ルパンの娘 評価。 ルパンの娘映画化確定⁈続編映画化希望するキャスト視聴者の声多数で発表近し⁈

ルパンの娘3話ネタバレ感想・お見合い相手は、元警視総監の娘!岸井ゆきの登場!あらすじも

ルパンの娘 評価

「藤原竜也、ルパンの悪役合いすぎ、上手すぎ!」「ヒロイン役の広瀬すず悪くなかった!」「王道の痛快なストーリー、スピーディーな展開で飽きさせない!」 上映中【2019年12月6日 金 公開】 人気シリーズ「ルパン三世」を3DCGアニメとして映画化。 伝説の秘宝ブレッソン・ダイアリーを狙うルパンは、考古学を愛する少女レティシアと共にその謎に挑む。 だが、2人の前に秘密組織の研究者ランベールと組織を操る謎の男ゲラルトが立ち塞がる……。 声の出演は栗田貫一らおなじみのメンバーに加え、『なつぞら』の広瀬すず、「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」の吉田鋼太郎、「Diner ダイナー」の藤原竜也。 監督、脚本を務めるのは、「アルキメデスの大戦」の山崎貴。 そんな伝説のターゲットを狙うルパン(声:栗田貫一)は、考古学を愛する少女レティシア(声:広瀬すず)と出会い、協力して謎を解くことに。 だが、ブレッソン・ダイアリーを狙う秘密組織の研究者ランベール(声:吉田鋼太郎)と、組織を操る謎の男ゲラルト(声:藤原竜也)が2人の前に立ちはだかる……。 アルセーヌの話かと思ったらそうでもなく… しかし『THE FIRST』の意味が解った瞬間は震えた…! フルCGでも安定オブ安定の大暴れなルパン一味の活躍は、勿論面白かったです。 綺麗でした。 3DCGならではの躍動感で画面に引き込まれ、声優陣はアニメのままという安心感もよかった。 あと、ルパン一味はワンピースみたいな そんな仲間で行動しますみたいなんちゃうねんなー。 この作品の次元大介を私は絶対に認めない。 総合すると、いやだ!!!でした。 劇場版コナンくんっぽい雰囲気を感じたが、 なんだかんだいつものルパンだったので最後まで安心して観れた。 カリオストロの城をセルフオマージュしたような箇所も見受けられ、 VFXという最新技術を使いながらも懐かしさを感じた。 控えめに言って最高でした。 まだ詳しい感想は書けないので秘密ですがめっちゃ良かったので、 皆さんぜひ見て……私はもう一度観に行きたい。 3DCGで描かれたルパン達と新ヒロインレティシアとの 新たな冒険をスケールアップした映像が見応えがあって とても面白かったでした。 3DCGがとても細かくてアクションシーンも大迫力! もちろんストーリーも面白かったです。 ルパン三世は大人になってもワクワクする。 楽しさもワクワクも全てに懐かしさを覚えるだけでなく、 まさか今日のアニメでそこまで行くかという試みまで 山崎貴の本気が伝わった。 ルパン史上初の3DCGアニメーション。 