龍が如く7 車に轢かれる。 【龍が如く7】バトルアリーナの攻略と報酬一覧

『龍が如く7 光と闇の行方』感想レビュー。パンツ一丁おじさんは重ね着姿の夢を見るか

龍が如く7 車に轢かれる

2020年1月16日にセガゲームスより発売された『龍が如く7 光と闇の行方』は、シリーズ最新作ながら新主人公、新舞台、そして新たなバトルシステムを採用した意欲作となっています。 非常に限られた開発期間ながら、シリーズ最多となるボイス数・効果音数を盛り込んだ同作は、サウンド演出の面でも非常に特徴的なタイトルと言えます。 今回は、株式会社セガゲームスの時枝浩司氏、服部義明氏、下原史義氏の3名に、同作のサウンド演出の根幹を支えたミドルウェア「CRI ADX2」を題材としながら、目指すべきサウンドデザインの方向性や、大量のアセットを短期間で実装する際のポイントについて訊きました。 時枝 氏:チーフプログラマの時枝です。 プログラマの仕事の割り振りなどタスク管理が業務の中心ですが、プレイングマネージャーとしてプログラム業務も行っています。 本作でいうとキャラクターが車に轢かれる制御は私が作っています。 服部 氏:サウンドデータの組み込み関連を担当した服部です。 サウンドデザイナーが制作したデータを組み込むためのパイプライン構築を行ったり、主にツール周りを見ています。 下原 氏:サウンド制作チーフの下原です。 主にSE・ボイス関連のデータ実装を管理・調整しており、一部のミニゲーム、バトルのコア部分などではSE制作も担当しています。 本作の社内サウンドチームは約10名程度でしたが、担当不在の追加要件などを拾って対応したりもしていました。 今作の開発体制やスケジュールについて教えてください。 時枝 氏:社内の開発チームは100人以上、協力会社を含めると数百という規模感です。 2018年春頃に企画の全体会議があり、サウンドチームとしては2018年末頃から少しずつ開発に参加した形です。 改めて、今作の魅力について教えて下さい。 時枝 氏:『龍が如く7』はシリーズ最新作ではありますが、シリーズを通してプレイしたことがない方にもプレイしやすいタイトルになっています。 まず主人公ですが、今作から初登場となる新主人公「春日一番」へと変わりました。 こうしたところは発売後から多くのご好評の声を頂いています。 まだプレイされていない方も主人公も舞台も新しく生まれ変わっている『龍が如く7』を是非、手にとってプレイしてみてください。 音作りに関してはどういったコンセプトで行いましたか? 下原 氏:バトルのシステムが変わったからと言って、サウンドデザインそのものの方針は大きく変わっていません。 これまで通りの「龍が如く」シリーズのサウンドを目指すといった形でした。 ただ、RPGというキーワードや、春日が「ドラクエ好き」という設定を活かし、いわゆる8bit風なアプローチを一部、取り入れています。 仲間が増えた時のジングルなどもその一環です。 BGMに関しては、主人公が桐生に比べ感情変化が豊かな春日に代わったことで、コミカルなシーンはよりコミカルに、ガラの悪いシーンはよりガラが悪く、といった形で従来よりもバリエーションが広い楽曲群になっています。 また、個性豊かなキャラを立たせるために、シーン、キャラに応じてライトモティーフ(シーンやキャラクターに紐づいて繰り返し用いられる旋律)を用いている部分もあります。 時枝 氏:私は仲間になった時のジングルは非常に気に入っています。 最初は無音だったのですが、このジングルがついた瞬間に「RPGで仲間が増えた!」という感じが出たので、音ひとつでがらっと印象が変わったのを実感しました。 同じテイストでは、携帯の着信音なども気に入っています。 具体的に、どの程度の数のアセットが実装されていますか? 下原 氏:ボイスはトータルで約53,000個とシリーズ最多になっています。 今作は主人公たちが新規キャラクターである上に、バトルを主に基本システムが変わったことにも影響を受けて、ボイスの数もかなりの量になりました。 時枝 氏:RPGらしく仲間もジョブチェンジするようになり、自然とボイス素材は増えていきましたね。 パーティチャットやバトル中のカットインなど、仲間に関連するボイスはとにかく多いため、掛け算でボイス数は増えて行きました。 