中国 コロナ 責任 とれ - コロナだけじゃない、中国で次々に発生する感染症に世界は耐えられるか

コロナ 責任 とれ 中国 中国、15年からコロナの軍事的研究を開始か…「生物兵器攻撃で敵の医療体系を崩壊」

中国に全世界が激怒。新型コロナ情報隠蔽に5500兆円の賠償要求

コロナ 責任 とれ 中国 「新型コロナの真相調査を!」叫ぶオーストラリアに中国がちらつかせる“制裁”(西岡省二)

コロナ 責任 とれ 中国 コロナだけじゃない、中国で次々に発生する感染症に世界は耐えられるか

武漢から蔓延した新型コロナ、変異種の猛威! 中国の責任はどうなるのか! (2021年4月21日)

コロナ 責任 とれ 中国 なぜ中国政府は新型コロナを世界中に広めた責任を認めないのか 全人代の「新規感染ゼロ」というウソ

武漢から蔓延した新型コロナ、変異種の猛威! 中国の責任はどうなるのか! (2021年4月21日)

コロナ 責任 とれ 中国 なぜ中国政府は新型コロナを世界中に広めた責任を認めないのか 全人代の「新規感染ゼロ」というウソ

コロナ 責任 とれ 中国 なぜ中国政府は新型コロナを世界中に広めた責任を認めないのか 全人代の「新規感染ゼロ」というウソ

コロナ 責任 とれ 中国 コロナ拡大、止められなかった世界 中国に責任はあるか:朝日新聞デジタル

中国、コロナ大恐慌で世界から排除…追い詰められた習近平が他国に戦争を仕掛ける可能性も

コロナ 責任 とれ 中国 中国に全世界が激怒。新型コロナ情報隠蔽に5500兆円の賠償要求

中国に全世界が激怒。新型コロナ情報隠蔽に5500兆円の賠償要求

コロナ 責任 とれ 中国 中国、コロナ大恐慌で世界から排除…追い詰められた習近平が他国に戦争を仕掛ける可能性も

コロナ 責任 とれ 中国 中国、コロナ大恐慌で世界から排除…追い詰められた習近平が他国に戦争を仕掛ける可能性も

中国、15年からコロナの軍事的研究を開始か…「生物兵器攻撃で敵の医療体系を崩壊」

香港の民主化運動がこれを阻止できるかが、注目されている。

  • ドイツの国内総生産(GDP)が4. 日本のコロナ関連のニュースも、すぐに中国語に訳されて出回るからだ。

  • 中国政府は、新型コロナウイルスは国外から持ち込まれた可能性が高いとして、最初は「米軍が故意に持ち込んだ」、次には「輸入食品の包装が汚染されていた」などとして、「イタリア起源説」、「スペイン起源説」などを盛んに流布して、パンデミックを引き起こした責任を回避しようと躍起になっているが、そんなことを本気で信じる人はおそらく誰もいないだろう。

  • 元凶説を中国は真っ向から否定するが、もはや欧米は聞く耳を持たない。

米「中国を罰する方法検討」 世界的感染拡大、責任追及明確に

CEPIは3月10日、「次のパンデミックに備えて100日以内にワクチンを開発できるようにするためには、メッセンジャーRNAなどの最新の技術開発を迅速化するとともに、承認の円滑化に向けた世界の医薬品当局の製造加速化の連携も欠かせない」との考えを示し、総額35億ドルの5カ年戦略への資金提供を呼び掛けていた。

  • コロナで直接戦争はわかりませんが、北朝鮮も今金正恩が重体らしいので、死んであの国で内乱でも起こったら地域での勢力図が変わってくると思います。

  • 中国政府は感染の再発にピリピリしている。

  • 「一つ一つの発言が一線を越えるものではないことがあります。

中国、コロナ大恐慌で世界から排除…追い詰められた習近平が他国に戦争を仕掛ける可能性も

台湾の自由時報がまとめたところによると、その賠償額は世界で1,532兆台湾ドル、日本円にして5,464兆円にのぼるということです。

  • 毎年高度成長を遂げて弾丸列車のように驀進してきた 中国経済に急ブレーキがかかった。

  • 滕さんは仕事の傍ら、子育てに追われる母親でもある。

  • CCTVはここ数日、ポンペオ氏が「人類共通の敵となり、人としての最低限をも踏み破った」と酷評していた。

武漢から蔓延した新型コロナ、変異種の猛威! 中国の責任はどうなるのか! (2021年4月21日)

その説明の中で王氏は香港で立て続けに起きている民主化運動のデモを批判し、香港の安定と国家安全が「無視できない危機に直面している」と語った。

  • 2013年に中国雲南省のコウモリが生息する洞窟で発見されたウイルスと最も近い種類だという。

  • まず(1)についてだが、主要7カ国(G7)の今年の議長国である英国政府は4月30日、「ワクチン研究開発に向けた資金を集めるため、22年にサミット(首脳会談)を開催する」と表明した。

  • ・中国から、日本はどう見えるか。

中国がトランプ氏に反発「責任を押し付けるな」|テレ朝news

つまり、 加害者の加害と被害者の被害が対称ではなくなるのがネットです。

  • どちらにしても、衛生状態を考えたら、また中国はこういうことやりそう…と言われてます。

  • で、その記憶をもとにこの本を読むと、まず感じるのは、起きていることは一緒だった、ということです。

  • デモは今年1月に新型コロナウイルスの感染が拡大し始めて以来、最大規模となった。

武漢から蔓延した新型コロナ、変異種の猛威! 中国の責任はどうなるのか! (2021年4月21日)

また共産党機関紙・人民日報系「環球時報」の胡錫進編集長は28日に中国版ツイッター「微博」上でオーストラリアを取り上げ、「中国の靴の裏にくっついたチューインガムのようだ。

  • (1)ワクチンを公共財に位置づけ、迅速に開発できるようにする。

  • ・「武漢ウイルス」「中国ウイルス」といった呼び方は、中国の人々にどう映っていたのか。

  • 支援するのは「感染症流行対策イノベーション連合(CEPI 」である。

中国はコロナウイルスをどう責任とるのでしょいか?

中国の状況も、日本の状況もどんどん動いている中でこの日記を翻訳するのは非常にスリリングでした。

  • 非を絶対に認めない大国である中国。

  • 5月に入って武漢市や吉林省で集団感染が起きている 中国の国会に当たる「全国人民代表大会(全人代)」が5月22日、北京の人民大会堂で開幕した。

  • 自身の仕事も「生き残るのが大変」というが、イメージアップの活動も欠かせない。




2021 cdn.snowboardermag.com