学問 の すゝ め。 学問の発見 数学者が語る「考えること・学ぶこと」 (ブルーバックス)

福沢諭吉 学問のすすめ

学問 の すゝ め

『学問ノスゝメ』(福澤諭吉)明治期版・昭和期版 『學問ノスゝメ』(がくもんのすすめ) タイトル:學問ノスゝメ(がくもんのすすめ) 著者:福澤諭吉 出版書写事項:上段:明治七年(1874年)五編発行 下段:昭和二十五年(1950年)発行 形態:上段:一巻全一冊(B6木版) 下段:一巻全一冊(B6活版) 発行所:上段:福澤氏蔵版 下段:株式会社岩崎書店 解説:昆野和七 目録番号:win-0050005 『 學問ノスゝメ 』の解説 福澤諭吉(天保五年・1835~明治三十四年・1901)については、「」で紹介したので省略するが、「學問ノスゝメ」は「西洋事情」「文明論之概略」と共に、福澤の三部作と呼ばれている著述である。 福澤は明治時代に夥しい数の著作を発表しているが、明治新政府の方針が定まるまでは翻訳書籍を通じて西洋文明の紹介者の立場から情報を発信していた。 つまり、福澤曰く、「西洋文明の一節づつの切り売り」をしていたのである。 しかし、新政府の方針が確定すると、福澤は一転して態度を変え、旧思想の批判を開始し新文明の啓蒙活動を展開するキャンペーンに乗り出した。 いわゆる、「學問ノスゝメ」のパンフレット・キャンペーンである。 福澤はこの「學問ノスゝメ」をパンフレット形式で作成し、初編から十七編を著述している。 各編とも十数ページで構成され、初編の明治五年二月から十七編の明治九年十一月まで五年間を掛けた大作である。 この辺の事情を「」の解説を纏めてみると、 「明治十三年刊合本の序に『本編は余が読書の余暇随時に記す所にして、明治五年二月第一編を初として、同九年十一月第十七編を以て終り』と記されている通り、毎編『何れも紙敷十枚ばかりのもの』であるが、夥しい売行を示したので各種の版本があり、福澤の死後、今日に至るまで種々の形で覆刻されている。 」とある。 そして、続けて書籍の体裁の説明では、「初編は、合本の序によって明治五年二月に刊行せられたものと知られるが、跋文には明治四年未十二月の日附がある。 その初編の初版本が如何なる形のものであるかは、久しく研究家の問で議論されていたが、近年諸家の間で初版本と推定して誤りなかろうとほぼ意見の一致した一種の版本がある。 本文第一行に『學問のすゝめ』次に『福澤諭吉 小幡篤次郎 同著』と記され、末尾の端書には、『余輩の故郷中津に学校を開くに付』学問の趣意を記して同郷の旧友に示すつもりで著したものを、人の勧めによって『慶應義塾の活字版を以て』印刷して出版したのであると述べ、巻頭と同様に『福澤諭吉 小幡篤次郎 記』と記してある。 」とある。 さらに偽版については、「明治五年五月付で『愛知県発行、福沢諭吉述、学問のさとし』と題する偽版が出ている。 この偽版は初編の本文をそのまま翻刻し、末尾の一節を県庁の役人が管下の人民に諭示するような体裁に書き改めている。 この末段の一節を書き改めたのは、愛知県の庁吏の作為ではなく、これには原本がある。 旧中津藩文書中に『見聞雑記』と題する写本綴がある(中津市立図書館所蔵)。 その中に無表題で『学問のすすめ』初編の写本が収められているが、その末段の一節が右の愛知県偽版の改鼠と全く同文で、最後に『辛未十二月 元中津県』と記してある。 