梅田 サイファー 歌詞。 Kenny's Boot Campの歌詞・楽曲情報

梅田サイファー / 「Never Get Old」 11 曲

梅田 サイファー 歌詞

このフリースタイルブームを作った、西側の震源地でもあり、日本一ラップが好きな集団「梅田サイファー」。 2013 年末にリリースした 1 枚目のアルバムは、 CD で 1000 枚、再プレスで 500 枚、 さらにダウンロードで 1000 DL と、ほとんど口コミレベルのインディーズにしては、 爆発的な売れ行きを記録。 2016 年にリリースをした事実上の 2ndアルバムである「UCDFBR sampler Vol. 2」も プレスでCD 500 枚を、瞬時に売り切り、現在は入手困難となっている。 「自分たちで日本語ラップに残るクラシックを作ろう」と始まった今回のプロジェクト。 前作から 2 年が経ち、メジャーアーティストになった「R-指定」や、 今なおバトル界隈で名を売り続けている「ふぁんく」や、 フリースタイルダンジョンでは4人抜きをした「peko」や、 1stソロアルバムが好調で関西ではLIVEに引っ張りだこの「KZ」や、 お互いが音源、LIVE、バトルで、さらに研鑽をしあった 2 年間だった。 トラックも今回は半数以上を外部に依頼し、LIBRO、DJ 松永、Jazadocument、Cosaquがトラックメイカーとして参加。 内省的な部分は極力廃し、力強いテーマと、お得意の強固なライムに素晴らしいグルーブ、さらに磨きがかかった日本語然としたフレーズ。 「これがクラシックじゃなきゃ、何がクラシックやねん」と言いたくなる、「マジでハイ」な最高の1枚となっている。 レペゼン歩道橋、日本語ラップ is Good Music 、俺らがただいま君がおかえり、ヘッズのみなさん、お待たせしました。 さぁ、また梅田サイファーの「Never Get Old」なラップを、お楽しみあれ。 マジでハイ Prod. by LIBRO Words by KZ, peko, ふぁんく, KOPERU, KBD, KennyDoes, R-指定 2. Runnin' Prod. by Jazadocument Words by タウリン, KZ, ふぁんく 3. 風向き Prod. by Jazadocument Words by KennyDoes, コーラ, ILL SWAG GAGA, 鉄兵, KOPERU 4. New Basic Case. 1 Prod. by Abratic Words by 鉄兵, KennyDoes, OSCA, KOPERU 5. ゼンボー・レノン Prod. by peko Words by ふぁんく, KZ, KBD, KOPERU, KennyDoes 6. OSAKA ANZEN UNTEN Prod. by DJ 松永 Words by R-指定, KOPERU, KennyDoes 7. New Basic Case. 2 Prod. by Abratic Words by ILL SWAG GAGA, タマイコスケ 8. 明日がある Prod. by Co-La Words by コーラ, KZ, ふぁんく, ILL SWAG GAGA 9. エピソード Prod. by dio j Words by KZ, ふぁんく, コーラ, KOPERU, R-指定 10. 決意 Prod. by ONGR Words by KZ, ふぁんく, コーラ, KBD 11. Never Get Old Prod. by Cosaqu Words by KennyDoes All Recording at COSMICNOTES ANNEX All Mixing and Mastering by Cosaqu• すべて• 音楽もとてもかっこよくてこれからリピートして聴いていこうと思っています。 初めてKZさんのCDを購入しましたが、曲も装丁も素敵でとても気に入りました。 ソールドアウト?している作品が多いけど、これからは、新曲の情報を見逃さずに、CDをゲットしたいです! KZさんみたいに、私もいつか、自分自身にも自殺を踏みとどまってくれて、ほんとにありがとうと、そう言える人となりたいです。 沢山の人に、KZさんの歌を通して、本当に、元気になってもらいたいです。 KZさんの歌には、本当に沢山の言葉と共に、そこに愛と本物があると思います。 人として本当に、大切なものが何か?全部ここに詰まっている気がします。 いつもありがとうございます! KZさんの歌が、沢山の人に届いて、みんなが笑顔で自分にも人にも優しくなれますように!•

