自粛 謹慎。 不謹慎厨とは (フキンシンチュウとは) [単語記事]

震災の「自粛」と「不謹慎」がなんか変

自粛 謹慎

熊本地震の発生から一週間が過ぎたが、各地から届く被災地への支援や激励に水を差すかのような「不謹慎狩り」がネット上では横行している。 特に「被害」が深刻なのは、有名人が被災地の支援を申し出たり、被災者への激励のメッセージを送ったりしたケース。 有名人がSNSなどで発した言葉じりを捉えて、一部のネットユーザーがすかさず「不謹慎だ!」と攻撃するパターンだ。 500万円の寄付を明らかにした 紗栄子のインスタグラム モデルの紗栄子の場合、被災地に500万円寄付したことを銀行の振込受付書の画像つきでインスタグラムに掲載したところ、「自分の好感度上げたいだけだろ」「金額を言うのは下品。 偽善と売名のにおいがする」などといった批判の声が殺到。 中には「(前夫の)ダルビッシュ有からむしり取った月500万の養育費の一部だろ」と誹謗中傷する意見もあった。 芸能人や有名人を標的にした「不謹慎狩り」は他にもある。 歌舞伎俳優、片岡愛之助と結婚したばかりの女優、藤原紀香は16日のブログで「どうかこれ以上、被害が広がりませんように 火の国の神様、どうかどうか もうやめてください」とエールを送ったが、このブログを読んだ一部のネットユーザーから「自分に酔ってる」「地震は天罰と言いたいのか」と反発を招き、ブログの一部を削除した。 熊本県在住のタレント、井上晴美も同様の「被害」に遭った。 熊本地震で自宅が全壊した井上は、被災後にブログで状況を報告。 「もう食料がなく、機嫌が悪くなりケンカが多くなってきてる。 泣き叫ぶ子どもたち…無力だ」「ひどい揺れです ずっと揺れてこわい…泣 救急車も消防車もサイレンが」などと被災地の現状をリポートし、ブログを更新し続けていたが、心ないネットユーザーから「愚痴りたいのはお前だけではない」と非難され、井上は「これで発信やめます」とブログの更新を中止した。 最後のブログには「ここblogで書いてることが私がよくないとかわかりませんが、ネットで悪くかかれてるとか一切見てませんが聞こえてました。 ただ私が感じてること書いてることがなぜそんな風になるのかよくわかりません残念です」と心境もつづり、最後は「これ以上の辛さは今はごめんなさい。 必死です」と窮状を訴えた。 熊本地震後に多発している「不謹慎狩り」だが、中には「正論」で切り返し、多くの賛同を得た有名人もいた。 お笑い芸人、ウーマンラッシュアワーの村本大輔は、ツイッターで被災地ライブの開催を提案したところ、ネットユーザーから「熊本地震が終息するまでは熊本と大分の仕事は控えなきゃダメ!」と指摘されたことに対し、「熊本以外の人が『不謹慎といい』 熊本の人は『きてきて』と言ってくれる。 体感した。 勘違いの代弁者ぶるやつは黙っとけ」と切り返した。 この書き込みを見たユーザーからは「勘違いの代弁者じゃなく、ただ有名人を叩きたいだけなんですよね」「被災者ですが、なんでもかんでも自粛しなくてよいと思います。 他の方は普通にいつも通りにしてくれた方がいいです」「自分だけの正義ふりかざすゴミですね。 村本さんは熊本に日本に笑いを思う存分ふりまいてくださいな」と賛同する意見の方が多く寄せられている。 (iRONNA編集部).

次の

「自粛警察」になってしまう人たちの心理とは

自粛 謹慎

「こいつらが不要な圧力をかけまくってる」 堀江氏は3月22日、愛知県内でフェス「ホリエモン祭 in 名古屋」を開催する予定だ。 本人のツイートによれば、300人程度の「小規模」イベントだという。 安倍晋三首相が19日ごろまで、大規模イベントを自粛するよう要請していることを受けた発言だ。 しかし、クラスターと呼ばれる新型コロナウイルスの集団感染が各地で問題となる中、イベントの実施には賛否両論寄せられている。 堀江氏は16日、「他の人に移してしまうということをなぜ考えないのですか?」「準備してお金が無駄になるのが惜しいのは分かりますが」などとの懸念から中止を求めるツイッターユーザーに対し、 「あ、別に中止なら損はしないので、お金の問題じゃないのね。 小規模なイベントでライブとかみたいにみんなでシャウトするわけでもない感染リスクがほとんどないイベントをわざわざ中止して自粛ムードを助長しないように行動してるだけ」 「私個人はイベント自体のギャラはもらってないのでなくなっても変わらないしむしろ、遊びに行けてラッキーなの。 だけど、中止の必要がないイベントを中止することは過剰な自粛ムードを煽るのでそれが社会にとって悪だとおもってるので中止にしないだけなのね」 とリプライ(返信)を送り、イベント中止の意向は無いとする。 堀江氏は15日にも、「ほんと不謹慎厨マジうざい。 こいつらが不要な圧力をかけまくってる」「自粛が必要ないところまで自粛してるのを批判してんだよ」と、イベント自粛を過度に求める一部の声に、不満を漏らしていた。 なお、当初開催を予定していた会場「なごのキャンパス」は、名古屋市の新型コロナウイルス感染拡大防止条例のため、3月16日~3月31日は利用できなくなった。 そのためチケット販売は停止され、イベントの公式ツイッターは「現時点の会場以上に広い会場が確定しましたら、チケット販売を再開致します」と呼びかけている。