私の所見は右の写本のみであるが、恐らくその原の版本が出たのではないかと思う。 伝えられるところによれば旧中津県知事奥平昌邁の『勧学文』なる文章があって、他の諸県から旧中津県に照会が寄せられ、中津県からこれに対しその『勧学文』のコピーを贈呈している記録があるというから、それがこの『學問のすゝめ』の末段を書き改めたものではなかろうかと思われる。 愛知県の偽版はおそらくこの中津県の文書を模して作られたものであろう。 」とある。 以上は明治期の「學問ノスゝメ」についての詳細であるが、私こと樹冠人が愛読した書籍は、昭和期の「學問のすゝめ」である。 明治期のパンフレット形式の「學問ノスゝメ」を蒐集することは至難であったこともあり、全体展望するには昭和期の「學問のすゝめ」が最良であった思い出がある。 この「學問のすゝめ」でまず最初に驚いたことは、「岩崎書店」が作成した見開きページであった。 それは、「あれ、岩波新書?」とあまりにも似ていて見間違える版型である。 昭和十三年(1938年)に創刊された「岩波新書」は、英国の「ペリカンブックス」を参考に版型が決められたようであるが、私が調べた範囲では、この「岩崎書店」の版型の由来は不明である。 なお、「岩波文庫」の「學問のすゝめ」は昭和二十四年に刊行されている。 「岩崎書店」の「學問のすゝめ」の発刊意図は、解説を担当した昆野和七の「新版の序」によれば、「岩波文庫版として普及版を刊行したが、今回此の福沢著述の書に関する新資料が見出されたので、版を改めて再び普及版を出版することにした。 」とあり、新資料について「はじめ十七編中に予定したものを著者が、途中で考えを変えそれを公刊しなかったもの二編である。 」とある。 この新資料の二編とは、「一身の自由を論ず」と題するものと、「表題はなく、民権論と国権論との関係を論じたもの」である。 昆野和七はこの二編を「解題」の中で公表している。 今回紹介した「學問のすゝめ」の構造は、昆野和七の「新版の序」に続いて、「目次」「合本學問之勧序」「附録」「解題」となっている。 この中で特に気になったのが「附録 學問のすゝめの評」であった。 それを記した者は「慶應義塾 五九樓仙萬 記」とあり、「五九樓仙萬(ごくろうせんばん)」とは福澤諭吉のペンネームである。 このペンネームについては以下の逸話がある。 福澤は、「學問のすゝめ」第六編の「国法の貴きを論ず」で、「赤穂浪士の仇討ち」は私的制裁であり「浅野内匠頭は切腹で吉良上野介は無罪という不合理を幕府の裁判に訴えるべきであった。 」と論じた。 そして、同じく第七編の「国民の職分を論ず」では、「忠君義士の大楠公(楠木正成)の討死と主君の命令を守ることができなかった権助の死」を同一視して、「私的な満足のための死で、世の文明の役に立たない。 」と論じた。 このことで福澤への批判が集まり、その応戦のために福澤は、「五九樓仙萬(ごくろうせんばん)」の名で「郵便報知新聞」に投稿し、「朝野新聞」「日新眞事誌」「横浜毎日新聞」などにも掲載された。 この逸話の概略は、父からよく聞かされた内容であり、これも良き思い出である。 【参考】:「」 所蔵者: 池田弥三郎(樹冠人) 平成二十三年(2011年)三月作成.

