生理が来ない 更年期。 生理が来ない!もしかして若年性更年期障害かも?に柏で対応しています

更年期の生理不順とは?40代で始まるの?遅れる理由は?

生理が来ない 更年期

生理が終わりに近づくサインは、人によって大きく異なります。 閉経は、45歳以上で1年間、生理の出血がない状態だと、診断されます。 でも、生理の出血が完全になくなる前に、40代になると生理の乱れや変化が生じます。 どのような生理のリズムの乱れが生じるのか不安ですよね? 更年期の生理周期の乱れは、 卵巣の働きが衰え始めれば、すべての人に必ず起こります。 でも、どのように生理周期が乱れるかは、個人差があって、同じような月経異常、月経不順が起こるわけではありません。 でも、ある一定の順序は、あるのです。 その 秘密は、卵巣から分泌される女性ホルモンにあります。 卵巣の中の卵胞は、生まれてから毎年減っていきます。 この減り方はひとりひとり異なり、生まれる前の胎児のときにすでに決まっていると言われています。 女性は、生まれるときに、この原始卵胞を卵巣に約200万個蓄えています。 しかし、生理が始まる思春期には、約170万個から180万個が自然に消滅し、生殖年齢のころには約20~30万個まで減少しています。 その後も1回の生理の周期に約1000個が減り続けていると言われています。 そして更年期には、卵巣の機能が低下して、卵巣から分泌されるエストロゲン 卵胞ホルモン やプロゲステロン(黄体ホルモン)の量も減ります。 脳がいくら頑張っても、卵巣から女性ホルモンは分泌されない... 女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあって、卵巣から分泌されますが、 実は、卵巣は脳からの指令でコントロールされています。 けれども、更年期で卵巣機能が衰え、卵胞の老化、減少が進んでいると、脳がいくら頑張ってFSHやLHを増加させても、卵巣からの女性ホルモンは残念ながら分泌されません。 生理の乱れが自律神経の不調にも関係しています ホルモンバランスが崩れると、脳は混乱して、自律神経系(体温コントロールにも関係)に乱れを起こし、これがほてり、発汗、冷え、めまい、不眠、うつなどなど、更年期の不調につながります。 これが更年期障害の症状の一部です。 最終的には、脳からのホルモンも卵巣からのホルモンも低下し、ほとんど分泌されなくなり、生理の出血がなくなって、閉経します。 極めて少量のエストロゲンは、閉経後も脂肪組織などから分泌されていると言われています。 閉経までの月経のパターンは... さて、この女性ホルモンの分泌が減少していく過程で、生理は、周期や出血量(経血量)などがさまざまに変化して、閉経へといざないます。 その 典型例をご紹介します。 1~5の順に生理が変化することが多いですが、すべての女性がこの順序で進むわけではありません。 正常な生理(月経) 更年期の生理の変化は、周期が短くなる(頻発月経)ことから始まることが多いです。 たとえば、今まで30日周期だったのが、22~23日周期などと短くなります。 同時に生理の出血量(経血量)が少なくなり、生理が続く日数も短くなります。 周期が短くなる理由としては、• 卵巣機能が低下し、卵胞の数が減ると、エストロゲンの分泌量が減るため、脳は視床下部、下垂体からFSH(卵胞刺激ホルモン)を多く分泌します。 すると、卵巣が一時的に刺激され、卵胞の発育が短期間に進みます(卵胞期短縮)。 そのため生理から排卵までの期間が短くなり、基礎体温の低温期(卵胞期)が短くなりますが、排卵後の高温期(黄体期)は、この段階では変わらないため、周期が短くなるのです。 まだ、この時期には排卵している可能性があります。 ただし、極端に短い周期(15~19日)で生理が来る(頻発月経)場合は、排卵していないことが多いです。 生理(月経)期間がダラダラと長く続く さらに卵巣の機能が低下すると、ホルモンバランスが崩れ、生理周期が長い短いにかかわらず、生理(出血)期間が8日以上続くというケースも出てきます。 過長月経と呼ばれています。 長い人になると、2週間~1か月も生理が続く人がいます。 プロゲステロンの分泌量が減り、エストロゲンだけが少量分泌され、子宮内膜ができても内膜が厚くならないうちに、すぐに剥がれてしまうので、生理は排卵のない機能性出血のことが多いのです。 多くの場合、排卵はありませんが、たまに排卵している場合もあり、どちらとも断定できない状態です。 機能性出血は、更年期世代は閉経に向かう過程でもありますが、若い世代はストレスや生活習慣によるホルモンバランスの乱れで起こることが多いです。 生理(月経)周期が長くなる 最終の生理開始日から1年経っても月経がない場合は、閉経とみなします。 この順序には、個人差があります。 更年期だからとあなどらないで! 病気が隠れていることも 更年期世代は、隠れた病気による不正出血と、生理的な月経の乱れの区別がつきにくい時期です。 年1回は婦人科で、子宮や卵巣を経腟超音波検査などでチェックすることをおすすめします。 出血が長引く場合は、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮体がん、子宮頸管ポリープなどの病気が原因のこともあります。 また、周期が短い生理が長期間続くと、貧血の可能性がありますので注意が必要です。 40代からの体の変化を、これから30年、40年、50年の人生を楽しく、元気に生きるためのいいきっかけにしましょう! 更年期についてもっと知りたい.

