オンライン ビデオ コンバーター エラー。 動画変換・画像変換のオンライン版ファイルコンバーターのご紹介

ビデオ再生時のエラー0xc00d5212を修正

オンライン ビデオ コンバーター エラー

OnlineVideoConverterとは 「Youtube ダウンロード」で検索するとトップに出てくるOnline Video Converterは非常に優れた動画変換サービスを展開しており、海外で運営されているサイトでありながら日本国内で最も知名度の高い動画変換サイトと言えます。 変換も数秒で終わる上、スマートフォン Android でもダウンロードする事が出来るのでパソコンを持っていない人でもお手軽に取り扱う事が出来ます。 登録も不要で対応しているサイト数やダウンロード出来る形式が多いOnlineVideoConverterは一見優秀に見えますが、見え隠れしている危険性もあるのでご利用の際は十分ご注意下さい。 OnlineVideoConverterの安全性 まずはOnlineVideoConverterの安全性について確認していきましょう。 サイト運営元が海外の為、変換実行時とダウンロード開始時に海外運営特有の広告が表示されます。 「Javaを装った偽の広告」や「システムが破損しています 警告音付 」といった不安を煽る「スケアウェア」と呼ばれる広告です。 これらはウイルス感染へ誘導する広告ですので、間違ってもダウンロードボタンを押したり、更新ボタンを押すような事はしないでください。 また、セキュリティソフトウェアを謳ったこのような偽物の広告も表示されます。 基本的に海外運営のサイトでは、上記のような悪意のある広告が表示されるという事を留意しておいて下さい。 更には変換実行後に指定したデータ以外の謎のファイルが自動的にダウンロードされる事がありました。 筆者はウイルスバスターを導入しており警告と共に自動的に弾かれましたが、 セキュリティソフトウェアを導入していない方は自己責任でご利用下さい。 OnlineVideoConverterの使い方 OnlineVideoConverterには三種類のサービスが有り、URLを貼ってお手軽にダウンロード、予めダウンロードしてあるファイルを別形式へ変換、更にはURLを貼らずともお手軽にダウンロードが可能になる拡張機能が提供されています。 これらの使い方や拡張機能の導入の仕方について画像を交え解説させて頂きます。 するとYouTubeなどのURLを入力する画面に切り替わります。 まずは赤枠内に変換したい動画/音楽のURLを貼り付け、フォーマットの部分から動画/音声形式を選びましょう。 どういった動画/音声形式が良いのかは当記事の下部に簡易説明があります、今回では実験的にmp3を選択しましょう。 フォーマットの下にあるその他の設定をクリックすると、音質の設定を最小64kbpsから320kbpsまで選択する事が可能です。 しかし元動画の音質以上になることはありません、元動画が192kbpsに対し320kbpsでダウンロードしようとしても ファイル容量が無駄に大きくなってしまうだけですのでお気をつけ下さい。 動画の最初、最後部分のチェックを外すとダウンロードする部分を指定する事が出来るので、この動画の1分から3分の間だけ欲しいといった場合もここで編集することが出来ます。 後はスタートを押すだけで変換が自動的に始まります。 この後何回か新しい広告がポップアップされる事がありますが、迷わず閉じて下さい。 後は赤枠内のダウンロードするをクリックすることで. mp3化されたファイルをダウンロードすることが出来ます。 その下の赤枠内に書いてあるようにQRコードが表示され、そちらを利用することでPCで変換作業したものをAndroidのスマートフォンなどでダウンロードすることも可能になっています。 【2】動画サイトから動画形式でダウンロードする時の方法 大体の流れは音声ファイルと一緒で、フォーマット部分を動画形式で選ぶことで動画ファイルとしてダウンロードする事が可能です。 ファイル形式については当記事の下部に簡易説明があります。 しかし、その他の設定部分で少し違いが生じるので解説します。 下から上に行くほど画質が良くなりますが、「最適化された」とある通り、基本的にはこの部分を選ぶと良いです。 数値が高ければ高いほど高画質ということですが、高画質が一概に良いとは言えません。 解像度が高すぎると古い端末では再生できないことがあります、逆に解像度が低いものは画質の粗が目立ち見れたものではないので、よくわからないと言う人は最適化を選ぶと間違いないでしょう。 ファイルの変換とは 自分が持っている動画ファイルを別の拡張子へ変換してくれるサービスです。 例えば. flvから. mp3といったような形に変換する事が可能です。 拡張子によって再生できる端末などが異なる事がありますので、手持ちの端末で再生できずに困っている時に助かる機能と言えます。 最初にトップページから赤枠で囲われた動画または音声ファイルを変換部分をクリックしましょう。 するとこのような画面が表示され、変換したい形式を選ぶことが可能です。 また、こちらでもその他の設定より一部拡張子を除き音質や解像度に加えトリミング作業が可能となっていますので手軽な編集が出来ます。 