下原 氏:SEは洗い出そうとするときりがないのですが、バトルの部分だけで言っても、約120個分のカットシーンのMAが必要だったのと、バトルのモーションに300個程度の新規効果音の追加などがありました。 スキルなど従来の「龍が如く」シリーズにはなかった演出には新たなアプローチで制作し、バトルのジャンルが変わったことで回復や効果の上昇などのサイン的なSE(情報を伝える目的のSE)も増えています。 服部 氏:あとは敵の種類がかなり増えて、その分だけバトル関連の効果音も増えています。 ゲーム開発で要求される多様なサウンド演出を手軽に実現することが可能。 ) 服部 氏:ADX2の基本的な機能はすべて使っていると思います。 「龍が如く」シリーズは膨大なアセット数を扱うことが多く、これをサウンドデザイナーが手動だけで管理していくのは簡単ではありません。 こうした理由で、サウンド開発を支援するツールが多く用意されているADX2を常に採用してきました。 下原 氏:我々はいつも「人間は必ずミスをするもの」ということを念頭に置いて開発を行っているため、自動化出来る部分は極力自動化しています。 その点、ADX2は入出力周りが柔軟なので対応がしやすいですね。 CSVで情報を作ってインポートすることも出来ますし、サウンドデザイナーがリストにコメントを一気に打ちたいなどの要求にも柔軟に応えてくれます。 サウンドの細かな調整やプレビューが可能。 「龍が如く」シリーズは発売スパンが短いため、リリースごとに振り返り会を行いながら次の開発にノウハウを継承することができます。 前作ではデータ量の多さからファイル名の間違いが多かったので、チェッカー周りも自動化して対応しました。 下原 氏:自動化できるところは自動化して時間を短縮することで、実際の音作りに掛ける時間を捻出できている部分はありますね。 今回のように短期間で大量のデータを実装する必要があるケースでは、ADX2は特に役に立つと思います。 プログラマだからというのもありますが、音の制御部分がログとして残ってくれるのはありがたいです。 プラグラムを書き換えることなくツールの設定のみで、状況に応じたサウンドデザインが可能。 ) 服部 氏:また、携帯の着信音の鳴らし分けもセレクタですね。 こちらがなにも条件を付けていないのに、音が変わっている!という嬉しい驚きもあったりします。 うまく分業化出来ていると思います。 モチーフは歌舞伎町)ではなく、新たな舞台となっています。 街の音作りで意識したことはありますか? 下原 氏:街の音作りに関しては、SEの良し悪しもなんですが「動かした時、SEがインタラクティブに変化するか」「操作に対して手ごたえがあるか」「変わったと感じられたか」といった点を大事にしています。 また、実際の横浜でロケハンや環境音の収録をおこない、街の空気感をゲームに落とし込む努力もしています。 SEごとに距離減衰の挙動を変えたり、細かい音作りをしていく場合も、ツール側で少ない手数で実現できるように工夫はしています。 結局これもサウンドデザイナーがやりやすい方に合わせたという形ですね。 ) 下原 氏:街をにぎやかす要素としては、実は音だけではなく動画もあるんですよ。 たとえば街中で流れている広告映像や、イベントシーンでニュース映像を見るような場合です。 処理負荷やロード時間が発生するシーンもプリレンダリングムービー化で対応していますが、圧縮率の高さも手伝ってかなり柔軟に動画を使えるようになりました。 高画質・高圧縮な動画が特長。 動画の特殊再生を活用した演出を実現する。 時枝 氏:我々の場合は3人ともサウンドプログラミング経験者ということもあり、特に服部はサウンドのコア部分にも詳しいのですが、普通の現場はその辺りの知識がない場合もあると思います。 だからこそ、ツール側に機能が集約されているのは利点です。 また、我々はツール依存だけでなくプログラム制御も含めてハイブリットに開発を行っていますが、これもCRIの手厚いサポートがあってこそです。 日本語での素早いサポートがあるというのが大きなアドバンテージだと思っています。

次の

【クリアレビュー】『龍が如く7 光と闇の行方』の感想。シリーズ未プレイの人も問題なし。最高のストーリーが待っている!

