田端新町 郵便番号。 プリエの賃貸情報

東京都北区田端新町 〒114

田端新町 郵便番号

地理 [ ] 東京都北区・の最東端に位置する。 との区境にあたり、北部で荒川区、東部で荒川区、南部で荒川区、西部でと接する。 町域内は小工場及びを含むであり 、南北に、南東から北西にが通り、南部の田端新町一丁目で交わっている。 また、北西部の田端新町三丁目交差点では(小台大通り)と交わっている。 町域全体は明治通りに沿って南東から北西に伸び、西縁はで東田端と隔てられているが、5ヶ所のが往来できるをくぐって往来が可能である。 町域内に駅は存在しないが、西側の、、北東の、南東の、南側のJR山手線、京浜東北線、、日暮里・舎人ライナーにそれぞれ徒歩で利用することができる。 また、一丁目にむつみ通り商店会、二丁目に田端新町本通り商店会、二・三丁目の境に田端新町仲通り商店会(1975年(昭和50年)以前は田端新町仲通会 )がある。 歴史 [ ] 、この区域は田端村の一部であり、村を大きく二分した西側・崖上の上田端と東側・崖下の下田端に二分されていた うち下田端の東半分にあたる。 下田端の西半分は現在の東田端にあたる。 さらに細かく分けられた小名としてマガツト・神木等の一部にあたっていた。 田端からを通ってに向かう参道が現在の旧小台通りにあたり、この地は中途にあった。 にが山谷(田端新町三丁目交差点付近)に落ちのびた際に人家の前に濡れたを垂れて戦ったが利あらずとみて、自分達の服装と農民の衣服を取りかえて去ったという証言が残されている。 また、彰義隊が去った後に官軍が来て、仔細を聞いて去ったと言われている。 (22年)にが施行されると、この区域は田端のうち字神ノ木、字山谷前、字井堀、字井堀附、字與美、字満かつと(満加津登)等となった。 (3年)に滝野川村が町制施行しになった後も、それぞれのであり続けた。 (5年)5月、滝野川町の大字として田端新町が誕生した。 の設置したによって新たに編入される予定の20区の町村に対し、「・または、などによって区分統合し、旧町はなるべく旧称を尊重する」という大方針及び委員会の定めた6方針のうち「(ハ) 大字をもって区域とする町村界整理は、大字の区域をもって新町とすること、大字の区域があまりに広く、一般に小字を使用しているもの、または数小字を総称する地方名のあるときは一小字または数小字の区域を持って新町とすること。 大字の一部がほかの大字に散在し、または他町村にしている場合は前項にならう」との方針によって、尾久支線以東の滝野川町内、旧来の下田端の大半を田端新町一~三丁目とした。 (昭和7年) 、滝野川区の町となる。 既に地番整理済みだったため、町名、地番とも変更がなかった。 後及び滝野川区が形成されて以降、殊に(昭和12年)以降はが多くを占めた部に対して田端新町をはじめとする部は民間工業を中心とするとして発展した。 (昭和17年)以降は第二次世界大戦の激化により一般工場の軍需工場化および大小の軍需産業の流入が起き、及びに続く密集地帯となった。 終戦後、(昭和22年)になると成立のため、北区田端新町一~三丁目となった。 また(昭和41年)にが実施された。 の便が良いこともあり、密集した小工場は住宅地やに置き換わり、明治通り沿いの機械問屋街 も次第に住宅地に転換している。 沿革 [ ]• (22年) - 町村制施行のため、北豊島郡滝野川村大字田端の字神ノ木をはじめとする各小字となる。 (2年) - 滝野川村が町制施行し、北豊島郡滝野川町大字田端の各小字となる。 (5年)5月 - 東京市による周辺町村の編入準備のため、滝野川町大字田端新町一~三丁目が成立。 (昭和7年)10月1日 - 滝野川町が東京市に編入され、東京市滝野川区田端新町一~三丁目となる• (昭和18年) - 施行のため、東京都滝野川区田端新町一~三丁目となる。 (昭和22年) - 北区成立のため、東京都北区田端新町一~三丁目となる。 (昭和41年) - 住居表示が実施される。 史跡 [ ]• 神ノ木稲荷社 - 田端新町三丁目交差点付近で及び旧小台通りに面した橋本屋酒店の庭に存在する。 かつては北田端新町郵便局付近の字神ノ木に泥池があり、この近くに神ノ木稲荷が所在したが、人家の増加及びの拡張により泥池は埋められ、線路脇の土堤となった。 この際に橋本屋酒店の当時の主人、鈴木喜三郎が庭に移しこれを祀った。 この神ノ木稲荷社には異名があり、現在の構内に比丘尼山とよばれたがあり、この比丘尼山に建てた一軒家に住む達がする際に剃った髪を神ノ木稲荷社に奉納したため、黒髪山と呼ばれた。 世帯数と人口 [ ] (平成29年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。 田端新町一丁目 1,939世帯 3,100人 田端新町二丁目 1,459世帯 2,315人 田端新町三丁目 1,773世帯 2,918人 計 5,171世帯 8,333人 小・中学校の学区 [ ] 区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 丁目 番地 小学校 中学校 田端新町一丁目 全域 田端新町二丁目 全域 田端新町三丁目 全域 交通 [ ] 鉄道 [ ] 都営田端新町一丁目アパート• 北田端新町郵便局• 田端新町一丁目睦会会館• 田端新町三丁目会館• 田端新町公園• むつみ公園• 都営田端新町一丁目アパート• NTT田端尾久ビル・NTT田端テクノビル(旧・田端尾久電話局)• 支店(旧DKB支店が前身) 廃止された施設 [ ]• - (昭和30年)にの分校として開校し、翌(昭和31年)に北区立新町中学校と改称した。 田端新町二丁目。 (平成20年)に、北区立田端中学校に統合された。 東京府東京市田端新町小学校 - 後に新町中学校が開かれる位置に所在した小学校。 旧・尾久支店(旧尾久支店が前身。 三河島支店に統合され廃止されたが、後に跡地に三河島支店が移転し、その時から「尾久支店」を名乗っており、現在の店舗となった。 現在の店舗となってから、旧富士銀尾久支店を前身とする旧尾久橋支店をとしたのちに統合している) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 北区 2017年12月10日. 2017年12月19日閲覧。 2017年12月19日閲覧。 総務省. 2017年12月19日閲覧。 『コンサイス東京都35區區分地圖帳』、1946年9月。 北区商店街連合会. 2010年2月9日閲覧。 北区 [ ]• 『巻之十八』、「(八)新編武蔵風土記稿 第一巻」、1957年2月再版所収。 『東京郵便局明治40年・東京逓信管理局明治44年東京市15区近傍34町村番地界入(29)北豊島郡瀧野川村全図』(復刻)• 北区 2017年11月7日. 2017年12月19日閲覧。 北区 2017年4月1日. 2017年12月19日閲覧。 参考文献 [ ]• 「田端村」『新編武蔵風土記稿』巻ノ18豊島郡ノ10、地理局、1884年6月。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 田端新町.