現代的なビジュアルで、これがルパンと思うと違和感があるが、 王道の痛快なストーリー、スピーディーな展開で飽きさせない。 クライマックスの空中戦も盛り上がる。 シリーズに馴染みのない世代も楽しめそう。 ルパン初の3DCGでしたが、ルパン三世を感じることができました。 ゲスト声優も酷いと言われていたけど、自分はそんなことは感じませんでした。 この作品をモンキーパンチ先生に見て欲しかったなあと 視聴者である自分もはっきりと思いました。 ルパンが毎回必ず盗んでいくもの。。。 ただ3Dアニメ邦画の映像としては普通によかった そんだけ。 封切り初日に行けたのはラッキーでした。 アイリッシュマン というのが面白そうだった。 唯一おじいちゃんが盗めなかったお宝を盗みに行くルパン三世のお話。 スケールは大きいんだけどストーリーが荒削りだったかな。 ルパンには用意周到な盗みに徹底してほしいところ。 不二子ちゃんは以前の方が魅力的だし好き。 かっこいいOP。 可愛い不二子ちゃん。 もう一回観たいかも。 3DCGも違和感なく、良かった。 むしろCGだからこそ魅せられるってシーンも多くて興奮した。 多くのヒロインが彼を好きになる要因が詰めこまれているし 紳士さは見習わないとな〜と思う。 広瀬すず悪くなかったよ。 よく出来たニセモノでしかないはずなのに、 大野雄二の音楽が本当の本物、あの頃と何ひとつ変わっていない ルパンの本質そのもので、それが映画の充実度を5レベルくらい上げている。 『カリオストロの城』に媚びず喧嘩も売らず敬意は忘れず。 アクションのキレも良。 山崎貴アニメ、好きだわ。 3DCGのルパンたち、よく動くしデザインも好き。 ヒロインのレティシアも、広瀬すずの演技も併せて可愛い。 サブキャラは最低限ながら全員活躍させるテンポの良い宝探し。 終盤にもう1つ活劇が欲しいかったけど、スケールは満点で楽しめた。 フル3DCGだから、まだ鑑賞に耐えられる。 はっきり言ってストーリーは酷いなんてものじゃない。 ルパン三世なら何でもOK。 カリ城大好き。 ルパン三世の名前だけ知ってるような方。 ちびっ子ぐらいしか楽しめません。 これを絶賛しちゃだめ。 楽しさもワクワクも全てに懐かしさを覚えるだけでなく、 まさか今日のアニメでそこまで行くかという試みまで 山崎貴の本気が伝わった。 ルパンのテーマBGMが流れるシーンはカッコいいよね。 初の3DCGでもアニメ特有のアクションを上手く表現できていたと思います。 あとヒロインの声は広瀬すずだったのね、前情報知らんかった。 宝物にします。 こんなにいい映画、ひとりでも多くの方が見てもらいたい!... ああいう歳の重ね方に憧れます。 コロナ謹慎の影響でしょうか。。 少し山をやった経験のある人ならばそんなアホな!って突っ込みが炸裂してしまう。 パロディ映画だ。 確実に言... 敵が必要以上に大きすぎ。 その1人の敵に対して、主人公のルフィ1人ではなく、海軍、... 設定等は過去のアニメ プラ...

