宇宙 より 大きい。 宇宙の大きさってどれくらい?

宇宙はどれくらい広いの、どんな形をしているの

宇宙 より 大きい

何人かの研究者は宇宙自体が生命体であると考えている。 なぜなら生命の形態はさまざまに異なっており、生命の規模もウイルスのような小さなものから、宇宙のような大きなものまで、さまざまであると考えられているからだ。 早くも紀元前500年、古代ギリシャの哲学者アナクサゴラスは、宇宙が巨大な生命体であると認識していた。 その後、プラトン、ストイック、新プラトン主義のプロティヌスのような学者たちも宇宙が生命であることを論議していた。 これらの学者たちは、銀河、ブラックホール、星、クエーサー、星雲、小惑星、そして我々人間はこの宇宙のさまざまな組織構成であると述べていた。 ほかの生命は人間と違って、必ずしも酸素と水が必須であるとは限らない。 生命の規模もそれぞれである。 生物学は、ウイルスからクジラまで、もちろんより小さいものからより大きいものまで、すべては生命であると発見した。 そして多くの研究者はまた、宇宙にも出生、成長、繁殖と死亡の特徴があり、例えば、宇宙の拡張は成長と見なされ、宇宙は遠い将来に死亡を迎えることも認識した。 それなら宇宙も繁殖できるのか? 複数の宇宙が存在しているのか? もし複数の宇宙が存在しているならば、宇宙には家族がいるのか? カナダのペリメーター理論物理学研究所の理論物理学者であるリー・スモーリンは、上記の宇宙繁殖の問題について、理論的に肯定的な答えを示した:宇宙には自分の家族と子供たちがいるが、彼らはブラックホールのエリアに隠されている。 スモーリンは「自然の法則は完璧で、宇宙は生命を生み、育てることができる」と言った。 彼は宇宙の法則は信じられないほど完璧であると考えているようだ。 我々の生物学を通し、この宇宙の法則はどれほど神秘であるかがわかる。 宇宙論者たちが認めなければならないのは、もし自然が完璧ではなければ、自然が強くなっても弱くなっても、銀河や星は形成されず、微視的な原子も形成されないので、宇宙も存在しないということである。 スモーリンは「宇宙は生物学に記述されているように成長している。 ブラックホールを通して代々生み出し、そして宇宙群まで形成する」と述べた。 関連リンク• 大紀元日本について• サイト所有会社• 株式会社大紀元(英語名 DJY Japan Inc. TEL:03-6806-8902 FAX:03-6730-2861• EMAIL info djy. jp 運営会社• 特定非営利活動法人エポックメディア• TEL:03-6806-8903 FAX:03-6332-9990• 運営責任者: 金丸真弥• EMAIL info epochtimes. jp 大紀元 Global Group•

