松平 直 矩 - 越前松平氏(御家門・武蔵川越藩家系) - Reichsarchiv ~世界帝王事典~

直 矩 松平 松平明矩とは

直 矩 松平 松江松平氏(出雲松江藩主家)<花筐館>

松平直克

直 矩 松平 越前松平氏(御家門・武蔵川越藩家系) -

直 矩 松平 松平直矩とは

松平直矩

直 矩 松平 松平斉典とは

直 矩 松平 攻城団

直 矩 松平 攻城団

松平直基

直 矩 松平 松平斉典とは

攻城団

直 矩 松平 松平直恒

直 矩 松平 松江松平氏(出雲松江藩主家)<花筐館>

松江松平氏(出雲松江藩主家)<花筐館>

松江松平氏(出雲松江藩主家)<花筐館>

一方、天保学連の指導層にあたるや木村三郎らはこれを知り、長幼の序を乱すものとして反対した。

  • それに極端にその道を暴走しているわけでもないので(藩政上)大した問題になることではない」とされている。

  • 外部リンク [ ]• 19 江戸後期の武蔵主。

  • かつて曾祖父のも幼少を理由に姫路からに移封させられたが、この時も「幼少の朝矩には姫路藩主は不適当」とされ、翌寛延2年()に、かねて姫路転封を狙っていた主にして幕閣の重鎮と交代で前橋15万石への転封を命じられた。

松平直克

8年()死去、享年54。

  • 元年():侍従 系譜 [編集 ]• 直克の実子の松平直之は明治8年(1875年)に分家したのち、明治30年(1897年)に松平家に復籍、明治40年(1907年)に松平基則から家督を譲られてとなった。

  • 寛文8年() :侍従 系譜 [ ]• 久留米藩ではを奉じる一派「天保学連」が頼永に起用されて影響を及ぼしていたが、天保学連の若手で頼永に近侍していたや野崎平八らは、万一の際にはまずは孝五郎を立て、富之丞が15歳になったら藩主の地位を継がせるという腹案を持っていた。

  • 頼永が病に臥し、その跡目が取り沙汰されるようになると、凡庸とされた孝五郎に代えて聡明な富之丞を擁立しようとする動きがあった(六男・頼功はこれより先に亀井家を継ぎ、津和野藩主となっている )。

松平明矩とは

男子: 注釈・出典 [ ]. 3年()からはを称したが、これは親藩・譜代としての扱い(結城氏の場合は外様扱いとなる)を受けるべくの対応で、名字こそ松平になったものの、家紋は結城家の結城、から変えず、結城家の祭祀を継承した。

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会編 『』 下巻 、1996年、604頁。

  • 文化13 1816 年兄直温のにより,末期となって襲封,15万石。

  • 母:土 - の娘• 父は,家康の孫,越前結城秀康の5男。

攻城団

享保10年():従五位下・相模守、兵庫頭• 寛永19年10月28日生まれ。

  • 慶応4年()3月、新政府に帰順して上野全土の鎮撫を務め、続いてと戦った。

  • 三男:(1680-1721) - の養子• 文政10 1827 年将軍徳川家斉の24男紀五郎を養子とする。

  • 四男:(1797-1850) - の養子• 女子:正室• 男子:• 『引っ越し大名三千里』角川春樹事務所時代小説文庫、2016年。

松平明矩とは

官歴 [ ]• 生涯 [ ] 生い立ち [ ] 11年()2月26日、9代藩主・の十三男として (数え方により、五男とも記される )にて誕生。

  • 2019年に『』として映画化。

  • 女子:季遠姫 - 至誠院、正室• 女子:磯子 - 正室• 長男:(1787-1804)• 日記 [ ] 17歳(元年())から54歳(8年())で死去するまで自身が書き残した『』には、藩主の仕事の他、、や観劇などの記録が書き記されている。

  • 官歴 [編集 ]• 室:田畑氏• 文久3年(1863年)10月11日、前任のの辞職以降空席となっていた政事総裁職に就任、大名ながら幕政に参画する。

松平朝矩

かねてからの財政難もあり城の再建を諦め、4年()、本丸崩壊の危機を受け、幕府の許可を得て居城・藩庁を前橋から川越に移した。

  • 慶長12年()にの家督を相続した。

  • 次男:(1795-1816)• 2年()、9代将軍・が将軍に就くと、直後に来日したの接待役を命じられたが、費用がないため藩領に臨時の御用金を課した結果、大一揆が発生し、その最中の元年()に36歳で死去した。

  • 元年12月16日()に侍従に任官する。




2021 cdn.snowboardermag.com