頭皮 湿疹 かゆい。 【頭がかゆい】原因はこの4つ!ふけ・かさぶた・湿疹ができるの理由は?

【頭がかゆい】原因はこの4つ!ふけ・かさぶた・湿疹ができるの理由は?

頭皮 湿疹 かゆい

アレルギーと頭皮トラブルの関係 アレルギーは、体内に流入した異物を排除するはたらきが、免疫機能によって過剰におこなわれる症状です。 また頭皮を含む皮膚には、刺激物との接触による免疫機能の過剰反応によって生じる、接触性アレルギーも症状としてあらわれます。 頭皮がアレルギー反応を起こした時には 湿疹、 かゆみ、 炎症といった症状があらわれます。 これらの症状が出た場合は頭皮がアレルギー反応を起こしていると考えられるため、治療が必要になります。 頭皮湿疹の症状と原因 頭皮湿疹の原因は、「 脂漏性皮膚炎」「 皮脂欠乏性皮膚炎」「 アトピー性皮膚炎」「 接触性皮膚炎」の4つに分類することができます。 頭皮のカビは皮脂によって繁殖します。 そのため 皮脂の過剰分泌が症状を引き起こす原因として考えられます。 脂漏性皮膚炎は皮膚の脂分が増えたときに、頭皮にいる 皮膚常在菌(皮膚に住み着いている細菌のこと、普段は皮膚のバリア作用を助ける働きをしています)がその脂によって 異常に繁殖することで、皮膚に刺激を与えて頭皮に湿疹を引き起こします。 頭皮が乾燥した状態になるため、粉をふいたような フケが大量に発生します。 シャンプーのし過ぎや乾燥している季節に起こりやすいです。 ですので、皮脂欠乏湿疹は、冬などの 頭皮が乾燥しやすい時期に皮膚炎を起こし湿疹となります。 カビやダニなどの 異物が体内に流入することが原因でおこるアレルギー症状です。 症状としては湿疹やかゆみが生じます。 アトピー性皮膚炎はアレルギー体質の人の皮膚が乾燥するとそこに炎症を起こしやすくなります。 頭皮の湿疹の場合には、ヘアケア製品やスタイリング剤が原因物質となる場合も多く、シャンプーやリンス、トリートメント、整髪料、カラーリング剤などが考えられます。 アレルギーを持っている人はそのアレルギーによって色々な物質が原因になります。 新しいものを使用し始める時には、異常が起きないか慎重に頭皮を観察しておきましょう。 頭皮湿疹の予防方法 頭皮湿疹を 予防するには「頭皮の衛生を保つ」「シャンプーをしすぎない」「肌に合わないヘアケア用品を使わない」ことが重要です。 特に大切なのがシャンプーです。 頭皮にある皮脂は肌を守るバリアでもありますが、カビを繁殖させる原因でもあります。 そのため適度に清潔さを保つことで皮脂のバリア機能をはたしつつ、衛生的でいられます。 1日1回のシャンプーを目安とし衛生を保ちましょう。 またアレルギー症状が出た場合、使用しているヘアケア製品の使用を止めてみることによって症状改善につながる場合もあります。 自宅でできる頭皮湿疹の改善方法 頭皮湿疹のかゆみは頭皮を掻くとますます進行します。 ですので、早期に適切な対策を取る必要があります。 適切なシャンプーの種類ですが、洗浄力が強いといわれている合成界面活性剤配合のシャンプーは頭皮をより刺激してしまうので避けましょう。 低刺激シャンプーや無添加の石けんシャンプーがおすすめです。 