大爆笑 類語。 コトバ解説:「大笑い」と「爆笑」の違い

大流行 類語についての速報!!

大爆笑 類語

笑うという動作のいろんな表現を教えてください。 yahoo! 辞書類語辞典では 大声で笑う 喜んで笑う 笑む 微笑 ほほえ む にこにこする 北叟 ほくそ 笑む 〈思わず〉噴き出す 笑い零 こぼ れる 笑い崩れる 笑い興じる 相好 そうごう を崩す 腹を抱える 腹の皮を捩 よじ る 破顔〈一笑〉 〈一同〉解顔 破笑 発笑 莞爾 かんじ 婉然 えんぜん とありましたが、これら以外にもありましたら是非ともご教授お願い致します。 できれば笑いの程度なども解説して頂ければ幸いです。 あと、「腹を抱える」は (a)あまりの滑稽さに山田は腹を抱えた。 (b)あまりの滑稽さに山田は腹を抱えて笑った。 のどちらが正しいのでしょうか? 抱腹絶倒、嘲笑、口角を上げる、笑みを刷く、失笑、口許を緩める、談笑、冷笑、けらけら笑う、苦笑、哄笑、艶笑、歓笑、喜笑、戯笑、嬌笑、引き攣り笑い、作り笑い、絶笑、諂笑(てんしょう)、爆笑、朗笑・・・ ぜはーぜはーなんだか疲れて参りました(笑)のでこの辺で。 まだ他にもあると思います! 笑いの程度については、程度以前に種類が腐るほどあるので・・・嘲笑と喜笑では明らかに「笑い」の意味が違いますしね。 「腹を抱える」の用法についてですが、辞書に「腹を抱えて笑い転げる」という例が載っていました。 多分、(a)だと単に「胃が痛い」というニュアンスにもとれてしまうのだと思います。 そういう意味では文意が明確なのは(b)ですが、用法的にはどうなんでしょう・・・? 役に立てず申し訳ありません。

次の

大爆笑 英語

大爆笑 類語

「大笑い」と「爆笑」の違いとは?(2014年7月1日) ギョロ「ギョロロギョロギョロギョロロロロ」 ケビン「な、なんだか気味が悪いヨ。 いや、いつもダケド、今日は特に。 」 ギョロ「気味が悪いなんて失礼ギョロ。 もう、本当にこんなに笑えることはないギョ!」 ケビン「え、笑っているノ?」 ギョロ「そうギョ。 カエルピョコピョコミピョコピョコ、合わせてピョコピョコムピョコピョコってあるギョロ?あれがおかしくておかしくてギョロ。 」 ケビン「ただの早口言葉ダヨネ。 」 ギョロ「地球人はセンスあるギョロ。 チン、『爆笑』ギョロ。 」 ケビン「何がおかしいのか、全く理解デキマセンガ、この場合は『爆笑』じゃなくて『大笑い』が正解デスヨ。 」 ギョロ「笑いたければ、笑えばいいギョロ。 それだけギョロ。 」 ケビン「表情があんまり変わらないから分からないケド、もしかしてドヤ顔で言ってる?そのせりふも使い方間違ってイルシ……。 」 顔は笑っているのに目が笑っていないと言いますけど、なかなかそれを察知できないケビンです。 グーグルグラスには、それを感知するアプリケーションを搭載いただきたいものです。 ギョロ「ちなみに、チンの目は笑っていると感じるギョ?」 ギョロさんの場合は特殊だからな……。 ちょっと分かりません……。 さて、本題に移りましょう。 今回は「大笑い」と「爆笑」について解説します。 どちらも「笑うこと」ですが、どんな違いがあるのでしょうか。 まずは「大笑い」。 これは「大声を上げて笑う」という意味。 「哄笑(こうしょう)」や「高笑い」も同じ意味で使われます。 これに対して「爆笑」は「大勢の人が一斉にどっと笑う」ことを言います。 つまり「大笑い」するのは一人でも複数人でも関係ありませんが、「爆笑」は「大勢の人」が笑うことによって成立する言葉なのです。 ケビン「テレビ番組を一人で見て『爆笑』することはアリマセン。 」 ただ、一人や数人で笑う場合でも「爆笑」が使われることが一般的になってきていますね。 実際、違和感を感じない人も多いのではないでしょうか。 ギョロ「片腹痛いギョロ」 ケビン「盲腸?」 ギョロ「違うギョロ。 おかしすぎておなかが痛いギョロ。 そして、分身の術を使って『爆笑』スルギョロ~~~。 」 ケビン「オォ!読者の皆さんに映像をお見せできないのが残念デスガ、今ワタシの目の前にはギョロさんの等身大パネルが数枚。 本当に笑っているかは不明デス。 」 ギョロ「ギョロロロロロ~。 」 ケビン「そ、それではまとめに参りマース。 」 では、今回のレッスンのまとめです。 「大笑い」は、大声を上げて笑うこと 「爆笑」は、大勢の人がどっと笑うこと.

