ジジ 声優。 魔女の宅急便のあらすじとみどころ!ストーリーに隠れている4つの秘密とは?

ジジの声優は誰なのかと言えば?

ジジ 声優

魔女の宅急便とは もともと「魔女の宅急便」には原作が存在します。 角野栄子さんの児童書を宮崎駿監督がアニメ映画化しました。 原作では13歳から35歳までのキキを6巻にわたり描いていますが、アニメ映画では13歳のキキを描いています。 この「魔女の宅急便」はスタジオジブリでは、4作目に発表されました。 3作目までは 80万人前後の観客数だったのに対し、「魔女の宅急便」ではなんと 264万人にまで観客が増え、スタジオジブリを世間により広めた作品です。 主題歌は松任谷由実の「 ルージュの伝言」、エンディングテーマも同じく松任谷由実の「 やさしさに包まれたなら」が起用され、注目されました。 ほうきで空を飛ぶ広大な感じと、曲がぴったりマッチしていますね。 13歳になった魔女は、魔女界の掟で旅立ちをしなければなりません。 1年間親元を離れ、魔女のいない街で修業をするために、相棒の黒猫ジジと共に大都市コリコにやってきました。 街並みの美しさに感動するキキですが、どこか人々が冷たく感じていました。 そんな時、警察に身元確認を迫られた時、1人の少年が助けてくれます。 彼の名前はトンボ。 トンボは飛行クラブに所属しているので、ほうきで空を飛ぶキキに興味深々です。 しかしトンボからも逃げ出したキキは、パン屋の主人であるおソノと出会い、パン屋の2階に住まわせてもらうようになります。 キキは仕事を始めようと考え、魔法を使った「魔女の宅急便」を開業します。 こうして始めた「魔女の宅急便」は大切な物をお客様の元へ届けるのですが、トラブルがまっています。 しかしトラブルを救ってくれる人々や、依頼者との信頼関係も深まっていきます。 再開したトンボから飛行クラブのパーティーに誘われますが、その日のキキは大忙しです。 でもパーティーにいってみたいキキは仕事を張りきりますが、またトラブルが・・キキはパーティーにいけたのでしょうか?その後のキキは? 魔女の宅急便の声優キャスト一覧 キキ/ウルスラ:高山みなみ 高山みなみさんといえば、「名探偵コナン」の 江戸川コナンの声を担当されています。 他にも 「らんま1/2」の天道なびきなど少年から大人まで幅広い声を担当されています。 「魔女の宅急便」は全く違うかわいらしい13歳のキキの声を演じています。 コナンと同じ声優さんとは気づきませんでした! ジジ/佐久間レイ 佐久間レイさんは 「それいけアンパンマン」のバタコさんや、 「らんま1/2」のシャンプーの声を担当されています。 佐久間さんの声はとても可愛らしい声ですね。 「魔女の宅急便」では普段より少し低めの声で演じています。 ご本人もとてもお綺麗です。 おソノ:戸田恵子 戸田恵子さんは、もうみなさんおなじみ女優さんですね。 セクシー系の声もキャラクターの声の担当できて、女優もできる!本当に多彩です。 同性からの支持が高いのも素敵な戸田さんだからこそですね。 出演作品は数知れずですが、「それいけアンパンマン」では、 チーズやジャムおじさん、かまめしどん、など1作品で複数のキャラクターを演じています。 他にも洋画の吹き替えでも エディ・マーフィなども演じています。 もう山寺宏一さんは7色どころか、10色も20色もの声を持っているのではないかと、思ってしまします。 「魔女の宅急便」でも、その力は発揮されていますよ。 なんと、3役もこなしています!ぜひ確認してみてくださいね。 トンボ:山口勝平 山口勝平さんの出演作品は 「名探偵コナン」の 工藤新一や 怪盗キッド、「らんま1/2」の 早乙女乱馬、「ワンピース」の ウソップなど演じています。 山口さんの声、本当にイケメンですよね。 女性ファンもとても多いですね。 コキリ:信沢三恵子 信沢さんの代表作といえば、 「未来少年コナン」のヒロイン役ラナが有名です。 他にも「サマーウォーズ」の陣内万里子役で出演されています。 そんな声優活動を行いながら、女優活動もされています。 キキお素敵なおかあさんを熱演されています。 オキノ:三浦浩一 三浦さんは俳優さんです。 「太陽にほえろ」や、「半沢直樹」「働きマン」やサスペンスドラマにもよく出演されています。 名脇役ですね。 ドラマに最近ではバラエティにも出演されていれ、お茶目な一面がギャップがあって素敵ですね。 マキ:井上喜久子 井上さんの出演作は 「らんま1/2」で天道かすみや、 「しまじろう」のお母さんなどを演じています。 井上さんといえば、あのほんわかした、癒し系の声ですがご自身も声のとおりほんわかした、素敵な方ですね。 「魔女の宅急便」ではキキの最初のお客さんであり、パン屋の隣に住むファッションデザイナーを演じています。 先輩魔女:小林優子 小林優子さんは 「魔法少女クリーミーマミ」堺久美子役、「楽しいムーミン一家」のミムラ「パケットモンスター」オーキド・シゲルなど演じています。 ベテラン声優さんでちょっとした役でも存在感がありますね。 老婦人:加藤治子 加藤治子さんは言わずとしれた大女優さんですね。 ジブリ映画「ハウルの動く城」魔法使いサリマンも有名です。 加藤さんの優しい声が、老婦人のやさしさを表現していてホッとする存在ですね。