後はスタートボタンを押すだけで、変換されたファイルをダウンロードすることが可能です。 こちらのサービスに対応している変換元の拡張子は MP3/AAC/OGG/WMA/M4A/FLAC/WAV/MP4/AVI/MPG/MOV/WMV/MKV/M4V/WEBM/FLV/3GP となっています。 ブラウザの拡張機能とは ブラウザの拡張機能を使うことにより、Youtubeなどの動画を見ながら気に入った動画をワンクリックで変換する事が出来るウィジェットボタンをブラウザに追加する事が可能です。 まずはトップページより「ブラウザ拡張機能をダウンロード」をクリックしましょう。 Fire fox、Chrome、Safariの三種類から選ぶことが可能になっています。 ここで利用しているブラウザを選択して下さい。 もし該当するブラウザを使っていない場合は、Internet Explorerについでシェア率が2位のGoogle Chromeを導入すると間違いありません。 外部参考: 対応しているファイル形式一覧 【1】音声ファイル一覧. MP3 最も広く普及しています。 特にこだわりがなければこの形式を選ぶと良いでしょう。 AAC MP3よりも圧縮率が高いので、同じビットレートでも容量が小さくなるという特徴があります。 OGG ライセンスの制限がほぼ無いのが特徴ですが、WindowsやMacでは標準サポートされていません。 WMA 人間の耳には聞こえない部分などのデータを簡略化することで、ファイル容量が少なくなる傾向にあります。 M4A iPhoneでお馴染みのApple社が独自開発したもので、Apple系製品との相性が良いです。 FLAC ファイル容量は大きくなってしまいますが、音の劣化などが発生せず音質が保障されている音声ファイルです。 WAV マイクロソフトが開発したもので、Windowsを利用している場合は何ら問題なく動作するでしょう。 【2】動画ファイル一覧. MP4 最新の機器ならほとんど対応していますので、特にこだわりがなければこの形式がおすすめです。 AVI 昔から使用されている形式です、汎用性は高いですがストリーミング再生に対応していないなど他と比較すると機能的に劣っている面があります。 MPG 動画ファイルのトータル的な規格で、符号化の自由度が高いという特徴があります。 MOV Macでお馴染みのAppleで標準動画形式とされているもので、Apple系製品との相性が良いです。 WMV Windows Media Videoの略で、Windowsパソコンと相性が良くブルーレイにも採用されているほど高画質です。 MKV 現状一番多機能を誇っているのですが、他と比べファイルサイズが大きくなりがちですが、Windows10では標準対応になり今後に期待されている拡張子です。 M4V Apple社がMP4の規格を拡張して設定したファイル形式で、M4VはMP4によく似たApple社独自の規格となります。 FLV メディアやコーデックを用意する必要はなく、Flash Playerを組み込んだブラウザだけで再生する事が可能です。 3GP スマートフォンや携帯など向けの拡張子なので低画質ですがファイルの容量は小さめになっています。 対応している動画サイト一覧 youtube、funnyordie、facebook、vimeo、dailymotion、break、instagram、vkgametrailers、liveleak、teachertube、godtube、collegehumor、youku、bilibiliなど。 他にも多数対応しているサイトがあるようですが、残念ながらニコニコ動画などは対応していないようです。 ダウンロードできない時の対処法 様々なエラー文が表示されるかと思いますが、まずは対応している動画サイトかどうかチェックしましょう。 それでも駄目な場合は、動画サイト側が著作権保護の観点から何かしらの対策を設けている可能性があります。 例えば、Youtubeなどは公式から配信されている動画には厳しいチェックがされているので、通常は変換サイトを用いてもダウンロードすることが出来ません。 他にもOnlineVideoConverter側のサーバーで何らかの問題が発生しているなどといった事もありますので、数日待つか 他の動画変換サイトを利用することをおすすめします。 利用出来るサービスの質が良いのは間違いありません。 しかし悪意ある広告がいくつか出てくる上に、今回テスト運用した際に勝手にダウンロードされウイルスバスターで弾かれた謎ファイルの詳細が調べても分からないと言った点を踏まえ安全性に疑問が生じます。 そういった面では他の動画変換サイトより遥かに劣ると思われますので、あくまで自己責任でご利用下さい。 OnlineVideoConverterの使い方と安全性/まとめ 以上、OnlineVideoConverterの使い方や安全性についてのまとめでした。 何度かポップアップ広告が出現しますが、それをクリックせずに閉じるボタンを押せば危険性は少なくなります。 ただし、勝手にダウンロードファイル以外のものが保存されるのは少々安全性に欠けるとも言えます。 ですので、Offlibertyなどの他の動画サイトに比べて遥かに安全性が高い動画ダウンロードサイトを利用することをおすすめします。 参考:.