次の

太陽より大きな星はあるの

宇宙 より 大きい

1光年は何キロ? 広大な宇宙の中で距離を測るとき、私たちが普段使っている単位「km」を用いると、とてつもない桁になってしまいます。 そのため、天文学独自の単位を使います。 それは以下の3つです。 ・天文単位(AU) ・光年(ly) ・パーセク(pc) なかでも、私たちに馴染みがあるのは「光年」でしょう。 天文ニュースはもちろん、プラネタリウムの解説や、星空ツアーなどのガイドでもよく使われています。 光年が表す距離がイメージできるようになると、夜空に輝く星が身近な存在に感じられ、今よりもっと親しみがわいてくるかもしれません。 <目次>• 1光年は何キロメートル (km)? 「年」という漢字が時間をイメージさせますが、 光年は距離の単位です。 光が進む速さは、毎秒約30万km。 地球1周が約4万kmなので、光は1秒間に地球を7周半します。 1光年とは、光が1年間に進む距離のことで、kmに換算すると 約9兆5000億kmです。 「天文単位」は、太陽系の中を測るのに便利な単位。 ちなみに、冒頭で紹介した宇宙の距離を表す単位のひとつ「天文単位(AU)」は、太陽系の中を測るのに都合がいい単位です。 太陽から地球までの平均距離を1天文単位(1AU)とします。 その距離は、約1億5000万km。 太陽から土星までの距離は、約10天文単位(約10AU)です。 また、「パーセク(pc)」は、暮らしの中で星空を楽しむ上では、ほとんど使わない単位です。 1パーセクは約3. 26光年ということだけ覚えておけば十分でしょう。 以上を整理すると、次のようになります。 ・1天文単位=約1億5000万km(太陽から地球までの平均距離) ・1光年=約9兆5000億km(光が1年間に進む距離) ・1パーセク=約3. 26光年 地球から宇宙までの距離はどのくらい? ところで、私たちがいる場所(地表)から宇宙までは、どのくらいの距離があると思いますか? 空と宇宙の境目はどこにあるのか……実は「ここからが宇宙です」という、明確な(天文学的な)境目はありません。 なぜなら、地表から宇宙までは無段階につながっているからです。 また、地球は宇宙空間に存在する天体ですから、私たちはすでに宇宙にいるといえます。 ただし一般的には、大気(空気)がほとんどなくなる 上空100kmから先を宇宙としています。 ちなみに、飛行機は地上から約10km上空を飛び、国際宇宙ステーション(ISS)は高度約400kmを飛行しています。 地球から月までの距離は約38万kmです。 これらの距離を比較すると、宇宙の入り口(上空100km)は、案外近いといえるのかもしれません。 なお、国際航空連盟というスカイスポーツの国際組織では高度100kmより上空を宇宙と定め、アメリカ空軍は上空80kmより先を宇宙とみなしています。 宇宙の大きさはどのくらい?137億光年という偉大な距離 それでは、宇宙の大きさはどのくらいなのでしょうか……最先端の科学をもってしても、その答えはまだ出ていません。 宇宙は、137億年前に誕生したといわれています。 ということは、世の中には光より速く進むものはないので、光が137億年かかって進む距離(137億光年)しか観測できないということになります。 ですが、実際の宇宙は137億光年よりも、かなり大きいという説もあります。 なんにせよ、137億光年という距離は、私たちには想像もつかない数値です。 それほど、宇宙は大きいということでしょう。 40光年は近いのか、遠いのか? 以前、地球から約40光年離れた恒星のまわりを、地球に似た7つの惑星が回っていることが発表され、日本でも話題になりました。 このとき、筆者(ガイド)の友人知人から「40光年って、近いの? それとも遠いの?」と、よく聞かれたものです。 それでは太陽(太陽系)が属している銀河系を例にあげて、比較してみましょう。 私たちにとって、もっとも身近な星(恒星)である太陽は、銀河系を構成する星のひとつです。 銀河系は、およそ2000億個の星の集団で、その形は薄い凸レンズを2枚重ね合わせたような、真横から見ると中央が少し膨らんだ円盤状をしています。 端から端までは、約10万光年。 太陽の位置は、銀河系の中心から約2万8000光年離れたところです。 アンドロメダ銀河の光は、230万年の時を超えて私たちの目に届く。 また、肉眼で見られる天体の中で、もっとも遠くにあるアンドロメダ銀河は、地球から約230万光年も離れています。 つまり、銀河系の外側にあるということです。 そう考えると、地球から40光年は銀河系の中ですし、けっこう近いと感じませんか? もちろん、個人の感覚によって遠近のとらえ方は様々です。 けれど前述の通り、宇宙はとても大きいです。 それを思えば、40光年は「意外と近い」と感じられるのではないでしょうか。 時を超えて届く星の光 「光年」とは宇宙の距離を表す単位だと、繰り返し述べてきました。 ですが不思議なことに、時間にまったく関係ないというわけではありません。 たとえば、地球から100光年の距離にある星の光は、100年前にその星から発せられた光だと言い換えることができるからです。 夜空に輝く星の光が、何光年、何千光年、何万光年という長い時を超えて、自分の目に届いている。 光年の意味がわかると、ひとつひとつの星の輝きが愛おしく感じられると同時に、宇宙の壮大さを目の当たりにできます。 【関連記事】•