次の

女医に聞く「腹痛だけあって生理がこないのはどんな時?」

生理が来ない 更年期

下腹部痛 胸が痛い めまいがする 下半身が だるい これは順調に生理があったころの代表的な前駆症状だったんですけど、最近来ないからさぁ…。 笑 すっかり忘れていました。 気にしてなかったというか。 生理が始まる一週間前くらいにいつも 下腹部痛があるんですよね。 下腹部っていうかお尻に近いくらいの身体の奥の方がギュウゥゥ~ッと痛くなるんですよ。 あ、便秘とかじゃないよ。 そしていつも、んん?と思ってなんだろう…と言いながらすぐ忘れ、生理が来たら『あぁ』ってなるんですよね。 胸が痛いのは強い張りみたいな感じで、若いころはもっと痛かったのでもうすぐだな~と気づいたんですが。 年をとると胸の張りも弱~くなるようでなんか寂しい。 勢いが全然違うもんね。 別に痛くなりたいわけじゃないけどさ。 めまいも久々に感じて『あれ?』って。 これはちょっと焦りました。 スーパーの中でぐらぁ~って感じになったんですよね。 あとは普通に歩いているときに 下半身が重くって だるくって沼地を歩いてるみたいな感じになったので、いやぁ歳だわぁ…とか思ってて。 今はもう軽くなったのでこれもそういえば…って感じで思い出しました。 でもね、総じて若いころの生理前よりは自覚症状が軽くなっているので気づきにくいし、自分では勝手にもう卒業したと思い込んでいるもんだから、あとになってあれはそうだったか!と思うんです。 更年期になって生理の量が増えた これも来るたび言ってますけど、以前よりも 生理の経血量が増えたと思います。 昔から私は量が少ないほうだったのでいまだにビックリしちゃうんですけどね。 今回も半年以上時間がたっているので、身体はこつこつと子宮内膜を厚くしてたんでしょうねぇ。 私が全然気づかないうちに。 ただ量は多いんだけど、昔よりも薄くて水っぽくなってる気がします。 サラサラっていうか。 なんかね…日数はそこまでじゃなくても量が多いもんだからこれ終わるのかな~ってちょっと心配になったりして。 はたして次はあるのか 前回もそのまえもこれが最後だな。 ありがとう今まで…とか思ってきたんですけど、さて次はあるのかどうか。 身体の衰えをひしひしと感じるこのごろだし、白髪も爆増えしているのでもう限界なんじゃん?とか自分でも思ってるんですけど。 これまで文句も言わずに頑張ってきてくれた身体に感謝して粛々と見送りたいな~と思っております。 ヘタレな私に子供まで産ませてくれてほんとにありがとう…ただただ感謝です。

