永井 浩二。 永井興業

永井チャンネル(永井浩二)

永井 浩二

野村HDグループCEO 永井浩二氏 昔話ですが、そのことを教えてくれたのは、私が事業法人一部にきたころ常任顧問を務めていた鈴木政志(元会長)でした。 鈴木は会長になっても「昔のクセが直らない」と言って奥を使っていました。 じつは私も同じで、いまだに手前を使うのは気が引ける。 鈴木を見倣っているうちに、習慣としてすっかり身についたようです。 鈴木からは、ほかにもいろいろなことを叩きこまれました。 ある会食のときです。 お客様が4~5人、こちらも社長や会長含めて4~5人で、料亭で会食しました。 芸者さんが入って場が盛り上がり、私も端っこで楽しく飲んでいました。 すると、会食の後、こっぴどく叱られました。 「俺は自分がお酒を飲んでいても、お客様の盃にどれくらいお酒が入っているのか、つねにチェックしている。 本来、それは担当者であるキミの仕事だ。 接待で自分が楽しんでどうする!」 まったくその通りです。 お客様はもっと飲みたいのか、そうでないのか。 時間を気にしているのか、していないのか。 しているなら、料理が出てくるスピードは適切なのか。 そこまで気を配って舞台を回すのが担当者の役割です。 それからは、全体に目を配るようになりました。

次の

武本さんとは (タケモトサンとは) [単語記事]

永井 浩二

永井兄弟の近況・現在 永井先生(永井浩二氏)の現在 まず永井先生は現在でも元気に生きてます。 「」なる会社を作って代表取締役として活動しています。 といっても活動内容はネット放送ということでやることは変わってない模様です。 型枠大工の仕事をやめた後は むしょ…配信者として生きてきた永井先生ですが、今でもリスナーはだいたい500人以上、1回の放送で 100万円以上の投げ銭をもらうなどその人気は一定数あります。 配信内容はパチスロ6割、雑談3割、ゲーム1割という感じでゲームはスパイダーマン等に挑戦していたりもしますが、相変わらずゲームは 苦手のようです。 今後は配信業を頑張っていく・・・とのことですが永井先生も年齢はもう40歳、配信業という最先端を行く生き方のパイオニアとして今後は気になります。 永井博之(ひろくん)の現在 ひろくんも現在でも元気に生きてます。 相変わらず淡々とゲームをするゲーマーで、今でも拷問配信を変わらずやってます。 リスナー数は放送の時間帯が遅いためバラつきはあるものの、今では永井先生より多く人を集めて 1000人以上いくときもあります。 またなぜか 将棋ウォーズという新たな拷問コンテンツを始めていますが、上達はこれ以上なさそうです。 そんなひろくんも年齢は38歳(2018年時点)、今後をどう生きてくかは分かりませんが10年後も変わらず拷問配信をしてそうです。 活動の活動拠点 永井先生の活動拠点 ニコニコ生放送では有料会員チャンネルとして活動してます。 パチスロ実戦報告を主にやってきましたが、免許取得を機に今後は車載放送をしていきたいということです。 ゲーム配信は主にTwitchで放送してます。 これからはゲーム配信も頑張ってやっていくとのことですが・・・そもそもゲームを楽しむ思考がありそうにないので怪しいところです。 雑談配信は主にふわっちでやってます。 永井先生は大花火(リスナーからの投げ銭アイテム)が大好きです。 最近たまにやっているTwitCasting(ツイキャス)です。 配信頻度は現時点では ふわっち>Twitch>ニコニコ>ツイキャス という感じです。 ひろくんの活動拠点 ひろくんは主にTwitchで放送してます。 稀に永井先生の放送に出てくることもありますが、ひろくん単体で他サイトではやらないですね。 SNS SNSは永井先生のツイッターだけでひろくんはやっていません。 私の見た現在の二人 どんなに活躍した人も面白くなくなったとか、昔のほうが良かったとか言われるものですが、私が見た二人の今を少し話します。 永井先生は確かに昔に比べると少しリスナー(アンチ?) 煽りをすることが増えました。 しかしトークのうまさ・面白さは今でもありますし、ゲーム配信や車載配信など精力的に 新しい配信スタイルに挑戦しようとしています。 ただゲーム配信は・・・正直向いてないんじゃないかと思います。 やるならぷよぷよとかの方が向いてそうです、今e-Sportsになってますし。 ひろくんは相変わらず拷問配信をやっていて、放送外で5時間レベル上げをするなど奇行も変わりません。 将棋を何時間も打ち続けるという新たな拷問兵器を手にしましたが、モンハンやDead by Daylightなど 最新ゲームにも手を出してます。 見ていると本当にトークや返しがうまくなったなあと思います。 体調を崩しがちなので身体には気をつけて欲しいですね。 今後も二人を長く応援していきたい 変わったところもありますが二人それぞれ良さがあり面白さがあると思ってますし、私は変わらず二人を応援していきたいと思います。 ちなみに私はどちらの配信にもよく書き込んでいます。 え、 アンチ?そ、そんなわけないじゃないですか。