龍が如く7 車に轢かれる

株式会社セガゲームス 新たなジョブや、本作ならではのテクニックなど、バトルに関する新情報を公開! 株式会社セガゲームスは、2020年1月16日(木)発売予定の『龍が如く』シリーズ最新作となる、PlayStation R 4専用ソフト『龍が如く7 光と闇の行方』(以下『龍が如く7』)において、バトルに関する新情報をお伝えします。 ハローワークで転職できる新たなジョブ「用心棒」と「ホスト」の情報や、コマンドRPGでありながらアクションゲームのようなスリル感が味わえる「ジャストアクション」、走行中の車に敵を轢かせてダメージを与えたりできる本作ならではの「バトルテクニック」の情報を公開します。 11月13日(水)より配信開始いたしました『龍が如く7』体験版でも今回紹介するジョブや、バトルテクニックが体験できます。 是非ダウンロードの上、新しいバトルをお楽しみください。 ジョブごとにバトルスタイルも技も大きく変化する。 用心棒 【バトルスタイル】 刀を振り回す、攻撃型のジョブ。 刃物系の攻撃は、一定の確率で敵を「出血」という状態異常を付与させ、ターン経過する度に追加ダメージを与えることができるのが特徴だ。 極技は「MP(メンタルポイント)」というポイントを消費して繰り出すことができる特別な技で、通常攻撃よりも威力が高い攻撃や、仲間の回復など、様々な効果のものが存在する。 使える極技はジョブによって大きく変化し、どんな極技を使っていくかが戦略のカギを握る。 ・ジャストアクション 攻撃の極技の多くは「ジャストアクション」という要素が搭載されている。 この「ジャストアクション」は、従来のシリーズで搭載されていた「ヒートアクション」のように、ボタン連打やタイミング入力などのアクション操作を行う要素で、入力に成功すると敵により大きなダメージを与えることができる。 コマンドRPGでありながらもアクションゲームのようなスリル感が味わえる「ジャストアクション」を成功させ、強敵を撃破しよう。 PR ハンドバッグを振り回すバトルスタイルが特徴の紗栄子の専用ジョブ「チーママ」。 「ハンドバッグウィンド」はバッグの重みを活かして繰り出される回転攻撃技。 広範囲の敵にダメージを与えられるため、敵が密集している状態や狭い場所で繰り出すのに最適。 ジャストアクションを成功させれば攻撃威力がアップし、敵を一網打尽にすることができる。 以前紹介した、近くに落ちている看板や自転車を活かして強力な攻撃を繰り出すテクニックに加えて、新たに2つのバトルテクニックを紹介する。 『龍が如く』シリーズ最新作となるドラマティックRPGです。 新主人公の春日一番が、新たな舞台「横浜・伊勢佐木異人町」で仲間たちと共に成りあがり、巨悪を打ち砕くまでを描いた熱い人間ドラマを体験できます。 かつてない規模の舞台、『龍が如く』シリーズで培った喧嘩アクションとRPGコマンド選択システムが融合した「ライブコマンドRPGバトル」など、シリーズ最大のボリュームと革新的な進化を遂げた本作に、ぜひご期待ください。 愛、人情、裏切り……。 巨大歓楽街に生きる熱き男たちの生き様を描いた。 これまでゲームが決して踏み込むことのできなかったリアルな現代日本を表現し、累計出荷本数1,200万本を超えるシリーズ作品となっている。 【 商品概要 】 商品名 : 龍が如く7 光と闇の行方 対応機種 : PlayStation R 4 ジャンル : ドラマティックRPG 発売日 : 2020年1月16日 木 発売予定 価格 : パッケージ版・ダウンロード版 8,390円 税別 プレイ人数 : 1人 発売・販売 : 株式会社セガゲームス CERO表記 : D区分(17歳以上対象) 著作権表記 : C? SEGA 公式サイト : 公式Twitter:.