次の

女医に聞く「腹痛だけあって生理がこないのはどんな時?」

生理が来ない 更年期

最近では、更年期が始まったとは思えない20代や30代の女性にも見られる「若年性更年期」、40代になったばかりの「プレ更年期」、更には「早発閉経」なども増えています。 このように、更年期や閉経といったデリケートな問題は、大人の女性なら年代に関係なく押さえておきたい知識とも言えるんです。 では、更年期になると生理がどのように変化していくのか、詳しく見ていきましょう。 知っておきたい更年期&閉経の基礎知識 更年期や閉経は、女性にとって避けては通れない問題です。 ここでは、多くの女性が抱えている、素朴な疑問について確認してみましょう。 更年期っていつから始まるの? 年齢に合わせて、常に変化し続ける女性の身体。 初めて初潮を迎えてから初潮が安定するまでの期間は、妊娠できる身体へと変化している最中なんです。 一方、妊娠できる身体から妊娠できない身体へと変化する期間が、更年期と呼ばれる期間です。 具体的には、閉経する前後5年間が、更年期にあたります。 ユニチャーム・ソフィによると、日本人女性が閉経する平均年齢は50. つまり、45. 5歳~55. 5歳で更年期を経験する女性が多い、という事になりますね。 ポイント!• 更年期かどうかは婦人科で調べられる• 血液採取によるホルモン検査が一般的• 検査するのは、女性ホルモン&性腺刺激ホルモン• 2種類のホルモンの分泌量から、卵巣機能が正常に働いているか判断• 排卵性生理or無排卵性生理の判定も、同じ検査で分かる 閉経の判断基準は? 閉経とは、ある日突然訪れるモノではありません。 閉経前の数年間を通して、卵巣の機能が次第に低下していき、これに伴って徐々に生理が不安定になっていきます。 閉経しても1年~2年は妊娠の可能性が!? 更年期の生理不順を経て、生理が止まって12ヵ月以上経過すると「閉経」と見なされますが、完全に妊娠の可能性が無くなったと判断するのは早計です。 事実、閉経したと思っていた女性が、その後2年以内に予期せぬ妊娠を体験した!というケースも報告されています。 妊娠を望まない場合は、閉経後も数年間は避妊を意識しておいた方が良いでしょう。 ちなみに、更年期の避妊法として、ピルを勧めている婦人科医も少なくありません。 更年期のホルモン治療としても効果的ですし、避妊効果が高い事でも知られています。 2日目のような大量出血が数日続いたかと思えば、翌月には少量の出血だけで終わってしまうなど、その月によって経血量がバラバラになる女性も少なくありません。 タイプC:継続期間が乱れる 正常月経の場合、1回の生理が続く期間は3日~7日と定義されていますが、更年期の生理は継続期間も乱れがちになります。 2日以内で終わってしまう「過短月経」や、8日以上続く「過長月経」を繰り返し、次第に閉経へと向かっていきます。 タイプD:2つ以上の特徴が重なる 更年期の生理不順は、最初は1つだったポイントが複数になり、最終的に閉経へと辿りつくのが一般的です。 今まで順調だった生理が突然止まらなくなり、尚且つ大量の出血量を伴っているなら、「過長月経」と「過多月経」という2つの生理不順が重なっている状態です。 また、生理が数ヵ月おきに1度のペースになり、生理が来ても少量の経血量で僅か2日で終わってしまうなら、• 続発性無月経• 過少月経• 過短月経 これら3つが重なっている状態と言えるでしょう。 標準的な終わり方はない! 閉経へのプロセスは人によって様々ですから、これが更年期の正常な状態だと言える、標準的な終わり方はありません。 しかも、更年期の生理不順は、ある日突然始まってしまう傾向にあります。 自分の年齢が更年期に相当する場合は、前もって心の準備をしておきましょう。 ちなみに、経験者の口コミが掲載されている掲示板では、実母の経験談が最も参考になった!という女性が多いようです。 親子ですから、体質が似ているのかもしれませんね。 更年期の生理不順と思っていたら〇〇だった! たとえ40代後半の女性であっても、生理不順=閉経へのカウントダウン!とは限りません。 確かに、年齢は更年期かどうかを判断する上で重要なファクターです。 ですが、多くの婦人科医が警鐘を鳴らしているように、女性特有の病気が隠れているケースも少なくありません。 子宮ガン• 子宮筋腫• 子宮頸管ポリープ• 子宮内膜症 これらの病気を根治するには、早期発見が何より重要です。 定期的な婦人科検診やガン検診を受けて、万一に備えておきましょう。

次の