間とともに変化するんです。 つぎの作品を作っていて、何かをやろうとしたときに、「ああ、こっちのほうが都合がいいな」と思ったらガチっとハマったりですとか、逆にヤバいと思ってハメ直したりですとか。 じつはいままでにも、一度決まった歴史が、微妙に変わったことは何度かありますから(笑)。 厳密に言うと、変わったわけではなくて、新しい資料や新事実が見つかったということなんです。 青沼 歴史の教科書も、細かい部分がどんどん変わっていますよね。 だから今回、新たな古文書を見つけたような状況なんですよ(笑)。 藤林 ですので、今後の研究にも目が離せませんよ! ご期待ください(笑)。

次の