次の

【学問のすすめとは】内容を簡単にわかりやすく解説!!意味や福沢諭吉について

学問 の すゝ め

6文化・教養学 学問分野解説 人間の営みを深く理解する「文化学」 文化学は、衣食住といった生活様式から芸術・宗教などの人間の創り出した文化を、いろいろな角度から総合的に研究する学問です。 異なる地域の文化について違いを分析する比較文化学や、生活スタイルや習慣を通して人間そのものを考える文化人類学、庶民の生活文化・伝統・伝承などを研究する民俗学などがあります。 文献や資料に基づく分析だけでなく、フィールドワークなどの手段も駆使して研究を行います。 幅広い学問領域を横断的に学ぶ「教養学」 教養学は、複雑化する現代社会のさまざまな問題に対応するため、あらゆる学問領域を横断的に研究対象とし、人間や文化の解明をめざす学問です。 研究のためには幅広い視野と、柔軟な思考力が必要とされ、扱う領域が非常に広いため、人間の営みを構成する要素なら、なんでも研究の対象になりえます。 将来 幅広い視野と柔軟な思考力や国際的感覚が培われるので企業の期待度は高く、特に語学力や情報処理能力を備えた学生は即戦力として活躍しています。 在学中に教員免許や図書館司書、学芸員の資格を取得する人も多数います。 大学での研究Pick Up• 19世紀の女性の権利とは 基本的人権は天賦のものですが、1776年の「独立宣言」で、「すべての人間は平等につくられている」とうたうアメリカでも、女性参政権が憲法修正で認められたのは1920年です。 男性の付属物のように扱われていた社会で、自らの人権に目覚め、権利の獲得のために活躍した女性たちは、いったいどのように自己をイメージし、どのような表象を広めていったのでしょうか。 18世紀末から19世紀初頭に活躍した女性たち、そしてそれを継承する女性たちの足跡を追うことで、その一端が見えてきます。 マーガレット・フラーの言説 例えば、アメリカのフェミニズムのパイオニアともいえるマーガレット・フラー(1810~1850)がいます。 女性がジャーナリズムの仕事をすること自体が珍しかった時代に、フラーは特派員としてヨーロッパに赴きます。 フラーは帰国途中の海難事故で命を落とし、志半ばで人生を閉じますが、いまでもフラーのことばはラディカルさを失っていません。 ジェンダーの規範への抗拒の言説は力強く、文化や制度の制約を超越して自己を求めようという強い希求があります。 ファンタジーやアニメを新しい視点で このようなフェミニズム批評の方法を応用して、現代の表現作品にアプローチすることも興味深いことです。 作品には、その時代の女性観が反映されているからです。 例えば、ディズニーアニメ作品の中に登場するプリンセスは、比較してみると、『白雪姫』から『アナと雪の女王』まで、それぞれの時代を映しだしていることがわかります。 宇宙人を描いたSF映画も、制作された時代の国際状況や他者に対する意識を反映しています。 映像化されたイメージは根強く再生産され、人々の意識に残ります。 あたりまえのように受け止められているイメージがどのように構築されたものなのか、それを分析することによって現代文化の成り立ちを理解することができます。 文化をただ享受するのではなく、批判的に読み解きながら楽しむ姿勢が大切なのです。 歌も、絵も、藝も、感性の表現様式 前近代日本の人々は、自らの「観る感性」にもとづきながら、さまざまな表現様式を作り上げてきました。 それは和歌や絵画だけではなく、作法や先例を厳守した儀礼や芸能など、現在では文学や芸術の一分野とされています。 その意味をたどれば当時の人々が抱いていた感性やそこに宿る呪的な世界に出会うことができます。 視力とは、網膜に物の形や像を映すことですが、人の視覚は、その形や像の意味までをとらえてきました。 この視覚性は、人の「観る感性」にもとづいています。 「視覚文化」とは、一つの形や像から連想的に意味が広がり、それが社会的・文化的なネットワークに連結しながら、さまざまな表現様式を流行させた文化史の問題としてとらえることができます。 視覚のバラエティーとしての「観る感性」 古語に明暗や色彩を表現する語彙が多くみられたように、人は、目に映る形や像を、コトバや色彩、リズムによって表現してきました。 それはまさに人々の「観る感性」が視覚のバラエティーを作り、その視覚性に合った表現様式によって、視覚の文化が形成されていたといえるでしょう。 このような「観る感性」を前近代的な「視覚文化」のフレームとしてとらえるとすると、江戸時代に登場してくる肉眼+レンズによる科学的な物の見方は、それまでとは異なる近代的な「視覚文化」のフレームとして考えることができます。 日本文化を知ることは、国際理解の手段 グローバルを地域単位でとらえれば、日本は東アジアの一地域です。 現在では日本語となっている中国起源の漢語や仏教用語も、起源をたどれば文化のグローバル化を証明しています。 同様に人の「観る感性」は、グローバル化によってどのように変化してきたでしょうか。 歴史を通じて先祖の文化的眼差しを学ぶ日本文化史は、異文化との交流や摩擦、相違を学ぶことでもあり、実践的な異文化コミュニケーションのツールとしても考えることができます。 現在の都市は江戸時代の遺産 高校の地理では、基本的に現代の産業や貿易を学びますが、歴史地理学では日本史、世界史と融合して「過去の地理」を研究します。 例えば現在の47都道府県の県庁所在地は、ほとんどが近世、江戸時代の「城下町」でした。 そうでない都市は札幌、新潟、千葉、横浜、奈良、神戸など少数派です。 