未来 の ミライ 声優。 未来のミライは声優が下手で酷い!声に違和感がありすぎて映画に集中できないと話題!

未来のミライ 感想・レビュー|映画の時間

未来 の ミライ 声優

この記事の目次• 映画「未来のミライ」駅員ロボットの遺失物係の声優は? 声優は神田松之丞 お義に怒られそうなのと 直江兼続が神田松之丞にしか見えない — 最上義光(もがみよしあき) dewanokami1546 映画「未来のミライ」で駅員ロボットの遺失物係の声優を務めているのは、神田松之丞(かんだ まつのじょう)さんです。 神田さんは1983年6月生まれの日本の講談師です。 日本講談協会および落語芸術協会に所属しており、2017年には二ツ目でありながら、独演会では数百人の会場を満員にするなど、気鋭の講談師です。 キャリア11年にして持ちネタは140超えており、人気も高く"今、一番チケットが取れない講談師"という枕詞もついているほどです。 これまでに、下記のようなタイトルも獲得をしています。 ・2015年 読売杯争奪 激突!二ツ目バトル:優勝 ・2016年 花形演芸大賞:銀賞 ・2018年 第35回浅草芸能大賞:新人賞 ・2019年 平成30年度花形演芸大賞:金賞 講談師としての腕についてはいうまでもないですね。 声優のプロではありませんが、お客さんを前にして話すという面では申し分にないキャスティングであり、てっきりプロの声優さんが担当されているのかと思いました。 現在は、講談師として活躍はもちろんこと、TBSラジオの番組「神田松之丞 問わず語りの松之丞」でパーソナリティを務めており、業界内でも評判も非常に高いようです。 経歴とプロフィール 神田松之丞さんのプロフィールは下記になります。 名前 神田松之丞 読み方 かんだ まつのじょう 生年月日 1983年6月4日 出身 東京都豊島区 師匠 3代目神田松鯉 活動期間 2007年 活動内容 講談師 所属 日本講談協会 落語芸術協会 神田さんは2007年に武蔵大学経済学部経営学科卒業後、同年11月に、3代目神田松鯉に入門されます。 2012年に二ツ目昇進され、2016年の段階ですでに真打昇進が落語芸術協会の理事会の議題にあがるほどの腕前でした。 その後、真打には2020年2月に中席より真打に昇進することが承認されており、これは落語家を9人追い抜いての抜擢のようです。 弟子入り覚えた『鉢の木』では寝食も忘れ没頭し、1週間で覚えるほどであり、師匠の松鯉から「お前は将来名人になる」と言われたそうです。 現在は多忙なスケジュールですが、マネジメントやスケジュール管理を担う芸能事務所には所属しておらず、全て自分で行なっているようです。 プライベートではすでに結婚をされており、2018年9月に第一子が誕生しています。 他にも、好きな本は「スラムダンク」、「1984年のUWF」。 好きな映画は「リリィ・シュシュのすべて」、「海がきこえる」と公表されています。 個人的には参加出来て良かったし、文化庁メディア芸術祭 アニメーション優秀賞も取った。 まそたんは、巨大な翼と長い尾を有するドラゴンであり、主人公の甘粕ひそねが登場します。 