シャドバ ティア1 ローテ。 シャドウバース ローテmp10,500~

【シャドウバース】アマツエルフのローテーション最新デッキレシピ【シャドバ】

シャドバ ティア1 ローテ

Tier1 環境最上位デッキ 高いデッキパワーを誇り、現環境で最も注目されているデッキ。 そのため対策されやすく、デッキの中身や戦略もばれやすいが、それでもなお高い勝率を誇るデッキが多くランクインする。 Tier2 準最強クラスのデッキ Tier1のデッキに匹敵するデッキパワーを持つが、環境上位デッキとの相性差により、相対的な勝率はやや落ちる。 Tier3 中堅デッキ Tier1、Tier2のデッキと比べるとデッキパワーで劣り、見かける機会はあまり多くないデッキ。 環境次第では上位に上がることもある。 Tier4 発展途上のデッキ 研究が進まず構築が固まっていないデッキや、そもそものデッキパワーが足りていないデッキ。 新カードの追加やカード調整次第ではTier上位に食い込むこともある。 Tier1デッキ デッキ キーカード 変動 - - - - Tier2デッキ デッキ キーカード 変動 - - - - - - - - - Tier3デッキ デッキ キーカード 変動 - - - - - - - - - Tier4デッキ デッキ キーカード 変動 - - デッキ紹介 連携ロイヤル 代表的な採用カード 連携を活かしたデッキ 場にフォロワーが出た枚数を参照する「連携」を活かしたデッキです。 フォロワーのプレイ枚数ではなく場に出たフォロワーの数を参照するので、カードの効果で出たフォロワーもカウントされます。 連携条件を達成して高いバリューでカードを使いながら、の直接召喚を目指しましょう。 ハデスネクロ 代表的な採用カード 冥府への道を成立させる のアクセラレートorラストワードによってを場に出し、その起動を狙っていくデッキになります。 は条件を満たせば毎ターン相手フォロワーとリーダーに全体6点ダメージとなり、ゲームに勝利するレベルの力を発揮します。 葬送ネクロ 代表的な採用カード 葬送で連携を稼いで盤面展開 、の直接召喚を行い盤面を作っていくデッキです。 は葬送を2、連携を5(2枚蘇生すれば)稼いでくれるデッキの要です。 進化ロイヤル 代表的な採用カード 進化・連携を稼いで戦う 進化・連携を稼いで、、、、といったカード達をバリュー高く使っていくデッキです。 ロングゲームになればなるほど高いバリューを発揮するカードが多く採用されています。 魔道具専門店ウィッチ 代表的な採用カード 盤面、リーダーにバーンダメージを与える アディショナルによって追加されたを主軸としたデッキです。 設置には7PPかかりますが、設置後は全てのカードに1PP回復、盤面か体力に2点ダメージの効果が付与されます。 0コストのカードを用意しておく、設置する隙を作りを使っていきましょう。 リーダー付与後にディスカードを連打し、継続的な盤面処理&バーンダメージを与えていきましょう。 秘術ウィッチ 代表的な採用カード 様々なバーンで削り禁約でフィニッシュ はゲーム中に割れた土の印の数+2のバーンダメージを相手に与えることができます。 8コストのフィニッシャーでありながら結晶効果はデッキの循環を手助けし、大ダメージから身を守ってくれる非常に使い勝手が良いカードです。 アクセラレートエルフ 代表的な採用カード 異形をフィニッシャーとしたアクセラレートデッキ のようなアクセラレートでアドバンテージを取れるカードを軸に、をフィニッシャーとして採用したデッキです。 各種アクセラレート持ちカードをアクセラレートで使うか、の融合に使うか、そのまま使うか考えてプレイしましょう。 アマツエルフ 代表的な採用カード アマツによるフェアリーのバフ&疾走付与を目指す の起動条件を満たすためにを6枚集めていきます。 はエンハンスでのプレイに隙を生みますが、だけでなく1コストのカード全てにバフ&疾走を付与できます。 場にフォロワーを並べて序盤から体力を削りながら、疾走を付与したフォロワーで止めを刺しましょう! 自傷(狂乱)ヴァンプ 代表的な採用カード 自傷軸のコントロールデッキ 狂乱状態で強くなるカードを軸に、自傷と回復を意識して行うデッキです。 はフィニッシャーとなりながら、序盤はリソース確保としても使うことができます。 コントロールエルフ 代表的な採用カード リノセウスによるフィニッシュ ロングゲームの間にを引き入れ、各種バウンスカードで使い回してカウントを進めていきます。 耐久度が高いデッキなので完成まで焦らず、ゆっくりとカウントを進めていきましょう。 手札次第では6ターン目に完成することもあります。 自然機械ドラゴン 代表的な採用カード 直接ダメージを継続して与え勝つ の効果で手に入るをプレイし、毎ターン相手リーダーにバーンダメージを与えるデッキです。 の破壊枚数に応じてダメージが蓄積されるため、PPが余ることのないようにを回していきましょう。 バーンヴァンプ 代表的な採用カード ネレイアを軸としたヴァンパイア を軸とした盤面除去と各種回復・バーンカードでゲームを進めていきます。 をプレイするために渇望を意識しておきましょう。 進化ドラゴン 代表的な採用カード 進化を稼いでゼウスへ 1枚で5回の進化を稼ぐことができるを筆頭に各種カードで進化回数を稼ぎ、で勝つデッキです。 進化回数10回以上をも超えるで決めていきましょう。 シャドウバース主要記事.

