クリスティーナ。 Cristina Ramos(クリスティーナ・ラモス)

《クリスティーナ・オルソン》アンドリュー・ワイエス|MUSEY[ミュージー]

クリスティーナ

お支払い方法について クレジットカード払いの場合 VISAカード、マスターカード、JCBカード、AMERICANEXPRESS、ダイナースクラブカードがご利用いただけます。 お支払い回数は一括払いのみでの受付となります。 代金引換の場合 商品到着時に代金をお支払いください。 代引き手数料が必要となります。 銀行振込の場合 下記の口座にお振込みをお願い致します。 金融機関名 りそな銀行 支店名 船場支店 センバ 支店 口座番号 普)0606893 口座名義 Wコンサルティング株式会社 振込手数料はお客様がご負担いただきますようお願い致します。 ご注文者様名義でお振込みお願い致します。 入金確認後、2営業日以内に商品を発送させていただきます。 入金確認ができない場合は、配送希望日時を指定されていてもご希望に添えない事がございます。 予めご了承くださいませ。 ご注文方法について インターネットでのご注文 24時間365日受付しております。 ご了承くださいませ。 領収書の発行について 当ショップでは領収書をご希望のお客様に領収書を発行しております。 ご希望のお客様は商品購入の際に領収書希望とご記入ください。 お届け・送料について 送料は地域により異なります。 ヤマト運輸、エコ配、ゆうパックでの配送となります。 ご了承くださいませ。 11,000円以上のご注文で送料無料になります。 お問い合わせ 商品の詳細、及び購入方法につきましてもお気軽にお問い合わせ下さいませ。 Email:wshop w-clinic. shop 受付時間:10:00〜18:00 定休日(土・日・祝日) ショップポイントについて 会員限定ポイントサービス 当ショップでご購入いただいた商品金額の1%をポイント還元致します。 ショップポイントは2回目以降のご購入時に会員ログインしていただくことで、「1ポイント=1円」でご使用可能です。 必ずログインをしてご購入ください。 Wクリニックのクリニックポイントとの併用は出来かねますので、予めご了承ください。 期限を過ぎますとポイントは無くなります。

次の

Cristina Ramos(クリスティーナ・ラモス)

クリスティーナ

《クリスティーナ・オルソン》は、アメリカの画家アンドリュー・ワイエスによって1947年に制作された作品である。 アメリカの国民的画家の一人 20世紀のアメリカで最も有名な写実主義画家の一人であるアンドリュー・ワイエスは、現実世界の神秘性を込めた作品で、伝統的な写実性の概念に挑戦した。 ワイエスは、ペンシルベニア州とメイン州の田園地帯での日常生活の風景、および肖像画を細部に渡って描き、油彩やアクリルの代わりに水彩とテンペラで作品制作をした。 写実的な描写で有名である一方、ワイエスの作品はしばしば怪しげな感覚を含んでいる。 そのためワイエスをマジックリアリストと評する批評家もいる。 頻繁に描かれたモデル ワイエスが頻繁に用いたモデルである隣人のクリスティーナ・オルソンが描かれている。 クリスティーナは変性筋疾患を患っており、歩くことができなかった。 有名な《クリスティーナの世界》は、本作の翌年に描かれたものである。 黒い半袖のワンピースを着たクリスティーナは、家の戸口に腰かけて外を眺めている。 そよ風が外の芝生と、戸口を開けて座っている彼女の髪をなでている。 外から差し込む陽光と部屋の中の影が、戸板に斜めの線を形成している。 ワイエスはここでは彼女の不自由な体ではなく、断固たる横顔を強調して描いている。 一見して彼女の体の障害はわからず、その精神の芯の強さが垣間見えるような作品となっている。