次の

陽子から宇宙まで、いろんなものの大きさを比べられる「Universcale」

宇宙 より 大きい

89 ID:DwFU5n2N0 地球は生き物。 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 01:54• ああ、ケンイシカワの話?• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 02:07• あれ、「帰ってきたウルトラマン」のバキューモンは?• 2011年11月22日 02:28• ブラックホールは生き物だと思ってたな…ガキのころだが• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 02:28• 逆に小さい(軽い)星のほうが大きな生物いると思うけどな 重力小さいから大きくなってもあまり重くならない• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 02:43• ガイア理論とか楽しいと思う• 名無し• 2011年11月22日 02:45• 俺達の常識で話すなよ、宇宙さんだぜ?何があってもおかしくないんだぜ?• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 03:09• 地表全体覆う木の根や細菌くらいか 宇宙に動物放り出して地球をBHに突っ込む• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 03:31• 宇宙で生まれて宇宙を放浪し続ける生物っているんだろうか• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 03:34• 1はアホの子• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 03:49• だけど憎めない• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 03:58• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 04:16• そういえばダークマターは生物って説あったな 星どころかもっと大きな範囲が餌っていう• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 04:22• 大きさや速さなんて人間の主観にしか過ぎない• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 04:55• まず地球に住む人類が宇宙人から作られたという説がある。 例えば地球人が他の惑星に住もうとするとその惑星を地球に似せた環境にするしか人類がこの体でその星で生き抜くのは無理。 もし仮に人類の遺伝子細胞からいじり直してその星に合った体の新人類を作れば地球に似せた環境を作らなくても良くなる。 そうやって宇宙人が自分たちが地球で生きて行く為に生み出した新しい生物が今の人類なのであって、元をたどれば我々は他の惑星から地球に移り住んだ知的生命体の末裔であり、太陽・地球の寿命が尽きるまでにまた別の惑星に移り住めるだけの科学技術を発展させなければならない。 そうやって惑星を食いつぶしながら宇宙の心理を追求し続ける宿命を背負った知的生命体が多々有り、最終的にどの惑星に放った知的生命体が宇宙の答えまでたどり着けるか、それが我々地球人であるかは分からないが、一体俺たちが何のために生き、どこに行くのかは宇宙時間のほんの一瞬を今生きている我々が導き出して行くべき道なのだろう。 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 04:55• 星は生き物だろうな人間は地球の子供 いずれ地球の寿命が尽きる前には嫌でも宇宙に飛びでないといけない。 そんで人間が住めるような星に改造した星は 宇宙から見たら地球そっくりな見た目の青い星になってる。 これは地球が自分の種族を残せたって事。 ラノベで俺が関心した理論。 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 05:52• 暗黒星雲事態が生命体っていう説もあるくらいだからいると思うよ! 宇宙は無限の可能性があるからね なにがあったって不思議じゃない 地球考えられる常識なんて宇宙にとっちゃ微生物以下の小さなモノでしょう• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 07:55• 大帝国の大怪獣か……• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 08:37• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 09:31• 俺も実際、物理の法則って人類が勝手に自分の知ってる範囲内での法則を当てはめて言ってるだけで 銀河系以外の星団とかの物理法則は違うかもしれないじゃんとか思う それに恒星はガス体だから住めないって言うけど、ガス体は地球で言うオゾン層でその下にはちゃんと星がある 地球の科学力だとガス体の下は解らないって言う理屈で とか 実はガス体は地球外生命のカモフラージュ技術でその中に母船か星があるとか思ったほうが面白いしな• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 09:45• そんな生命体が出てくるのは中盤くらいだけど、なかなかにロマン。 妄想膨らますのもいいよな。 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 10:33• 2010年宇宙の旅で登場後すぐに絶滅させられた、木星の生物を思い出した。 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 10:46• 勉強するのはいいけど、それが真理とは思ってはいけないよな。 決めつけほど成長を妨げる害悪はない。 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 11:14• でかい星だったら大きい生物がいるとかw でかい星はだいたい恒星だから生き物の生存率は限りなく低い• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 11:40• 外なる神々のことですね• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 12:20• 菌類ならいける気がする 地球上でも1コロニーで900万平方mくらいの大きさの粘菌がいるらしいし でも動物は無理だろ• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 12:46• そもそも何で既存の物理学に則してると思ってんだよ 地球と宇宙空間ですらあんなに違うっていうのに• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 13:53• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 14:33• おまえら何も知らないんだなあ このでかい銀河をビー玉みたいにコレクションしてる恐竜がいるんだぞ ソースはメン・イン・ブラック• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 18:34• 大帝国スレか 普通に1Gある魚とか出るからな• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 19:09• ギャラクタスはもうでたかな? ぶっちゃけゲッペラとアクセラレータとゴジータが手を組んでもアメコミの一般人にも勝てないだろうけど。 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 19:23• こういうのに科学の法則とか持ち出すのはナンセンス• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 20:39• もしかしたらこの宇宙も超でかい生物の鼻くその一部とかに過ぎないんじゃないかって考えたりすると眠れなくなるよね• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 20:42• お前らの中で科学法則ってどんだけ信用ないんだよw いくらなんでも既存の理論が否定されれば全てのことが可能ってわけじゃないんだぞ 恒星に住もうとしたら熱で物体が構成できない 惑星大の生物がいれば万有引力で体内が押しつぶされる これらは観測された事実から考えられる結論 この間のアインシュタインの相対性理論が敗れるかもって話とは次元が違うぞ• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 21:24• 宇宙どこいっても原子の大きさはたいして変わらないだろうから 大きな体にはそれだけ膨大な数の細胞がある それが全部機能して生きれる仕組みがなくてはならない 重力よりもそのへんが難しそう• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 13:23• とりあえず1がアホだってのは分かった。 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 22:41• なんだ、もっとマクロの話かと思った。 太陽系=原子 太陽=原子核 地球とか惑星=電子 銀河系が一つの分子と考えて… まあ、そこまで大きくなるともうわくわくしないんだよね。 クジラぐらいがいいや。 jkl• 2011年11月22日 22:47• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月22日 22:54• 地球自体が生命体って面白いね 人間が癌細胞で、エボラとかエイズとか未開の土地で突然現れる不治の病原体が地球にとっての抗体なのかも• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月23日 00:19• 今我々がいるこの宇宙自体が、生物の皮膚細胞の一つに過ぎないのだよ 月の裏側すら見た事もない、地球の常識に囚われた無知どもがエラソーに語るなこのブタタコ• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月23日 06:16• 名無しのまっしぐらさん• 2011年11月29日 00:10• よくわからんが星を覆うような膜状の人口生命体を作ることができれば それは地球より大きい生命体になるんじゃないのか? これなら物理的な制約には縛られない気がする.

次の