中島裕翔 ドラマ。 中島裕翔×間宮祥太朗ドラマ『僕はどこから』に音尾琢真、高橋努、笠松将ら

日本版ドラマ「スーツ」3話の感想 恋愛が始まりそう 中島裕翔と新木優子以外にあの2人も

中島裕翔 ドラマ

連続ドラマ『ドラマホリック!「僕はどこから」』の追加出演者が発表された。 1月8日からテレビ東京ほかで放送、Paravi、ひかりTVで配信される同作は、市川マサの漫画『僕はどこから』をもとにした作品。 他人の思考をコピーする能力を持つ小説家志望の青年・竹内薫と、薫に替え玉受験の仕事を提示する暴力団組長・藤原智美が、やがて予想だにしない大きな流れに飲み込まれていく様を描くクライムサスペンスだ。 若年性アルツハイマーの母が事故に遭ったことで自分の存在意義を見失う竹内薫役に中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、薫の元同級生で20歳の講談会系東宮寺組組長・藤原智美役に間宮祥太朗がキャスティング。 今回出演が明らかになったのは、音尾琢真、高橋努、若林豪、須藤理彩、笠松将、仙道敦子。 智美の世話係を担当する「ごんどぅー」こと権堂真司役を音尾琢真が演じるほか、東宮寺組会長の子飼いで得体のしれない山田龍一役に高橋努、智美を評価しつつも冷酷な部分を持ち合わせる東宮寺組会長東宮寺正胤役に若林豪、息子の玲を名門大学に入れることに固執する井上涼子役に須藤理彩、涼子の執着に耐え兼ねて薫と智美を巻き込む事件を起こす井上玲役に笠松将、薫の母で若年性アルツハイマーを患う竹内陽子役に仙道敦子がキャスティング。 発表とあわせて音尾琢真、高橋努、笠松将、仙道敦子のコメントが公開。 音尾は「間宮祥太郎さんよりずっと年上だけど子分という立ち位置も面白く、自分なりの居様を見つけさせてもらいました。 中島裕翔さんをはじめとして、皆さんが、芯を持って作品に向き合っている様子が心地よかったです」、高橋は「山田という役は今まであまりやってこなかった役で、なるべく誰にも嫌われないような、一見目立たないような人をイメージしました。 まぁ、このゴツい顔は変えられませんがね!(笑)」と語っている。 笠松は「最終回の芝居場以外は、台詞を言ってるだけで、あえて誰とも会話しないようにしました。 衣装合わせの際、キャラクターの造形を考えたときに、半袖を着ることを断わりました。 そんな中でロケ地のカフェのお母さんから、Tシャツをもらい、今でも大切に着ています」、仙道は「私が演じた薫くんの母親は、一人で息子を育て、今は若年性アルツハイマーを患っています。 薫くんを心から愛している、その気持ちを大事に演じました」と明かしている。 追加キャストは後日発表される。 音尾琢真のコメント 高橋泉さんの脚本を読ませていただいて、遅ればせながらようやく市川マサさんの「僕はどこから」という原作に出会い。 この世界に自分がいてもいいような気がしまして。 間宮祥太郎さんよりずっと年上だけど子分という立ち位置も面白く、自分なりの居様を見つけさせてもらいました。 中島裕翔さんをはじめとして、皆さんが、芯を持って作品に向き合っている様子が心地よかったです。 是非ご覧下さい。 高橋努のコメント 原作を読んでとても面白く、やりがいを感じました。 それと同等に「こりゃ大変な現場になるなぁ」と思いました。 山田という役は今まであまりやってこなかった役で、なるべく誰にも嫌われないような、一見目立たないような人をイメージしました。 まぁ、このゴツい顔は変えられませんがね!(笑)そして、中島裕翔と間宮祥太朗がとても良い! 私の役は特にこの2人との絡みが多く、2人とも現場を盛り上げてくれて、非常に助かりましたし、芝居してて楽しかったです。 話が進むにつれどんどん展開していき、小説家を目指す青年が小説家になれるのか?という話では全く無くなります。 もちろん小説家になってもらいたいですが(笑)。 第1話から目が離せない作品になってます。 是非ご覧ください。 笠松将のコメント 最終回の芝居場以外は、台詞を言ってるだけで、あえて誰とも会話しないようにしました。 衣装合わせの際、キャラクターの造形を考えたときに、半袖を着ることを断わりました。 そんな中でロケ地のカフェのお母さんから、Tシャツをもらい、今でも大切に着ています。 撮影がすべて終わって、今思うことは…「玲くんが元気に暮らしてますように」 仙道敦子のコメント 脚本を頂いた時の第一印象は、息苦しさ、生き辛さの中でも精一杯今を生きている登場人物達の生き様です。 漫画原作ならではのスピード感溢れる展開に心を奪われました。 私が演じた薫くんの母親は、一人で息子を育て、今は若年性アルツハイマーを患っています。 薫くんを心から愛している、その気持ちを大事に演じました。 撮影は、現場でのライブ感を監督が大切に汲み取ってくださりながら、一つ一つのシーンを作り上げていく様子が印象に残っています。 リハーサルを重ねながら、どんどん命が吹き込まれていくような現場でした。 中島さんは昔から拝見しておりましたが、思った通りの優しいオーラの人でした。 親子のシーンを重ねていきながら、人柄にも触れて、中島さん演じる薫くんとの穏やかな時間が画面にも溢れているかと思います。 生きるってなんだろ…そんな事をふと考える作品になっていると思います。 是非、ご覧になってください。