次の

『龍が如く7 光と闇の行方』感想レビュー。パンツ一丁おじさんは重ね着姿の夢を見るか

龍が如く7 車に轢かれる

また、2019年11月13日(水)より配信が開始されたでも本リリースで紹介するジョブや、バトルテクニックを体験することが出来るぞ。 体験版をダウンロードのうえ、新しいバトルを楽しもう。 キンキンに冷えた酒を相手に浴びせる「 冷気」属性の攻撃や、盛り上げコールで仲間をサポートしたり、色気で敵を「 魅了」状態にさせて攻撃できないようにさせるなど、トリッキーな技を多く持つ。 特に「冷気」属性の攻撃は敵に「 風邪」を引かせて、ターン経過する度に追加ダメージを与えることができる優れもの。 だが、その敵の近くに仲間がいると、風邪が感染してしまうこともあるので注意が必要だ。 敵を「風邪」の状態異常にすることも。 極技(きわみわざ) 本作では、攻撃は「 通常攻撃」と「 極技」の2つに大きく分けられる。 極技は「 MP(メンタルポイント)」というポイントを消費して繰り出すことができる特別な技で、通常攻撃よりも威力が高い攻撃や、仲間の回復など、様々な効果のものが存在する。 使える極技はジョブによって大きく変化し、どんな極技を使っていくかが戦略のカギを握る。 ・ジャストアクションのある極技 各キャラの専用ジョブが持つ、「ジャストアクション」搭載の極技の一部を紹介する。 己の拳を頼りに、喧嘩バトルスタイルで暴れまわることができる。 「渾身パンチ」は、フリーターで最初に覚えることができる極技で、敵を一定の確率で気絶させることができる。 ジャストアクションを成功させれば、さらなるダメージの上乗せが可能だ。 バットを手に闘うバトルスタイルとなっている。 「メガスイング」は広範囲の敵にダメージを与えられる便利な技。 ジャストアクション成功でダメージがさらに増加する。 極技「謎の杖術」は、傘や杖を振り回して連続攻撃する。 連続するジャストアクションを成功させれば非力なジョブであるホームレスでも、大きなダメージを与えることができる。 「滅多打ち」は警棒を敵に打ち付ける連続攻撃技。 ジャストアクションに成功すると攻撃回数を増やすことができる。 「ハンドバッグウィンド」はバッグの重みを活かして繰り出される回転攻撃技。 広範囲の敵にダメージを与えられるため、敵が密集している状態や狭い場所で繰り出すのに最適。 ジャストアクションを成功させれば攻撃威力がアップし、敵を一網打尽にすることができる。 新しいバトルテクニック 「ライブコマンドRPG」では、街の状況や敵との位置などがリアルタイムに目まぐるしく変化する戦況を活かして、戦略的に攻撃方法を選択することが重要となる。 以前紹介した、近くに落ちている看板や自転車を活かして強力な攻撃を繰り出すテクニックに加えて、新たに2つのバトルテクニックを紹介する。 極技ごとに、敵の飛び方は異なってくるので、状況ごとに上手く使い分けることが重要だ。 車にぶつけられれば大ダメージを与えられる。 車道付近に敵がいるときは、敵を遠くまで飛ばせる極技を駆使して、積極的に狙っていこう。 『龍が如く7』とは 『龍が如く』シリーズ最新作となるドラマティックRPGです。 新主人公の春日一番が、新たな舞台「 横浜・伊勢佐木異人町」で仲間たちと共に成りあがり、巨悪を打ち砕くまでを描いた熱い人間ドラマを体験できます。 かつてない規模の舞台、『龍が如く』シリーズで培った喧嘩アクションとRPGコマンド選択システムが融合した「 ライブコマンドRPGバトル」など、シリーズ15周年にふさわしいボリュームと革新的な進化を遂げた本作に、ぜひご期待ください。

次の