チャーシュー はちみつ。 絶品チャーシューの作り方!「はちみつ」を使った意外なレシピを紹介

レンジで簡単!豚バラはちみつチャーシューのレシピ

チャーシュー はちみつ

後でまた煮込むのに、なんでこんなに時間をかけるのか……それは、豚肉をやわらかく仕上げるため。 チャーシューや豚の角煮を作ってみて、「何時間も煮たのに逆にパサパサになってしまった」なんて経験、ないでしょうか? これは、煮汁に入っている塩分の影響。 塩には食材の水分を奪い身を引き締めるはたらきがあるので、調味料を入れた煮汁で長時間煮込みすぎると、かえって固くなってしまいます。 ですので、まずは調味料の入っていない状態でしっかり下ゆですることで、固くならず、トロトロのチャーシューに仕上がるのです。 また、下ゆでしていると、残っていた脂とアクが大量に溶け出してきます。 脂と肉のくさみを抜くためにも、下ゆでは欠かせません。 強く沸騰させると肉が固くなってしまうので、沸騰したら弱火を保ってください。 また、蒸発して湯が減ってきたら水を足して常に水がかぶる状態にしましょう。 1時間たったらお湯を捨て、鍋を軽く洗います。 ここまで来たらあとは簡単! 煮汁でコトコト煮込むだけ。 下ゆでが終わったら、いよいよ調味料を入れて煮込みます。 ここまで来たら、あとは簡単! おいしいチャーシューまであと一歩です。 沸騰したら弱火にし、1時間煮る。

次の

絶品チャーシューの作り方!「はちみつ」を使った意外なレシピを紹介

チャーシュー はちみつ

後でまた煮込むのに、なんでこんなに時間をかけるのか……それは、豚肉をやわらかく仕上げるため。 チャーシューや豚の角煮を作ってみて、「何時間も煮たのに逆にパサパサになってしまった」なんて経験、ないでしょうか? これは、煮汁に入っている塩分の影響。 塩には食材の水分を奪い身を引き締めるはたらきがあるので、調味料を入れた煮汁で長時間煮込みすぎると、かえって固くなってしまいます。 ですので、まずは調味料の入っていない状態でしっかり下ゆですることで、固くならず、トロトロのチャーシューに仕上がるのです。 また、下ゆでしていると、残っていた脂とアクが大量に溶け出してきます。 脂と肉のくさみを抜くためにも、下ゆでは欠かせません。 強く沸騰させると肉が固くなってしまうので、沸騰したら弱火を保ってください。 また、蒸発して湯が減ってきたら水を足して常に水がかぶる状態にしましょう。 1時間たったらお湯を捨て、鍋を軽く洗います。 ここまで来たらあとは簡単! 煮汁でコトコト煮込むだけ。 下ゆでが終わったら、いよいよ調味料を入れて煮込みます。 ここまで来たら、あとは簡単! おいしいチャーシューまであと一歩です。 沸騰したら弱火にし、1時間煮る。

次の

2020年3月19日 甘いだけじゃない、はちみつの世界

チャーシュー はちみつ

日本ではチャーシュー・焼豚・煮豚の語の使い分けが明確でないこともあり、レシピ名も混在している。 だが家庭で食べるときは美味しさが一番であり、本場の味や本来の作り方について言い争うことには益がない。 家族が喜んで食べてくれるなら、料理の名前など取るに足らないことだ。 とは言え、客人にチャーシューを供するとなれば、本場・中国の伝統の味をベースにしたものを出したいような気もする。 本場の味と言っても、作り方はさまざま存在するが、共通した作り方は、やはり煮るのでなく「焼く」ということである。 チャーシューを漢字で書くと「叉焼」だが、「叉」の字は中国語ではフォーク状の串をあらわす。 串に刺した肉をあぶり焼きにするのが「叉焼(チャーシュー)」なのだ。 煮る場合は、煮る過程で煮汁の味が肉にしみ込んでいくが、焼く場合は、あらかじめタレに肉を漬けておく必要がある。 塩コショウを中心としたあっさり味のチャーシューもあるが、私たち日本人には、タレの味がしっかりとしみ込んだチャーシューの方が人気が高いだろう。 プラスチックバッグなどを利用して、肉をあらかじめ漬け込んでから焼くのがおすすめだ。 チャーシューを作るときのもう1つのポイントは、仕上げに蜂蜜を塗ることだ。 蜂蜜を塗るタイミングは、「焼く前」でも「焼き上がってから」でもなく、「焼きながら」である。 ここを間違えてはいけない。 順を追って説明しよう。 タレに漬けてあった肉は、タレの水分を切ってから焼くのだが、残ったタレは、焼きながら肉にかけて使い切ってしまうとよいだろう。 そして、「そろそろ焼き上がったかな?」と思われるタイミングで蜂蜜を塗る。 蜂蜜を塗る理由は2つあり、1つは仕上がりに照りをつけるため。 しかし塗るタイミングがあまり早過ぎると、この照りがきれいに出ない。 照りの視覚的要素は大きく、食欲を刺激する。 肉の表面のパサつきをなくし、なめらかなチャーシューに仕上げるために、ぜひ蜂蜜の力を借りよう。 蜂蜜を塗る2つ目の理由は、肉を柔らかく仕上げるためである。 一般的に、肉は焼くと縮むが、これはタンパク質が熱によって変性するため。 蜂蜜にはこの作用をやわらげる効果があるため、肉の縮みを防ぎ、さらに保水効果によってジューシーな肉の旨みを閉じ込めてくれる。 いよいよ自家製チャーシューの作り方における最後のポイントだ。 これはコツでも何でもなく、ただオーブンを使って焼き上げようということのみである。 そもそも、豚肉を「焼く派」と「煮る派」の人がいる。 味の好みは人それぞれなので正解はないが、煮る派の意見を聞くと、焼いたときの肉のパサつきが気になるという声も多い。 一方で焼く派の主張は、「煮ると肉の旨みが流れ出てしまう」「肉の旨みを凝縮して味わうなら、表面を焼き固めて旨みを逃がさない、焼く方法だ」ということである。 だが途中で蜂蜜を塗ることによって、焼いた時の肉のパサつきを防ぐことができることを学んだ。 パサつきさえクリアできれば、焼いて作る方が、肉の旨みが汁へ流れ出ず美味しいチャーシューを作れそうだ。 最近ではオーブンのない家庭も多く、鍋1つで調理できる「煮る」方法の方が手軽なことも「煮る派」を優勢にしている一因かもしれない。 しかし最近は、スチームオーブンやコンベクションオーブンなども手ごろな価格で手に入る。 チャーシューを含め料理全体の幅を広げる意味でも、この際、1つ持っておくのもよいのではないだろうか。

次の