つまり、私たちは知らず知らずに、江戸時代の遺産の上で暮らしているのです。 しかし、金沢のように城下町だと強く意識できる都市もあれば、東京のように意識する人のほとんどいない都市もあり、さまざまです。 城下町の「つくり」とは? 江戸時代の枠組みがよく見える歴史都市のひとつが名古屋です。 まず名古屋城として思い浮かぶのは、シャチホコのある天守閣(本丸)です。 そこを二の丸、三の丸が囲んで名古屋城を構成します。 しかし明治維新が起こると、城主の尾張徳川家は華族として東京に移住し、家老たちもそろって爵位(しゃくい)を得て東京に移りました。 その結果、名古屋の中心部に巨大な空白地帯が生まれたため、新政府が官有地として入手し、戦後は官庁街となりました。 他県でも官庁街の地名が「丸の内」だったり、公立の学校や役所、NHKなどが城の近くに集まっているのはこのためです。 また、現在のJR名古屋駅から伸びる東海道線は、城下町を南から迂回(うかい)する不思議な経路を取っています。 一刻も早く鉄道を通そうと、空いていた西側の湿地帯を利用したからです。 結果として名古屋の繁華街は、町人地であった東の栄と、新しい西の名駅(めいえき)の2つに分かれることになりました。 人間の生き方を地図から解く このように歴史地理学では、人々の生活を地図から解いていきます。 西欧にも城下町はありますが、日本のそれとは大きく異なります。 西欧における城下町とは辺境に新たに構築した要塞に人間が入植していく計画都市でした。 「城下町」という同じ用語を使っても、文化の違いが表れます。 都市の仕組みは一朝一夕で出来上がるものではなく、長い年月の積み重ねの結果なのです。 「曖昧」にすることで、より多くの人にアピール 「JUST DO IT. 」「i'm lovin' it」などのキャッチコピーを広告に用いている、スポーツ用品メーカーやファストフードチェーンがあります。 具体的な商品名ではなく、曖昧な「it」を用いているのはなぜでしょうか。 DoやLoveの対象をあえてぼかすことで、「より広い層の消費者に共感してもらいたい」という考えがあるのです。 「Drive Your Dreams. 」というキャッチコピーを使っている日本の自動車メーカーがありますが、これも、どういう夢なのかをはっきり言わないことで、運転そのものの楽しさや、ドライブ中に目にする景観などを想起させる狙いがあるでしょう。 その国の文化や宗教観が作品の味わいを変える 広告と同様、映画や演劇にも、何かを伝えたい・感じさせたいという思いが込められています。 ただ、国ごとの文化や歴史、宗教観によって作風は違っていて、同じようなシーンでも、登場人物がどんなセリフを語るかは国ごとに差があります。 例えば邦画の場合、「悪役」は怖い顔立ちの俳優が、乱暴な言葉づかいで演じるパターンが多いですが、アメリカやイギリスの映画で、「いかにも悪役」といった感じのシーンはあまり見られません。 ホラー映画も、日本はジワジワと恐怖を感じさせる作品がほとんどですが、アメリカ映画はダイレクトに観衆を怖がらせます。 「なぜこの表現を使ったのか」を語学的に分析 映画や演劇の場合、その作品が作られた時代の世相も反映します。 例えば戦争映画の場合、その国が直面している社会問題を、史実と織り交ぜて描いた内容が目立ちますし、大人と子どもが一緒に楽しめるようなアニメーション作品では、家族を取り巻く子育て環境や教育問題など、親子で話し合って何かを感じるようなテーマが隠れています。 英語圏の映画や演劇、広告などを題材に、「どんな狙いでその表現を選んだか」を分析するのも、英文学の研究ジャンルの1つなのです。 日本各地で行われるさまざまな祭礼 日本にはさまざまな祭礼があります。 春なら予祝祭、秋は収穫祭、年末年始やお盆の祭り、夏には祇園(ぎおん)祭もあります。 それぞれの祭りには目的があり、予祝祭では豊かな実りを祈り、収穫を祝う祭りは「おくんち」とも言われます。 祇園祭は疫病や災厄の除去を願う祭りです。 これらの祭りは、地域によってセリフや所作、装束に特徴的な「型」をもち違いがある一方で、信仰として広がったことから共通点も見られます。 体験と口承で伝承される祭り 祭礼は地域に密着した文化です。 老年、壮年、青年、少年、幼年と各世代に役割があり、親から子へと代々伝えられます。 その中身は体験と口承で伝えられることが多く、そのため、担い手がいなくなると立ち消えてしまいます。 そうならないための一つの方法として、祭礼を文化財に指定し、地域の人々の結束を図り、共同体の中での自分たちの文化を見つめ直す機会を提供することがあります。 指定までの過程で、祭礼の担い手と有識者が協力して、歴史を調べ祭礼の型を記録し、自分たちの祭礼のどこに特色があり、どう変わってきたかを明らかにしていくのです。 「八所宮御神幸行事」を文化財指定に 福岡県宗像(むなかた)市の「八所宮御神幸(はっしょぐうごしんこう)行事」もそのひとつです。 この祭礼は200年以上の歴史をもつ「おくんち」です。 祭り前夜に行われる「古式大名行列」は、大名行列の奴(やっこ)振りを真似たものです。 同じような御神幸は日本各地にありますが、多くは観ている人に絡んだり、おどけた化粧をしたりします。 しかし八所宮の場合はそのような要素はなく、型どおりに練り歩く硬派の奴振りです。 御神幸には奏楽や獅子楽という音楽もあります。 また、「浦安舞」と呼ばれる巫女(みこ)舞も奉納されます。 これらを総体として文化財に指定しようという取り組みが進んでいます。 先輩が「この大学で学びたい!」 と思ったポイント•

