取り急ぎ お礼 まで。 「取り急ぎ」を使っていいシーンは?取り急ぎの正しい使い方を例文付きで解説します!

「取り急ぎお礼まで」は失礼?メールでの正しい敬語の使い方

取り急ぎ お礼 まで

ビジネスのメールで、 「取り急ぎ〜」という表現を使ったことがある方は多いでしょう。 取り急ぎという言葉には、「急いで」や「とりあえず」と言った意味がありますが、ビジネスの世界では、 マナー的に好ましくない使用例もあるのはご存知でしょうか。 ビジネスの中では使いやすく、ふと使ってしまいそうになる言葉ですが、その意味をしっかり理解していないと、相手を不愉快な気分にさせてしまう可能性もあります。 この記事では、「取り急ぎ」という言葉の正しい使い方や、使用する際のマナーについて詳しく解説してます。 また、言い換えの表現、その使用例などについてもご紹介しています。 ビジネスメールで「取り急ぎ」という言葉を使う前に、本当に正しい使い方ができているのか確認してみましょう。 「取り急ぎ」という言葉の意味・使い方 取り急ぎという言葉は、先述の通り 「急いで〜」や「とりあえず〜」という意味を持っています。 使用例としては、「取り急ぎ、請求書を送付させていただきます」、「取り急ぎ、ご報告させていただきます」などがあります。 いずれの場合も、「詳細は後ほど〜」などの言葉が続くことが多く、 「取り急ぎ〜」を用いたメールでは充分な対応ができていない事を暗示しています。 ここからは、上記のような意味を持つ、「取り急ぎ」の使い方について解説します。 急を要する場面で使う 「取り急ぎ〜」という表現を使ったメールでは、 緊急性の高い用件のみを伝えるようにしましょう。 急いで報告しているにもかかわらず、件名に記載してある事以上の内容が長々と書かれていると不自然な印象を持ちます。 ビジネスではこの言葉を使うべき場面がありますが、本当に必要なとき以外にも惰性で使用してしまうと、本当に急を要する場面で対応していただきづらくなる可能性があるので注意しましょう。 「取り急ぎ〜まで」などの使い方は避ける 「取り急ぎ」は、そもそも相手に充分な対応ができない時に使用する言葉です。 従って、「取り急ぎ〜させて頂きます」「取り急ぎの返信にて失礼させて頂きます」などの言葉で、相手を不快にさせないように注意しましょう。 件名 先日のプレゼン 本文 〇〇様 お世話になっております。 本日は、弊社商品のプレゼンのためにお時間をいただきまして、ありがとうございました。 本日はお時間の関係もあり、直接詳しいお話ができずに申し訳ありません。 また、本来であれば口頭でお礼をお伝えしたいところですが、メールでのご挨拶になってしまうことお許しください。 弊社商品についての、詳しい情報を記載した資料を添付いたしましたので、改めてご確認ください。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 株式会社〇〇 佐藤 の様な文章に直すことでメールでも感謝の気持ちを丁寧に伝えることができます。 感謝や後述する謝罪などは、「取り敢えず」するものではないので、基本的には使わない様にしましょう。 謝罪メールで使用する 謝罪のメールも、感謝のメールと同様の理由で「取り急ぎ〜」は使用しません。 件名 納期の延長について 本文 〇〇様 お世話になっております。 ご注文いただいておりました弊社製品ですが、工場のストップに伴い、お客各位には納期の延長をお願い申し上げております。 ご迷惑をおかけしまして、大変申し訳ございません。 心よりお詫び申し上げます。 製造の再開の目処は明日中に改めてご連絡させていただきます。 何卒、ご理解賜ります様よろしくお願いいたします。 株式会社〇〇 佐藤 などにすると良いでしょう。 まとめ 「取り急ぎ」という言葉には「急いで」「取り敢えず」という意味があります。 ビジネスの場でもよく使われる言葉ではありますが、謝罪メールや感謝を伝えるメールなどでは「取り敢えず」という表現は適切でありません。 また、上司や目上の方に対して使用する際にも注意が必要です。 基本的には、至急報告しなければならないケースなどでの使用以外は控える様にしましょう。 便利でよく使われる言葉だからこそ、正しい意味や、使い方に気をつけて記載する事をお勧めします。

次の

「取り急ぎ」を使っていいシーンは?取り急ぎの正しい使い方を例文付きで解説します!

