キャノーラ 油 危険。 サラダ油の怖い危険性6つ【ガクブル注意】

キャノーラ油と菜種油は別物!?危険な菜種油を見分け、良質な菜種油を選ぶためにチェックしたいポイント。

キャノーラ 油 危険

山嶋哲盛(やましま・てつもり) 1975年、金沢大学医学部卒業、 79年、同大学院修了(医学博士)。 ドイツとスウェーデンで脳科学を学ぶ。 金沢大学医学部助教授、同大学院医薬保健学総合研究科・再生脳外科長などを歴任し、現在、有松医科歯科クリニックで認知症の早期診断と予防的治療を行う。 サラダ油のヒドロキシノネナールがアルツハイマー病の原因物質であることを発見。 著書に『サラダ油をやめれば認知症にならない』(SB新書)など多数。 成分表示の植物性油脂や食用植物油に要注意! 動脈硬化は、血管の老化現象です。 進行を遅らせたり、血液をサラサラにしたりすることで、脳梗塞や心筋梗塞を防ぐことは可能です。 そのためには、何を行えばよいのでしょうか。 それはズバリ、「 サラダ油をやめること」です。 サラダ油とは精製された植物油のことで、日本での主流はキャノーラ油(菜種油)。 そのほか、紅花油、大豆油などがあります。 サラダ油の主成分は、オメガ6系のリノール酸です。 揚げ物料理を作るときに、リノール酸を200度前後に加熱すると、「 ヒドロキシノネナール」という毒性物質が大量に発生することがわかっています。 また、200度前後に加熱しなくても、リノール酸が体内に入り酸化ストレス(酸化反応が亢進する状態)がかかると、体内でヒドロキシノネナールが発生します。 ヒドロキシノネナールは、体内に蓄積すると細胞にダメージを与え、神経細胞やあらゆる臓器の細胞を変性させ、やがて死に追いやります。 私が行っている研究では、ニホンザルに週1回、半年間ヒドロキシノネナールを注射し続けると、すべての臓器の細胞がダメージを受けていることが確認できました。 すべての臓器の細胞がダメージを受けるということは、もちろん血管の細胞も同様です。 サラダ油は、臓器の機能低下を招いたり、動脈硬化を進行させたりする、諸悪の根源なのです。 私の友人の「油」研究家によると、日本人は年間約13Lもの食用油を摂取しているそうです。 加えて、日本人の約40%は、アルコール分解酵素が少ない、または全くないことがわかっています。 つまり、お酒に弱い人です。 そういう人は、ヒドロキシノネナールも分解できません。 エチルアルコールからできるアセトアルデヒドと、サラダ油からできるヒドロキシノネナールは成分が似ているからです。 ですから、日本人はヒドロキシノネナールが体内に蓄積しやすいといえます。 これが、欧米人に比べて、日本人にアルツハイマー病や2型糖尿病が多い最大の理由です。 サラダ油をやめるには、調理油だけでなく、ドレッシングやマヨネーズ、市販の食品や外食にも気をつけなければいけません。 成分表示に「植物性油脂」ないし「食用植物油」と書かれていたら、それはサラダ油のことです。 マーガリン、ショートニングも、材料の大部分はサラダ油です。 市販のお総菜、冷凍食品、インスタント食品、ファストフードでも、価格の安い物ほとんどはサラダ油を使っています。 ヘモグロビンA1cが7. 3%に降下 サラダ油をやめれば、明らかに体は変わります。 血管の老化も、かなり回避できます。 私の患者さんのAさん(62歳・男性)は、中性脂肪値が699mg/dlもあり、過去1~2ヵ月の血糖状態を示すヘモグロビンA1cも7. 8%ありました(基準値は、中性脂肪値が50~149㎎/dl、ヘモグロビンA1cが4. 6~6. 2%)。 Aさんにサラダ油をやめてもらったら、2ヵ月半で中性脂肪値は190mg/dl、ヘモグロビンA1cは7. 3%に降下。 さらに続けると、1年後には中性脂肪値が101mg/dl、ヘモグロビンA1cが6. 3%になりました。 サラダ油が脂質異常症や糖尿病を誘発しているケースがあるのです。 では、サラダ油を避け、どんな油をとればよいのでしょう。 一つは、 エゴマ油と アマニ油です。 ただし、いずれも酸化しやすいため、加熱調理には向きません。 ドレッシングなどに使いましょう。 抗酸化力のあるポリフェノールを豊富に含んだ、エキストラバージン・オリーブオイルもいいでしょう。 とはいえ、10%程度のリノール酸が含まれるため、200度以上になる揚げ物は避け、生でとるか、加熱するにしても炒め物くらいにとどめておくのが無難です。 どうしても揚げ物をしたいなら、植物油のなかでもゴマ油かコメ油なら、まだ許容範囲内です。 動物性油のラードは、高温加熱しても酸化されないので、揚げ物に使うには向いています。 いずれの油も、必ず良質な物を選んでください。 粗悪な物は、せっかくの抗酸化成分も損なわれます。 見分け方としては、1ml当たりの単価が、エゴマ油・アマニ油5~10円、オリーブオイル10円、ゴマ油やラード2~3円、コメ油3~5円を目安にするとよいでしょう。 1~2ヵ月で使い切れる量を考えて購入することも大切です。 魚や野菜と同じく、油も生鮮食品と心得ましょう。 購入後は、空気が入らない特殊な構造の鮮度保持容器(ハクリ・ボトル)に移し替えて保存すると、より安全です。 身近なサラダ油が毒を発生させるということをしっかり認識して、血管の老化を進行させないよう心がけましょう。