タイトルの「「ひそねとまそたん」のまそたんであり、非常に主要なキャラクターです。 くんちゃんに対して、両親名前を聞き出していき、本人紹介をしていきます。 しかし、結果として、くんちゃんは両親の名前を思い出すことができず、しまいには家族にペットの名前(ゆっこ)を出してしまうのです。 (もちろん、これもNG) 駅員ロボット役目の一つは、行き先のない子供を「ひとりぼっちの国に連れていくための先導員」です。 この東京駅のシーンは現実世界ではなく、未来くんちゃんの頭の中の出来事と解釈されていますが、家族を家族として考えるために存在する、一種のプラットフォームなものと捉えて間違いないでしょう。 その証拠に「くんちゃんはミライちゃんのお兄ちゃん」という言葉で呼び出しに成功し、無事に戻ることに成功をしています。 駅員ロボットの正体は場合によっては子供をひとりぼっちの国へ連れて行くという、機械的で残酷な一面を持ち合わせているのです。 映画「未来のミライ」駅員ロボットの遺失物係のセリフの意味は? 駅員ロボットのセリフの中でもっとも印象的なセリフは下記のものでしょう。 「迷子ということは、失くしたものは自分自身というわけですね。 」 これはいうならば、くんちゃんは自分のアイデンティを失っているのと同義です。 物語を思い返してみると、妹の未来ちゃんが生まれた途端、次第に両親や祖父母が自分から離れていき、家族で孤立を味わうようになります。 それでも、くんちゃんは片付けをしたり(あるいは部屋を散らかしたり、わがままをいう)、自転車に乗ったりと成長する姿を見せることで、必死に家族の中で自分のポジションを見つけ出していきます。 自転車のシーンはお父さんから何一つ助言や指導を受けておらず、自分の力だけで成し遂げていますが、それをお父さん褒められることで自分の存在を実感していきました。 簡単にいえば、くんちゃんはミライちゃんに大きな嫉妬をしており、なんとかしてみんなの目線や注目を自分に戻していきたいがため、行動を続けていきます。 この駅のシーンで「くんちゃんはミライちゃんのお兄ちゃん」という言葉が正解になった理由は、くんちゃんが自分の運命(=兄弟)に従ったからこそ正解になっています。 これまで嫉妬という感情で寄せ付けてこなかったミライちゃんを、初めて自分の妹だと自覚した瞬間でもありました。 くんちゃんは頑張って、妹(ミライちゃん)の視線を自分に集めようと動きますが、それは兄という自分を投げ出していることに他なりません。 ここで大切なことは、周囲に認められるのは、何より兄としての自覚が必要であり、それは自分の先祖から受け継いできた人間としての伝統でもあるのです。 それに気づいたからこそ、くんちゃんはこのシーンで助かっており、最後にミライちゃんに微笑んだのだと思います。 駅員ロボットが話した、 「迷子ということは、失くしたものは自分自身というわけですね。 」という言葉は、兄という自覚を失っているくんちゃんに対して、厳しくも現実を見つめる機会を作った言葉になるのです。 以上となります。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