次の

ルパンの娘第6話感想〜もし、俺以外の奴に捕まったら〜

ルパンの娘 評価

「藤原竜也、ルパンの悪役合いすぎ、上手すぎ!」「ヒロイン役の広瀬すず悪くなかった!」「王道の痛快なストーリー、スピーディーな展開で飽きさせない!」 上映中【2019年12月6日 金 公開】 人気シリーズ「ルパン三世」を3DCGアニメとして映画化。 伝説の秘宝ブレッソン・ダイアリーを狙うルパンは、考古学を愛する少女レティシアと共にその謎に挑む。 だが、2人の前に秘密組織の研究者ランベールと組織を操る謎の男ゲラルトが立ち塞がる……。 声の出演は栗田貫一らおなじみのメンバーに加え、『なつぞら』の広瀬すず、「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」の吉田鋼太郎、「Diner ダイナー」の藤原竜也。 監督、脚本を務めるのは、「アルキメデスの大戦」の山崎貴。 そんな伝説のターゲットを狙うルパン(声:栗田貫一)は、考古学を愛する少女レティシア(声:広瀬すず)と出会い、協力して謎を解くことに。 だが、ブレッソン・ダイアリーを狙う秘密組織の研究者ランベール(声:吉田鋼太郎)と、組織を操る謎の男ゲラルト(声:藤原竜也)が2人の前に立ちはだかる……。 アルセーヌの話かと思ったらそうでもなく… しかし『THE FIRST』の意味が解った瞬間は震えた…! フルCGでも安定オブ安定の大暴れなルパン一味の活躍は、勿論面白かったです。 綺麗でした。 3DCGならではの躍動感で画面に引き込まれ、声優陣はアニメのままという安心感もよかった。 あと、ルパン一味はワンピースみたいな そんな仲間で行動しますみたいなんちゃうねんなー。 この作品の次元大介を私は絶対に認めない。 総合すると、いやだ!!!でした。 劇場版コナンくんっぽい雰囲気を感じたが、 なんだかんだいつものルパンだったので最後まで安心して観れた。 カリオストロの城をセルフオマージュしたような箇所も見受けられ、 VFXという最新技術を使いながらも懐かしさを感じた。 控えめに言って最高でした。 まだ詳しい感想は書けないので秘密ですがめっちゃ良かったので、 皆さんぜひ見て……私はもう一度観に行きたい。 3DCGで描かれたルパン達と新ヒロインレティシアとの 新たな冒険をスケールアップした映像が見応えがあって とても面白かったでした。 3DCGがとても細かくてアクションシーンも大迫力! もちろんストーリーも面白かったです。 ルパン三世は大人になってもワクワクする。 楽しさもワクワクも全てに懐かしさを覚えるだけでなく、 まさか今日のアニメでそこまで行くかという試みまで 山崎貴の本気が伝わった。 ルパン史上初の3DCGアニメーション。 現代的なビジュアルで、これがルパンと思うと違和感があるが、 王道の痛快なストーリー、スピーディーな展開で飽きさせない。 クライマックスの空中戦も盛り上がる。 シリーズに馴染みのない世代も楽しめそう。 ルパン初の3DCGでしたが、ルパン三世を感じることができました。 ゲスト声優も酷いと言われていたけど、自分はそんなことは感じませんでした。 この作品をモンキーパンチ先生に見て欲しかったなあと 視聴者である自分もはっきりと思いました。 ルパンが毎回必ず盗んでいくもの。。。 ただ3Dアニメ邦画の映像としては普通によかった そんだけ。 封切り初日に行けたのはラッキーでした。 アイリッシュマン というのが面白そうだった。 唯一おじいちゃんが盗めなかったお宝を盗みに行くルパン三世のお話。 スケールは大きいんだけどストーリーが荒削りだったかな。 ルパンには用意周到な盗みに徹底してほしいところ。 不二子ちゃんは以前の方が魅力的だし好き。 かっこいいOP。 可愛い不二子ちゃん。 もう一回観たいかも。 3DCGも違和感なく、良かった。 むしろCGだからこそ魅せられるってシーンも多くて興奮した。 多くのヒロインが彼を好きになる要因が詰めこまれているし 紳士さは見習わないとな〜と思う。 広瀬すず悪くなかったよ。 よく出来たニセモノでしかないはずなのに、 大野雄二の音楽が本当の本物、あの頃と何ひとつ変わっていない ルパンの本質そのもので、それが映画の充実度を5レベルくらい上げている。 『カリオストロの城』に媚びず喧嘩も売らず敬意は忘れず。 アクションのキレも良。 山崎貴アニメ、好きだわ。 3DCGのルパンたち、よく動くしデザインも好き。 ヒロインのレティシアも、広瀬すずの演技も併せて可愛い。 サブキャラは最低限ながら全員活躍させるテンポの良い宝探し。 終盤にもう1つ活劇が欲しいかったけど、スケールは満点で楽しめた。 フル3DCGだから、まだ鑑賞に耐えられる。 はっきり言ってストーリーは酷いなんてものじゃない。 ルパン三世なら何でもOK。 カリ城大好き。 ルパン三世の名前だけ知ってるような方。 ちびっ子ぐらいしか楽しめません。 これを絶賛しちゃだめ。 楽しさもワクワクも全てに懐かしさを覚えるだけでなく、 まさか今日のアニメでそこまで行くかという試みまで 山崎貴の本気が伝わった。 ルパンのテーマBGMが流れるシーンはカッコいいよね。 初の3DCGでもアニメ特有のアクションを上手く表現できていたと思います。 あとヒロインの声は広瀬すずだったのね、前情報知らんかった。 宝物にします。 こんなにいい映画、ひとりでも多くの方が見てもらいたい!... ああいう歳の重ね方に憧れます。 コロナ謹慎の影響でしょうか。。 少し山をやった経験のある人ならばそんなアホな!って突っ込みが炸裂してしまう。 パロディ映画だ。 確実に言... 敵が必要以上に大きすぎ。 その1人の敵に対して、主人公のルフィ1人ではなく、海軍、... 設定等は過去のアニメ プラ...