次の

キャノーラ油は体に悪い?その成分に含まれる危険とは

キャノーラ 油 危険

Contents• 2種類の食用油 食用油は大きく2つあり、• バターなどの動物性油• サラダ油などの植物性油 に分けられます。 今回はタイトルにある通り、サラダ油とキャノーラ油をテーマにしているので、植物性油に焦点を当てて解説していきます。 植物性油の種類 植物性油にはさまざまな種類があります。 代表的なものを挙げると、• サラダ油• キャノーラ油• ごま油• オリーブオイル 他にも、こめ油やひまわり油など種類が豊富です。 基本的に、油の名前には原料の名前が使われているため、どの油がどの原料からできているかすぐわかるようになっています。 しかし、この中でひときわ目立つのが、サラダ油とキャノーラ油です。 この2つの油はどんな違いがあるのか調べてみました。 サラダ油とキャノーラ油の違い サラダ油とキャノーラ油には、以下のような違いがありました。 区分 これらについて、一つずつ解説していきます。 原料 カナダで生産されている菜種のことをキャノーラ(又はカノーラ:Canola)と呼んでいます。 つまり、キャノーラ油は菜種油のことです。 それに対し、サラダ油はJAS(日本農林規格)による以下の条件を満たして初めてサラダ油を名乗ることができます。 特定の原料• 低温で凝固しない• 認定された工場での生産 もう少し深堀りしていきます。 特定の原料 特定の原料を列挙すると、• アブラナ• ワタ(綿)• サフラワー(紅花)• ひまわり• とうもろこし• 米(米ぬか)• 落花生 以上の9種類となります。 原料が多いため、同じサラダ油という名前でも性質が全く違うことがあります。 また、JASの範囲内であれば調合油でもサラダ油を名乗ることもできます。 低温で凝固しない 油は低い温度になると、結晶化(凝固)が始まります。 5時間後に結晶化が見られないこと と定められています。 この条件により、冷たい野菜を使ったサラダに使っても、ざらつきのない美味しいサラダを味わうことができるのです。 ちなみに、アメリカの規格であるAOCS(米国油化学会)でも同じ条件が定められています。 認定された工場での生産 JASの認定が必要ということから、一定の安全性を確保できます。 一定の安全性を具体的に挙げると、上記に加え、• 品質の均一化• 食品添加物の制限• 残留農薬の規制 の基準を満たす必要があります。 以上の厳しい制限や規制から、高い安全性を確保できます。 その安全性を確保できているもののみ、サラダ油を名乗ることができるのです。 用途 サラダ油には明確な用途があるのですが、キャノーラ油には明確な用途がありません。 サラダ油は、サラダを食べるために使用される油です。 ドレッシングやマヨネーズなどに加工し、使用することを前提としています。 それに対し、キャノーラ油は加熱調理に向いているとされています。 しかし、キャノーラ油自体は熱に強いというわけではありません。 キャノーラ油の中でJAS認定を受けた油のみ、サラダ油と名乗ることができます。 また、キャノーラ油でなくても、JASの指定原料であればサラダ油と名乗ることができます。 言葉では難しいので、この図を見るとわかりやすいです。 このような関係となっております。 以上がサラダ油とキャノーラ油の違いになります。 ちなみに余談ですが、サラダ油は日本固有の名称でもあります。 サラダ油・キャノーラ油の危険性 ここでタイトル回収に入ります。 改めて言いますが、 サラダ油・キャノーラ油は危険ではありません。 特にJAS認定を受けている商品はむしろ安全といえます。 では、なぜ危険だと言われるようになってしまったのでしょうか。 