次の

未来のミライのキャスト声優一覧まとめと相関図付き!原作には家族が関係?

未来 の ミライ 声優

スポンサードリンク 映画「未来のミライ」を見た人々が、声優がひどい下手で、合わない違和感がすごいから、内容が入ってこないというの感想・評価をもってます。 「未来のミライ」は、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『バケモノの子』など大ヒットアニメ映画を手掛けた細田守監督作品なのですが、そんなに声優が下手だったの理由はなんでしょう? あらすじは、4才の男の子くんちゃんが、突然現れた謎の少女ミライちゃんとともに時空を超えた大冒険に出て、家族の愛情や絆をたくさん感じる物語です。 主人公4才くんちゃんの声優を、女優の上白石萌歌さんが演じてるのですが、どうやらこれが、声優がひどい下手で、合わない違和感がすごいことになった理由のようです。 細田守監督はオーディション、くんちゃんの泣き声と、犬の鳴き声を演じさせたらイメージに合うということで起用されました。 上白石萌歌さんは保育園で4歳の男の子と実際に遊んだり、しゃべったり、役を模索したそう。 ミライちゃん役には、黒木華さんがオーディションで選ばれてます。 くんちゃんを「お兄ちゃん」と呼ぶ、未来からやってきた謎な少女役。 黒木華さんも姉弟がいるから、くんちゃんに共感できる部分があったそう。 「未来のミライ」も同じく声優に対して「違和感がすごい」「ひどい」「合わない」など下手だというボロクソな感想・評価が目立ちます。 映画の内容は面白くて良かったけど、声優が下手でキャラクターに合わない違和感があり、細田守監督作品ファンでさえ、なかなか物語に入り込めなかった人がいたほど。 一方で、おとうさん役の星野源さん、おかあさん役の麻生久美子さん、若い頃のおとうさん役の福山雅治さん、駅員ロボット役の神田松之丞さんは、声が良かったと声優が評価されてますが、くんちゃんの声優が下手すぎてそういった良い感想はほとんどかき消されてます。 予告動画でくんちゃんの声優演技が聞けます。 視聴者の感想は 「マジで下手くそすぎる」 「ヤバイぐらい下手で上映中にすごいイラっとしてた」 「声優ひどいな、聞くに耐えない」 「自転車乗るシーンの喘ぎ声なんだよ、完全に女じゃねぇかよ」 など酷評の嵐です。 上白石萌歌さんは18才の女性なんですが、声が4才の男の子に寄せておらず、16才も年上の18才女子そのままの声なので、違和感がすごいんです。 なので視聴者の感想は 「4才の子の声に全く聞こえない」 「初っ端から4歳児に思えない声」 「声が大人過ぎて動揺隠せない」 「声優合ってない」 「受け付けませんでした」 「くんちゃんの声に違和感」 「すさまじく不自然な声」 「しっくりこない」 「主役の声が壮絶に合ってない致命傷」 「役満振り込みレベルの痛手」 そして声優が合わない違和感ばかりか、主人公がしゃべるたびに虫唾が走るなど、視聴者に不快感まで与えてしまってるのでした。 映画そのものは、4才の男の子のリアルな描写に細部までこだわってるにも関わらず、声が完全に大人の声なので、違和感がすごいんです。 なので「子供の声優使えば良かったのに」という感想をもつ人は多いです。 「未来のミライ」は海外でアニー賞(インディペンデント部門)作品賞を受賞してるのですが、英語版の声優はちゃんと子供の声優を使ってようなのです。 子供の顔が子供の声をしゃべってるので、すごく自然ですね。 「どうにも入り込めなかった」 「悪いけど下手くそすぎて中身入ってこなかった」 海外版は子供の声なのに、日本版はやっぱり話題性を狙って芸能人声優を起用したのでしょうか?「代理店の計算高い嫌な感じ」が透けてみえる人もいたのでした。 とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。 両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。 それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。 待ち受ける見たこともない世界。 むかし王子だったと名乗る謎の男。 幼い頃の母との不思議な体験。 父の面影を宿す青年との出会い。 そして、初めて知る「家族の愛」の形。