取り急ぎ お礼 まで

「取り急ぎ」の意味とは 取りあえず、急いで 「~まで」の意味とは 強調する、念を押す 「取り急ぎ」とは、本来ならばもっと丁寧に取り扱いたいものを、忙しい、急を要しているなどの理由で必要最小限に省略させていただくという気持ちを表す言葉です。 「取り」は「急ぎ」を説明する単語で、急いでいるという状況を強調する効果があります。 急いでいることを強調したくない場合は、「まずはお礼まで」と言い換えることもできます。 国語の古文が得意だった人ならご存知でしょうか。 この「まで」は「終助詞」で、前に付く言葉を強めるという意味合いがあります。 「念のため~だけ」という気持ちです。 したがって、「取り急ぎお礼まで」という文は、「もっと丁寧にご挨拶をさせていただきたいけれど、急いでいるのでお礼の気持ちだけは、確かに伝えておきます」という意味なのです。 普通の「ありがとうございました」よりも丁寧に、敬意を込めて伝えたいという意図で使ってしまうと逆効果です。 あくまでも略式の表現であることを覚えておきましょう。 では、略式であるはずの「取り急ぎお礼まで」がメールで多用されるのには、どのような理由があるのでしょうか。 「取り急ぎお礼まで」が使われる一般的な理由 マナーを欠いた対応であることをあらかじめお詫びするため 「取り急ぎお礼まで」が使われるビジネス上の理由 本来は別の方法でお礼すべきなのに、メールを使ったことをお詫びするため ビジネスでは、お礼の方法は、訪問>お礼状(手紙)・電話>メールの順に丁寧であるとされています。 お礼のために相手のところに出向くのが最善であり、訪問ができない場合は、時間に余裕があるときはお礼状を郵送、すぐにお礼をしたいときには電話を通して口頭でお礼を言うのが適切です。 訪問をしなかったことで、相手が気分を害してしまってはいけません。 そこで、お詫びの気持ちを丁寧に伝えることが必要となります。 例えば、電話をする場合なら「あいにく直接お礼にお伺いすることができず、申し訳ございません。 心よりお詫び申し上げます」と謝罪するのが正しいマナーです。 メールでお礼を言う場合も、「本来ならお伺いすべきところ、あいにく時間が取れず、お電話するにもタイミングが合いそうにないので、お礼の気持ちをメールさせていただきました。 失礼をお詫び申し上げます」と謝罪すべきところです。 ただし、メールにこのようなお詫び文を書いても、回りくどいだけで読みにくいため、略式の「取り急ぎお礼まで」が好んで使われるというわけです。 社内で「取り急ぎお礼まで」を 使ってはいけない相手 ・直属の上司と、さらに上位の人 ・他部署で自分より職位が上の人 社内で「取り急ぎお礼まで」を 使っても良い相手 ・職位が同じ人 ・部署全員宛ての場合 社内における目上の相手とは、職位が上の人をさします。 自分が役職なしだとすれば、自分の部署の係長や課長はもちろん、他部署の係長や課長にも「取り急ぎお礼まで」を使うことはできません。 一方、自分より入社年が早い先輩社員や、年上の人であっても、自分と同じく役職なしだとすれば、対等な関係にあたります。 「取り急ぎ」を使って簡潔に連絡を取っても問題ありません。 全員宛ての場合は、特定の目上の人を指すわけではないので、「取り急ぎお礼まで」を使っても失礼にはあたりません。 社内で「取り急ぎお礼まで」を 使ってはいけない相手 ・個人のお客様 ・顧客企業の全ての担当者 ・取引先、外注先の全ての担当者 社外で「取り急ぎお礼まで」を 使っても良い相手 ・部署全員宛ての場合 ・担当者名が分からない場合 社外の人は、役職に関係なく全員、目上の人にあたります。 