コン トレイル 強 すぎ。 【日本ダービー・結果】コントレイル強すぎワロタwww

コントレイル別次元で“1強ダービー” 5着サトノフラッグは「こんな馬では…」

コン トレイル 強 すぎ

19日、中山競馬場で行われた 皐月賞(G1)は、1番人気の コントレイルが優勝。 鞍上の福永祐一騎手はこれで史上11人目、皐月賞、日本ダービー、菊花賞、桜花賞、オークスからなる五大クラシックの完全制覇となった。 勝利騎手インタビューで福永騎手が「想定外だった」と振り返った通り、レースはコントレイルにとって決して順調なものではなかった。 前日の雨の影響で内側の馬場が悪く、1枠1番は非常に難しい枠となった。 案の定、行き脚がつかず後方12番手からの競馬。 しかし、3コーナー手前で、ようやく外に持ち出されると一気に進出開始。 最後の直線入り口で先頭に並び掛けると、そのまま押し切る横綱相撲だった。 「今日はコントレイルにとって、決して楽な展開ではありませんでした。 それで、あれだけ強いレースをするのですから、同世代では頭一つ抜けた存在ですね。 昨年には陣営からは『2000mでも長い』と言われていた馬ですが、ここに来て急成長。 レース後、福永騎手から『距離がもっとあっても大丈夫。 次が楽しみになった』というコメントが飛び出していますし、2400mの日本ダービーでも中心になることは間違いないでしょう」(競馬記者A) また、皐月賞の戦前では朝日杯フューチュリティS(G1)を勝ったサリオス、弥生賞ディープインパクト記念(G2)を勝ったサトノフラッグと「無敗3強」と評されていたが、この日はコントレイルの「1強」であることを証明するような圧巻の内容だったという。 「サトノフラッグにとっては『完敗』と言わざるを得ないレースでした。 初騎乗のC. ルメール騎手も『直線までは、いい感じで運べた』と話していた通り上手く乗っていましたし、4コーナーではコントレイルに並ぶような格好だったんですが、そこからの手応えがまったく違いましたね……。 ルメール騎手も『もう少し脚を使えるかと思っていましたが……』と肩を落としていました。 初勝利が昨年11月と、コントレイルが東京スポーツ杯2歳S(G3)を勝った同日。 陣営も以前から『古馬になってから』と話しており、伸びしろのまだまだある馬です。 しかし、1カ月半後のダービーでコントレイルとの差が逆転するかというと、厳しいと述べざるを得ません」(競馬記者B) また、コントレイルに唯一最後まで食い下がったのが3強の一角サリオスだ。

次の

【日本ダービー結果】コントレイル強すぎワロタwww

コン トレイル 強 すぎ

19日、中山競馬場で行われた 皐月賞(G1)は、1番人気の コントレイルが優勝。 鞍上の福永祐一騎手はこれで史上11人目、皐月賞、日本ダービー、菊花賞、桜花賞、オークスからなる五大クラシックの完全制覇となった。 勝利騎手インタビューで福永騎手が「想定外だった」と振り返った通り、レースはコントレイルにとって決して順調なものではなかった。 前日の雨の影響で内側の馬場が悪く、1枠1番は非常に難しい枠となった。 案の定、行き脚がつかず後方12番手からの競馬。 しかし、3コーナー手前で、ようやく外に持ち出されると一気に進出開始。 最後の直線入り口で先頭に並び掛けると、そのまま押し切る横綱相撲だった。 「今日はコントレイルにとって、決して楽な展開ではありませんでした。 それで、あれだけ強いレースをするのですから、同世代では頭一つ抜けた存在ですね。 昨年には陣営からは『2000mでも長い』と言われていた馬ですが、ここに来て急成長。 レース後、福永騎手から『距離がもっとあっても大丈夫。 次が楽しみになった』というコメントが飛び出していますし、2400mの日本ダービーでも中心になることは間違いないでしょう」(競馬記者A) また、皐月賞の戦前では朝日杯フューチュリティS(G1)を勝ったサリオス、弥生賞ディープインパクト記念(G2)を勝ったサトノフラッグと「無敗3強」と評されていたが、この日はコントレイルの「1強」であることを証明するような圧巻の内容だったという。 「サトノフラッグにとっては『完敗』と言わざるを得ないレースでした。 初騎乗のC. ルメール騎手も『直線までは、いい感じで運べた』と話していた通り上手く乗っていましたし、4コーナーではコントレイルに並ぶような格好だったんですが、そこからの手応えがまったく違いましたね……。 ルメール騎手も『もう少し脚を使えるかと思っていましたが……』と肩を落としていました。 初勝利が昨年11月と、コントレイルが東京スポーツ杯2歳S(G3)を勝った同日。 陣営も以前から『古馬になってから』と話しており、伸びしろのまだまだある馬です。 しかし、1カ月半後のダービーでコントレイルとの差が逆転するかというと、厳しいと述べざるを得ません」(競馬記者B) また、コントレイルに唯一最後まで食い下がったのが3強の一角サリオスだ。

次の

【みんなの反省会】日本ダービー~2強ではなく1強だったコントレイルby鈴木亨TM

コン トレイル 強 すぎ

無敗対決を制してまずは1冠 コントレイル 中山グランドジャンプで同じオジュウチョウサンの勝ちタイムが、昨年よりも20秒近く遅かった前日の超不良馬場から、かなり心配された当日の馬場であったが、2分0秒7の決着タイムが示す通り、好天と気温の上昇により急速に馬場が乾いて、紛れのない実力が問われる一戦となった。 コントレイルは、スタートは悪くなかったが、最も内が荒れているホームストレッチで思うように進んで行かず、レース後に福永騎手も語っていたように想定外のポジション取りとなってしまった。 ただ、3コーナー手前の馬群がバラけたところでスッと外へ持ち出してからは、一頭だけ別次元の手応えで進出。 かなり外を回るロスがあった分、最後は抵抗する2着馬を突き放せなかったとはいえ、着差以上の能力の違いを示したと言える。 抵抗するサリオスを退けコントレイルが1冠奪取(撮影:日刊ゲンダイ) 2着 サリオスは、好位のインでロスのない立ち回りだったが、結果的には馬場の悪いところを走らされた形。 最後に抵抗して力は示したものの、相手が一枚上だったとも言える。 ただ、こちらは距離が延びてどうかという印象も受けるだけに、今日の差をダービーで逆転するのはかなり難しいかもしれない。 3着 ガロアクリークは、前走で自信を付けたこともあってか、自分の競馬ができて力は出し切れたように思うが、これまた今日の差をダービーで逆転するのは厳しいだろう。 4着 ウインカーネリアンは、2番手から直線を向いたところでは先頭に。 内から2着馬に、外から勝ち馬に一気に交わされたが、そこから渋太く粘っていた。 中2週続きの強行軍だったことを考えても、大健闘だったか。 5着 サトノフラッグは、勝負どころからジワッと進出して、直線を向いたあたりでも手応えは十分に残っていたように見えたが、意外なまでに伸びなかった。 今回はギリギリのところまで仕上げ過ぎてしまったのかもしれないが、こんな馬ではないと思う。

次の