第 3 次 スーパー ロボット 大戦 z 時 獄 篇 攻略。 『第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇』をレビュー! ついに始まった時空をめぐる戦いはどこに行き着くのか!?

誕生日 第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 攻略の缶詰

第 3 次 スーパー ロボット 大戦 z 時 獄 篇 攻略

無敵ロボ トライダーG7• 太陽の使者 鉄人28号• 六神合体ゴッドマーズ• 装甲騎兵ボトムズ• 超時空世紀オーガス• 機動戦士Zガンダム• 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア• 機動戦士ガンダムSEED Destiny• マクロス7• マクロス ダイナマイト7• 劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~• 劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~• 真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日• 真マジンガー 衝撃!Z編• 地球防衛企業ダイ・ガード• THEビッグオー• 獣装機攻 ダンクーガ ノヴァ• 天元突破グレンラガン• 劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇• コードギアス 反逆のルルーシュR2•

次の

運用指南

第 3 次 スーパー ロボット 大戦 z 時 獄 篇 攻略

前のシナリオ 次のシナリオ マップ マップ上のイベント 1 2PP、敵増援、味方増援。 解説 このマップの最大の難関はSRポイント獲得条件となっているエクルビスの撃墜だ。 HPを10000以下にした時点で撤退してしまうので、一度に10000以上のダメージを与える必要がある。 武器の改造段階の高いユニットでチーム編成し、さらに援護攻撃するユニットを選定しておこう。 4ターンの制限がある上にキリコと共に出撃したユニット以外は3PPからの出撃となるため、誰に攻撃させるにしても高い気力を必要とする武器は使いにくい。 おすすめはキリコとシャッコのマキシマムブレイクと、ヒビキの援護攻撃だ。 キリコもシャッコも攻撃能力が高い上に、乗機の最強武器の気力制限が緩い。 そしてヒビキはスキル「サポートアタック」により援護が確実にクリティカル攻撃となるため有利だ。 敵増援は前回同様、強敵はいない。 ニーバとカン・ユーを撃退してからゆっくりと撃墜数を稼ぐといいだろう。 余談 キリコとタッグを組ませたパイロットがストーリー上でキリコが指名した相手ということになる。 選んだパイロットによってマップ上の会話に少しだけ変化があるので、色々な組み合わせを試してみるのも面白い。 ちなみに前回、キリコに苦言を呈されていたヒビキを敢えて組ませても異能者は全く動じることがないぞ。 エクルビスのHPを10000以下にする。 (3PP 敵・味方増援後) 1. 敵の全滅。 敗北条件 1. キリコの撃墜。 (3PP 敵・味方増援後) 1. 味方戦艦の撃墜。 キリコの撃墜。 SRポイント獲得条件 4ターン以内にファッティー(カン・ユー)を撃墜し、その後、エクルビスを撃墜する。 ただし、エクルビスはHPが10000以下になると撤退する。

