ラーメン 香。 大分生まれのとんこつラーメン専門店「麺堂香」リニューアル 極上霜降りチャーシューを使った新グランドメニュー登場!|ゴールドプランニング株式会社のプレスリリース

麺堂 香 高城店(大分市)とんこつラーメン+半チャーハンセット(九州B級グルメ)

ラーメン 香

ライター吉田 「こんにちは、絶メシ調査隊の吉田と申します。 今回は、何やら 怪しげな力を使って美味い麺を打ってる御仁がいると聞いて、高崎市元島名町にある中華料理店『香珍』にお邪魔いたしました。 私、オカルトの類を全く信じていない科学至上主義者でございます。 スピリチュアル系のハッタリには滅法強いので、本日は騙されることなくキッチリ味だけで判断させてもらいますよ!フフン!」 意気揚々と高崎入りした吉田率いる絶メシ調査隊。 市中心部から車で国道345号線をしばらく走り、県道13号線に入るとその道沿いに「香珍」の看板を発見。 パッと見た感じ、そこまでのスピリチュアル感はなさそう ところが、その看板が立っている場所にはラーメン屋らしきものがない。 そこにあるのは 「美術品 山静香」という看板が掛かった趣深い建物のみ。 なんで? 実に趣深い店の構え。 高価な茶器などを商っていそうである なお駐車スペースには大量の庭石や流木などが並んでいる 「この建物の裏手にあるのかなあ」などと話しつつ、途方にくれる絶メシ調査隊一行。 とにかく、この骨董屋さんに話を聞いてみようと決めた途端、「スウー」っと扉が開き、中から穏やかな笑みを浮かべた白衣の老人が現れた。 どこか達観した僧侶のような雰囲気を持つ老人が登場 「取材の方々ですね。 さあ、中にお入りください」(ナゾの老人) そう言って、「スウー」っと店に入っていく老人。 なんだか不思議な雰囲気を纏っているお方だ。 当年とって74歳。 盆石、骨董の蒐集が趣味で、中でも盆石集めには相当熱を上げており、休日ともなれば愛車を駆って県北~新潟などで沢歩きをしつつ、お眼鏡にかなった石を集めているという。 ふ~ん石ですか。 吉田にはわかる。 これは結構なアレだということが。 入り口横のスペース。 お気に入りの石や器などが綺麗にディスプレイされている。 もはやラーメン屋であることを忘れてしまいそうだ 突っ込みどころを探すなという方が難しい状況…もはや 絶対に突っ込んではいけない24時の世界である。 しかし今回はあくまでメシの取材。 骨董や盆石の話に持って行かれないように気をつけなければ。 善養寺さん 「 うちはラードを使ってるからね。 昔は100%ラードだったんだけど、どうも脂っこくなる。 さっき言い忘れたけど、 家庭で美味い炒飯を作りたかったら、ラードを使ってみると良いかもね!」 そしてお待ちかね… 真打登場。 スタッフ分のラーメンもご用意してくれた善養寺さん。 もはやその心遣い、優しさはガンジー級である このシズル感。 香珍の「ラーメン」(550円)。 シズってますなぁ 滝を登る鯉のように、重力に逆らい器から伸びる麺。 噛み締めると小麦粉の風味がフワッと口の中に広がる。 ゆで具合はやや柔らかめだが、ご主人が作り上げた「方向性」がバッチリと決まっているためか、しっかりとしたコシも感じられる。 そして鶏ガラと豚ガラでとった澄んだスープは超あっさり&薄味。 チャーシューは控えめなサイズながら甘みのある脂身がうまいし、ラーメン一色になった口の中を新しくしてくれる自家製メンマやほうれん草の存在も嬉しい。 しかし主役は、圧倒的に麺である。 スープにしろ、具にしろ、麺というトップスターを輝かせるための名脇役。 決して出過ぎることがないのである。 そんなこんなで今回も吉田&絶メシ調査隊は、ラーメン&チャーハンをしっかりと完食。 おいしゅうございました! この技、そして心を継承する後継者を求む! 時計の針を、香珍を始める前の時代に戻そう。 昭和44年。 若き善養寺さんは東京・横浜での修行を終え、群馬で自分の店を持つとの夢を叶えるため24歳で高崎に戻ってきた。 しかし現実は厳しかった。 金もコネもない人間がお店を出せるほど飲食業は甘いものではなく、しばらくは市内の中華料理店に雇われ調理人として勤めることとなった。 給料は安く、アパート代の支払いにも困るほどに生活は困窮を極めた。 そんな時に出会ったのが、その後、資金援助をしてくれることになる恩人・相沢さんであった。 善養寺さん 「相沢さんは米屋さんを営みつつ、高崎信用金庫の理事をやってたんです。 その方が 『あんたがやるんなら俺がなんとかする』と言ってくれて金を工面してくれた。 それで25歳で独立したんです。 貸店舗ではありましたが、自分の店を出すことができたんです。 そこから約17年後、42歳のときに、自分が持っている土地(=今の場所)にようやくお店を構えることになった。 僕がずっと望んでいた、本当の意味での自分の店。 その時にも相沢さんは資金面でお世話になったのです」 相沢さんがいなければ、この店は始められなかった。 善養寺さんはそういうと、突然言葉を詰まらせた。 そして震える声でこう続けた。 おまけ(「方向性」とやらを検証してみました) さて皆さん、なんとなく引っかかっているポイントがあるのではないでしょうか? そう「方向性」です。 ただのスピリチュアルな話(もしくは感覚的なこと)を言っているだけかと思っていたのですが、帰宅後に調べてみたところ、善養寺さんが話す「方向性」を意識した麺打ちは、非常に理にかなったものであることが判明しました! 小麦粉麺には、「でんぷん」の他に「グルテン」と呼ばれるタンパク質が含まれています。 そして「グルテン」と「でんぷん」は網目構造を形成しています。 「グルテン」は生地の「つなぎ」の役割を果たす存在で、「コシ」をはじめとする「食感」の決め手となります。 そして、この「グルテン」は手で細長く伸ばすことが出来ます。 ご主人が言う「方向性」とは、「グルテン」が伸びる向きのことだった(と思われます)。 一般的な製麺機だと生地を一方向にしか伸ばせませんから、「グルテン」が伸びるのも一方向。 しかし手打ちならば、実際に手で触りながらグルテンを自由自在に伸ばしていくことが可能。 打ち手の腕さえ良ければ、常に最高の「方向性」をキープ出来ると言うわけですね。 要するに善養寺さんは科学的な視点に基づいて麺を打っていたという話でございます! おいおい!誰だよ「ホーコーセー=超能力=インチキ」とか言ってたのは!? 俺か! 善養寺さん!不勉強ですみませんでした! 取材・文/吉田大 撮影/今井裕治.