次の

Never Get Old / 梅田サイファー

梅田 サイファー 歌詞

結論から申しますと、トラボルタカスタムのトラボルタとは、アメリカの俳優「ジョン・トラボルタ(John Travolta)」のことを指しているそうです。 ジョン・トラボルタといえばダンサーや歌手としても著名な人物で、世界的な大ヒットを飛ばし若者文化に大きな影響を与えた「サタデー・ナイト・フィーバー」や「グリース」などへの出演により、70年代に一世を風靡しましたね。 ことサタデー・ナイト・フィーバーは彼の出世作として余りにも有名であり、楽曲「恋のナイト・フィーバー」や片手で点を指さす決めポーズは、いまだに世界中で認知されています。 映画で見せたトラボルタの風貌も含め、同作を元ネタにした表現は数えきれないほど多いですね。 スポンサーリンク? トラボルタカスタムの意味は? サタデー・ナイト・フィーバーは、日頃のうっぷんを毎週土曜のディスコで晴らしているジョン・トラボルタ演ずる青年トニーが、そこで出会った女性・ステファニーのダンスと生き方に心を開かれ、新しい生活へ目覚めて大人へ脱皮していくさまを描いた映画です。 そして梅田サイファーのアルバムは「ジョン・トラボルタみたいにラップを、ビートをカスタムしていこうぜっていうコンセプト」のもと生み出されたといい、このコンセプトこそが「トラボルタカスタム」という彼らの造語につながったそうですね! 歌詞に登場する「ステファニー」というワードも、サタデー・ナイト・フィーバーのヒロイン女性の名前というわけです。 加えて「アフロさえも嫉妬する トラボルタカスタム」というフレーズは、ヒップホップの本場たるアフロ・アメリカンな人たちが嫉妬するほどの…という意味の他に、髪をアフロにしてディスコで踊っていたサタデー・ナイト・フィーバーの登場人物たちと掛けた部分もあるといいます。 なるほど本人たちによる解説をチェックしてみると、トラボルタカスタムという作品がかなり深く映画に影響を受けているとよく理解できますね^^ とはいえ梅田サイファーの最新作が、サタデー・ナイト・フィーバーの音楽にそっくり似ているということでは決してありません。 そういう表層的な話ではなくて、映画の根底にあるメッセージ性やカルチャー的な部分に、ヒントや着想を得たといったところでしょう。 いずれにせよトラボルタカスタムを制作の背景まで理解した上で聞いてみると、より深みのある楽しみ方ができると感じました。 スポンサーリンク?

次の

Kenny's Boot Campの歌詞・楽曲情報

梅田 サイファー 歌詞

概要 [ ] 2007年5月、ラッパーのふぁんくが、「もっとラップがしたい」という思いから、毎週土曜日の夜に、梅田駅のとを繋ぐで、友人たちと開始したサイファーが発祥。 やなどのを通じて、次第に参加者が増加し、をはじめ、多くのメンバーがの大会で優勝や好成績を残したことにより、注目されるようになったが、当初は、不良でもなく、ストリートやクラブ文化とも馴染みのない梅田サイファーは、「ヒップホップではない集団の代名詞」として、大阪のシーンから忌み嫌われる存在であったという。 現在は、歩道橋でのサイファーは基本的に開催されていないが、主要メンバーはヒップホップグループ「梅田サイファー」として、音源発表やライブ活動を精力的に行っている。 ただし、そのスタンスはあくまでもサイファーであるため、一般的なグループやクルーのような固定メンバーや上下関係はない。 主なメンバー [ ]• ふぁんく• KBD a. 古武道• peko(、)• KOPERU• KennyDoes a. ドイケン• ILL SWAG GAGA• タマイコウスケ a. たまこぅ• テークエム()• OSCA a. コマツヨシヒロ(Japidiot)• tella a. GeckoTribe(Japidiot、)• 鉄兵(Japidiot、WeLaWorks)• SPI-K• たぅりん• コーラ• MCりぼん• ラード• ペッペBOMB ドリームフィニッシュ [ ]• ネピア• ヤス八番 「ドミニカ共和国出身で、2年に1度ほどの頻度で予防注射のために来日し、梅田サイファーの一員としてライブや音源に参加する」という触れ込みのユニットで、テレビでは一切放送できないほど下品なラップをする。 また、メンバーのネピア、ヤス八番は、それぞれKBD、たぅりんによく似ている。 ディスコグラフィ [ ] 項番 発売日 タイトル 規格番号 レーベル 収録曲 備考 1st 2016年4月20日 See Ya At The Footbridge DFBR001 DFBR• What's 韻!? COLOR feat. Umeda Cypher's Delight ver. 2 DFBR002 DFBR• New Basic Case. New Basic Case. トラボルタカスタム feat. 2019年10月19日 ラジオ [ ]• HATCH(Japidiot) - 梅田サイファーメンバーの古くからの友人であり、「Japidiot」のDJ。 デザイナーとして、メンバーの作品のアートワークなども担当。 Cosaqu - ラッパー、トラックメイカー。 HATCHと同じく、メンバーの古くからの友人。 「Never Get Old」以降、トラック提供やエンジニアリングなどで制作に参加。 脚注 [ ] [].

次の