次の

魔女の宅急便の猫のジジの種類は?名前の由来や年齢が何歳なのかまとめ

ジジ 声優

キキの相棒ジジ ジジはちょっぴり生意気な性格の、 キキの相棒の黒猫です。 しゃべれる猫というわけではなく、 キキが魔法の力でジジと会話をしています。 原作によると、魔女の家に女の子が生まれると同じ月日に生まれた猫を探し、大切なパートナーとして共に育てるという風習があるそうです。 後半、 キキの魔法の力が弱まって会話ができなくなります。 終盤、鳴き声で話すジジにキキが微笑みで返す描写がされていますが、 明確に会話ができるようになったのかどうかはわかりません。 これは、キキの魔法の力が弱まったからなのでしょうか・・・? スポンサーリンク ジジが話せない理由は? 再び飛ぶことができるようになったキキですが、 ジジはしゃべらないままです。 実はそれはキキの魔女の力が弱くなってしまったからではなく、 キキが新たな一歩を踏み出したからこそ、ジジが「ただの猫」に戻ったということなんですね。 鈴木敏夫プロデューサー「ジジはただのペットじゃなくて、 もうひとりの自分なんですね。 だからジジとの会話っていうのは、 自分との 対話なんです。 ラストでジジとしゃべれなくなるというのは、 分身がもういらなくなった、コリコの町でちゃんとやっていけるようになりました、という意味を持っているわけです」 ふ、深い・・・!! 「自分との対話」か~。 確かに女の子なら、誰もが通る道のような気がします。 キキは、ジジという存在に頼らなくても、きちんとひとりでやっていける、 立派な魔女へと成長していったということですね。 ジジが普通の猫に戻ってしまったのは、少し寂しいですが・・・。 スポンサーリンク ジジの声優は? 佐久間レイさんが担当しています。 佐久間レイプロフィール ・1965年1月5日(51歳) ・東京都出身。 ・B型。 1985年『夢の星のボタンノーズ』ピアス役で声優デビュー。 1989年『魔女の宅急便』公開当時は24歳でした。 出演作 ・『それいけ! アンパンマン』バタコさん ・『とっとこハム太郎』マフラーちゃん、春名ヒロミ ・『おねがいマイメロディ』マイメロディ 幼女役から、色気を湛えた美女役・母親役、落ち着いた役柄から、高飛車な役柄・意地の悪い役柄まで、年齢面・性格面を問わず幅広いキャラクターを演じています。 あなたへのおすすめ•

次の

ジジの声優は誰なのかと言えば?

ジジ 声優

概要 [ ] と共にの開発に携わっていた女性研究員であり、を引き起こした首謀者の一人。 ユルゲンとは、彼が(のちの・通称)に所属していた当時から上司と部下の関係にあり、彼の手で開発が進められていたの開発スタッフの一人(当時の肩書は「第4情報開発部所属・特殊OS開発担当」)であった。 同システムはDC内において採用されることはなく、彼女はユルゲンと同じくDCから離れることとなったが、ユルゲンがAMNシステムを発展・昇華させた新システムの開発再開を決意したことにより、彼女もまた新システムの開発に協力するようになる。 社長であるの誘いに応じ、同社の研究員となった彼女は、の開発に成功するなどの実績を上げる。 その一方、彼女はこの時点で既に、ユルゲンが完成させた新システム「」と同システムによる地球圏防衛という思想に狂信的なまでの執着を抱くようになっており、ゲシュタルトシリーズの全機に秘かに同システムを搭載。 最終的にはリック及び自らをもシステムの生体コアと化し、自らの信じたシステムに殉じる形でその生涯を閉じた。 後に彼女は、ハガネ隊によって撃墜・鹵獲されたバルトールの中から、生体コアと化してもはや生命体とは呼べなくなった状態で発見され、ハガネ隊の面々にODEシステムに対して大きな危機感を抱かせる原因となった。 登場作品と役柄 [ ] [ ] OG1のシナリオの中でユルゲンと共に顔見せで登場、DCを去る間際の彼女の姿が描かれている。 OG2. 5において本格的に活動を開始し、を引き起こす。 5版を踏襲した展開である序盤において活躍。 基本的な行動はOG2. 5から変化なし。 彼女の初出作だが、この時点での彼女はまだ設定が固まっておらず、生体コアに取り込まれた一被害者という設定。 また容姿も、この当時とOGシリーズへの登場時では異なる。 人間関係 [ ] 彼の目的に賛同。 ウォン重工業社長。 彼の下でゲシュタルトシリーズの開発を行う一方、自らとユルゲンの目的のために彼を利用。 最後には彼自身をもバルトールの生体コアとして取り込んだ。 との模擬戦の相手。 ミロンガの機動能力が、人間の操縦限界を越えた常軌を逸したものであることに最初に気付く。 関連機体 [ ] () 脚注 [ ].

次の