次の

【ホームズ】でお部屋探し!デルックス田端 5階/0502[賃料9.8万円]賃貸マンション住宅情報(物件番号:3701090

田端新町 郵便番号

田端新町の最寄り駅• 田端駅(たばたえき)田端新町から南西に徒歩7分程度でJR東北本線<京浜東北線>ほかの田端駅に着きます。 直線距離で約510 m の場所に位置し北区にあります。 新三河島駅(しんみかわしまえき)京成本線の新三河島駅は荒川区にあり、南東方向に800 m 行った場所に位置しています。 徒歩11分以上が想定されます。 西日暮里駅(にしにっぽりえき)田端新町から見て北の方角に840 m 進んだところにJR東北本線<京浜東北線>ほかの西日暮里駅があります。 徒歩11分以上が目処です。 東尾久三丁目駅(ひがしおぐさんちょうめえき)荒川区にある東京都営荒川線の東尾久三丁目駅は、田端新町から北東の方向におよそ940 m の位置にあります。 移動時間は徒歩13分以上が目安となります。 熊野前駅(くまのまええき)田端新町から北東に徒歩14分程度で東京都営荒川線の熊野前駅に着きます。 直線距離で約1. 03 km の場所に位置し荒川区にあります。 町屋二丁目駅(まちやにちょうめえき)東京都営荒川線の町屋二丁目駅は荒川区にあり、北東方向に1. 04 km 行った場所に位置しています。 徒歩14分以上が想定されます。 宮ノ前駅(みやのまええき)田端新町から見て北の方角に1. 08 km 進んだところに東京都営荒川線の宮ノ前駅があります。 徒歩15分以上が目処です。 小台駅(おだいえき)荒川区にある東京都営荒川線の小台駅は、田端新町から北西の方向におよそ1. 17 km の位置にあります。 移動時間は徒歩16分以上が目安となります。

次の

田端新町

田端新町 郵便番号

周辺情報は2019年10月31日時点のものになります。 周辺情報は、参考情報としてのみご利用ください(周辺情報は、株式会社LIFULLが地図情報の提供事業者から提供を受けた情報とLIFULL HOME'Sの物件情報に基づき、独自の方法で抽出し提供しているものです。 周辺情報は、移転や閉鎖等により情報が最新ではない、または正しくない場合がありますが、地図情報の提供事業者から提供された情報をそのまま周辺情報として表示しているため、正確かつ最新の情報へ修正することができないことがあります。 周辺情報は、株式会社LIFULLが掲載するものであり、不動産物件情報を掲載している不動産会社が掲載するものではありません• 交通情報の一部については、株式会社LIFULLが掲載するものであり、不動産物件情報を掲載している不動産会社が掲載するものではない場合があります。 交通情報に関する質問などは株式会社LIFULLにお問合せください• 本サービスは、株式会社LIFULLが窓口となり、お客様からの物件お問合せについて、情報提供元の不動産会社に対して仲介・転送を行うものです。 本フォームからお客様が記入された個人情報は、資料送付・電子メール送信・電話連絡などの目的で問合せ先不動産会社が保管します。 問合せ先不動産会社が保管する個人情報の取扱いについては、各不動産会社に直接お問合せください。 また、株式会社LIFULLは、問合せ先不動産会社から、お客様に対してより有益と思われる提案をしていただけるよう、お問合せの際に用いられた希望条件、ウェブサイトの閲覧、検索結果等の行動履歴に関する情報を不動産会社に提供させていただきます。 上記とは別に株式会社LIFULLでは本サービスを円滑に運用するために、お客様の個人情報等をサービスご利用の控えとして一定期間保管いたします。 ご記入の内容が不明瞭で不動産会社からご連絡・資料送付等ができない場合、その他当社が本サービスを円滑に運用するために必要な範囲において、直接株式会社LIFULLから確認のご連絡をさせていただく場合がありますのであらかじめご了承ください。 また、お問合せ内容等は集計処理のうえ、個人を特定できない形で統計として活用させていただきます。 株式会社LIFULLのに同意のうえ、送信してください。 問合せフォームにて携帯番号をご入力いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)・LINE通知メッセージによるお問合せ完了通知をお届けする場合があります。 LINE通知メッセージについて、をご覧ください。

次の