原因 サラダ油・キャノーラ油が危険といわれるようになった原因を3つほど挙げてみます。 加工による危険性• リノール酸による危険性• 抽出方法による危険性 ひとつずつ解説していきます。 加工による危険性 マーガリンなど、植物性油を加工した製品はトランス脂肪酸を多く含んでおり、トランス脂肪酸が原因で血中コレステロール値が高くなります。 その結果、• 狭心症• 心筋梗塞 などの冠動脈性心疾患(CHD)にかかりやすくなります。 原料が植物油であるため、その代表例であるサラダ油やキャノーラ油が危険という判断をされているのです。 特に、賞味期限切れの古い油や、加熱し使いまわして酸化した油はトランス脂肪酸が増えます。 つまり、油を使いまわすことなく、新しい油を使うことでトランス脂肪酸の過剰摂取を防ぐことができるのです。 リノール酸による危険性 サラダ油・キャノーラ油には、リノール酸という成分が多く含まれています。 そのリノール酸自体は私たちに必要な栄養素となります。 しかし、このリノール酸は加熱されると、ヒドロキシノネナールという物質を生み出してしまいます。 そのヒドロキシノネナールは強い神経性の毒を持っており、特に脳に悪影響を与えます。 その結果、• もの忘れ• アルツハイマー病• うつ病 になってしまう可能性があります。 また、加熱せずともリノール酸の過剰に摂ることで、• 心血管疾患• 冠動脈疾患 のリスクが増え、すべての死因による死亡リスクが高まる可能性があると言われています。 心配になるような内容になりましたが、いつも揚げ物や加工品を食べているような過剰摂取をしないかぎり、リスクは限りなく低いです。 1日あたりの目安でいうと、男性なら27g、女性なら14gが理想的な摂取量となります。 それでもリノール酸が気になるという方は、• バター• ラード• オリーブオイル を使うようにしてみてください。 これらはリノール酸がより少ないため、リスクはさらに低くなります。 揚げ物のように一度に多くの油を使う場合、 オリーブオイルが最もコスパが良いです。 また、• えごま油• あまに油• 魚油 などにはリノレン酸という必須脂肪酸(体の中で作れない栄養素)が多く含まれており、• 成人病予防• アレルギーの予防• アトピーの予防• 脳の活性化 の効果があると言われています。 とにかく健康を重視したいという方にはこちらの油がおすすめです。 しかし、デメリットとしては他の油に比べて流通量が少ないため値段が高いです。 逆に、• 紅花(サフラワー)油• ひまわり油• グレープシードオイル• 大豆油 はリノール酸が特に多く含まれているため注意が必要です。 最も古いとされる油の抽出方法で、現在も採用されている方法です。 仕組みは簡単なのですが、他の溶剤抽出法に比べて抽出量が少なく、効率が悪いです。 しかし、成分の変化を防ぐことができるため、高い品質を求める場合にはこの方法が採用されます。 高温圧搾法 高温圧搾法は、熱を加えた状態で圧力をかけて絞る方法です。 低温圧搾法に比べて、 油の抽出効率は高くなります。 しかし、熱を加えるため成分が変化しやすく、結果として品質が落ちやすくなります。 溶剤抽出法 見るからに危険そうな名前がしていますが、まったくの誤解で 安全な抽出方法です。 溶剤抽出法とは、こちらも文字通り溶剤を使用して油を抽出します。 有機溶剤であるノルマヘキサンを使用することで、 高い効率性の抽出が可能となります。 使用したノルマヘキサンは、精製する工程で除去されます。 しかし、そのノルマヘキサンの一部が除去しきれないまま製品にされているのではないかということから危険だと認識されるようになりました。 ですが、それも全くの誤りです。