次の

クリスティーナジャパン|CHRISTINA JAPAN

クリスティーナ

生涯 [ ] 誕生時は毛深く、男児と誤認されて一時「王子誕生」の誤報が流れる。 しかし、女児であったことが判明し、王子を望んでいた母マリアは落胆したが、父グスタフ・アドルフは「我々皆を騙したのだから賢い子になるだろう」と歓ばれる。 父から早々に後継者に指名され、古典や神学に加え帝王学を学ぶほか、騎馬・剣術・狩猟をさせるなど、まるで王子のように教育されて育つ。 クリスティーナ自身も手芸や人形遊びのような一般的な女子の遊びを好まず、乗馬や射撃を得意としていた。 父王の死後、6歳で即位。 即位よりして過ごす。 初めである伯爵の補佐を受けたが、および終結の頃からを行った。 彼女の治世下でもスウェーデン軍はと提携してに進出し、ではのほか多数の都市と賠償金を得る(スウェーデンは当初、戦勝国として膨大な要求を敗戦国に突き付けたが、クリスティーナはそれを拒否して大幅な譲歩をして交戦国と妥協した。 クリスティーナの寛大な譲歩は、臆病な平和とスウェーデン国内から非難され、オクセンシェルナなど守旧派の反発を招いたが、女王が意志を貫き通したこともあり、講和が成立した)。 に迫って新教徒の権益を拡げさせることにも成功している。 がをしていたと同盟を結び、スウェーデンのヨーロッパにおけるの地位を安定させた。 父の聡明さを受継いでいたが、クリスティーナはに疎く、あるいは無関心であった。 後にスウェーデンは国家財政の財政難を招いてしまうが、この財政難の元凶の一端を担いでしまったのが彼女であった。 しかしクリスティーナは無能ではなく、高い政治能力を有していた。 平和を願い、カトリックとの融和を説き、の安寧と言う高貴な理想を抱いた一己の者であった。 また彼女なりの成立に努力した精神の持ち主であった。 におけるスウェーデン領の関係の成立などに現れる。 しかし、化とプロテスタント主義を目指すスウェーデン政府との軋轢が彼女を苦しめたのである。 スウェーデンの国益と自由主義の狭間で揺れ動いた彼女は、最終的に己の意志を貫き、退位を決意したのであった。 豊かな教養を持つクリスティーナは、やらと交わり、彼らを宮廷に招聘している。 一方、早くも20歳の時に王位を去る計画を立て、その7年後に従兄に王位を譲り、外遊を始めた。 翌にで誓絶式を行い、に改宗した。 1655年12月ローマに到着し、以後ローマに居を定めフランス・ドイツ・スウェーデンを周遊した。 に従兄カール10世が死去、その子が5歳で即位すると、クリスティーナはすかさずに戻り、「カール10世とその子女に王位を譲っただけなので、カール11世が亡くなった場合は復位する」と宣言した。 しかし、クリスティーナはすでにカトリックに改宗しており、この宣言はスウェーデンで受け入れられるものではなかった。 このため、彼女は王位継承権の放棄を再び宣言、1662年にローマに帰還。 、が退位し、クリスティーナはのに名乗り上げた。 彼女はカトリック信仰と結婚するつもりのないことを主張し支持を集めようとしたが、王位はのが継承した。 その後、の王位につこうとして失敗したのち、1668年からに定住し、学問・芸術・文学を研究する日々を送る。 にはローマにアカデミー(後の ())を創設した。 、ローマで逝去。 遺体はのに葬られた。 人柄と後世の評価 [ ] と共に がたびたびクリスティーナを自著で扱い、「クリスティーナは天才的な女性であった。 戦争以外に何もわきまえない国民の上に君臨するよりも学者たちと語り合うことを好み、王位を惜しげもなく捨て去ることによって名を謳われたのである。 は彼女を苦しめた。 を信じないかぎりすべての徳は無意味であるとさえ考えられる有様である。 一個の自由思想家にすぎない女性の改宗を促すことはにとって易々たる仕事であったに違いない」と賞賛している(『カール12世』より)。 