太平洋 戦争 敗因 - 大東亜戦争の敗因から学ぶ、現代にも通じる6つのターニングポイント

戦争 敗因 太平洋 螟ェ蟷ウ豢区姶莠 謨怜屏

【科学で検証】太平洋戦争中、日本の軍艦が次々と沈没していったワケ(播田 安弘)

戦争 敗因 太平洋 太平洋戦争の敗因

戦争 敗因 太平洋 太平洋戦争の原因~石油でも満州国でもなく~

戦争 敗因 太平洋 太平洋戦争の盲点とその戦略的解答

大東亜戦争の敗因から学ぶ、現代にも通じる6つのターニングポイント

戦争 敗因 太平洋 「何故攻撃に出ぬか…」太平洋戦争下の昭和天皇「お言葉」の数々(辻田 真佐憲)

戦争 敗因 太平洋 「何故攻撃に出ぬか…」太平洋戦争下の昭和天皇「お言葉」の数々(辻田 真佐憲)

螟ェ蟷ウ豢区姶莠 謨怜屏 — 縺ェ縺懈律譛ャ縺ッ螟ェ蟷ウ豢区姶莠峨↓雋縺代◆縺ョ縺 螟ェ蟷ウ豢区姶莠峨�蜑肴ョオ髫弱→縺励※縲∫浹豐ケ雉�コ舌�迯イ蠕励�縺溘a縺ォ譌・譛ャ霆阪�繝薙Ν繝槭d繧、繝ウ繝峨ロ繧キ繧「縺ク騾イ鬧舌@縺ヲ縺�″縺セ縺励◆縲ゅ◎縺励※繧キ繝ウ繧ャ繝昴�繝ォ謾サ逡・縺ァ隱ソ蟄舌r繧医¥縺励◆霆堺ク雁ア、驛ィ縺ッ縲∝圏縺ッ繧「繝。繝ェ繧ォ霑代¥縺ョ繧「繝ェ繝・繝シ繧キ繝」繝ウ蛻?

戦争 敗因 太平洋 太平洋戦争の歴史考察①―日本の敗因・長期戦の見通しの欠如

5分で分かる太平洋戦争!原因、激戦地について分かりやすく解説!

戦争 敗因 太平洋 【科学で検証】太平洋戦争中、日本の軍艦が次々と沈没していったワケ(播田 安弘)

[mixi]太平洋戦争は無謀な戦争だったのでしょうか

戦争 敗因 太平洋 大東亜戦争の敗因から学ぶ、現代にも通じる6つのターニングポイント

太平洋戦争の原因と結末

戦争 敗因 太平洋 螟ェ蟷ウ豢区姶莠 謨怜屏

5分で分かる太平洋戦争!原因、激戦地について分かりやすく解説!

したがって、国王または皇帝のような、絶対権力者に対する民衆の反抗や、闘争の歴史が、当時、つねに抹殺されたり、歪曲されたりして、正しく伝えられないのは当然であった。

  • そして、軍国日本が敗戦によってはじめて巨大な軍備を放棄して丸腰になり、これまで『菊のカーテン』の奥にかくれて、『現御神』とおがみ奉られていた天皇か、みずからその非近代的な神格を否定して『人間宣言』を行ない、主権者たる国民大衆のまえに、おごそかに、日本の民主化と、平和保持の決意を誓ったことも、ぜひ教科書にのせて、後世のために明記せねばならない、と私は信ずる。

  • 6月23日には日本軍守備隊は司令官の牛島満、長勇らの自刃によって全滅し、アメリカ軍は日本列島への橋頭堡を確保しました。

  • >連合国の方針で、まずヨーロッパ戦線でドイツ、イタリアを叩き >日本はヨーロッパが安定するまで長期戦と方針が決まってた 恥ずかしながらこの件、2ちゃんの書き込みで読んだことがあるだけで、一次資料が何なのかを知りません。

太平洋戦争講座――誰が悪かったのか

「日米戦争は、ドイツと戦争するための口実だった。

  • 親日的な国々の人たちとですら海外で無用な軋轢を生むことのないよう、自国の非は非として顧みる必要があると思います。

  • (当時、サンフランシスコには、日本の大新聞社も特派員を常駐させず、地元の邦字紙の記者を通信員として特約し、何かあるたびに臨時ニュースを打電させた) それで、東京の本社から派遣された正式の新聞特派員として、はるばる米国に赴任した野村大使を、サンフランシスコ港に出迎えて、長文の会見記事を綴って、打電、報道したのは、私だけであった。