次の

『ルパンの娘 (講談社文庫)』(横関大)の感想(106レビュー)

ルパンの娘 評価

2019年夏ドラマ 『ルパンの娘 』 の前評判と放送後の評判との違いや、視聴率から視える評判・評価 を最終回まで随時更新していきます。 ドラマ『ルパンの娘』の主演を務めるのは深田恭子さんです。 放送された後に、ここが面白い・又は面白くないといった視聴者からの評判などの反応を毎話取り上げていきます。 それと、この ドラマ枠の過去の視聴率と比較して、今作 『ルパンの娘』 の評判がどうのように評価されていくのか、1話~最終回までの視聴率の変化もまとめています。 この記事では、前評判と放送後の評判の違いなどを見ると面白いかもしれません。 ルパンの娘の評判・評価は?視聴率の推移を見る! 1話~最終回まで放送された視聴者の評判を毎話取り上げていき視聴率を公開していきます。 1話 視聴率8. とくに良かったのは華の恋人の和馬が自分の家族に警察として働いている人以外との結婚は認めないと言われても、まったく諦めていなかったところです。 とても真っ直ぐで誠実で、一生懸命華のことを想っている和馬を観ていると、つい2人の結婚を応援したくなります。 華は泥棒一家に生まれたことを後悔していて、普段は図書館司書として働いていますが、1話では愛する和馬を助けるために再び泥棒として活躍してしまいました。 確かに盗みは許されることではありませんが、このLの一族がやっていることはすべてが悪いことだとは言い切れないなと思いました。 泥棒として生まれたことを恥ずかしく思っていて、泥棒になることをあれだけ嫌がっていたのに、いくら和馬を助けるためだといっても、すんなり泥棒の衣装に着替えすぎだと思いました。 悦子と尊に泥棒になって助けに行くことをすすめられても、最初はもっともっと嫌がって、断った方がいいと思います。 その方が本当に泥棒として生きることを嫌だと思っているのだということが視聴者に伝わったと思います。 悩んで、迷って、でも和馬を助けるために仕方なく泥棒になるのだというところがもっと伝わってこればよかったのになぁと少し残念に思いました。 2話 視聴率7. 第2話の面白かった点については、警察官の親と、泥棒の親との親同士の対面のシーンはコミカルであり非常に楽しく見る事ができ、面白かったです。 実際の泥棒のシーンになると、深田恭子がリーダー的な動きをする点や、秘密兵器といわれるハイテク機器が登場する点は面白く見る事ができました 今回の泥棒のシーンで使用された、トリック(秘密兵器)を使用するシーンでは有名なミッションインポッシブルのトリックが使われており、それを堂々と認めているので問題はなかったですがやはり、発覚する落ちを知っているので、その点はもう、ひとひねりが欲しかったと感じました。 又、落ちの犯人のUSBメモリを渡す方法なども、コメディーなので仕方ないのですがあまりにも非現実的な渡し方をしたので、少し物足りなさを感じました。 3話 視聴率8. いつもながら悦子はド迫力の演技で、最後に子供が生れた設定で感激しながら秘宝を奪った尊も、人を巻き込むハイテンションの演技が上手すぎました。 良かったシーンは、華が来るのに備えて、和馬が素振りをしてシャワーを浴びていたシーンです。 見事な上半身の筋肉に釘付けになりました。 華が家に来るというだけで、ここまで準備するなんて、いじらしくて可愛いと思いました。 他にも、和馬の犯人との格闘シーンがあり、素早い動きがとても素敵でした。 第3話であまり面白くなかったシーンは、尊と悦子が見つからないように、華が和馬に一芝居打ったシーンです。 