次の

Hey! Say! JUMP中島裕翔出演のドラマ・映画一覧・見る方法

中島裕翔 ドラマ

スーツ続けて見ようかどうか迷ってる人には「 3話からもぜひ続けて見てほしい」とお伝えしたいです。 なぜならいよいよ恋愛がストーリーにからんできそうだから。 恋愛ドラマ好きな人は飽きずにスーツ見続けることができると思います。 4話の予告観ると海外ドラマ版にはたしかなかったあの2人の恋愛ストーリーが入りそうなんですよね。 この2人の恋愛ストーリー部分はちょっとした話題になりそうです。 もしあればですが。 ちょっとネタバレあり• 蟹江の気持ち悪さ全開の第3話でした ついに蟹江の本性が現れだしたのか!という第3話でした 笑 まず蟹江はレスリングやってます。 レスリングってオリンピックでやってるレスリングですね。 レスリングってかなり体が密着するわけですが、蟹江はそれ以上のことをしてしまうんです。 寝技がある格闘技はお互いの体が密着するのは当然なんですが、なんで蟹江がああいうことまでしてしまうのかは謎ですね。 海外ドラマ版のルイスって、ここまでしてたのかな〜と、ちょっと疑問です。 たぶん蟹江はルイスよりも気持ち悪さを押し出したキャラにしていくのでしょう。 いい意味でキモいキャラとして蟹江が定着するといいなと思います。 ドラマを盛り上げるという意味でね。 それにしても小手伸也は大変な役やってるな〜 関連ページ 鈴木大輔 中島裕翔 が活躍しだした 1度見たものを完璧に覚えるというすごい才能を元々持っている鈴木が活躍してきました。 いよいよって感じですね。 第3話では甲斐の上をいく発想をします。 さらに蟹江の仕事を引き受け始めます。 このあたりの展開は海外ドラマ版でもあったでしょう。 鈴木は今は甲斐に忠実ですが、はたしてこれからどう鈴木が動くのかもドラマ スーツの見どころですね。 へぇ〜って思いました。 恋愛の予感 3話で「おお!」と思ったのは蟹江の気持ち悪さでもなく鈴木の活躍でもなく、 聖澤 ひじりさわ と鈴木そのほかの恋愛が始まりそうな雰囲気があったことでした。 視聴率は第1話から落ち続けていますから第4話以降から恋愛要素を入れてドラマを盛り上げていこうってことですよね。 きっと。 さてそんな恋愛要素ですが、もしかしてもしかしたらあの2人の恋が始まるのかも。 たしか海外ドラマ版ではこの2人の恋愛はなかったように思います。 やはり某ドラマのファンを意識しての日本版オリジナルストーリーとなるのでしょうか。 どの2人かは第3話の最後にある第4話の予告篇を見てください。 それにしても聖澤 ひじりさわ 役の新木優子、ものすごい美人です。 そんな新木優子がドキドキした表情をしているシーンが良かったです。 甲斐役の織田裕二の演技が1話みたいなのに戻ってしまった 2話ではそんなに気にならなかった甲斐役の織田裕二の演技ですが、3話はなんか無理があるな〜なんて思ってしまうシーンがありました。 そんなにむりに欧米風じゃなくても良さそうなのになと1話と同じことを思ってしまいました。 関連ページ 余裕を感じさせる男を演じていると思うんですが、なんだか空回りしてるような気がしてしまいます。 2話のときみたいな演技がいいなと思ったしだいです。 いよいよ4話からは恋愛が始まるようです。 4話の予告では聖澤 新木優子 、谷元砂里 今田美桜 、鈴木大輔 中島裕翔 の3人が同じ場面でいるシーンがあり、2人の女の争いが始まるのかなんていう展開が予想されます。 日本リメイク版は海外ドラマ版よりも恋愛要素が多くなりそうです。 蟹江 小手伸也 の恋愛はあるのかな… 海外ドラマ版のルイスは恋愛要素あるんですが。 FODプレミアムに登録しなくても無料で観れます。 見逃し配信期間は一週間。 観る方法は、.