  • 頭隠して尻隠さず、すべて丸見えだから。

太平洋戦争講座――誰が悪かったのか

しかし、ミッドウェー海戦で日本は大敗し、形勢はアメリカに傾きます。

  • 予算が大きいだけに戦えば勝つことを期待され続け、いつしか「勝てない」とは言えない自縄自縛の世界に陥ってしまった。

  • それで毎日の新聞は、中央紙も、地方紙も、いっせい、一律に軍部の主戦論と、国粋右翼の好戦主義を強く反映し、内閣情報局の監督と指導による、反米英調の強烈な軍国的色彩がおどろくほど目立ってきた。

  • 私自身ばかりでなく、日本国民すべて、天皇陛下が裁判にかけられるとしたら悲しむでしょう。

太平洋戦争の原因~石油でも満州国でもなく~

島の基地から陸攻をとばしたりしても航続範囲は微々たるものでしたし。

  • 確かに、国力比的には日露戦争時の日本:ロシアの方が、太平洋戦争時の日本:アメリカより開いていたのでしょうが、大きな差異として、日露戦争時は 1.日本側は朝鮮半島におけるロシアの影響力排除ができればよいという明確な戦争目的があった 2.アメリカを通じた講和の努力が真面目になされていた。

  • 当時、松岡洋右が演説でブチ挙げた、 「満蒙(満州と蒙古)は我が国の生命線である」 が国民の流行語になったが、石橋湛山はこれに真っ向反対したのである。

  • また欧州戦線において1943年頃まで米軍の目立った活躍がなされてない様に思われがちですが U-ボートによる通商破壊戦への妨害や英国やソ連への物資の補給… ソ連には大量の輸送トラックを供与し、 それによってソ連軍は戦車の生産に専念出来たと言われてます。

「何故攻撃に出ぬか…」太平洋戦争下の昭和天皇「お言葉」の数々(辻田 真佐憲)

要するに、天皇自身の善意と、性格の弱さ (東京裁判のキーナン首席検事の言葉)と、軍部と側近が手をむすんだ主戦論の重圧が、ついに、孤独な天皇の、平和への悲願を裏切って、はじめから勝算のすくない戦争へ、軍国日本の突入を勅許したというわけである。

  • 代わりに、サーマクが銃弾をうけ、死亡したのである。

  • それだけに全海軍の希望をこめて、戦争回避のため、ぜひとも野村大使の使命達成を願望する空気が部内に高まっていたようである。

  • 結果は人間の尺度であって、真実ではないから。

太平洋戦争の原因~石油でも満州国でもなく~

「勝てない」と言えば、「それじゃ、今までの莫大な軍事予算は何だったのだ!」と批判され、軍事予算を縮小されても文句が言えなくなる。

  • サイパン島や硫黄島で守備隊が全滅し、沖縄戦でも日本軍守備隊が全滅するなど押され気味になりました。

  • 詭激ノ風激ク長ジテ道義ノ念頗 (すこぶ)ル衰へ、為ニ思想混乱ノ兆アルハ洵 (まこと)ニ深憂ニ堪ヘズ。

  • 護衛艦「ちとせ」艦長・第31護衛隊司令などを歴任し、昭和63年(1988)に海将補で退官。

珊瑚海海戦こそ太平洋戦争の岐路だった!~アメリカは学び、日本は学ばず

これは、おちおちしていられない、零細企業のメンツにかけても頑張らなくては ・・・ というわけで、「IFの歴史」を創造する「」にベイズ理論を採用することにした。

  • では、いったい、軍国日本の『大戦略』 (グランド・ストラテジー)であった『皇国的戦争観』とは、どんなものであろうか? それは皮肉にも、文部省の歴史教科書検定問題で、非難のマトになっている、戦前、戦中の反動的な御用学者による、『皇国史観』から生まれた聖戦イデオロギーなのだ。

  • 広大な太平洋での戦争となれば、非常時として軍需用船舶が300万トン以上必要となるので、一方で民需用は300万トンの最低ラインを割ることになります。

  • その一つの努力が、野村吉三郎海軍大将の駐米大使任命であった。

【科学で検証】太平洋戦争中、日本の軍艦が次々と沈没していったワケ(播田 安弘)

これは世界で初めて設計段階から空母をつくる目的で建造された、本格的空母でした。

  • この時、大和を軸とする主力部隊は、空母機動部隊の500キロメートルも後方にあり、ついに戦闘に加わることはなかった。

  • 太平洋戦争が始まる前の1938年3月、防諜研究所が創設された。

  • まず、ニューディール政策は失敗だった。




2021 cdn.snowboardermag.com