華に迫られた和馬はついその気になってしまい、何だか気の毒でした。 良くなかったシーンは、美佐子が証拠を掴むために認めると嘘をついて華を家に招いたシーンです。 純粋な華を喜ばせて、指紋や血液を入手していた美佐子が怖すぎました。 旅行に行ったと見せかけて戻ってきた美佐子のシーンも、家に来ていただけで泥棒猫は言い過ぎだと思いました。 4話 視聴率5. コメディ展開が楽しいこのドラマですが、序盤から正体がバレるかもという展開に最終回までごまかすことができるのか、気になります。 ドラマの登場人物たちのキャラクターがとにかく濃くて面白く、1時間が毎回あっという間です。 また泥棒への変身シーンのオープニングはイントロがかかるたびに来た来た!とちょっとダサい感じがヤケにクセになります。 木曜の週半ばの夜に気楽に楽しく見るのにぴったりのドラマです。 岸井ゆきのさん演じる和馬のお見合い相手のエミリのキャラクターが575調の俳句でしか会話のできないキャラクターだとあらすじで見ていたので、よっぽど濃いのだろうなと楽しみにしていました。 個人的には朝ドラまんぷくも見ており、ドラマ内で夫婦だった2人の共演が気になりました けれどもっと話を引っ掻き回すかと思いきや物分かりの良いキャラクターだったので、もう少しぶっ飛んでいてもこのドラマでは浮かないのかなと思いました。 視聴率は翌日の朝10時頃になります。 スポンサーリンク ルパンの娘の前評判は?主演:深田恭子 果たして視聴する人は『ルパンの娘』主演を務める深田恭子さんの、放送前の評判は?どのようなコメントをしているでしょうか。 最終回は刑事の彼と泥棒の彼女とのバトルアクションもあるかもしれませんね、深田恭子さんの戦う姿も見てみたいです、アクション女優の仲間入りになったら嬉しいかもです。 意外に恋愛要素があるんじゃないかと思ってます。 美術館や博物館にいって、仲間と共にお宝を盗んでいく展開になるんじゃないかと思います、見どころは何と言っても、深キョンのボディースーツを着ての演技する姿。 もう35歳ぐらいなのにスタイルが良い。 最終回はどうなるかの予想は、おそらく相手役の警官に捕まるんだけど見逃して一緒になって駆け落ちするんじゃないかと思います。 とにかくこの「ルパンの娘」の放送を楽しみに待ちたいと思います。 恋人役が瀬戸康史さんなのも良いです。 泥棒一家に生まれ育った女性と、警察官一家に生まれ育った恋人の取り合わせがユニークです。 恋人のためにも泥棒をやめたいと葛藤しながらも、家族との間で揺れ動く主人公をコミカルに描くようなので、気楽に観られそうで楽しみです。 最後は恋人に泥棒だと気付かれてしまうと予想します。 そして警察官の彼のために「泥棒をやめる」と誓い結婚しますが、実は彼が仕事で泊まりの時などを狙い、ちゃっかり泥棒を続けるというオチかな?と思っています。 飛んで埼玉やテルマエ・ロマエのスタッフさんが制作するとのことなので、笑ってホロリできるドラマになると期待しています。 嫌なニュースばかりで気が滅入るため、ドラマくらいは明るく楽しくがいいです。 0%ぐらいが当たり前の数値になってきています。 深田恭子さんのこれまでのドラマは、『富豪刑事』『ダメな私に恋してください』のような、一風変わった人物やダメ人間役を演じた時の方が、面白味が出て注目されてきました。 ドラマ『ルパンの娘』はエンターテインメントの粋を集積させた奇想天外なラブ&コメディーとなっているので、これまでの低視聴率の枠から一変しそうな予感がします。 全話平均視聴率9. 0%になると予想しています。 最近の投稿• カテゴリー• アーカイブ•

次の