次の

中島裕翔

中島裕翔 ドラマ

他人の文章を書き写すことで、その人の思考をコピーできる特殊能力を持つ竹内薫(中島裕翔)は替え玉受験で小論文に取り組んでいる最中、井上玲(笠松将)の思考に入り込んでしまう。 薫の頭に広がる不吉なイメージ… この嫌な感情は一体何なのか…?違和感を覚えつつ指示通り試験を終え、藤原智美(間宮祥太朗)らと落ち合うと、そこに玲の姿はなかった。 嫌な予感がした薫はひとり慌てて井上家へ向かうが、家にも玲はいない。 代わりに見つけたのは目を見開いたまま絶命した、血まみれの井上涼子(須藤理彩)の死体だった。 しかも駆け付けた刑事・桐原崇(神保悟志)に殺害を疑われ、警察に連行されてしまう。 一方、東宮寺正胤(若林豪)に呼び出された智美は、失敗が許されないシノギに一般人である薫を巻き込んだ挙句、警察に捕まったことを厳しく問い詰められていた… 【出典:】 替え玉受験は、東宮寺正胤(若林豪)が目論むカジノ計画成立のために必要なシノギだった。 竹内薫(中島裕翔)は釈放されたが、警察が井上玲(笠松将)を見つけ出し真相を知れば、計画のとん挫はおろか自分たちの命もない…藤原智美(間宮祥太朗)と千佳(上白石萌歌)が頭を悩ませていると、権堂真司(音尾琢真)から着信が。 電話から聞こえてきたのは、薫の家へ向かっているらしき東宮寺と権堂の会話だった。 その頃、薫の横を怪しげな清掃車が通過する。 「立ち話はなんだから乗りなさい」…声の主は東宮寺だ。 その迫力に圧倒され震える薫を、東宮寺は力ずくで車内に引きずり込み…。 【出典:】 山田龍一(高橋努)は井上玲(笠松将)がとある清掃業社にいると竹内薫(中島裕翔)に教える。 そこで藤原智美(間宮祥太朗)に銃を渡し助けて欲しいというが、本当は銃を持った薫と智美が落ち合ったところで、警察に逮捕されることをもくろんでいた。 山田の言葉に何かを感じつつ、清掃業者に向かうため長距離バスに乗り込む薫。 バスの近くには桐原崇刑事(神保悟志)の姿が。 実は薫と智美の供述の不審点に気づき、後を追っていたのだ。 山田と繋がる刑事・喜多慎吾(金井浩人)も乗車し、薫を陥れるための包囲網が敷かれた長距離バス。 そんな中、サービスエリアでキャリアウーマン風女性が乗り込んで来る。 実は彼女の正体は…。 そして山田の壮絶な人生、駿(岡崎体育)との強い絆の秘密が明らかとなる。 【出典:】 薫と智美がそれぞれ敵と対峙する中で二転三転する展開が面白く、裏切りなどもあってアッと驚く展開に見ごたえがあってよかったです。 しかし、薫が一話と違ってかなり悪に染まっているというか、肝が据わっているような成長ぶりも素敵でした。 【5段階評価-5. 面白い】 『僕はどこから』あらすじ 「僕は…僕はどこから… 来るんですか…」 特殊な能力を持つ青年&エリートヤクザ… 青春異能クライムサスペンス! 文章を書き写すことで、他人の思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内 薫。 認知症を患う母と二人暮らしをしながら、今日も一心不乱に原稿に向かっている。 薫の前には類まれなる能力を持ちながらも、その能力ゆえに「自分独自の作品」が作れないという大きな壁が立ちはだかっていた。 必死に母を介護しながら自分の夢と現実にもがく薫になおも降りかかる「母の事故」という悲劇。 薫はその異能を活かして成功直前までこぎつけるが、予想だにしない大きな流れに飲み込まれることになる。 『出典:』 『僕はどこから』CAST&STAFF 竹内 薫役:中島裕翔(Hey! Say! JUMP) 1993年8月10日 東京都町田市出身 ジャニーズ事務所所属• - 所属事務所による公式プロフィール• 基本的、JUMPのメンバーが出とるドラマっておもろない?視聴率低いこと多いけど…笑 — きらりんちょ qYsiFuwerT9uUog ドラマ「僕はどこから」を見逃し動画無料フル視聴しよう.

次の