実際、ラテン語・フランス語・スペイン語に通じ、文学・芸術への造詣の深い才媛としてヨーロッパで有名であった。 しかしで家臣の ()を殺させたことについては、「王位を賭して自身の哲学を実践しながら、この残忍かつ破廉恥な行為で、せっかくの哲学を台無しにしてしまった」と非難をしている(『ルイ14世の世紀』より)。 また、クリスティーナはフランスの哲学者であり数学者に心酔し、1649年の年始より3度に渡り親書を送り、同年4月にはスウェーデン海軍提督に軍艦をもって迎え行かせ、10月にデカルトはストックホルムを訪れている。 クリスティーナは政務の傍ら1650年1月より早朝5時からデカルトの講義を受けて師事した。 しかしながら、デカルトは当時53歳と当時としては高齢であり、フランスでは朝寝の習慣があったため、彼には辛い日々であったとされる。 真冬のスウェーデンの厳寒さと無理がたたり、クリスティーナへの講義を始めた翌月2月、デカルトは風邪をこじらせて肺炎を併発し、結果的に死去させてしまった。 イギリスの歴史家 ()は即位直後のクリスティーナを「名ばかりの人ではないにしろ、媚びへつらいに甘く、騙されやすかったが、強情でかつ知性をもった若人だった。 あの高名な父の娘として、彼女は状況に対処する勇気を持ち、(彼女の老臣たちより)もっと大胆に、あっさりと、父の政策のセンチメンタルな墨守を放棄することができた」と評している。 クリースティーナが生まれた際、男児誕生の一時誤報が流れたこともあり、両性具有であったとされる説も支持されていたが、1943年に石棺を移動して開き、銀の仮面と王冠は発見され、プロケード地の埋葬服はほとんどなくなっていた。 1965年12月の再調査によると遺体は明らかに女性のものであり、この説はクリスティーナが深い声の持ち主で男性用の靴を愛用していたこと、また結婚にあまり興味がなかったことによる根拠のない噂話に過ぎないと判断された。 幼少の頃から美しいドレスやリボン等の装飾品や着飾ることに関心がなく、洋服へのインクの付着やほつれを注意されると「そういうことは他にすることが無い者に言えば良い」と答え、頓着がなかった。 称号について [ ] クリスティーナ女王は、父グスタフ・アドルフの「古ゴート主義」()に則り、称号を「、、の王」(Suecorum, Gothorum, Vandalomque reginam)としていたが、三十年戦争終結時にこれを自ら放棄した。 なお「」の方は「スウェーデン王」と一体不可分の称号なため、退位するまでこれを兼ねていたと考えられる。 クリスティーナを取り上げた作品 [ ] 戯曲・映画 [ ]• 『クリスティーナ』 スウェーデン人の作家の作品で、クリスティーナ女王を題材とした戯曲。 『』 1933年の長編映画。 配給は。 出身の女優がクリスティーナ女王を演じた。 漫画 [ ]• 『燃える愛の物語 その2 クリスチナ女王』 しのざき薫の作品。 若き女王クリスチナ女王と軍の司令官カール=グスタフの愛の物語。 1981年により刊行されたコミックス「星と月の恋歌(マドリガル)」に収録されている。 脚注 [ ] []• 菊池 1995, p. 193. 参考文献 [ ]• 『戦うハプスブルク家 - 近代の序章としての三十年戦争』〈 1282〉、1995年12月。 関連書籍 [ ]• ()『ドイツ三十年戦争』訳、、2003年11月。 『デカルト、コルネーユ、スウェーデン女王クリスティナ 一七世紀の英雄的精神と至高善の探求』・羽賀賢二訳、工作舎、2000年。。 『スウェーデン女王クリスチナ バロック精神史の一肖像』、1975年5月。 のち、1992年2月。。 『下村寅太郎著作集 6 ルネサンスとバロックの人間像)』に所収。 、1993年8月。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 先代: 1632年 - 1654年 次代:.

次の