次の

キャノーラ油とサラダ油の違いを解説!健康で選ぶならどっち? | ニュースらぼ

キャノーラ 油 危険

普段料理をするときにどの油を使っていますか?オリーブオイル、ごま油、サラダ油、そしてキャノーラ油あたりが一般的ではないでしょうか。 天ぷら、炒め物、サラダなど用途によって油を変えている人も多いはず。 このキャノーラ油はサラダ油の一種で、キャノーラというアブラナ科の植物を原料とした油です。 「コレステロールゼロ」、「必須脂肪酸を含む」ということで一般的にヘルシーで体に良い油とされています。 しかも安価で加熱に向いているため炒め物や揚げ物などに多く使われています。 しかし、このキャノーラ油、実は以前から健康に対するリスクがいくつか指摘されていました。 そして今年、キャノーラ油が脳に対して与える恐ろしい影響が研究によって明らかになったのです。 化学薬品を入れて作る食用油 キャノーラ油は菜種を使って作る油ですが、この菜の花はほとんどが健康被害などが指摘されている遺伝子組換え作物(GMO)です。 さらに同じ菜種油とは言っても日本で昔から作られている菜種油とは生成過程が大きく異なります。 菜種油は低温で絞って油をとるのに対し、キャノーラ油はヘキサンという石油系の溶剤で油を抽出しています。 これは加工の最終段階で高温で除去しますが、この際にトランス脂肪酸と呼ばれる有毒物質が発生します。 トランス脂肪酸は蓄積する トランス脂肪酸は、サラダ油やキャノーラ油を始め、ショートニング(食用油脂)を使ったパン、ケーキ、ドーナツなどの洋菓子、揚げ物そしてマーガリンなどに含まれるもので、日本ではまだ規制の対象になっていません。 サラダ油やキャノーラ油にも含まれるこのトランス脂肪酸は、体内に蓄積し、一定量摂取すると悪玉コレステロールを増加させ、善玉コレステロールを減らします。 さらに、• 高血圧高血糖の数値上昇• 糖尿病• メタボリックシンドローム• 血管に脂肪が詰まりやすくなるため、心臓病、動脈硬化、脳梗塞、突然死などのリスク上昇• アレルギー物質に対してより過敏に反応しやすい体質になる など、健康への重大な影響が報告されています。 記憶を司る脳の海馬が萎縮 キャノール油にはリノール酸という必須脂肪酸の一種が含まれています。 これ自体は、血中コレステロールを下げる働きがあります。 しかし、このリノール酸は加熱するとヒドロキシノネナールという神経毒に変異し、脳を萎縮させるのです。 この毒素はリノール酸が200度前後に加熱されると急激に増加します。 これが体内に入ると、細胞膜のリン脂質を酸化し、神経細胞だけでなく、あらゆる臓器の細胞を死に追いやります。 最終的には、「記憶の指令センター」と呼ばれる海馬が萎縮してしまうそうです。 アルツハイマー患者の脳の特徴として、必ず海馬が萎縮し隙間が開いた状態になっているそうです。 キャノーラ油は加熱して使用することが多いため、リノール酸がこのヒドロキシノネナールになりやすいのです。 学習能力が低下 下の写真のテンプル大学ドメニコ・プラティコ教授は、アルツハイマー病のマウスにキャノーラ油を与えた研究結果を英科学誌「サイエンティフック・リポーツ」電子版に掲載しました。 アルツハイマー病になるよう遺伝子操作されたマウスに通常の餌を与えた個体とキャノーラ油小さじ2杯分を与えた個体とで学習能力を比べたところ、決定的な違いが生まれました。 キャノーラ油を毎日摂取したマウスは、短期記憶、作業記憶ともに学習能力が低下していたのです。 コレステロールゼロ=ヘルシーではない キャノーラ油はオリーブ油などの植物油よりも安価で、コレステロールゼロを標榜しているため、ヘルシーなイメージを抱いている人も多いでしょう。 プラティコ教授によれば、「キャノーラ油がヘルシーと主張する根拠は薄弱」だそうです。 というのもカロリー自体は大さじ1杯で111kcalあり、先述の実験でもキャノーラ油を与え続けたマウスの体重はそうでないマウスに比べて大きく増加していたのです。 脳の機能を正常に保つ油とは 揚げ物がカラッと揚がるため、キャノーラ油は重宝しますが、ここまで知るとちょっと手を出すのを躊躇してしまいます。 ではどんな油を代わりに使ったら良いのでしょう?炒め物にはオリーブオイルやごま油(太白か低温焙煎)を、そして揚げ物には圧縮一番搾りの米油を使いましょう。 抗酸化作用に優れるビタミンEなどを多く含み、前述のリノール酸の保有率が低いため高温で熱しても劣化しにくいのです。 米油とは米の糠から搾り取られた油のこと。 原料が米糠ということは、原料をほぼ国産でまかなえる唯一の植物油です。 いずれにせよ品質の良い油は手間と時間をかけて低温で圧縮して作られるため、価格は高くなります。 でも油を切り替えることで、大量に油を使う食事をやめ、揚げ物などは美味しいものを少しだけとるように食生活を見直すいい機会になるかもしれません。

次の