ば に ら 整形。 整形外科

整形に600万かけたアイドルがグループ脱退!心身回復へ活動休止中も「多大な迷惑を悔いる日々」(2020年6月26日)|BIGLOBEニュース

ば に ら 整形

閉じる 元テレビ東京アナウンサーで、現在はフリーの鷲見玲奈が6月22日、ツイッターを更新。 鷲見は、二重まぶた幅や豊胸したと伝えるネットニュースを引用。 その上で《太ったり痩せたりで二重幅は確かに変わりやすいですが、もともと二重ですよ。 あと、これもよく疑われますが、鼻も涙袋も胸も何も入れていません》と強調。 続けて《整形が悪いことだとは思わないし、自分が前向きになれるなら、むしろ賛成派なのですが、こういった書かれ方をするのはとても嫌な気持ちになります》と不快感をあらわにした。 彼女のツイートを受けて、フォロワーからは、 《新情報ありがとうございます! 安心しました》 《誹謗中傷はスルーしましょう。 みんな整形してるなんて思っていませんよ》 《鷲見アナだからこそ、いろいろ詮索されちゃんだろうな。 大変だなぁ》 《ネットはウワサが独り歩きしちゃうからね。 言いたいことはきちんと言った方がいいよ》 《誰も整形してるなんて思ってませんよ!》 などのエールが送られた。 整形を完全否定した鷲見だったが、一方で、 《嘘つきたくないので言いますが、脂肪溶解注射とボトックスは打ったことがあります》と、ボディケアのために、二の腕と肩に施術を行ったことを告白。 これには賛否の声が飛んでいる。 《そういうところも含めて鷲見ちゃんのファンです》 《正直者ですね。 でもそんな鷲見アナも好きです》 《小さな真実をわざと小出しにして、大きな真実を隠すパターンとみた!》 《脂肪の注射とボトックスって、なかなか手を出してる方なのでは?》 「正直、美人芸能人に整形疑惑は付き物なので、わざわざ反応したのは失敗だったと思います。 豊胸するのも脂肪を溶解させるのも、身体に手を入れるという意味では一緒ですからね。 結局、鷲見が言いたかったことは、『太っていたのは気になっていたけど、完璧な私のスタイルは生まれつきよ』という自慢でしかありません。 テレビ東京時代は、その自己顕示欲の強さから、他の女子アナとは決して折り合いが良くなかったともいわれています。 性格の悪さはむしろ女優向きだと思いますね」 芸能記者 去る6月6日には自身のツイッターでテレ東時代の後輩をディスったことが話題になった鷲見アナ。 爆弾発言が炎上に発展しなければいいのだが…。

次の

整形男子アレンが語る失敗施術。整形9000万円のパトロンは誰?

ば に ら 整形

5年前のアレン。 アレン「21歳のときに、アゴにシリコンプロテーゼを入れたんですけど、あれはヤバかった!!! アゴをとがらせて、逆三角形のシュッとした顔になるはずだったんだけど……入れたシリコンが長すぎたみたいで、ニンジンみたいな顔になっちゃった。 笑うとアゴが下に引っ張られちゃうレベルだもん。 ホント、シャレになんない。 これはさすがにマズいっていうんで、シリコンを一回取り出して、削ってサイズダウンして入れ直してもらったの。 ところが。 その1週間後ぐらいに朝起きたら、なんか口の中に違和感があって……。 アレン「僕もびっくりしちゃって、あわてて手術してくれた先生に電話したら『今すぐ来て!』って言われて。 その日、先生は別の手術中だったんだけど、そっちのオペを中断しての緊急手術になっちゃった。 あとから聞いた話だと、シリコンを入れ直すときにサイズ自体は小さくしてあったけど、僕のアゴの大きさとそれでもうまくあわなくて、縫合部分がはじけちゃったみたい。 さすがに怖くなっちゃって……でも、おでこには入れてます!」.

次の

整形に600万かけたアイドルがグループ脱退!心身回復へ活動休止中も「多大な迷惑を悔いる日々」(スポニチアネックス)

ば に ら 整形

5年前のアレン。 アレン「21歳のときに、アゴにシリコンプロテーゼを入れたんですけど、あれはヤバかった!!! アゴをとがらせて、逆三角形のシュッとした顔になるはずだったんだけど……入れたシリコンが長すぎたみたいで、ニンジンみたいな顔になっちゃった。 笑うとアゴが下に引っ張られちゃうレベルだもん。 ホント、シャレになんない。 これはさすがにマズいっていうんで、シリコンを一回取り出して、削ってサイズダウンして入れ直してもらったの。 ところが。 その1週間後ぐらいに朝起きたら、なんか口の中に違和感があって……。 アレン「僕もびっくりしちゃって、あわてて手術してくれた先生に電話したら『今すぐ来て!』って言われて。 その日、先生は別の手術中だったんだけど、そっちのオペを中断しての緊急手術になっちゃった。 あとから聞いた話だと、シリコンを入れ直すときにサイズ自体は小さくしてあったけど、僕のアゴの大きさとそれでもうまくあわなくて、縫合部分がはじけちゃったみたい。 さすがに怖くなっちゃって……でも、おでこには入れてます!」.

次の