レッジャー ドロ - レッジャードロの血統表

ドロ レッジャー JRA藤田菜七子「うまく乗れませんでした……」も衝撃の末脚で殿一気! 父ドゥラメンテを彷彿「狂気の怪物」で見えた悲願のG1制覇

ドロ レッジャー レッジャードロ 新馬戦「切れた!菜七子がついにクラシックに来る!?」|競馬解雇|note

ドロ レッジャー 【クイーンC】レッジャードロ 菜七子を背に鋭伸「馬に芯が入ってきた」

ドロ レッジャー レッジャードロが丸わかり!競走馬データベース

ドロ レッジャー JRA藤田菜七子「うまく乗れませんでした……」も衝撃の末脚で殿一気! 父ドゥラメンテを彷彿「狂気の怪物」で見えた悲願のG1制覇

ドロ レッジャー レッジャードロ 新馬戦「切れた!菜七子がついにクラシックに来る!?」|競馬解雇|note

ドロ レッジャー 【クイーンC】レッジャードロ加速!菜七子、女性騎手初の芝重賞Vへ「本当にいいスピード」― スポニチ

【クイーンC】レッジャードロ 菜七子を背に鋭伸「馬に芯が入ってきた」

ドロ レッジャー レッジャードロが丸わかり!競走馬データベース

ドロ レッジャー 【クイーンC】レッジャードロ加速!菜七子、女性騎手初の芝重賞Vへ「本当にいいスピード」― スポニチ

レッジャードロ 新馬戦「切れた!菜七子がついにクラシックに来る!?」|競馬解雇|note

ドロ レッジャー 【クイーンC】菜七子レッジャードロが好時計をマーク

【クイーンC】菜七子レッジャードロが好時計をマーク

藤田騎手も「能力の高さで勝たせてもらいました。

  • 殿一気の末脚にファンもどよめいた。

  • 今年の夏は走るってんなら、馬の気性とか一回経験することで改善できる点が去年の夏頃の原因てことになるな。

  • 追い切り後、菜七子は「自分の体感的には遅いかなと思ったけど、時計を見たらまあまあ数字が出ていたし、すごくいい動きでした。

レッジャードロが丸わかり!競走馬データベース

体重うなぎ上り。

  • 6(良)。

  • 道中の折り合いはスムーズ。

  • しかし、レースではスタートで大きく出遅れると終始最後方のまま、ほぼレースに参加できずに最下位でゴール……。

レッジャードロが丸わかり!競走馬データベース

4コーナーでは、逸走するかの勢いで一気に大外へ持ち出した。

  • これにより当日が時計がかかる馬場なのか早い馬場なのかがわかります。

  • 藤田菜は「ゲート入りを嫌がったり、右にモタれる課題はありますが、最後はいい脚を使ってくれました。

  • 9秒で、タイム面ではリステッド競走を大きく上回ったことになる。

【クイーンC】菜七子レッジャードロが好時計をマーク

レース後には藤田菜七子騎手が「まだ余裕があった」と言えば、順調だったこの中間も「本当にいいスピードを持っている」「東京コースは合うと思う」「この先も楽しみな馬」と景気のいいコメントが続々……。

  • 〇 中山芝1600m新馬戦 の平均勝ち時計(走破時計1. 菜七子とのコンビで新馬戦を勝ったレッジャードロ 中山の新馬戦では、3角まで最後方に位置しながら、直線では大外一閑の豪脚で差し切り、菜七子の今年、初勝利を飾った。

  • レッジャードロの最終追い後に見せた笑顔は愛馬のポテンシャルの証明か。

  • となると何が考えられるかなんだが、 一つはメンバーが強くなかったってことなんだよね。

JRA藤田菜七子「うまく乗れませんでした……」も衝撃の末脚で殿一気! 父ドゥラメンテを彷彿「狂気の怪物」で見えた悲願のG1制覇

〇当日の馬場傾向 当日は該当レースを除き3鞍の芝戦の実施があった。

  • (片岡良典). レース後にはSNSや掲示板で「故障とかじゃないんだよね……?」「ここまで酷いレースになるとは」と落胆の声が続々……。

  • 6R 3 歳未勝利 2000m 全体タイム 2. 直線もグングン加速し、馬なりのまま半馬身先着した。

  • 最内の1番人気、ベルピエースが積極的にハナを奪ったのに対し、レッジャードロはスタートで顔を上げる形となり最後方からの競馬となった。

【クイーンC】レッジャードロ加速!菜七子、女性騎手初の芝重賞Vへ「本当にいいスピード」― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

12分の8の抽選さえクリアすれば、新たな歴史が生まれる予感がする。

  • あの勝ちっぷりで、まだ余裕があるというのだから、末恐ろしい馬が出てきた印象だ。

  • レースではゆっくりとしたスタートで最後方からじっくりと行く形に。

  • 3歳新馬戦が9、10、11日、中山、中京の2競馬場で計10レース行われた。

【新馬/中山5R】菜七子が今年の初笑い!レッジャードロで直線ゴボウ抜き(競馬のおはなし)

母に三冠馬アパパネ、父にディープインパクトを持つ超良血馬がクラシック戦線に堂々の名乗りを挙げた。

  • 前回は右にモタれる感じがあったので確認しながらでしたが、そういう面も大丈夫でしたし、馬に芯が入ってきた感じがします」と成長ぶりを実感。

  • こんにちは競馬解雇です。

  • 人馬にとって、極めて厳しい結果に終わってしまった。




2021 cdn.snowboardermag.com