次の

学問ノスゝメ 本文と総索引 (進藤咲子編) / 渥美書房 / 古本、中古本、古書籍の通販は「日本の古本屋」

学問 の すゝ め

31) 採用された学生が「高等教育の修学支援新制度」の対象となる場合の取り扱いについて情報を更新しました(2019. 2020年度募集(2020年度一般入学試験受験生対象)の募集要項を公開しました(2019. 20)。 2020年度募集(2020年度一般入学試験受験生対象)の募集は終了しました(2019. 31) 「学問のすゝめ奨学金」正式採用手続き日程は、新型コロナウイルス感染症の影響により当初の予定から変更となります。 詳細な日程等は、4月以降に在籍キャンパスからご連絡いたします。 本奨学金は、慶應義塾大学の学部第1学年に入学を強く希望する 首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)以外の高等学校等出身者で、人物および学業成績が優秀であるにもかかわらず、経済的理由により本学への入学に困難を来している受験生に対し、経済支援を行うことを目的とします。 奨学金の返済義務はありません。 奨学生候補者としての採否結果は 一般入学試験出願前に決定し、入学試験合格・本学への入学手続後に所定の手続をとることで正式採用となります。 奨学金額は年額60万円(医学部は90万円、薬学部は80万円)です。 入学初年度には、上記の金額とは別に 入学金相当額(20万円)を給付します。 また、本奨学金は毎年の審査・申請により2年目以降も継続受給が可能ですが、継続審査時に 前年度までの学業成績が優秀と認められた者は翌年度の奨学金額が増額となります。 本奨学金を希望する方は、以下の募集要項をよく読み、必要な申請手続きを行ってください。 ただし、奨学金が変わる場合があります。 詳細は募集要項を参照してください。 入学後申請の奨学金は、入試形態を問わずに申請できますのでそちらをご検討ください。 Q.浪人をしていますが、この奨学金に申請することはできますか? A.募集要項の申請資格を満たしていれば、現役・浪人の区別は問いません。 Q.地方の高等学校等を卒業した後、家族で首都圏に引っ越しました。 入学後は首都圏の自宅から通学する予定です。 この場合、申請できますか? A.本奨学金は、入学後に自宅外から進学される方を対象としています。 首都圏の自宅から通学する予定の場合は、対象外となります。 Q.申請にあたって、高等学校等の評定平均値の基準はありますか? A.評定平均値による申請基準は設けておりません。 Q.申請時点では所得制限を超えていますが、今後家計支持者が退職を予定しているため収入が減少する見込みです。 この場合、申請することはできますか? A.本奨学金は申請時点での所得で判断するため、基準額を超えている場合は対象外となります。 入学後に申請できる別の奨学金を用意しておりますので、そちらをご検討ください。 Q.入学後に学問のすゝめ奨学金に申請できますか? A.本奨学金は入学前に申請期間を設けており、入学後は申請できません。 入学後に申請できる奨学金を他に用意しておりますのでそちらをご検討ください。 父母ともに不在の場合は、父母に代わって家計を支持する人物としてください。 Q.母子父子家庭の場合でも、父母両方の所得証明書を提出する必要がありますか? A.離婚・長期別居等で既に別生計になっている方の所得証明書は提出いただく必要はありません。 Q.推薦書をお願いする先生が他校に異動してしまいました。 他校に異動した先生に記入してもらってもよいですか? A.推薦書はご自身の在籍している高等学校、あるいは、出身高等学校に申請時点で勤務されている教員に記入していただいてください。 Q.申請書類を送付しましたが、後から不備に気づきました。 追加で書類を送付してもよいですか? A.一度提出いただいた書類への追加や差し替えは一切受け付けておりません。 具体的な選考基準や選考の内容についてのお問い合わせには一切お答えできません。 また、応募人数や採用倍率は公表しておりません。 お問い合わせ.

次の