次の

シャドウバース ローテmp10,500~

シャドバ ティア1 ローテ

OTKエルフでアンリミテッド25連勝のデッキ <> 今回はアンリミテッド環境のOTKエルフで驚異のマスターランク25連勝を記録したRedo氏のデッキレシピを紹介します。 OTKエルフといえばアンリミテッド環境で非常に強いとの評判で、実際にのデータによると勝率56. 時空転生の 新カード「導きの妖精姫・アリア」のカードパワーが非常識なほど高いので、一気に強化されたという印象です。 しかし、Redo氏のレシピでは、 新カードはアリアだけでなく「妖精の奔流」1枚と「炎精の森」2枚も採用されています。 この辺りの新カードは採用率が必ずしも高くなく、デッキレシピの中で目を惹く部分だと思います。 OTKエルフはデッキの骨格の大部分が固まっているコンボデッキなので、残りの枠でどのようなカードを採用するかが個性の分かれるところですし、ちょっとした違いでもデッキの強さが変わってきます。 今回は、その辺りをメインに見ていきます。 まずは 「妖精の奔流」ですが、対空射撃3枚、自然の導き3枚に続く、リノセウスを手札に戻せる7枚目のカードとして採用されています。 リノセウスは、リノセウス自身が3枚、ミニゴブリンメイジ3枚、歴戦の傭兵・フィーナが3枚で合計9枚のカードからアクセスができます。 それに対して、リノセウスを手札に戻すカードの方は、対空射撃3枚、自然の導き3枚の計6枚だけだと少ないイメージで、リノセウスはあるのに、手札に戻すカードがないという状況に陥りやすいと思います。 次に、新カード 「火精の森」です。 フェアリーサークルの劣化版みたいに言われることも少なくないですが、 使ってみると意外と強いです。 特に、序盤の除去が安定しやすくなるイメージです。 たとえば、先攻1ターン目に置くと、3ターン目に相手の2コストフォロワーに1点飛ぶので、フェアリーで処理することができます。 他には、対ミッドレンジネクロの後攻1ターン目に置いておくと、3ターン目にランダム1点ダメージが飛ぶので、スカルリングから出てきたスケルトンにちょうど当たります。 OTKエルフはリノセウス確定サーチのために序盤の動きを犠牲にしていて、後攻は特に怖いのですが、火精の森を入れるだけでかなり違うのではないかと思います。 Shadowverse Logのデータを見ると、OTKエルフの先攻勝率66. Redo氏の25連勝は、後攻でも当然のように勝ちまくらないと達成できない驚異の連勝数なので、後攻での安定性はキーポイントの一つになると思います。 クリスタリアプリンセス・ティアの1枚採用も後攻時を意識しての採用なのではないでしょうか。 後攻4ターン目で導きの妖精姫・アリアを進化させて、0コストのフェアリーウィスプを2枚手に入れれば、後攻5ターン目には守護付きのクリスタリア・イヴを立てることができます。 ちなみに、Redo氏によると、同じ5コストの 森の意志の枠については、怪しいとのことです。 森の意志の枠についてだけは、実際に試してみながら、採用するか不採用にするかを決めるのがおすすめです。 逆に言うと、デッキのその他の部分は、Redo氏が十分に調整して自信を持っているレシピだと思うので、そのまま使うのがベストでしょう。 コンボパーツのバランス調整、序盤の安定性、後攻での安定性など、随所に細かな工夫が見られて、素晴らしいデッキレシピだと思います。 新カードが多いので、使っていても面白いと思いますし、アンリミテッドでOTKエルフを使うならおすすめのデッキレシピです。 OTKエルフでアンリミテッド25連勝のRedo氏のツイッター エルフで25連勝したレシピ。 アンリミテッド、OTKエルフです。 全部満遍なく使ったけれど、変えるとしたら奔流か森の意志あたりだと思いました。 — Redo RBWG 時空転生のおすすめデッキレシピ集.

次の

ティアワンの意味は|自動車業界でのティア1、Tier1

シャドバ ティア1 ローテ

ティアワンやティア1とは正確にはTier1と書きますが、メーカーに直接納入する一次サプライヤーのことを意味します。 トヨタやホンダ、日産をはじめとする自動車メーカーに部品や製品を納入するメーカーの例でたとえると、自社で製造・開発したものを直接こうしたメーカーへ納入する立場にある会社をティアワンと呼びます。 一次請負とも言われます。 自動車業界に限らず、航空機業界など下流から上流までのサプライチェーンが長かったり、巨大な産業について特に使われる表現です。 Tier1(ティアワン)があるということは、Tier2(ティアツー)も当然あります。 ティア2の企業は、ティア1の企業へ自社製品を供給する立場にあります。 工業製品の多くはこうして部品が上流へ遡っていく巨大なサプライチェーンの上に成り立っています。 自動車の例で言えば、ティア1同士での取引も活発に行われており、お互いに自動車メーカーへ直接納入するサプライヤーであっても、ある部品については片方の部品に組み込まれる形をとるため、そちらが完成品として仕上げて自動車メーカーへ納入する、というケースです。 こうした場合であっても、それぞれのティア1の技術担当者が自動車メーカーのエンジニアとやり取りする、ということもそう珍しくはありません。 企業の立場として、ティア1ともなると納入業界について、つまり顧客の業界についての情報にもかなり精通していることが通例で、大きなティアワンともなると顧客の競合へも納入しており、その業界での各社の生産量や動きが分かってしまうというケースもあります。 スポンサーリンク 砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。 製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。 このサイトについて 研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。 「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。 わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。 砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。 toishi. info@管理人.

次の