次の

「自粛警察」になってしまう人たちの心理とは

自粛 謹慎

緊急事態宣言にともなう自粛要請が長期化するにつれ、「自粛警察」と呼ばれる動きが活発になってきている。 他にも、ツイッターやSNS上での非難の書き込みも相次いでいる。 com それにしても自粛警察なんて呼び名、いったい誰が名付けたのか? 「不謹慎狩り」「犯人探しこそが正義」……タイプ別自粛警察 差別を生む、嫌がらせになるとして、専門家らは冷静になるよう呼び掛ける。 実際、警察に通報があったという話も聞くほどだ(法律に反していなければ、通報したところで意味はないのだが)。 さて自粛警察と一括りにしているが、そこにはいくつかのタイプが存在すると思われる。 1つは新型コロナウイルスの感染拡大以前から、「不謹慎狩り」と呼ばれていたような行為を行う人々だ。 震災が起きたのに「楽しそうな画像をアップした」、「コメントしたのは不謹慎」などと芸能人などをバッシングしていた。 ネット上では「社会正義の戦士」と揶揄されることもあり、彼らの正義感に深い信念はなく、ひたすら不謹慎だと自らが判断する人を見つけ出し叩く。 2つ目は、自粛警察の行為が犯人探しのゲームのような感覚になっている人たちだ。 先日、帰省先の山梨県で感染が確認された後、都内の自宅へ高速バスで戻っていた女性のケースでも見られた。 県が女性の行動を公表したこともあり、誹謗中傷だけでなく名前や勤務先等を特定しようと情報が飛び交った。 誰がいち早く犯人を捜し出せるのか、ゴールにたどり着けるのかが過熱していき、「犯人探しこそが正義」という考えから、自己の行為を正当化し過大視する傾向が強い。 犯人探しに自分が貢献しているという充実感やワクワク感、情報を得て公表できたという達成感などがたまらないのだろう。 中には上記2つのタイプも紛れ込んでいる。 自粛要請に応じているかどうかを監視し、取り締まる行為を行う彼らは「行き過ぎた正義」、「正義の暴走」、「歪んだ正義」とされ、正義中毒とも呼ばれる。 「正義」は「公正」と同義とされることも多い。 政治哲学者のジョン・ロールズによると、正義は平等な自由と公正な機会均等だという。 緊急事態宣言により平等な自由は失われ、自粛要請に従わない人たちとの間で不公正が生じている。 自粛警察の正義の根底には、奪われた自由への不平不満と、それによって膨れ上がる不公正感が沈んでいる。 「不公正感受性」や「モラル正当化効果」 では、普通の人たちが正義を暴走させるのはなぜか。 不平不満に不公正感、先行き不安に感染への不安、我慢も限界に近くなりストレスは積もるばかり。 なのに発散するための手立ても、解消するための方法も見つからない。 これら自粛によるストレスで「不公正感受性」が敏感になった可能性もある。 すると相手の状況や言い分などに関係なく、不公正に対し直感的、感覚的に反応してしまう。 否定的感情を抱き、いつもより攻撃的な反応を起こしやすくなる。 否定的感情も溜まりきったストレスも、吐け口を求めているのだ。 同時に自分たちは我慢している、我慢しているからこそ、利己的な人たちの行動が許せなくなってくることもある。 人は結果的に自分が不利益を被っても公平性を切望し、自分勝手と思う人たちを罰したいという欲求を持っているからだ。 「モラル正当化効果」が働いた側面もあるかもしれない。 自粛というモラルに適った「善い行い」をしたと思った後は、「少しぐらいなら気を緩めてもいい」、「モラルに欠けても許される」という気になって、普段だったらやらない行為をしてしまいやすくなるといわれている。 「後悔をしていただくようなことになればいい」 彼らの歪んだ正義を後押ししたものは何だろう。 自粛警察の動きはGW前、先月下旬から多く見られるようになった。 各自治体の首長らは、県外からの帰省客や旅行客の流入を防止するため「今は来ないで」と発言し、「社会的ジレンマ」に危機感を募らせていた頃だ。 社会的ジレンマとは、個人が利己的に動き利益を追求することで、集団の利益の損失を招くという状況のことをいう。 呼びかけるだけで法的には何もできない首長らに代り、利己的に行動する人々を罰してやろうという自粛警察の正義感が反応したのではないだろうか。 「声をかけられた人がまずいところに来てしまったな、と後悔をしていただくようなことになればいいと思っています」 中でも4月24日の記者会見で、岡山県の伊原木隆太知事が述べた発言はインパクトが強かった。 GWに高速道路のパーキングエリアで、職員らが県外ナンバーの車に乗った人などに検温を行うと発表。 苦情が殺到し、結局実施されなかったが、オフィシャルな動きによって自粛警察が正義感を振りかざすことを正しいと思わせた感は否めない。 自粛要請に応じず営業するパチンコ店の名前を知事らが公表するという動きも、自粛警察の正義感を後押しする。 特別措置法第45条では、休業要請の指示に従わずとも、行政がペナルティを科すことはできない。 社会的に共有された新しいルールに反する者に対する怒りや憤りは、彼らの正義感をポジティブに活性化し、世を乱す者に制裁的攻撃を与える傾向を強めさせる。 緊急事態宣言を出した後も政府の対応は遅く、その判断はお世辞にも公正とはいえないが、国民には自粛と行動変容を求めている。 皮肉なことに、自粛警察が蠢きだし活発化したのも、一種の行動変容なのかもしれない。 (岡村 美奈).

次の