次の

和歌山市観光協会 公式HP|食べる:和歌山中華そば・ラーメン

ラーメン 香

四条大宮駅から徒歩5分ほどにある元祖熟成細麺「香来 壬生本店」 カウンター中心だが、4人掛けと6人掛けのテーブル席もあります。 こちらは昔ながらのTHE京都ラーメンがいただけるとあって、人気が高い! ランチから深夜3時まで営業されているので、 ファミリー層から、サラリーマンなど時間によって使い方は自由自在。 その為ラーメンの種類も実は多いのです。 他の店に行くなら、香来の中で色んなラーメンを食べてほしいからだそう。 野菜の甘みと醤油のコクが混ざり合う豚骨鶏ガラスープは喉越しのよさを追求した熟成細麺がよく合う。 毎日食べても飽きが来ない王道ラーメン。 女性や子ども、飲んだ後の〆など小盛りは580円もできるので嬉しい。 初めての方はこちらのラーメンをぜひ。 通常のチャーシューとは別の希少部位を使用したこちら。 脂の甘い薄切り肉なので、あっさりいただけます。 来店時に残っていたらチャレンジすべき一杯。 身体も温まる旨辛スープです! プラス100円で唐辛子10本追加の激辛や、野菜、ニンニク増しの注文は無料なので嬉しい。 細麺か平打ち麵を選べ、辛さも4段階から選べます。 鰹、鯖、煮干、昆布の魚介、鶏ガラのダブルスープに和歌山県、湯浅の白醤油を使った和風仕立て。 ストレート麺がよく合う。 九条ネギや厚切りチャーシューも上品で繊細かつ奥深い味わいは最後の一滴まで飲み干したくなる。 がっつりいきたい男性におすすめ。 タレは醤油と胡麻から選べます。 味噌ベースのつけ出汁は赤味噌と白味噌を独自の配合で合わせ、ニンニクや生姜、香辛料を加え濃厚な味わいに。 太麺との相性も抜群。 1日限定20食です。

次の

大分生まれのとんこつラーメン専門店「麺堂香」リニューアル 極上霜降りチャーシューを使った新グランドメニュー登場!|ゴールドプランニング株式会社のプレスリリース

ラーメン 香

小伝馬町駅周辺にはおすすめのラーメン屋さんがたくさんあります。 小伝馬町駅周辺は食事をするお店がたくさんあり、サラリーマンの方も多いエリアです。 今回ご紹介させていただくお店20軒はどこも自信を持っておすすめできるところばかりですので、お気に入りのお店を見つけていただけること間違いなしです。 とんこつラーメンや、辛いラーメン、醤油ラーメンなどいろんなラーメンをご紹介させていただくので、楽しみながらご覧ください。 お友達やご家族とはもちろんのこと、お一人様でも気軽に食べに行けるお店もご紹介させていただいているので、是非ランチなどに食べてみてください。 当サイト内のおでかけ情報に関して 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。 おでかけの際には公式HPでご確認ください。 また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。 RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。 このまとめ記事の目次.

次の