次の

未来のミライ声優黒木華は下手と評判?細田守に気に入られている? | 金曜ロードショー情報局

未来 の ミライ 声優

概要 [ ] 『』に続く監督による長編オリジナル作品第5作である。 の「兄妹」をテーマに、甘えん坊の4歳の男児・くんちゃんと未来からやってきた彼の妹・ミライちゃんの冒険が描かれる。 第71回(2018年5月8日 - 19日)の「監督週間」に選出される。 上映後、は本作を「繊細な観察が出来ている」と評し、は『未来のミライ』を「美しく感覚的」と述べ、「細田守が本作で取り組んだ建築や都市装飾における描写は驚嘆するべきものである」と評した。 2018(6月11日 - 16日)の長編部門コンペティションに選出される。 製作 [ ] のプロデューサーであるは、「5月ので、映画は未完成だというのに世界57ヵ国から配給させてもらえることが決まっている。 日本国内では、前作『』の458スクリーンと同等、もしくはそれ以上のスクリーンで公開する見込みだ」と述べた。 上白石萌歌はミライちゃん役、黒木華はくんちゃん役のオーディションに参加していたが、細田守監督は上白石にくんちゃんの泣き声、犬の鳴き声を演じさせくんちゃんのイメージに合うと上白石をくんちゃん役に決定した。 本作の舞台となる主人公の自宅はの設定で、劇中の住宅は建築家のが設計した。 斜面に建てられており、中庭が特徴的な2LDKである。 ストーリー [ ] 出産のため、暫く入院していた おかあさんが帰ってきた。 主人公の くんちゃんは初めて見る妹に興味を示し、おかあさんに「仲良くしてね」「守ってあげてね」と言われ、約束する。 しかし、 おとうさんとおかあさんは 「 未来 ( ミライ )」と名付けられた赤ちゃんの育児に追われるため、どうしてもくんちゃんのことを後回しにしてしまいがち。 そんな日々が続いたことで、未来に嫉妬感を覚えたくんちゃんは、動物の形をしたクッキーをミライちゃんの顔に並べたり、ほっぺたを引っ張ったり、指で鼻を押したりとミライの顔で遊び、おかあさんに止められる。 その腹いせにオモチャの新幹線で頭を敲くなどの癇癪を起こしてまた止められる。 疎外感を感じて、家に自分の居場所が無いように感じたくんちゃんは、庭に逃げる。 すると、 一人の男がくんちゃんに話しかけてきた。 それは人間の姿になった飼い犬の ゆっこだった。 ゆっこはくんちゃんの感じている感情を嫉妬だと言う。 色々やっている内にくんちゃんは尻の辺りに犬のしっぽらしきものが生えていることに気付いた。 思わずそれを毟り取って、試しに同じとこに付けてみると全身が犬のようになり、そのままひと暴れしたことで気は収まった。 くんちゃんはその後も、未来からやってきたセーラー服姿のミライが嫁に行き遅れないためゆっこと共にひな人形を片づけ、母親の子供時代に行って一緒に騒ぎまくったり、曽祖父の馬やバイクに乗ったりといった不思議な体験をしつつ成長していく。 ある日、キャンプに行こうと思っていた太田家だが、くんちゃんはお気に入りのスボンが洗濯中で履けないことから、だだをこねてしまう。 家出をしたくんちゃんは寂れた駅で1人の高校生に会う。 しばらく話している内に不思議な電車が来たのを見かけるが、それには乗るなと言われた。 しかしその言い方が癪に触ったのか乗ってしまった。 その行き先は巨大な東京駅で切符もなく、迷子になってしまう。 迷子センターは見つからず、遺失物センターへ向かった。 その遺失物係に肉親の名を問われるも何も答えられず、「ひとりぼっちの国」送りとなる。 くんちゃんは禍々しい装飾をした新幹線に引きずりこまれ、その乗客の骸骨達と共にされそうになる。 しかし、自分がミライの兄であることを自覚し、その新幹線から妹を守って決意を固めたことで、遺失物係は未来のミライを呼び出して、くんちゃんとミライは再会する。 ミライはくんちゃんを連れて飛び立ち、時空の道しるべからそれらの時代を探り当て、くんちゃんも元の時代へと帰っていく。 登場人物 [ ] 劇中では、登場人物は妹の 未来( ミライ)と飼い犬の ゆっこを除き、主人公の くんちゃんを筆頭に全員が愛称・渾名・俗称で呼ばれている。 くんちゃん 声 - 本名は「 おおた くん(太田訓)」。 甘えん坊な4歳の男の子。 生まれてきた妹に両親の愛情を奪われ、戸惑う。 ある日、飼い犬のゆっこが人間の姿になった謎の男に出逢い、続いて「ミライ」と言う少女とも出逢い、時空を超えた冒険の旅に出る。 が大好きで電車の名前を覚えている。 お父さんに妹の名前は何が良いと聞かれた際は「」、「」の名前を挙げている。 