次の

オンラインビデオコンバーターで動画をMP3に変換

オンライン ビデオ コンバーター エラー

上の目次から直接飛ぶこともできます。 IEもしくはEdgeでサイトへアクセスすると以下のようなエラーメッセージが表示されることがあるのですが、なんだか穏やかではありません。 ただ、いくつかのパターンがあるので、その内容と確認方法、対処方法について説明します。 まず、このメッセージだけではどのような問題かの判断はつきませんので、必ずエラーメッセージの下にある• Edgeの場合は[詳細]• IEの場合は[詳細情報] をクリックして詳細メッセージを確認するようにしてください。 [詳細]などをクリックすると以下のようなイメージになると思います。 Web サイトのセキュリティ証明書のホスト名が、参照しようとしている Web サイトと異なります。 サーバ証明書のコモンネームは基本的にサイトのFQDNと一致していなければなりませんが、コモンネームが違うサーバ証明書が設定されている場合なんかに表示されるものです。 コモンネームって何?という方はこちらのサイトをご覧ください。 単純にサーバ証明書の設定を間違えている場合もあると思いますが、最近はクラウドサービスとか使っていて、どこにどのサーバ証明書を設定しているかサーバ管理者でもわからないことがあるので、複雑ですね。 いずれにしても、サーバ管理者側での対処が必要となります。 このメッセージは一般的にそのサーバでオレオレ証明書(自己署名の証明書)を使っている場合なんかに表示されます。 IE、Edgeなどのブラウザは自分が持っている、パブリック認証局のルート証明書で検証ができないサーバ証明書に対してこのようなエラーを返します。 当然、オレオレ証明書のルート証明書はIE、Edgeに搭載されていないので、このメッセージが表示されます。 ルート証明書って何?って場合は以下の記事をご覧ください。 また、中間証明書がサーバにインストールされていない場合も表示されることがありますが、インターネット接続できていれば、ブラウザ側に中間証明書は自動でダウンロードされたりするので、たいていはオレオレ証明書が設定されているサイトに接続した場合のエラーになると思います。 (あんまり考えられないですが)意図的に設定している場合は良いですが、そうでなければ設定している証明書の確認が必要です。 現在、パブリック認証局から発行されている証明書の署名アルゴリズムはSHA-2へ移行している(はず)ので、ほとんど表示される機会はないと思います。 もし、このメッセージが出たら、SHA-2の署名アルゴリズムで署名されているサーバ証明書へ置き換える必要があります。 ちなみに中間証明書もこの警告の対象になるので、もし、中間証明書にSHA-1アルゴリズムが使われていたらそれも置き換え対象となります。 (ルート証明書は警告の対象外です) いずれにしてもこの内容もサーバ管理者側での対処が必要なものですね。 このエラーが出た場合は、他のエラーと違いエラーを無視してサイトを閲覧することはできません。 以下の通り、このメッセージの場合は「Webページに移動(非推奨)」というリンク表示がないことが確認できます。 証明書が失効されている状態なので、サーバ管理者は速やかに有効な証明書への置き換えが必要となります。 IE、Edgeのエラーメッセージまとめ• サーバ証明書に関するエラーはいくつか種類がある• IE、Edgeのエラーメッセージは一緒• 詳細情報まで見ないと具体的なエラー内容は確認できない• 基本は証明書の入れ替えが必要 という感じです。 このメッセージに遭遇したら• サイト閲覧者:サイト管理者へ問い合わせ• サーバ(サイト)管理者:サーバ証明書のチェックと必要に応じ置き換え という対応が必要となります。 サイト管理者側としてはこんなメッセージが出ることがないようにサイト管理しないといけないですね。 なお、証明書の状態のチェックであれば以下のツールがおすすめです。 hostnameにコモンネームを入れてsubmitすれば、証明書の設定状況やサーバの状態などもチェックしてくれます。 以上、「このサイトは安全ではありません IEとEdgeでのエラーメッセージ一覧」でした。

次の

オンラインオーディオコンバーターでWMAをWAVに変換しよ...

オンライン ビデオ コンバーター エラー

重要な機能• ファイルの変換は100%無料です。 ユーザーに問題が発生した場合のメールによるサポート。 現在、ファイルコンバーターは最大50 MBのファイルを処理でき、将来的にはファイルサイズを大きくする予定です。 AnyConvを使用すると、ユーザーは出力ファイル形式の300以上の組み合わせを使用できます。 サポートされているファイル形式のリストをご覧ください。 オンラインコンバーターAnyConvは、ファイルを危険から守り、プライベートに保ちます。 AnyConvは、変換後にアップロードされたファイルを削除します。 そして誰からもアクセスされません。 変換されたすべてのファイルのリンクは一意です。 誰が始めたのかのみが認識されます。

次の