頭皮に湿疹ができた状態でも、 いつもと変わらないシャンプーやヘアケア製品を使用していると症状がより悪化してしまうこともあります。 刺激の強いシャンプーやリンスは刺激の少ないものに変えるようにしましょう。 ビタミンB2が豊富は食品としてはレバー(肝臓)、キャビアがあります。 納豆、玉子、のりにもビタミンB2が豊富です。 ビタミンB12はシジミなどの貝類が豊富です。 お湯シャンプーで改善 毎日何気なく行っているシャンプーですが、その中には 界面活性剤という洗浄剤が含まれており、頭皮に負担を与えてしまっています。 髪を洗う際に頭皮にも洗浄剤がつくことで、頭皮を守ってくれているバリア機能を傷つけてしまうからです。 一度傷ついた頭皮のバリアは修復されるのに最低3~4日は要すると言われます。 しかし、 毎日シャンプーをするとなると、修復されないままにさらにバリア機能を傷つけるという繰り返しになっているのです。 これにより頭皮のかさつきやかゆみといった炎症が起こり、 頭皮湿疹につながってしまうのです。 お湯シャンプーで頭皮を元気に 日頃から乾燥や紫外線によりダメージを受けている頭皮には出来るだけ優しいケアをしてやることが必要です。 その為に有効なのが、お湯シャンプーなのです。 シャンプーで頭皮を傷つけてしまうことを回避してやると、頭皮のターンオーバーも正常となり、元気な頭皮へと変化していきます。 また、 必要な皮脂まで取り除くことでかえってべたつきが出ていた頭皮のべたつきや臭いも、これにより消えてくれるのです。 お湯シャンプーのさらなるメリット お湯シャンプーは、首や背中などのアトピーにも効果を発揮します。 それは、今までシャンプーを使っていた時は、それを洗い流す際にシャンプー剤が首や背中にまで流れていましたよね。 それがなくなることで、肌荒れやダメージ、アトピーが改善してくれるのです。 また、頭皮にいる常在菌は、 シャンプーだと良い菌も洗い流してしまうのですが、お湯シャンプーだと適切な量の常在菌を残すことが出来るので、細菌やカビの侵入も防ぐことが出来ますよ。 お湯シャンプーの方法 お湯シャンプーは以下の方法でやってみましょう。 1.しっかりブラッシングをする 2.34度程度のぬるま湯で頭皮をマッサージするように洗う 3.お湯シャンだけで髪が絡まる時は、軽くオイルを毛先につけましょう。 お湯シャンプーのコツは、最初は1日起きにシャンプーと交互にして、頭皮の出る量を調整し、最終的にお湯シャンプーに移行するのがベストです。 自然由来のお湯シャンプーを取り入れることで、つらい頭皮アトピーをさよならしちゃいましょう。 治らない場合は皮膚科で受診 自分で対処してもなかなかよくならない頭皮の湿疹の場合には、早めに皮膚科に行くようにしましょう。 かゆみが止まらない場合には、 抗ヒスタミン剤の外用剤や内服剤が有効な場合があります。 ステロイド剤も有用です。 真菌(水虫の原因菌です)による頭皮湿疹や他の病気から頭皮湿疹になっていないかを判断してもらいましょう。 そのためには、いつ頃から頭皮湿疹になったか、環境に変わったことがないかなどの問診にきちんと答えることが必要です。 間違った方法でケアしないように気を付けましょうね.