いつもで遊んでいて、度々このおもちゃに関するトラブルも発生する。 オレンジ色のをデフォルメしたイラストが描かれた服を持っている。 尚、原作小説にはくんちゃん誕生の際に「命名 訓」という漢字が当てられている。 また、幼稚園の名札には「おおた くん(太田訓)」と書かれている。 ミライちゃん 声 - 、(幼少期) くんちゃんの妹。 未来から来た者が庭に現れ、くんちゃんを「お兄ちゃん」と呼ぶ。 右手の手首側近くから親指の付け根の下にかけてがある。 おとうさん 声 - 育児のために在宅にて建築設計の業務を行う設計士。 仕事と育児の両立を目指し日々、取り組んでいる。 抱っこが苦手。 おかあさん 声 - 仕事や育児で大忙しだが、ベストを尽くそうとする。 片付けが苦手。 劇中には登場しないが、「葉一」 [ ]という弟がいる。 ゆっこ 声 - 太田家のペットでクリーム色の系。 くんちゃんが産まれるより前から夫婦と一緒にいる。 くんちゃんのおかあさんがペットショップで一目惚れし、おとうさんは渋々承諾した。 謎の男 声 - くんちゃんが庭先で出逢った、奇妙な出で立ちをした男。 愛情に飢えているらしく、「自分はかつてこの家の王子だった」と話す。 実は飼い犬のゆっこが人間体になったのである。 ばあば 声 - くんちゃんの祖母。 二人目を出産するおかあさんの代わりにくんちゃんとゆっこの面倒をみる。 おとうさんの設計した自宅のデザインが好きではない。 幼少期の母に会った際に、姿こそ見ていないが大きな怒鳴り声を聞いている。 じいじ 声 - くんちゃんの祖父。 ひなまつりの日に孫に会いに来る。 未来の写真を撮ろうとするも、くんちゃんに邪魔される。 ひいばあば 声 - 青年 声 - くんちゃんが時空の旅先で出逢った若者。 足を引きずって歩く。 くんちゃんに大きな影響を与える。 実はくんちゃんの曽祖父の若き頃である。 足を引きずる理由は戦傷の影響によるもの。 少女 声 - くんちゃんが時空の旅先で出逢う少女。 2人で部屋中をしこたま荒らしたことで相当激しく怒られた その際、こっそり裏口から逃がしている。 実はくんちゃんの母の幼き頃である。 男子高校生 声 - くんちゃんが時空の旅先であるの待合室で出逢う、ぶっきらぼうな話し方をする男子高校生。 実は未来のくんちゃんである。 の遺失物受付センターのロボット 声 - くんちゃんが時空の旅先である東京駅で出逢う。 東京駅のアナウンス 声 - その他声の出演 声 - 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 スタッフ [ ]• 原作・監督・脚本 -• 作画監督 - 、秦綾子• 美術監督 - 大森崇、髙松洋平• 音楽 -• オープニングテーマ・主題歌 - 「」(オープニングテーマ)、「うたのきしゃ」(主題歌)• ゼネラルプロデューサー -• プロデューサー - 、伊藤卓哉、足立雄一、• ラインプロデューサー - 池田大悟• アソシエイトプロデューサー - 伊藤整、櫛山慶、町田有也、笠原周造• 画面設計 -• 色彩設計 - 三笠修• CGディレクター - 堀部亮• 衣装 -• プロダクションデザイン - 、、、亀田芳高、• 編集 -• 録音 - 小原吉男• 音響効果 -• 音楽プロデューサー - 北原京子• キャスティングディレクター - 増田悟司、今西栄介• 上田弁方言指導 -• 配給 -• 企画・制作 -• ・スタジオ地図LLP共同事業(、、、スタジオ地図)• プロモーションパートナーズ(東宝、、、、、、、、、、、、、、) 公開 [ ]• 2018年8月26日(日)時点で、興行収入26. 3億円、観客動員数208. 7万人。 日本で公開される5ヶ月前に、北米の配給権をが獲得したことが、第68回で発表され 、2018年11月29日より米国の780館で公開された。 評価 [ ] 日本での興行は、ヒット作と言える数字を上げたが、細田の過去作と比較すれば振るわず、初週成績は前作『バケモノの子』の40%減となった。 批評は、賛否両論に分かれ、主に、映画で描かれた家族観を保守的と見るか否かが論点となった。 一方で、これは家族の物語ではなく、幼児の自我の形成を描く作品であるという指摘もある。 日本の評価とは対象的に、海外では高い評価を受けた。 にノミネートされたが、日本の作品としては作品以外では初めてである。 第76回にノミネートされ、日本の作品としては初めてである。 第46回のと長編作品脚本賞の二部門にノミネートされ 、前者を日本人監督として初めて受賞した。 