次の

第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 @ wiki

第 3 次 スーパー ロボット 大戦 z 時 獄 篇 攻略

パイロット共通• ステータス強化はPP効率があまり良くないので、余裕がでるまではスキル取得や地形適応上昇を優先するのがセオリー。 技量は「再攻撃」やブロッキングなどの発動に関わるので、これらを使うキャラは技量強化を優先させるのも悪くない。 「闘争心」は攻撃に参加するほぼ全てのパイロットに有効。 特に気力制限付きの武器を早く使わせたいパイロットには最優先で取らせたい。 ゲーム後半には「気力限界突破」も全ての攻撃役に取らせたい。 バサラの歌などのサポートがあれば150は容易に突破する。 「ヒット&アウェイ」は主力武器にP属性を持たないほぼ全てのパイロットに有効。 プレイスタイルにもよるが、ユニットの使い勝手がかなり変わる。 「再攻撃」はALL武器が使えないため前作までに比べやや弱体化。 ボスへの使用感はあまり変わらないが、雑魚にはやや使いにくい。 逆に雑魚に強い新スキル「マルチターゲット」とよく比べた上で取得したい。 中ボスクラス以上の相手にはABや養成による技量底上げは必須。 誰相手にも発動させるためには技量325必要。 「援護攻撃」は安定して部隊全体の火力を伸ばせる。 「再攻撃」同様ALL武器は使えないが、確実に発動するのは強み。 撃墜数を稼ぐのが楽になるので、ABを早めに取得したい場合も習得させるといい。 「援護攻撃」の残り回数によりアシスト攻撃の威力が変わるので、サブ運用に絞ったユニットはL4にするのも手。 「ダッシュ」はあらゆるユニットにとって有用。 PPが余ったらこれを付けておけばまちがいない。 「サイズ差補正無視」は意外とバカにならない。 小型機搭乗者はサイズL相当まで上げておきたい。 それ以上ももちろん有効だが、PP消費量と相談しよう。 主力武器に「サイズ差補正無視」が付いていればそこまで気にしなくて良い。 小型を狙う時に発生する命中補正は「直撃」や「サイズ差補正無視」では無くならない。 地形適応による命中・回避補正も大きいため、ユニットの適応が上がるならば養成しておきたい。 ユニットの適応はパイロットと機体の平均値から小数点切り捨てになるので注意。 機体・パイロット共にAの場合、パイロットだけSにしてもユニット全体ではAのままである。 機体共通• 資金が少ない間はお気に入りの機体を決め、ルート上で同行することが多い機体を優先的に改造すると良い。 強制出撃のあるユニット・の条件に関わるユニットなどは、メインで使わない場合でも多少の改造はしておこう。 戦艦は狙われやすく雑魚の集中攻撃を受けると1ターンで沈むこともあるので、装甲とHPを少し改造しておくと安定感が増す。 地形適応B以下だと目に見えて性能が落ちる。 EN節約で飛行ユニットを降ろすなら「Aアダプター」か「ランドモジュール」を出来る限りつけてあげよう。 今作ではCBの取得条件が緩和されたので、有用なCBを持つ機体は積極的に取りにいきたい。 メイン武器の使用回数を増やす改造・育成はリアル・スーパー問わず有用なので行うべき。 EN制武器がメインの場合はENを5段階程度まで改造して「Eセーブ」習得を目指す。 弾数制武器がメインの場合は「Bセーブ」取得を目指す。 CBで弾数が増えるなら優先して取得。 本作では「底力」の補正が馬鹿にならないので、リアル系・スーパー系問わず「底力」持ちのユニットは発動条件を緩和するためHPを改造しておきたい。 リアル系なら運動性を優先。 序盤は改造段階が低くても、集中やパーツで補えば避けられる様になる。 後半は敵の命中率が上がってくるため、資金の余裕を見て装甲やHPにも改造を施していく。 リアル系のバリアを有効活用するなら「ハーフカット」を。 スーパー系なら、HPと装甲を平行して改造していく。 鉄壁やガードなどダメージ軽減能力が優秀なユニットは、HPより装甲を優先した改造の方が効率的。 照準も5段階ぐらい改造しておけば雑魚敵相手に「集中」「必中」を使用せずにすむので便利。 攻撃力の強化は、後半に進むにつれ硬い雑魚が増えてくるので重要度が増してくる。 連続マルチアクション 無双プレイ• 「マルチアクション」使用後【1戦闘で敵を4機以上撃墜 最低1チーム壊滅 する】か【強化パーツ「テンションレイザー」を装備して1戦闘で敵を1チーム 2機 撃墜する】かのどちらかを満たすことでさらに「マルチアクション」を使える。 これを繰り返すことで1ターンに1チームで連続して敵を倒すプレイ 俗に言う無双プレイ が可能。 このプレイングと「プラーナコンバーター」や「ランカのディスク」、各種エンブレムを合わせることでPP・資金・Zチップなどを効率よく稼げる。 前者の条件はMAP兵器持ち限定。 ウィングガンダムゼロやストライクフリーガンダムなどの優秀なMAP兵器持ちは1周目でも自然と条件を満たしやすい。 移動後使用不可のMAP兵器の場合「ヒット&アウェイ」は必須。 「テンションレイザー」入手後は後者の条件でほぼ全ての機体でこのプレイが可能に。 1周目でやりすぎるとバランスブレイカーになりうる。 気にするプレイヤーは注意。

次の