次の

頭がかゆい!原因になる12種類の理由と頭皮のかゆみに効く対策法

頭皮 湿疹 かゆい

シャンプーが合わない、帽子で蒸れるなどで頭にを感じたことがある人は多いのではないでしょうか。 頭皮は外気に直接触れる場所であるため、何らかのトラブルによってを生じることはよくあります。 冬になると頭がかゆくなることが多い• 初めて買ったシャンプーを使ったら、ふけとが出た• 急に頭皮が赤く盛り上がってが出るようになった このような症状がみられた場合、どういった原因が考えられるでしょうか。 病気による頭のかゆみ 頭のはシャンプーなどの刺激によって生じることがありますが、中には以下のような病気が原因となっていることもあります。 脂漏 しろう 性皮膚炎 頭皮を中心とした皮脂の多い部分にみられるです。 皮膚が赤くなり、を伴います。 また、頭皮に発症すると、ふけがたくさん出るようになります。 症状は、ストレスや偏った食生活などで悪くなることが多く、慢性に経過します。 受診の目安とポイント 掻かずにはいられないほどにかゆい、日に日に悪化している、以外になどの皮膚症状がある場合には一度、皮膚科への受診を考えましょう。 受診の際には、が現れ始めた時期、思い当たるきっかけ、ほかの症状などを医師に詳しく伝えるとよいでしょう。 などの皮膚症状が日によって変化し、口頭で伝えにくい場合もあります。 皮膚症状があれば、スマートフォンなどで写真におさめておくとよいでしょう。 日常生活上の原因と対処法 日常生活で頭のが起こることも多く、主に以下のような原因が考えられます。 シャンプーなどが合わない シャンプーなどが頭皮に合わず、強い刺激となってが生じることがあります。 また、洗髪の仕方が原因となることがあります。 洗髪のし過ぎで頭皮のバリア機能が低下することや、爪を立ててゴシゴシ洗うことで頭皮に傷をつけてしまうことなどが挙げられます。 シャンプー選びのコツと洗髪の仕方 どのシャンプーが合うかは使ってみないとわからない場合も多いですが、まずは刺激の少ないものや弱酸性のものを選び、やピリピリとした痛みが出ないか確認しましょう。 洗髪の際には、爪を立てずに優しく洗い、よく洗い流すようにしましょう。 ヘアカラーやパーマ剤の刺激 シャンプーと同様に、ヘアカラーやパーマ剤も頭皮への強い刺激となってを生じることがあります。 また、反応が起こる場合もあります。 ヘアカラーやパーマ剤が原因かなと思ったら ヘアカラーやパーマ剤の使用中にや痛みなどが起きたら、すぐに使用を中止して洗い流しましょう。 中止しても症状が続く場合には、皮膚科の受診も検討しましょう。 頭皮の蒸れや刺激 通気性の悪い帽子やカツラなどを長時間かぶり続けると、蒸れて頭皮が、を生じます。 汗や皮脂、掻くことなどの刺激によってが生じる場合もあります。 掻くことでが増強されて症状がさらに悪化したり、頭皮が傷ついて細菌感染を起こしたりすることも少なくありません。 頭皮を健康に保つために 以下のような対策により、乾燥や蒸れ、刺激を防ぐことが大切です。 乾燥:保湿を心がける• 蒸れ:帽子やカツラなどを適度にとる、通気性のよいものに変える• 刺激:掻かずに軽くたたく、爪を切る また、頭皮を清潔に保つために、定期的に洗髪をして整髪料や頭皮の汚れを落としましょう。 よくならないときには 日常的に気をつけていても頭のがよくならない場合には一度、皮膚科の受診を考えましょう。

次の

フケ、かゆみ、できもの、かさぶた…「頭皮湿疹」の原因と対策を医師が解説!セルフケアから皮膚科での治療まで

頭皮 湿疹 かゆい

スポンサーリンク 頭皮の湿疹って根深いんですけど 病院にはなかなか行こうとしないもんです。 めんどくさいし、なんか恥ずかしいし 処方されるステロイドの薬とか塗りたくないし できるだけ自力で治したい派が多数。 そんなこんなで結局何も対策せず過ごすことで かゆみやブツブツは治るどころか、悪化する場合もあります。 頭皮トラブルのなかでも 【襟足】は特に再発率が以上に高いです。 治ってもぶり返し、治ってもぶり返し。 なぜ襟足の頭皮トラブルは 無限ループに陥りやすいのでしょうか。 襟足部分の湿疹が治りにくい理由は でこ・襟足など、髪の毛の生え際部分は 頭皮トラブルが起こりやすくく、治りにくいです。 髪の毛が生えている部分の中で 一番最後に水が通過するところが襟足の生え際。 シャンプーのとき、すすぎきれなかったモノが 襟足部分に残留してしまうし たっぷり汗をかいた時、 頭のてっぺんから出た汗は襟足の部分に流れていきます。 頭皮トラブルの原因となるゴミやカスが 排水口的な感じで、どんどん襟足に集まってきます。 自動的にどんどんどんどん 普通に1日過ごすだけでも集まってきます。 が、それでも治らない場合もあります。 仕事のときに着るワイシャツの襟の部分。 無意識のうちに、襟と湿疹が触れています。 1日に何回も摩擦が加わっていれば どれだけシャンプーをきちんとしていても ブツブツが治ることはないです。 そして、寝ているとき 襟足部分には長時間触れているものがあります。 枕です。 清潔な枕カバーで寝ていますか? 洗っていない枕カバーには皮脂や雑菌ウヨウヨです。 それが襟足部分と長時間接触し、摩擦するわけですから、 襟足部分の湿疹が良くなる… わけがない!! これらの要素に、いわゆる 精神的なストレス〜とか 偏った食習慣が〜とか 運動不足がだめよ〜とか 不規則な睡眠時間が〜とか などの、数値化出来ないような条件が絡むので 無限ループに陥ってしまうわけですね。 まとめ• シャンプーだけきちんとやっても治らない。 薬をつけようが、病院に通おうが、湿疹の出来てしまう原因を残すと再発する。

次の