自分が課長であっても、相手企業の係長に「取り急ぎお礼まで」を使うことはできません。 また、外注先のように、普段指示を出しているような相手であっても上下関係はありません。 「取り急ぎお礼まで」を使うとマナー違反になるので注意しましょう。 一方、資料請求した書類が届いたときのように、担当者は誰だか分からないが、手短に事務的な連絡をしたい場合は、「取り急ぎお礼まで」を使っても構いません。 ここで、「取り急ぎお礼申し上げます」の「申し上げます」の意味を説明します。 「申し上げます」の意味 「言います」の謙譲語 「申し上げる」は「言う」の謙譲語で、自分のことをへりくだって言うことで、相手を立てる尊敬の気持ちを表します。 「取り急ぎお礼まで」が目上の人に対して失礼なら、語尾を「お礼申し上げます」にすれば解決するのではないかと思いがちですが、実はこの締め言葉も、目上の人には使えません。 これは、「取り急ぎお礼」という言葉に含まれる「ねぎらい」の意図が、謙譲語を付けても消えないからです。 同じように、ねぎらいの言葉である「ご苦労様」も、「誠にご苦労様でございました」などと丁寧に言っても目上の人には使えないのです。 「取り急ぎお礼まで」の「まで」 「まで」は強調したり、念を押したりする言葉で敬意はない。 「取り急ぎお礼申し上げ ます」の「申し上げます」 「申し上げます」はへりくだった言葉で、敬意を表している 使い分け方 社外の相手には「取り急ぎお礼申し上げます」の方が望ましい 意味的にはどちらも同じです。 ただし、「まで」は終助詞で、「申し上げます」は謙譲語です。 そのため、敬語として社外の人に使うのにふさわしいのは「取り急ぎお礼申し上げます」の方です。 ただし、「取り急ぎ」が略式の表現であるため、文末を「申し上げます」にしたところで丁寧の度合いはあまり高まりません。 「申し上げます」を使って丁寧に書くのなら、「取り急ぎ」の部分も変えて 「まずはお礼申し上げます」のような締め言葉を書いたほうが良いのです。 「本来なら会って直接お礼を言うべきだ」と本当に思っている相手なら、以下のような英語表現で締めるようにしましょう。 Hope to see you soon,(類語:I hope to see you soon,) 訪問あるいは、また来ていただける可能性が高い場合。 すでに予定が決まっている場合はsoonを「来月に(next month)」など時期を表す英語表現に置き換えてもかまいません。 Hope to see you again,(類語:I hope to see you again,) 会う予定が何も決まっていないが、会う意思はあることを伝えるとき。 受験英語でおなじみの表現ですが、ビジネス英語で使うこともできます。 ほかにも、このような間違い表現があります。 取り急ぎお礼のほうを申し上げます 「ほう」はコンビニ言葉と呼ばれる一部の接客特有の用語で、敬語の用法としては、まだ認められていないため間違いです。 取り急ぎお礼までで失礼いたします 「取り急ぎお礼まで」の「まで」は終助詞ですが、格助詞の「~まで(限度)」と間違いやすく、このような表現をしがちです。 限度を表したい場合は「お礼のみで」とすれば間違いありません。 ありがとうございました。 取り急ぎお礼まで 両方とも感謝の意味を表しているので、2つ重ねるのは冗長(じょうちょう)表現とみなされます。 絶対に使えない間違い表現ではありませんが、避けたほうが良い表現です。