タイアップ [ ]• 主催の体感型謎解きイベントであるとのコラボで『 ミライからの手紙』が東京歌舞伎町にある常設アミューズメントスポット・東京ミステリーサーカスにて約1ヶ月のロングランで開催される。 参加者は各々のペースで手紙に書かれている様々な謎を頼りに、新宿近辺を散策しながらくんちゃんを保護することがクリア条件。 」が開催された。 本作の主題歌を担当したの「」とのコラボレーションで、細田の監修で(本作作画監督)の「くんちゃん」と「ミライちゃん」が描かれた描き下ろし原画による、三方背ボックス仕様の「クリスマス・イブ 2018 クリスマス・スペシャル・パッケージ」が、12月11日から25日までの期間限定で販売された。 CM [ ] 『グリーンダカラ』のCMで、くんちゃんと未来が登場するアニメーションCMが制作・放送されている。 テレビ放送 [ ] テレビ放送の視聴率 [ ]• 系『』枠 回数 放送日時 視聴率 1 2019年 07月 012日 9. 9 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• くんちゃんの前に現れた未来の彼女の姿が、暗い色の茶色のと、冬服の場合は紺色の無地と白のラインと赤いスカーフに、夏服の場合は白の無地と紺色のラインと赤いスカーフの、という出立ちで、中学生なのか高校生なのか不明。 劇中では年齢はわからないが、エンディングのスタッフロールで男子高校生と記載がある。 同作品の制作に於いてはアクアデザインアマノがカージナルテトラの群泳の描写や、水槽システムの時代考証等で全面的な協力を行っており、にあるアクアデザインアマノ本社内にある「ネイチャーアクアリウムギャラリー」を細田監督が来訪し、綿密なイメージサンプリングや打ち合わせを行っている。 出典 [ ]• 2018年9月7日. 2018年12月16日閲覧。 2018年12月19日. 2018年12月20日閲覧。 映画ナタリー. 2017年12月28日閲覧。 com 2017年12月13日. 2017年12月28日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2018年4月17日. 2018年4月24日閲覧。 2018年5月18日. 2018年5月23日閲覧。 コミックナタリー ナターシャ. 2018年4月24日. 2018年4月24日閲覧。 産経ニュース. 2018年1月16日閲覧。 2018年7月20日放送「映画「未来のミライ」公開スペシャル!〜豪華キャストが語る細田守の世界〜」• CINEmadori. 2018年8月8日閲覧。 「未来のミライ」パンフレット• 2019年1月19日. 2019年1月19日閲覧。 oricon news 2018年8月31日 , 2018年9月1日閲覧。 Tadashi Sudo 2018年2月16日. 2019年3月14日閲覧。 2019年3月14日閲覧。 Real Sound. 2019年2月4日閲覧。 IGN JAPAN. 2019年2月4日閲覧。 トイアンナ. 2020年4月5日閲覧。 アニメ!アニメ!. 2020年4月5日閲覧。 2018年12月19日. 2018年12月16日閲覧。 2018年12月4日. 2018年12月16日閲覧。 - アカデミー賞公式ウェブサイト(英語。 - アニー賞公式ウェブサイト(英語)• ANIME NEWS NETWORK. 2019年1月15日. 2020年3月7日閲覧。 - Crunchyrollアニメアワード公式ウェブサイト(英語)• - フロリダ映画批評家協会(英語)• - ゴールドダービー賞公式ウェブサイト(英語)• - ゴールデングローブ賞公式ウェブサイト(英語)• - 日本アカデミー賞公式ウェブサイト• - サテライト賞公式ウェブサイト(英語、"Motion Picture, Animated or Mixed Media"の箇所を参照)• - ワシントンD. 映画批評家協会(英語)• ポルトガル語. 2019年5月6日閲覧。 - 文化庁メディア芸術祭(第22回アニメーション部門 審査委員会推薦作品)• archive. ph 2019年7月4日. 2019年7月4日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• 第46回アニー賞 (151m53s〜) - (2:31:53~)出席:細田守、齋藤優一郎プロデューサー• - プレイリスト.

次の