ライキン 無課金 指揮官 - 【ライキン】レア指揮官は無課金なら育成必須!?【ライズオブキングダム】

無課金 指揮官 ライキン ライキン 最強当たり指揮官キャラランキング!(ライズオブキングダム)

無課金 指揮官 ライキン 【ライズオブキングダム】集結をしましょう!! 野蛮人の集落を破壊して報酬を獲得しましょう。無課金攻略【ライキン】

無課金 指揮官 ライキン 【ライキン】絶対に育成すべき指揮官ランキング

無課金 指揮官 ライキン ライキン 最強当たり指揮官キャラランキング!(ライズオブキングダム)

無課金 指揮官 ライキン 最新【ライキン攻略】最強おすすめ指揮官(キャラ)ティアランキング|スマホゲーム攻略隊

無課金 指揮官 ライキン 【ライキン】絶対に育成すべき指揮官ランキング

無課金 指揮官 ライキン 【ライキン】育成おすすめエピック・エリート・レア指揮官

無課金 指揮官 ライキン 【ライキン】絶対に育成すべき指揮官ランキング

無課金 指揮官 ライキン 【ライキン】絶対に育成すべき指揮官ランキング

無課金 指揮官 ライキン 【ライキン】絶対に育成すべき指揮官ランキング

ライキン 最強当たり指揮官キャラランキング!(ライズオブキングダム)

リチャードはサーバー開始から38日程度で訪れる幸運のルーレットで入手すること出来ますが、覚醒はかなり大変のため、基本的に微課金はリチャードか後述する李成桂を覚醒させることが目標となります。

  • 上記のように 「集結発動」しても デメリットは軽微です。

  • ゼロになるまでかなり時間が掛ります。

  • チンギス・カン 義経や曹操の上位版となる騎兵アタッカー。

【ライズオブキングダム】集結をしましょう!! 野蛮人の集落を破壊して報酬を獲得しましょう。無課金攻略【ライキン】

こちらも義経ほどではありませんが、毎日特価を買い続けることで比較的楽に覚醒が見込める指揮官となるため使用率が高くなっています。

  • 天賦を解放する 指揮官には、指揮官ごとに天賦というスキルが設定されています。

  • あまり遠いと 部隊を1つ 長い時間拘束することになり、 集結してくれた他のメンバーに 迷惑が掛かります。

  • 発動完了です。

【ライキン】レア指揮官は無課金なら育成必須!?【ライズオブキングダム】

討伐特化のスキルを持ってはいますが、 義経と組み合わせることによって攻城戦でも高いポテンシャルを発揮します。

  • これのメリットはレベルを30まで上げなくとも副将指揮官を連れて行けたり、早めにスキルをオープンすることができます。

  • 主将で運用されにくい理由としては、戦場で真っ先に狙われる&KvKシーズン2以降に登場するエドワードを主将に置く編成が強いなどの理由があります。

  • 小技ですが、レベル10から星上げのタイミングで1束の星の勲章と祝福の星の勲章をうまく混ぜることでレベル10で星4まで一気にランクアップすることが可能です。

ライキン 最強当たり指揮官キャラランキング!(ライズオブキングダム)

ハンニバルはVIPレベルを上げると購入することができる宝箱から入手ができるため、戦力が低い序盤から活躍が期待できます。

  • 攻城戦時に能力が上がるパッシブスキルも持っているので、範囲攻撃は敵国の脅威となります。

  • 〇集結の方法 【ライズオブキングダム】の集結方法です。

  • はっきりとした数値を 知られることはありませんが、 英雄の違いで強弱を推測することができます。

【ライキン】育成おすすめエピック・エリート・レア指揮官

1位 征服王 アレキサンダー大王• 育成難易度的に、エクスプローラー・シャールカ・ガイウス・コスタンツァ・ジャンヌダルクのエピック以下を育てていきたいところですが、ジャンヌは主将で使えなくもない性能でもあり、採集ではなく補助天賦にした構成もあるので、余力があれば上記のレジェンド指揮官のうち1体だけ37レベルまで育てられると良いと思います。

  • このキャラなら、 しっかりと育成を行いつつ、 攻城や集結を担当する事が可能です。

  • スキピオ・アフリカヌス【都市攻撃で活躍】 持久力が高く、長期戦が得意な指揮官です。

  • 防御に関する能力が多いため、攻撃役としては少し物足りない。

最新【ライキン攻略】最強おすすめ指揮官(キャラ)ティアランキング|スマホゲーム攻略隊

ちょっと偵察してみました。

  • アクティブスキルと、パッシブスキルがあるので、バランスよく使っていくのがおすすめです。

  • 天賦の防衛ツリーを進めることで より強固になると思います。

  • なお、もし無課金で強力な指揮官を集めたいときには、 課金アイテムである宝石を無料で集める裏技を活用するのがおすすめです。




2021 cdn.snowboardermag.com