ホワイトリカー。 果実酒に欠かせないホワイトリカーとは?そのまま飲めるお酒なの?

【楽天市場】ねこ印 梅酒・果実酒用 ペットボトル 35% ホワイトリカー 1.8L 6本(1ケース) 焼酎甲類【同梱不可】:とやまの地焼酎本舗 ギンセン屋

ホワイトリカー

com ホワイトリカーは焼酎の一種ですが、そもそも焼酎にはどのような分類があるのでしょうか? 焼酎は大まかに、連続式蒸溜で造られる「甲類焼酎」と、単式蒸溜で造られる「乙類焼酎」に分けられます。 乙類焼酎は米や麦、芋など原料由来の風味や味わいをたのしむ一般的な焼酎。 これに対して甲類焼酎は、糖蜜などを原料とし、できあがった焼酎は基本的に無味無臭。 風味や香りはついていません。 ちなみに、本格焼酎とは乙類焼酎の造り手が「甲類より劣っているように見られてはたまらない」との想いから提唱した呼称で、乙類焼酎のなかでも、水以外の添加物を使わない、などの条件をクリアすることで、そう名乗ることを許されています。 本題に戻ると、ホワイトリカーは、この分類でいう甲類焼酎のことです。 もともと「ホワイトリカー」とは「無味無臭のお酒」という意味で、広義にはウォッカやテキーラの一部なども含まれます。 しかし、日本ではホワイトリカーといえば甲類焼酎のこと。 効率的な連続式蒸溜で造られるためリーズナブルにたのしめ、無味無臭に近く、果実酒など他の素材と混ぜて使用することが多い焼酎です。 com ホワイトリカーは焼酎のなかでも甲類に分類され、よく果実酒を作る際に利用されます。 梅やリンゴ、レモンなど、使われる果実は多種多様。 それぞれの素材がもつ甘味や酸味、香りを存分にたのしめることが、果実酒の醍醐味でしょう。 こうしたフルーツの味や香りを活かそうと思えば、芋や米、麦など原料の風味を色濃く残した乙類焼酎では不向きな場合が多いのです。 無味無臭に近く、果実の味わいを邪魔しない甲類焼酎=ホワイトリカーこそが、果実酒作りには求められています。 また、ホワイトリカーに含まれるアルコールの殺菌効果から、果実の腐敗を防ぎ長期保存できるというメリットもあります。 これは乙類焼酎や、同様にアルコール度数の高いウイスキーやブランデーにも当てはまる利点ですが、「果実の風味を殺さない」「殺菌効果が見込める」の2点をあわせもつのは、ホワイトリカーならではといえます。 com ホワイトリカーは、焼酎単体で飲まれることは少ないですが、果実酒の素材とする以外にも、たのしみ方がいくつかあります。 たとえばホワイトリカーと炭酸水、そこに好みの果汁を加えるアレンジです。 果汁は生搾りのものでも、市販のジュースでもかまいません。 かんたんに飲みやすいサワーが完成します。 また、ホワイトリカーをウーロン茶、緑茶などで割るのもおすすめです。 通常よりもクセのない、すっきりした味わいのお茶割りになります。 さらにホッピーとの相性も抜群。 普段なら乙類焼酎で割るよりも、ホワイトリカーにすれば、ホップの風味を十分にたのしめるでしょう。 あるいは、調味料の長期保存に活用するのも一案です。 消毒を行った容器に唐辛子やニンニクを入れ、そのままホワイトリカーと漬け込むだけ。 半年ほどは風味を落とさずに保管できます。 一般的な乙類焼酎にくらべて風味や香りがないホワイトリカーは、その個性のなさゆえに、じつに幅広いたのしみ方ができます。 果実酒としてはもちろん、カクテルや調味料の保存にも重宝するでしょう。 ぜひ上手に使ってみてください。

次の

果実酒作りに欠かせない、ホワイトリカーとは?