次の

お手洗いにも「上座と下座」がある

永井 浩二

永井兄弟の近況・現在 永井先生(永井浩二氏)の現在 まず永井先生は現在でも元気に生きてます。 「」なる会社を作って代表取締役として活動しています。 といっても活動内容はネット放送ということでやることは変わってない模様です。 型枠大工の仕事をやめた後は むしょ…配信者として生きてきた永井先生ですが、今でもリスナーはだいたい500人以上、1回の放送で 100万円以上の投げ銭をもらうなどその人気は一定数あります。 配信内容はパチスロ6割、雑談3割、ゲーム1割という感じでゲームはスパイダーマン等に挑戦していたりもしますが、相変わらずゲームは 苦手のようです。 今後は配信業を頑張っていく・・・とのことですが永井先生も年齢はもう40歳、配信業という最先端を行く生き方のパイオニアとして今後は気になります。 永井博之(ひろくん)の現在 ひろくんも現在でも元気に生きてます。 相変わらず淡々とゲームをするゲーマーで、今でも拷問配信を変わらずやってます。 リスナー数は放送の時間帯が遅いためバラつきはあるものの、今では永井先生より多く人を集めて 1000人以上いくときもあります。 またなぜか 将棋ウォーズという新たな拷問コンテンツを始めていますが、上達はこれ以上なさそうです。 そんなひろくんも年齢は38歳(2018年時点)、今後をどう生きてくかは分かりませんが10年後も変わらず拷問配信をしてそうです。 活動の活動拠点 永井先生の活動拠点 ニコニコ生放送では有料会員チャンネルとして活動してます。 パチスロ実戦報告を主にやってきましたが、免許取得を機に今後は車載放送をしていきたいということです。 ゲーム配信は主にTwitchで放送してます。 これからはゲーム配信も頑張ってやっていくとのことですが・・・そもそもゲームを楽しむ思考がありそうにないので怪しいところです。 雑談配信は主にふわっちでやってます。 永井先生は大花火(リスナーからの投げ銭アイテム)が大好きです。 最近たまにやっているTwitCasting(ツイキャス)です。 配信頻度は現時点では ふわっち>Twitch>ニコニコ>ツイキャス という感じです。 ひろくんの活動拠点 ひろくんは主にTwitchで放送してます。 稀に永井先生の放送に出てくることもありますが、ひろくん単体で他サイトではやらないですね。 SNS SNSは永井先生のツイッターだけでひろくんはやっていません。 私の見た現在の二人 どんなに活躍した人も面白くなくなったとか、昔のほうが良かったとか言われるものですが、私が見た二人の今を少し話します。 永井先生は確かに昔に比べると少しリスナー(アンチ?) 煽りをすることが増えました。 しかしトークのうまさ・面白さは今でもありますし、ゲーム配信や車載配信など精力的に 新しい配信スタイルに挑戦しようとしています。 ただゲーム配信は・・・正直向いてないんじゃないかと思います。 やるならぷよぷよとかの方が向いてそうです、今e-Sportsになってますし。 ひろくんは相変わらず拷問配信をやっていて、放送外で5時間レベル上げをするなど奇行も変わりません。 将棋を何時間も打ち続けるという新たな拷問兵器を手にしましたが、モンハンやDead by Daylightなど 最新ゲームにも手を出してます。 見ていると本当にトークや返しがうまくなったなあと思います。 体調を崩しがちなので身体には気をつけて欲しいですね。 今後も二人を長く応援していきたい 変わったところもありますが二人それぞれ良さがあり面白さがあると思ってますし、私は変わらず二人を応援していきたいと思います。 ちなみに私はどちらの配信にもよく書き込んでいます。 え、 アンチ?そ、そんなわけないじゃないですか。

次の