次の

笑うという動作のいろんな表現を教えてください。

大爆笑 類語

「大笑い」と「爆笑」の違いとは?(2014年7月1日) ギョロ「ギョロロギョロギョロギョロロロロ」 ケビン「な、なんだか気味が悪いヨ。 いや、いつもダケド、今日は特に。 」 ギョロ「気味が悪いなんて失礼ギョロ。 もう、本当にこんなに笑えることはないギョ!」 ケビン「え、笑っているノ?」 ギョロ「そうギョ。 カエルピョコピョコミピョコピョコ、合わせてピョコピョコムピョコピョコってあるギョロ?あれがおかしくておかしくてギョロ。 」 ケビン「ただの早口言葉ダヨネ。 」 ギョロ「地球人はセンスあるギョロ。 チン、『爆笑』ギョロ。 」 ケビン「何がおかしいのか、全く理解デキマセンガ、この場合は『爆笑』じゃなくて『大笑い』が正解デスヨ。 」 ギョロ「笑いたければ、笑えばいいギョロ。 それだけギョロ。 」 ケビン「表情があんまり変わらないから分からないケド、もしかしてドヤ顔で言ってる?そのせりふも使い方間違ってイルシ……。 」 顔は笑っているのに目が笑っていないと言いますけど、なかなかそれを察知できないケビンです。 グーグルグラスには、それを感知するアプリケーションを搭載いただきたいものです。 ギョロ「ちなみに、チンの目は笑っていると感じるギョ?」 ギョロさんの場合は特殊だからな……。 ちょっと分かりません……。 さて、本題に移りましょう。 今回は「大笑い」と「爆笑」について解説します。 どちらも「笑うこと」ですが、どんな違いがあるのでしょうか。 まずは「大笑い」。 これは「大声を上げて笑う」という意味。 「哄笑(こうしょう)」や「高笑い」も同じ意味で使われます。 これに対して「爆笑」は「大勢の人が一斉にどっと笑う」ことを言います。 つまり「大笑い」するのは一人でも複数人でも関係ありませんが、「爆笑」は「大勢の人」が笑うことによって成立する言葉なのです。 ケビン「テレビ番組を一人で見て『爆笑』することはアリマセン。 」 ただ、一人や数人で笑う場合でも「爆笑」が使われることが一般的になってきていますね。 実際、違和感を感じない人も多いのではないでしょうか。 ギョロ「片腹痛いギョロ」 ケビン「盲腸?」 ギョロ「違うギョロ。 おかしすぎておなかが痛いギョロ。 そして、分身の術を使って『爆笑』スルギョロ~~~。 」 ケビン「オォ!読者の皆さんに映像をお見せできないのが残念デスガ、今ワタシの目の前にはギョロさんの等身大パネルが数枚。 本当に笑っているかは不明デス。 」 ギョロ「ギョロロロロロ~。 」 ケビン「そ、それではまとめに参りマース。 」 では、今回のレッスンのまとめです。 「大笑い」は、大声を上げて笑うこと 「爆笑」は、大勢の人がどっと笑うこと.

次の