次の

「取り急ぎお礼まで」の使い方と意味|目上の人へのメールには失礼?

取り急ぎ お礼 まで

コミュニケーションツールの中心であるメール。 仕事でお世話になっている人の中には「メールだけのお付き合い」をしている人もいるでしょう。 最初に「ご挨拶メール」から始まって、仕事の打ち合わせ、見積書など必要書類の取り交わし、契約が無事に締結したときの最後のお礼から後々のフォローまで、「メールだけ」で済んでしまいます。 インターネットショッピングの場合、顧客側が新規登録した情報だけでユーザー登録が完了します。 相手の声どころか顔さえも知らないのに「良好な関係」が築けてしまいます。 顔が見えないということは、相手の表情も見えないということです。 しかし、細かなニュアンスから私たちは相手の気持ちを察していますよね。 この「細かなニュアンス」は「相手を思いやる言葉遣い」によって実現します。 今日は、ビジネスシーンでよく使われる「取り急ぎお礼まで」について、お話していきます。 「取り急ぎお礼まで」これ、使っていい言葉なの? 「取り急ぎ」だなんて書いてあると、なんだか「急いでいるので(また今度)」と言われているようにも感じられます。 お礼を言うのに「急いでいるから!」なんて本当に使っていい言葉なのでしょうか? お礼はしっかり、丁寧にするものです。 こちらが勝手に急いでいるだけであり、相手にはこちらの忙しさなんて関係ありませんよね。 このように、受け取る人によっては「御礼を省略された」と受け取ってしまう可能性があります。 中には、よく使われるビジネス用語だと思っていて、何も感じないという人もいます。 使って良い・悪いと切り分けるのではなく「お礼は丁寧に、礼儀を重んじて行うもの」という本来の意味を忘れないようにしましょう。 相手の手元に残り、何度も読み返すことが出来るメール文や手紙文には注意が必要です。 「取り急ぎ・・・」は、取引先と交わすビジネスメール上でよく目にするフレーズです。 使うに相応しいのは「至急・連絡しなければならない場合」です。 もう少し砕いてみると、「詳しいことは後回しにしてでも、相手に早く連絡を入れたい場合」となります。 「取り急ぎご連絡まで」は「詳しい話はまた追ってします。 」という意味です。 社会人として「きちんとしたお礼はまた追ってします」のような使い方はいかがでしょうか?確かに、お礼に出向いても必ず会えるとは限りませんし、直接会えるまでお礼を言わないというのも余計に失礼です。 また、急な贈り物を受け取ったけど、出張中で現物を見てもいないのに「結構なものを頂戴し・・・」というメールを送るのが気が引けるという場合もあります。 出来るだけ早くお礼の言葉を伝えたいが、なかなか会えないような間柄の場合に「やむなく使える」フレーズと解釈するのが無難です。 このようば「やむない」場合では、「取り急ぎお礼まで」ではなく、気遣いが伝わる言い換え方をしましょう。 「取り急ぎ」は文末に使用しやすく、まるでメール術の一つのように軽く扱われがちです。 メール対応でビジネスが成り立ってしまう時代だからこそ、ビジネス文章の書き方には配慮が必要です。 これまで自分が何気なく書いたビジネスメールを一度チェックしてみましょう。 スポンサーリンク 「取り急ぎ」の言い換え表現 お礼をいち早く伝えたい!特にお客様や目上の人に対しては「早めのお礼」は大切です。 「取り急ぎ」を使わない、他の言い回しがないでしょうか? 「取り急ぎ」を「まずは」に言い換える 急いでいるのはこちらの勝手な都合です。 お客様や目上の方に、こちらの都合を押し付けないためには「取り急ぎ」から「まずは」に言い換えることが出来ます。 先の項で挙げた例で、贈り物を頂いたのに、自分が出張中で現物をまだ見ていない場合などには、下の例文のように言い換えましょう。 「取り急ぎお礼まで」言い換え方【例文】• 「まずは御礼申し上げます」• お客様や目上の大切な人に対し、言葉を省略するのは失礼と言えます。 スポンサーリンク 「まずはお礼まで」知っておきたい注意点3つ 「まずはお礼まで」の、「まず」ってなんでしょう。 これは「ひとまず」という意味です。 つまり、「お礼まで」とご丁寧に書いていても「これは今現在、不十分なお礼をしている」と認めているのです。 よくある失敗例ですが、とても丁寧にお礼の内容をしっかりと書いた後、最後の決まり文句に「取り急ぎお礼まで」と付け加えられていることがあります。 丁寧なお礼を申し述べた後に「不十分なお礼の内容で申し訳ありません、必ず後日改めてお礼を言わせてください」という意味を付け加えてしまっては、これまでに書いたお礼の内容を台無しにしてしまいます。 2.他の内容は交えない 「取り急ぎお礼まで」とはっきりと言い切っているのですから、「この場を借りて」「ついでに」のように他の連絡事項を交えないようにしましょう。 「ご提案書を確かに受け取りましたので、 取り急ぎご連絡申し上げます。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 」 このように「追って連絡」という言葉だけで、今回のメールは一旦完結させてしまいましょう。 3.本来お礼は「しっかりと気持ちを伝えるもの」 繰り返しますが、本来お礼というものは「丁寧に・しっかり」と感謝の気持ちを伝えなければならない重要な用件です。 あっさりとシンプルな文章では相手に誤解を与えることもあります。 相手がこちらに対して行った行動の大きさにもよりますが、こちらを喜ばせようという相手の思いが詰まったもの(贈り物、配慮など)であるならば、例文のフレーズだけではなく一言気持ちを付け加えるとさらに良いでしょう。 