横浜 青葉 脳神経 外科 クリニック。 「横浜青葉脳神経外科クリニック」(横浜市青葉区

医療法人社団 明芳会 横浜新都市脳神経外科病院

横浜 青葉 脳神経 外科 クリニック

脳神経外科外来 1. 脳神経外科外来の診療内容• ・脳卒中の予防• ・脳卒中の内科的治療• ・頭痛、めまい、しびれなどの症状• ・脳腫瘍• ・水頭症• ・認知症• ・頭部外傷• ・頚椎ヘルニア、頚椎症 などの診断や治療を脳神経外科専門医が行います。 頭痛で来院された患者様の頭部MR画像 症状は軽度でも、巨大な脳腫瘍が指摘されました。 軽い症状でもまずは医師にご相談ください。 脳神経外科受診の際のご注意• ・初診の方、MRI検査をご希望の方は、午後の診療終了時間の30分前までにご来院ください。 ・脳神経外科外来を行っていない時間帯でも検査は行えますが、結果説明はその日の夕方、もしくは後日となりますのでご了承ください。 ・脳神経外科外来の担当医については、診療時間のページをご参照ください。 ・不明な点はお電話にてご相談ください。 脳ドックのご案内 脳も40歳を過ぎると老化のスーピードが速いといわれています。 最終的には脳卒中として、言語障害や運動障害などの症状を起こすことになります。 ご承知のように脳が一度故障すると、後遺症として社会生活が不自由なものになります。 脳卒中をはじめ、脳の病気は特に早期発見、早期治療が必要な病気です。 脳の断面と脳血管をMRIでチェックして、生活習慣の改善や早期治療を行い、脳の病気を未然に防ぐことが脳ドックの目的です。 脳ドック検査内容 頭部MRI検査(脳断面、脳血管) 所要時間約15分 検査結果はその日のうちにご説明いたします。 オプションで心電図、胸部レントゲン検査、血液検査なども承っております。 関連ページ•

次の

横浜市青葉区の脳神経外科の病院・クリニック 12件 口コミ・評判 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

横浜 青葉 脳神経 外科 クリニック

脳外科医の視点から診た脳の専門外来です。 主に以下の診断をします。 物忘れ• めまい• しびれ• 頭部外傷(ケガ)• てんかん• 脳腫瘍• 脳卒中(脳内出血や脳梗塞のこと) 脳や神経の病気の診断や治療をおこない、最新の検査機器を用いて脳神経系の病気の早期発見、早期診断に取り組んでいます。 また、当院では、難しい病気をできるだけ平易に噛み砕いて説明します。 初診時の金額の目安 3割負担 初診料+MRI+処方せんで約8,500円(薬局でのお薬代は別途必要) 1割負担 初診料+MRI+処方せんで約2,400円(薬局でのお薬代は別途必要) 全額負担 初診料+MRI+処方せんで約28,000円(薬局でのお薬代は別途必要) 脳神経外科を受診されたことの無い方は「初めての方へ・よくあるご質問」も合わせてご覧ください。

次の

脳神経外科外来について|横浜市 青葉区 脳神経外科 内科 乳腺外科 いとう横浜クリニック

横浜 青葉 脳神経 外科 クリニック

仕事納め 1 -生き方- 22. 仕事納め 1 -生き方- 2015. 08 一年の最後の仕事の日が、仕事納めです。 納めるとは、終わりにするという意味合いがありますので、歳の暮れにその年の仕事を終えた日それが仕事納めです。 私どもの仕事は、27日(土)午前が、仕事納めでした。 この一年で私は自分自身の人生観を一変させる出来事があり生きるとはどういうことか・・・働くとはどういうことか・・・を考えさせられたこの一年の月日でした。 平成19年5月に開院した時私は、クリニックの外来受付に置いてあるパンフレットに次のような簡単なメッセージを記載しました。 1.はじめに First of all 元気で健康な脳でありたい・・・だれもが望む願いです。 毎日の暮らしが、心身ともに健康であるために・・・ 日々の生活で明るく元気を出すために・・・ そんな願いを込めて診療します。 院長 古市 晋 私が、パンフレットの中で一番最初に掲げたかった文章です。 First of all とは、「全ての中の一番はじめ」という意味です。 そんな願いが診療の始まりでした。 だって私は、仮にも一介の脳神経外科医ですから。 同じ心身とは言いながら精神や身体を専門している多くの先生方とは、その専門性の奥深さからして私などは実力において比較の対象にはなりません。 だって私は、単なる脳神経外科医ですから。 パンフレットの中で2番目に掲げたかったメッセージは命と心についてでした。 2.二軸の視点 Twin point of view 「命」と「時間」の軸 命とは・・・有限の時間を刻むこと だから、命を生かすため時間を大切に過したい。 「心」と「物・時」の軸 心とは・・・物と時を有機的に関係づけるもの だから、心を活かすため物と時の無駄を排したい。 この二つのメッセージは、今も私の基本になっています。 この一年、人生観を一変させる出来事によって生きるということはどういうことか、を真剣に考えた時私は、瞬間的にあたかもお坊さんが達観したような境地になりました。 私には、微々たる能力しかありませんが生きるとはどういうことか、を年末に考えさせられた仕事納めの一日でした。 カテゴリ• カテゴリーなし.

次の