ホワイトリカー

com ホワイトリカーは焼酎の一種ですが、そもそも焼酎にはどのような分類があるのでしょうか? 焼酎は大まかに、連続式蒸溜で造られる「甲類焼酎」と、単式蒸溜で造られる「乙類焼酎」に分けられます。 乙類焼酎は米や麦、芋など原料由来の風味や味わいをたのしむ一般的な焼酎。 これに対して甲類焼酎は、糖蜜などを原料とし、できあがった焼酎は基本的に無味無臭。 風味や香りはついていません。 ちなみに、本格焼酎とは乙類焼酎の造り手が「甲類より劣っているように見られてはたまらない」との想いから提唱した呼称で、乙類焼酎のなかでも、水以外の添加物を使わない、などの条件をクリアすることで、そう名乗ることを許されています。 本題に戻ると、ホワイトリカーは、この分類でいう甲類焼酎のことです。 もともと「ホワイトリカー」とは「無味無臭のお酒」という意味で、広義にはウォッカやテキーラの一部なども含まれます。 しかし、日本ではホワイトリカーといえば甲類焼酎のこと。 効率的な連続式蒸溜で造られるためリーズナブルにたのしめ、無味無臭に近く、果実酒など他の素材と混ぜて使用することが多い焼酎です。 com ホワイトリカーは焼酎のなかでも甲類に分類され、よく果実酒を作る際に利用されます。 梅やリンゴ、レモンなど、使われる果実は多種多様。 それぞれの素材がもつ甘味や酸味、香りを存分にたのしめることが、果実酒の醍醐味でしょう。 こうしたフルーツの味や香りを活かそうと思えば、芋や米、麦など原料の風味を色濃く残した乙類焼酎では不向きな場合が多いのです。 無味無臭に近く、果実の味わいを邪魔しない甲類焼酎=ホワイトリカーこそが、果実酒作りには求められています。 また、ホワイトリカーに含まれるアルコールの殺菌効果から、果実の腐敗を防ぎ長期保存できるというメリットもあります。 これは乙類焼酎や、同様にアルコール度数の高いウイスキーやブランデーにも当てはまる利点ですが、「果実の風味を殺さない」「殺菌効果が見込める」の2点をあわせもつのは、ホワイトリカーならではといえます。 com ホワイトリカーは、焼酎単体で飲まれることは少ないですが、果実酒の素材とする以外にも、たのしみ方がいくつかあります。 たとえばホワイトリカーと炭酸水、そこに好みの果汁を加えるアレンジです。 果汁は生搾りのものでも、市販のジュースでもかまいません。 かんたんに飲みやすいサワーが完成します。 また、ホワイトリカーをウーロン茶、緑茶などで割るのもおすすめです。 通常よりもクセのない、すっきりした味わいのお茶割りになります。 さらにホッピーとの相性も抜群。 普段なら乙類焼酎で割るよりも、ホワイトリカーにすれば、ホップの風味を十分にたのしめるでしょう。 あるいは、調味料の長期保存に活用するのも一案です。 消毒を行った容器に唐辛子やニンニクを入れ、そのままホワイトリカーと漬け込むだけ。 半年ほどは風味を落とさずに保管できます。 一般的な乙類焼酎にくらべて風味や香りがないホワイトリカーは、その個性のなさゆえに、じつに幅広いたのしみ方ができます。 果実酒としてはもちろん、カクテルや調味料の保存にも重宝するでしょう。 ぜひ上手に使ってみてください。

次の

アルコール消毒の代用にワイン・ホワイトリカー・日本酒は使える?

ホワイトリカー

スポンサーリンク ホワイトリカーの残りの使い道は? ホワイトリカーって、なぜか1. 8リットル入りのデカイやつしかないんですよね。 こんなにいっぱい使い切れないよな~とわかっていても、梅酒などを作る場合は必要ですから買うしかない・・・。 500ミリリットルくらいの小さいサイズがあればちょうどいいんですが、ウチの近所のスーパーでも見たことないです。 なのでヘタするとホワイトリカーを使い終わったあとなのに、半分くらい残っているなんて事もあります。 お酒は腐る心配が少ないとはいえ、そのまま置いたままにするのも気になりますよね。 ホワイトリカーに炭酸とフルーツ果汁を混ぜるだけで出来上がり。 ホワイトリカーに合うのは、パイナップルやグレープフルーツ・レモンなどの爽やか系フルーツです。 果汁だけでなく果肉も入れれば、フレッシュ感もアップ^^ ドリンクとしてどんどん消費すれば、あっという間に残り物のホワイトリカーもなくなります。 先ほどご紹介した生のフルーツの果汁と果肉を入れるよりも、もっとジュースの量が多いのでお酒というよりはジュースに近くなります。 アルコール入りジュースのような感じなので、グイグイいけちゃいます。 ホワイトリカーは無味無臭でジュースの味もほぼ変わらないため、お酒のニオイが苦手なかたにも飲みやすいです。 カルーアっていうリキュールがあるんですが、それに似たようなものができます。 作り方は簡単。 消毒した瓶にコーヒー豆と氷砂糖を入れたところに、そっとホワイトリカーを注ぐだけ。 分量の目安はコーヒー豆50g・氷砂糖80g・ホワイトリカー500CCです。 まずはこの分量で作ってみて、次回からは甘さとコーヒーの苦みを好みに応じて調整してみてください。 漬け込んだ氷砂糖が溶けやすくなるよう、たまに瓶を静かに振りましょう。 この状態で1ヶ月くらいたてば、美味しいリキュールの出来上がり。 ウチではバニラアイスやかき氷のシロップとしてかけたり、コーヒーに入れたり牛乳で割って飲んだりしています。 果実酒以外のものを・・・そんな時は料理に使える調味料を作っておけば重宝します。 昆布や鰹節・唐辛子などとヒタヒタになるくらいのホワイトリカーを瓶に注ぎ入れ、そのまま10日~2週間程度寝かせておくだけ。 例えば炒め物やお味噌汁・パスタ・マーボ豆腐やエビチリなどの中華料理を作る時に入れてみてください。 しっかり加熱すればアルコールはとぶので、酒臭い!なんて心配もないです。 果実酒を作る時と同じように消毒した瓶を使用し、スプーンですくって中身を取り出す際には乾いた清潔なものを使用しましょう。 おわりに ホワイトリカーを買って色々作ってはみたものの、やっぱり使い切れなかった・・・ お酒だし腐らないよね?!と思いつつも、来年までそのままにしておくのは気になりますよね。 ホワイトリカーはアルコール度数が高いので、保存状態が問題なければ去年のものでも使う事はできます。 でも一度封を開けたものはニオイがついたりアルコールが揮発したりということもあるので、必ずしも開封直後の品質と同じとは限りません。 なのでもしも去年のホワイトリカーを使う時は、大丈夫かどうかニオイなどを確かめるようにしましょう。 せっかく買ったホワイトリカーですので、どんどん消費して美味しい料理やドリンクで使いきってくださいね。

次の