「まずは御礼のみで失礼いたしますが、後日御礼かたがた御礼に伺いたいと存じます」• 「本来直接お目にかかって御礼申し上げるべきところではございますが、まずは御礼のみで失礼いたします。 」 ますます自信をもって使える!ビジネスメール例文• 「略儀ではございますが、まずはメールにてお礼申し上げます」• 「略儀ではございますが、まずはお礼かたがたご挨拶申し上げます」• 「略儀ながら、まずは用件のみにて失礼致します」 この例文なら、違和感なく相手に失礼な印象を与えず使用することができます。 「取り急ぎお礼まで」の言い換え表現としては、完璧な表現です。 スポンサーリンク 「お礼メール」を受け取ったら? お歳暮などを贈ったあとなど、相手から「お礼」のメールが送られてくることがあります。 それが目上の方からのお礼メールなら「このままでいいのか」と迷ってしまいますよね。 「お礼メール」に返信は要らない お礼メールを受け取ったら、返信の必要はありません。 贈答品によって、こちらの気持ちを伝えている(往信)ことに対して、相手から受け取った報告(返信)があったということになり、一度のやりとりはここで完結しているからです。 「わざわざご丁寧に、お礼までして頂いて子恐縮です」とさらにお礼メールを送るのは、メール作法としては「やりすぎ」になります。 「お礼のお礼」って、少しおかしいですよね。 スポンサーリンク ビジネスマナー講師の方のQ&A ビジネスマナー講師の尾形圭子さんの記事をご紹介いたします。 また質問者も「取り急ぎメールを受け取る側」として質問しています。 受け取る側の心理を赤裸々に語ってくれいていますので、大変参考になる記事です。 毎回「取り急ぎ」、なにがあっても「取り急ぎ」と書いてあるのに違和感を覚えているようです。 だんだんと「ああ忙しい」「詳しくはまた今度ね」と愚痴られているようにも見えてくるかもしれません。 質問文にもありますが「わりと長文を書いておきながら・・・」これは書いてる側が「取り急ぎ」の意味を知らないのだと考えられます。 わりと長文を書いておきながら、シメが「取り急ぎ」と書いてあると、本当に急いでるの!? と突っ込みたくなります。 「取り急ぎ~」の正しい使い方を知りたいです。 【回答】 「取り急ぎ」とは、手紙で使われている言葉で、「とりあえず急いで。 多くは手紙文の末尾に用いる」(大辞林より)という意味で、「もろもろの儀礼・説明を省略し用件だけを伝える」となっています。 要するに、目上の方や使い方によっては失礼に感じる、ということです。 メールで使う場合は、「急ぎの用件だ」ということをお互いが認識できることが、失礼にあたらない条件です。 末尾を結ぶ言葉としては大変便利ですが使い方には注意が必要。 もしろん、長々と用件を複数書いた場合の使用はNGです。 これなら省略した印象は薄くなります。 出典: 緒方さんが仰るように、「取り急ぎ」を使ってよいのは「急ぎの用件だ」ということがお互いに分かっているときだけに限られています。 この考え方では「取り急ぎお礼まで」がどれだけ違和感のある言葉か、もうみなさんお分かりですよね! 例外!ビジネスメール上の「取り急ぎ」 ビジネスマン同士で交わすビジネスメールでは、よく「取り急ぎ」が使われています。 ビジネスは仕事が忙しくてナンボという世界ですから、お互いに忙しくしていることを前提にしますよね。 「ご多用中」などという言葉も同じです。 長々しい文章を控えて相手の時間を割かないのも、ビジネスマナーの一つです。 「お忙しい中失礼します」「お礼を伝えるべく急いでメールを書きました。 」「乱文ご容赦ください」「とにかく、ありがとうございます」という4つの要素を一気に伝えているのです。 使う場合は相手との距離感に合わせましょう。 スポンサーリンク 「取り急ぎ」は英語圏でも使われている言葉? やたらとかしこまり、メールマナーにも厳しい日本人だけの習慣がと思えば、意外なことに「取り急ぎ」のセンテンスは英語でも使われています。 英語圏でも「取り急ぎ」は使われています 「結びでメールの内容と特性を表す」という点は、日本でも英語圏でも変わらないようです。 「取り急ぎ」を直接意味する語はありませんが「速い」の意味で「quick」を用いたりします。 取り急ぎ、ご連絡まで。 This is just a quick note. 取り急ぎ、お礼のご連絡まで。 This is just a quick note to thank you. 出典: この他にも、「もしよろしければご連絡お願いします」や「ご検討下さい」「追って連絡します」など日本でよく使われているものがあります。 英語圏の人をメールでやりとりする場合には、このようなセンテンスを覚えておくと意志が伝わりやすいでしょう。 スポンサーリンク まとめ 最近「いきなり電話をかけること」は「マナー違反」に当る行為と言われています。 メールなどで「これから電話していいか」と確認をとった上で電話をかけなければ、相手が失礼に感じるというのです。 中には「電話で話したい内容をあらかじめメールに書いておいて欲しい」という意見もあります。 このような「電話のアポイントメール」を丁寧に長々と書いてしまうと「最初からメールで済むじゃないか」と言われてしまいますよね。 このように、最近のビジネスメール事情は数年前からかなり大きく変化しています。 メールは「好きな時間に読んでもらえる」というメリットがあります。 電話やチャットなどは相手の時間をこちらが「借りる」ことになるからです。 お礼メールを送り、それを読んだ相手をモヤモヤとさせてしまっては、結局相手の時間を無駄遣いさせることになります。 「まずはお礼まで」を正しく使うことが「現代のメール作法」なのです。 関連記事として ・ ・ これらの記事も読んでおきましょう。

次の